最強クレジットカード「JQ CARDエポスゴールド」の全貌が判る。年間100万の利用で還元率2〜3%にも達するモンスターカードです。
フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】
2014年10月01日

本塁打王が送って、後続の打者がプロ初本塁打【竹原も貢献】

HOME球力ナミダ男 > この記事

昨日・今日の楽天対オリックス、2戦とも途中から見た。いずれもオリックスの逆転勝利。4点差からの逆転試合と、中5日のエースが先に2点をやる苦しい展開を逆転。いずれも苦しい展開を打線が打開しての勝利だけに、勢いをつけて福岡へ乗り込めそうだ。
このシリーズの前に急遽呼ばれた竹原は、T-岡田を押しのけて5番に座り、最初の試合ではチーム初安打、この日も1本ヒットを放ち、チームの勝利に貢献していた。でも、この期に及んで竹原にレフト守らすとか、恐すぎる!!(もう荻野貴司のランニングHRのイメージしかない)

1戦目・松井裕樹、2戦目・塩見なので、竹原。その2人とも、序盤は「打てそうもない」ぐらいボールが走っていた。塩見は145k前後の真っすぐを放っていたけど、こんなにボール速かったけ??
塩見は3回まで完璧だったのに、4回突如大崩れして6失点。先に金子が2点失っていたのだが、糸井の2ランであっさり同点。さらに4番ペーニャ、5番竹原の連打が出ると、T-岡田がなんとバント!4年前の本塁打王であり、昨日も日本人離れした特大の一発を放っていた和製大砲がこの場面でバント…狂犬・川端がこれに応え、きっちり犠牲フライを上げ逆転。そして打率1割台前半の縞田がここでプロ入り初本塁打。

神がかり的な攻撃

竹原・縞田の起用は正直オリックスファンから見ても「この土壇場で、それは無いだろ!?」と言いたくなるような人選だったかもしれない。その2人がきっちり左殺しの仕事。そして長打のあるT-岡田が献身的な仕事をしたことが活きてくる…こんなにうまく行くか?う〜ん、こういうの見させられると、本当に奇跡が起こっちまいそうな雰囲気だなぁ。

残り3試合は、ホークスとの直接対決と再び仙台へ戻ってのイーグルスとの2戦。直対を落とした時点でパ・リーグ終戦だが、勝てばイーグルスには「1勝1敗」でOKになる。金子は直接対決での登板が濃厚だったのにも関わらず、3連敗で後がなくなってしまったので、中5日で今日来た。そして対イーグルス最終戦が中5日で間に合う。
「ホークスに勝ちさえすれば、消化試合のイーグルス相手だし、金子も残っているので圧倒的有利になる」
そう思いたいところだけど、今日の金子は、1年間の疲れと中5日で疲労が抜けきっていないのがWで来ているのか、とにかく「ボールが高かった」。連続中5となる次回は果たして…。
もっと点を取られてもおかしくない内容だった。イーグルス打線も金子に9安打を浴びせたのだから、やるだけのことはやったと言えるかもしれない。ただ、走者が貯まったところで切られるんだよな…。逆球で打ち取ったりしているあたりは「結果オーライ」くさいことも多かったんだが、これも「今まで積み重ねてきたイメージの増幅」が生きている。「金子がこんな場面で抜ける球を放るはずがない」そういう先入観か、あるいは球種が多すぎて打者側が絞り込めずにやられているか…これぐらいの大投手になると「余禄」で打ち取れるんだなぁと感心する次第であります。

この内容で7回3失点、QSどころか7回まで行くんだからなぁ…
防御率1点台もキープで、投手三冠も射程に捉えている。とにかく1球1球、球種を確認しながら見ているだけでも楽しい投手。金子といえばカットボールが代名詞かと思ってたけど、最近はパワーシンカーがウイニングショットじゃねぇ?っていう声もあれば、今日の解説の塩川は「金子投手は落ちないチェンジアップが一番厄介という声が、打者陣から上がってますね」という情報を入れてくれていた。確かにあのボール、球種が何なのか今までよく判らなかった。シンカーなのか、ツーシームなのか、はたまたフォークのすっぽ抜けなのか。

イーグルス側では銀次がケガ(?)から復帰して試合に出ていた(笑)今日は猛打賞。試合が終わった時点でイトイダーとは2毛差のTOPと、まさに「ミクロの戦い」。 銀次が糸井を抜くと、次の楽天戦は糸井大敬遠作戦に出る可能性高く、なおかつポイントゲッターの銀次欠場でオリックス優勝の確率がグーーンと上がる。ホークスファンは「八百長!」と叫んでも、成す術なしか…
銀次のフォームが栗山に似てきていることを、以前さらっと書いたが、具体的に描写すると、グリップの位置を下げ、右肩を前面にそれでアゴを隠すようなイメージの構えになった。見た瞬間、「あ、クリちゃんだ」と思った。以前はグリップの位置がかなり高く、バットを松明や聖火にでも使うのかというぐらい高々と掲げていた。
塩川によれば「グリップを下げたことによって、バットがスムーズに出るようになったらしいです」と銀次から取材していた話を、教えてくれた。

西田はノリのフォームに似ているね。方向としてはノリのような長距離打者なんだろう。ショート守って「55番」つけている選手は珍しい。
イーグルスは現状、AJしかホームランを期待できる打者がいないので、3番岡島、5番銀次という両アベレージヒッターで脇を固めている。ただ飛距離的には西田や枡田の方がクリーンアップを打つべき打者だろうね。
これはマリーンズも事情が似ている。デスパイネの長打力が飛びぬけていて、3番に大地、5番に角中と、両方ともアベレージ型の打者を置いている。この並び、俺は3番角中、5番大地の方が得点力が増すような気がしている。なぜかというと角中の出塁率が高いから。打率は大地の方が高いが、出塁率は3分も違う。大地は得点圏打率も高く「返す」方が得意。いや、本来なら2番に置いて、「走者を進める」ことに専念させたいが…(あれだけ引っ張り…打球方向が右方向に寄ってるので進塁打を放ちやすい)

7回表に先頭安達がツーベースで出塁し、続くイトイダーのレフトフライでタッチアップでサードに進塁してしまった。レフトは松井稼頭央。これは慣れない外野守備に入ってる稼頭央のことが当初から頭に入っていて、狙っていたのだろう。ところが稼頭央が難しい姿勢で捕球しているにも関わらず、サードへ間一髪のボールを放っちゃうの!!むしろサード銀次がタッチアップへの備え&これだけの好返球が返ってくる心の準備が出来ておらず、もう少しベースに近い位置で待っていればタッチアウトも可能なタイミングになっていた。
頭は首位打者のことでいっぱいなのかもしれないが、守備を疎かにしないでね。松井稼頭央の野球センス恐るべしだな…最終打席も平野のフォークをあわやレフトスタンドインの、流し打ちの大ファール放ってたし。

でも塩川や川岸がTVの解説やらせてもらっているのがビビった。いや、立川がやってるの、他の球団のファンならビビるか。6年前宮城(当時はKスタ宮城)で試合を見た時に購入したマッチカードプログラムの表紙が塩川だった。誇らしげに背番号1番。6年後にはもう野球やらせてもらってないんだもんなぁ。

嶋、内野前進守備を嘲笑うかのような、叩き付けるバッティングで右打ちのタイムリーを放っていた。さすがに当たり自体はショボいので、味方ベンチへの「バーン」も元気が無く「ミニバーン」だった。それにしても相川らずハネるね、このグラウンドは…相川…そりゃイーグルスじゃなくて、元バファローズの選手!



posted by mansengo at 01:07 | Comment(0) | 球力ナミダ男
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


↑楽天イーグルス勝利の日の翌日は、楽天市場・楽天ブックスはポイント2倍に…買う前に忘れずにエントリーして下さい(エントリーは買う度に必要です!)。イーグルスとヴィッセルW勝利の日は3倍になるので狙い目!


↑中日ドラゴンズが勝つ度に4ポイントGET!【UCSカード】ドラゴンズカード…nanacoチャージでもポイント付与あり。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。