最強クレジットカード「JQ CARDエポスゴールド」の全貌が判る。年間100万の利用で還元率2〜3%にも達するモンスターカードです。
フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】
2014年10月20日

稲葉のバットパワー注入する中島

HOME球力ナミダ男 > この記事

CSファイナル第5戦。4点差から同点に追いつく過程が凄まじかった。やはり4点差を追いつける野球であってほしいと、改めて思った。低反発球時代は、ホント4点差の逆転なんて皆無だったからね…
今日はファイターズの1・2番コンビが本当に目立っていた。特に西川。スタンリッジの前に3打席、内野安打1本に抑えられている「結果」になっているが、むしろ凡打で記録されている2つのライトフライが「あわや」の当たりだった。いずれも2死から走者がいる場面での大きな当たりで、中村の好捕にもあい、ファイターズは序盤のチャンスを活かせなかった。

先発の大谷が、真っすぐを尽く捉えられ、2回に早くも4失点。調子自体あまり良くないような感じだった。すると3回からはフルモデルチェンジの変化球主体、というより変化球8〜9割の極端な投球を見せた。(どこか悪いのか、と勘繰るぐらい、のらりくらりとした投球だった…)
これだけ変化球が多くても、ホークス打線は真っすぐのイメージが抜けきらないのか、物凄い手前でワンバンするようなボールにでさえ手を出し、空振りをくりかえしていた。大谷のイメージと腕の振りは普段それほど強烈なのか、その反動の凄さを痛感した。結局この「粘投?」が後半生きてくることになってしまう。

それでも6回まで尽くチャンスを潰し、4-0というスコアのままだった。好投スタンリッジ、87球と余力を残したまま「勝利の方程式」に入っていく。これが裏目ってしまう。ただ、この一事を持って、それが不正解というのはあまりに結果論すぎるだろう。このパターンでシーズンを勝ち抜いてきたわけだし。
森が2死から捕まる。サード近藤の技ありの流し打ちが起点だった。ここでファイターズベンチは、大引に替えてスペシャルカード・稲葉を切る。このスペシャルカードがハンパない。最後のご奉公を楽しむかのように、毎度結果を出してしまっている。今年の序盤の大スランプで、今年限りと決めてしまったんだろうけど、終盤戦を見る限りではまだまだやれそうな気配が漂ってるぞ(笑)稲葉が打席に立つと、CSという真剣勝負のはずなのに、ホークスファンからも拍手。おいおい、まさか「今日はホークスの日本シリーズ進出と、稲葉の最後の試合が見れたと」と早合点して、余裕をかました拍手なのか?勝負はまだまだ甘くないぜ。稲葉にはブーイング浴びせるぐらいで丁度いい。第一、斎藤和巳屠ったのも彼でしょ?(2006年)
CSなんて忌々しい記憶しかないんだから、敵に拍手送ってる場合じゃないでしょうが!!

結局、今日当たりまくっていた9番の大野が2点タイムリーで続いてしまい、森から森福にスイッチ。(8番の大引より9番大野のところで稲葉という選択もあるような気もしたが、大野が今CS当たっているから、それに賭けたんだろうか?結果は「ズバリ」だが)
そして2連続特大ライトフライを放っていたパルキーが、なんと!今度こそ、モノホン!ライトスタンド
イン・イン・イン…
なんと一挙同点!

と、思ったらビデオ判定の末、判定が覆った!!同点のはずが、4-3にスコアを戻され、西川も3塁に戻され、2死3塁で試合再開。
次打者の中島は、稲葉が代走の飯山さんと交替してベンチに戻ってくると、稲葉のバットと自分のバットを聖火の火を移し替えるようにくっつけ、「稲葉パワー」を自分のバットに宿そうとしていた(笑)
「そんなおまじないで打てたら、誰も苦労せんわ!」
と思っていたら、三振。ファイターズは1点差まで詰め寄れたものの、西川の「幻の本塁打」の分だけショックの残る回にもなってしまった。
そんなファイターズだったが、次の8回表、中田がCS第5号となる同点ホームランであっさり追いついてしまう。
五十嵐のナックルカーブを捉えた当たりで、初球、2球ともにスイング。初球もチャンスボールを逃した臭かった(ファール)のに、続けてスイング出来たのも、この球種を待っていたからだろう。五十嵐の対クリーンアップのパターンを見ていると、真っすぐかナックルカーブでカウントを稼ぎ、決め球にカットボールを使ってきていた。中田は追い込まれる前に勝負を決めれた。
もっとも中田以外のバッターも初球スイング率が高く、迷いの無い振りをしている者が多かった。この辺に「勢い」を感じたし、イケイケ感がホークスを押しこんでいっている感じにも見受けられた。小谷野なんかは「ナックルカーブじゃなかったら、ごめんなさい」って感じで、2ストライクと追い込まれてもヤマ張ってたね(結果、見逃し三振)。

小谷野は昨日から良いところなしで、10回の陽・中田が2死から作ったチャンスの時もサファテの前に三振…正直、この時点でかなりホークス有利になったかなぁ…と思ってしまった。残り6アウト。しかも11回は6番のミランダからで期待薄(笑)
そんな小谷野がベンチへスゴスゴと帰ってくると、稲葉が笑顔で迎えて「しょうがない、しょうがない。もう1回チャンスあるよ!」
とでも声をかけていた。これは心底凄いと思ったね。正直救われた思いがしただろう小谷野は。稲葉としてはイップス気味の小谷野が、トーンダウンしたまま守備に就いてほしくないという思いもあったんだろう。

そして11回表。その前に10回裏なんだけど、宮西が2死まで取るんだが、ここで鍵谷にスイッチ。鍵谷が最も怖い内川を三球三振。まったく打撃をさせてもらえないぐらい、鍵谷のボールがキレていた!
このシリーズでファイターズは地元出身のヒーロー投手を生んだな。
ついでに両チームのセカンドを交換してみては?
中島(福岡出身) ⇔ 明石(北海道出身)
すると、ミランダが値千金の四球を選び出塁。ここからラッキーも重なり1死満塁とサファテを攻めたてる。そして西川!次の中島が正直期待できない分、ここは西川がどんな形でもいいから1点を叩き出さないと苦しいぞ…と、思っていたら、最後に意表をついたカーブをインサイドに投げ込まれ、あえなく空振り三振。
中島も2ストライク目はサファテのボール球につられて空振りしているぐらいだから、この回も終わったなと思った。ところが追い込まれた後、まさかまさかの
ライト前2点タイムリーを放ってしまう。

「稲葉の聖火バットタッチの威力はそんなに凄いのか!?」

そっちの方に驚いてしまったよ。
11回、「鍵谷、続投だろ!?」と思ったファイターズファンは挙手!
しかし、こちらも形にこだわって増井。これは一波乱も二波乱もありそうな雰囲気。当然、先頭打者のイデホに対しては3-0。10回の宮西も先頭打者3-0にしてたなぁ…。そこから甘いボールでストライク取っていくしかないんだが、3-1からの真っすぐを完璧捉えられ、火の出るようなライト前の当たり。いや、完全なヒットかと思ったら、ライト西川がダイビングキャッチの「超美技」。これは2点差あったので、思い切って飛び込めたのかな?いや、飛び込んでボールを止めない限り、回り込んでも抜かれそうな当たりだった。それほど痛烈なライナー。
次の松田の当たりも「あわやバックスクリーン」のセンターフライ。増井、こえぇ〜。来年は鍵谷がこのポジションにいるかもしれない。そんなことも感じる継投でした。

とうとうファイナルのファイナルが来ちまいましたよ。ファイターズは満を持して上沢。CS1st同様の落ち着いた投球は出来るのか?あの時は1勝リードしていたので、「(自分で)負けてもタイ」という余裕があったと思う。今回は果たして…。一方ホークスは今一番安定感のある大隣。ただし病み上がりでの中4日だけに、不安もつきまとう。
初の下剋上同士の日本シリーズになるのか、注目の一戦だ!
セのCS1stの時、3位の広島が12回表の攻撃が終わると、0対0なのに、そこで試合を打ち切り「コールドゲーム」としていた。
なのでパシフィックも同様のケースになれば、裏の攻撃は行わないのかなぁ?と思ったら、2011年の時と同様やるらしい。さすがにこれはセとパでレギュレーションを統一化してほしいぞ。さもなければ…

松中の悲劇(喜劇?)

が又起きるぞ。「胴上げフライング・ダッシュ」!
明日同じような状況で、松中が3年前と同じことをしでかしてくれないか、そこはちょっとだけ期待している。



posted by mansengo at 00:41 | Comment(0) | 球力ナミダ男
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


↑楽天イーグルス勝利の日の翌日は、楽天市場・楽天ブックスはポイント2倍に…買う前に忘れずにエントリーして下さい(エントリーは買う度に必要です!)。イーグルスとヴィッセルW勝利の日は3倍になるので狙い目!


↑中日ドラゴンズが勝つ度に4ポイントGET!【UCSカード】ドラゴンズカード…nanacoチャージでもポイント付与あり。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。