最強クレジットカード「JQ CARDエポスゴールド」の全貌が判る。年間100万の利用で還元率2〜3%にも達するモンスターカードです。
フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】
2014年09月20日

優勝を争うチームのプレッシャーが成瀬のエネルギーに転化!

HOME球力ナミダ男 > この記事

さて通常営業に戻ります。
今日の試合は、ほぼ初回から試合終了まで見ておりました。
相手先発は久々に見た近藤。「まだ、やってたのかよ…」投球後のウザかったパフォーマンスに懐かしささえ感じ始めてきている。
自身は崖っぷちの立場に置かれながらも、優勝を争うチームの先発を任せられる。Wのプレッシャーだろうな…。
優勝を争っているチームのプレッシャーが、さして調子の良くなかった成瀬をどんどん楽にしていってしまう展開に見えた。

序盤チェンジアップを投げる時の腕の振りが緩んでいるように見えた。真っすぐが多めになるのも、そういう背景があってのこと。カチコチ・バファローズ打線は、早くにプレッシャーから解放されたいためか、あるいは成瀬のストレートが相当甘目に集まってきているためか、相当な早打ちを試み、乗れてないはずの成瀬が図らずも「省エネ・ピッチング」出来てしまう方向性に試合が流れていく。こうなると経験がモノを言う。徐々に立て直し、中盤の危なげない投球に繋がっていった。

近藤は初回に早々1点を失い、迎える打者は4番デスパイネ。ここでカーブでカウントを稼いだ。それまで1〜3番には見せていなかったボールで、しかも自分の頭のへんから、インコース高めのストライクゾーンに辛うじてかするような軌道だったので「ボール」と判断したデスパイネは、審判に対して不満をブチまけていた。この態度が終盤4打席目の伏線になる。
この時は投手は岸田に替わっていたが、カーブを3球続け、間1球だけインサイドへ真っすぐをツッコみ、さらに2球カーブを続けた。
これだけカーブを連投するケースも珍しい。大体デスパイネ自体は高めに抜けてくる変化球は大好物だろう。にも関わらずカーブで押しつづけた伊藤の執拗なリード。最後は3-2から、若干甘くなったところをデスパイネが、ものすごい深い位置に守っていたレフトの前へ運んだ。
逆に江村は1打席目に安打を打たれたT-岡田に対して、2打席目スライダー攻めでサードゴロ。すると3打席目はスライダーのタイミングで張るT-岡田に対して、真っすぐ攻め。1球チェンジアップを挟むも、最後も真っすぐでサードライナー。うまく打ったというより、タイミングが合っていないので打たされて逆方向に飛んでいる形だった。この辺の両捕手の配球のメリハリなどは、通しで見ていると、前の打席との因果関係も追えるので堪能できた。
糸井のホームランの時は、初球の入りから首を振って、成瀬は慎重な構えを見せていた。いずれも実際に投じたボールはスライダーだったが、2球目投げ終えた時にはホームランを打たれる気配は全く無かったんだ…あんまり狙い球とか考えずに対処しているっぽい糸井に対して、本人の一番好きなコース「ザ・ツボ」に投げちまいましたね。2死からの被弾だけに相当手痛い失点となってしまった。

ここで2-3と1点差に詰められる展開は、「今日も勝たせてもらえないのか…」と思ってしまうほど。なぜなら近藤の後を受けたバファローズ投手陣「ビハインド組」が素晴らしすぎた。3回途中からマエストリが5回まで投げ、6回・7回は回マタギも関係ナシの比嘉が当たり前のように完璧に抑えてしまう。気が付くと、3回近藤を降板させて以降、8回途中まで「パーフェクト」。8回ウラ2死から大地がヒットで出塁したことは、たとえ1点差のままで9回表に入ったとしても、流れを堰き止める上で、非常に貴重な一打だった。余勢を駆ってダメ押しの1点を入れちまったけど。
32試合連続無失点中の比嘉は何なんでしょうね。記録継続のプレッシャーもある中で、あっさり2イニング完璧って…防御率が0.54から0.52に…って、これぐらいのレベルになると2イニング完璧に抑えても、全然防御率が良くならないんだね!!
比嘉の工夫で時折見かけるのが、本来サイドスローで真横というより、下に近いところから投げているような比嘉が、ヒジを立てて放る時がある。あれにはバッター面食らうんだろうか?

近藤はツメが甘かった。大地のタイムリーにしても、高濱のタイムリーにしても追い込んだ後だもんな。決め球の制球力に欠けていた。大地のタイムリーは泳いだように見える形だったが、1塁走者を進める意識の高さが生んだタイムリーにも映った。決め球のチェンジアップをなんとか残して右方向に…直前の真っすぐ2球をファールで粘れたことも大きい。
2番翔平のフォアボールが初回の2点につながり、逆にバファローズは初回の2番安達の送り失敗が最後まで響いた。
翔平が1軍に残っている理由。それは本人が「つなぎの仕事」を意識し、出来るようになってきたことが大きいと思う。その一つがフォアボールの増加。早いカウントから打っていくのが持ち味だと思っていたが、月別に四球率のデータなんか出すと、おそらく終盤の月に増加していると思われる。その反面、長らくホームランが出ていない。1軍に再昇格してきた頃はド派手な2日連続3ランを放っていたりしたが、ここのところホームランが本当に出なくなった。それだけコンパクトに振っているため、率もある一定のところでキープ出来ているんだろうが、これはこれで懸念材料でもあります。2011年デビューした年の伊志嶺も、連チャンでホームラン2本打った後、パッタリとホームランが止まっていたしね…。

クルーズが超美技を見せる。センター前へ抜けようかという当たりを掴みとり、そこからは反転自体無理だろうと思ったのに、物凄い腰のキレと「ユルいボールを投げる」という体力+技術のミックスで1アウトもぎ取る。あの腰の反動で強いボール投げたら、間違いなく1塁へは悪送球になっていたと思う。
苦しい場面だっただけに、マウンド上の成瀬も相当嬉しそうだった。(ファインプレーの野手に指差しするなら、照れずに、もっとカッコ良く決めてほしいね…)
クルーズの打球を追う姿勢が腰高で横着に見える方もいるかと思うが、最近の野球の傾向としては「素早いスローイングにつなげる捕球をいかにするか」という部分が重要視されている。外野手にしても、ヒザついて悠長にボール待って構えている奴なんて、いなくなったでしょ?それだけ走者の走塁への意識・技術が上がっているということ。
ちょうどコボスタで購入した100円のマンスリープログラム(Edyで買うと50円)が「藤田特集」で、藤田のグラブのこだわりが掲載されていた。藤田もゆるいボールを「あえて」投げる練習をしているそうだ!

でも優勝を争っているチームとのゲームは緊張感があっていいね。引きずられるように「いいプレー」も見れる。2年前負けることに慣れて「パンチドランカーズ」なんて呼んでいた集団が、ここまでチーム力を上げてくるとは…
象徴的だったのが8回ウラ、デスパイネのカウントが3-2になった瞬間、レフトを川端から坂口に交替させたこと。2死1塁で自動スタートになった瞬間、「次の1点の可能性」の確率を少しでも低下させようと全力を尽くす。首脳陣もそういう準備が出来るているのだろう。さすが軍師森脇。
もっともマリーンズも大地が生還し、デスパイネが2塁へ進んだタイミングで代走を送る。「延長も見据えた」両チームの詰将棋。その意味を正しく理解できるぐらいには野球力を上げたいもの。

最後に、アナウンサーの気になる表現についてツッこんで今日のエントリーを閉めよう。
「井上に対しては一転ストレート攻め」
といったような表現を使っていた。6番井上の前の打者は5番の角中。8回裏の貴重な1点を叩き出した角中に対して、岸田-伊藤のバッテリーは全球チェンジアップで勝負したため、こういう対照的な攻めをしたことを伝えようとしていた。だが左打者に対してと右打者に対しては攻め方が異なる。
大抵の場合、右投手は右打者に(左投手は左打者に)チェンジアップを投じない。
ゆえに、そもそも井上にチェンジアップがいかないんだから、この表現は野球の常識的には誤っていると思う。
もっとも例外もある。成瀬のように左打者にもチェンジアップを放れる左投手がいるのだ。



posted by mansengo at 01:10 | Comment(0) | 球力ナミダ男
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


↑楽天イーグルス勝利の日の翌日は、楽天市場・楽天ブックスはポイント2倍に…買う前に忘れずにエントリーして下さい(エントリーは買う度に必要です!)。イーグルスとヴィッセルW勝利の日は3倍になるので狙い目!


↑中日ドラゴンズが勝つ度に4ポイントGET!【UCSカード】ドラゴンズカード…nanacoチャージでもポイント付与あり。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。