最強クレジットカード「JQ CARDエポスゴールド」の全貌が判る。年間100万の利用で還元率2〜3%にも達するモンスターカードです。
フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】
2014年12月22日

延長40回自分のサヨナラエラーで負けた男、翌年同じ相手との対戦で決勝本塁打を放つ【元プロ野球監督】

HOME野球ミニ薀蓄 > この記事

”映画「KANO」公開まで待てないスペシャル企画”の第3弾は、なぜか関口元近鉄監督話。彼は台北工業の出身で、「KANO」嘉義農林のライバル校である。ただし「KANO 1931 海の向こうの甲子園」の時代ではなく、1940年代、既に太平洋戦争に突入した後に、甲子園大会を目指せる年齢になった。

映画「KANO」公開まで待てないスペシャル企画
第1弾 【全台湾が泣いた】最高に痛快な野球映画、いよいよ日本「凱旋」上陸
第2弾 映画「KANO」に元ロッテ選手も登場?

関口ら、台北工業ナインの前に立ちふさがる「KANO」の壁。台湾には実はこれらの学校以外にも、台北一中、台北商業、嘉義中などの強豪がひしめいていた。九州よりデカい土地から1校しか甲子園に進出出来ないんだから、かなりの「狭き門」。
台北工業は「KANO 1931」の嘉義農林の1931年甲子園準優勝の翌年に甲子園に3度目の出場を果たして以降は、夏の甲子園からは遠ざかっている…

ように見える。
実は1941年(昭和16年)の第27回大会が予選のみ行われ、全国大会が中止になって、そこから終戦まで全国大会は途絶えたように見えるが、1942年(昭和17年)に文部省主催の甲子園の全国大会が開かれている。朝日新聞社の主催ではないということでカウントされていない、世に言う「幻の甲子園大会」。これに関口擁する台北工業は出場している。1941年から42年も、通常通り台湾の代表を決める「全島大会」は行われているので、ここで嘉義農林と台北工業は2年連続ぶつかっている。41年の予選では、7回雨でコールド、翌日8回雨でコールド、翌々日延長25回という、
都合合計40イニング
の今年の全国高校軟式野球選手権に劣らない、大延長戦を繰り広げたという…そして、その試合、
関口のイージーフライエラー(バンザイ系)
が結末だったということも…(記録はどうやら、ヒットになっているらしいが)。

しかし両校は、翌年の予選でも延長16回を戦い、
関口の決勝本塁打
で、打倒・嘉義農林の宿願を達成した。なんとドラマチックな男なんだ、関口。やはり後年、西鉄3連覇の5番打者を張るくらいだから、「持っている」んだろうか?(2番豊田、3番中西、4番大下という歴史的強打者たちの後を任された)
ちなみに「3連敗の後4連勝」した、巨人との伝説の日本シリーズの4試合目に、起死回生の本塁打を放って、奇跡の端緒を開いたのも関口。

実はこの話、あるラジオ番組で知りえた。「KANO」の情報探しにググってたら、こんな音声ファイルを発見。
戦時中、台湾の高校野球 - YouTube
伊集院光のTBSラジオの番組のようだ。
この関口の同僚だった、ライトを守っていた選手が、
「台湾時代、ライバル校の嘉義農林に洪太山という左打者のキャッチャーがいて、その選手の美しい打撃フォームと、ナインを鼓舞するような大きな声が忘れられない。出来れば、現在お会いして、あの頃に戻って野球談議をしてみたい」
というリクエストを番組に寄せ、この願いを叶えちゃおうという企画。
ところが少ない情報から「洪太山」を探し出すことが困難を極め、番組のほとんどがこれに費やされる。いや、どれだけ「人探し」が難しいかを改めて我々に考えさせるための企画なんだろうが(笑)
おそらく2時間番組かなんかで、YOUTUBEも9分強のファイル10本分に分かれているので、全部聞こうと思ったら1時間半強かかることを覚悟下さい。

その中で依頼者の元チームメイトでもある関口元近鉄監督にも何か情報を持っていないか、レポーターが電話で聞きこむのだが、まぁ、この人が「自分大好き」系のお方で、洪太山なんて当然覚えてなく、人探しの話はほっといて、決勝本塁打の話を起点に延々と自分の自慢話をしてくれたらしい。(全4打席敬遠された試合があったとか…松井かよ!)
前年の延長40回目の決勝エラーの悔しさを取り返しましたね?
というような話をレポーターが振った。すると関口さん、
「(自分のエラーは)覚えてない
自分に都合の悪い事はしっかり忘れることが出来る、ステキな性格の持ち主でした!やはりプロ野球に進むぐらいの人はこれぐらい図太くないと。いや、さすがにこのくだりは爆笑してしまいました。10分割された4番目のファイルあたりに、関口さんが電話出演されてます。

長いんだけど、最後まで聞くと、いい事が待ってるかも?
最後に延長16回の試合の再現実況が行われる。延長16回表に関口選手の本塁打が飛び出し、1-2と劣勢に立たされた16回裏の嘉義農林の攻撃。
「3番キャッチャー 洪太山くん」
というアナウンスと共に、球場に響き渡る洪太山コール。そして…

とにかく戦時中の台湾の高校野球事情の凄まじさを知ることが出来ます。そして謎の嘉義農林の捕手・洪太山の現在とは…(ちなみに番組は2006年頃放送の番組のようです)



posted by mansengo at 10:08 | Comment(0) | 野球ミニ薀蓄
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


↑楽天イーグルス勝利の日の翌日は、楽天市場・楽天ブックスはポイント2倍に…買う前に忘れずにエントリーして下さい(エントリーは買う度に必要です!)。イーグルスとヴィッセルW勝利の日は3倍になるので狙い目!


↑中日ドラゴンズが勝つ度に4ポイントGET!【UCSカード】ドラゴンズカード…nanacoチャージでもポイント付与あり。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。