最強クレジットカード「JQ CARDエポスゴールド」の全貌が判る。年間100万の利用で還元率2〜3%にも達するモンスターカードです。
フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】
2014年08月13日

ドコモポイントを「増額」してJALマイルに交換しよう

HOME貯まるマイル情報 > この記事

毎年8月から、クレジットカードのポイントや各種ポイントサイトのポイントを25%増量してDocomoのポイントに交換できるキャンペーンが行われるんですが、今年も近づいて参りました(一部既に開始、8月16日以降本格化)。以前は8〜11月ぐらいまでの開催だったのに、嬉しいことに期間も延び、最大で8〜12月と、1年間の1/3近くも開催されているような状況です。

ドコモポイント25%増量キャンペーン | お客様サポート | NTTドコモ

残念ながら、現状ではDocomoポイントは毎月の通信料金に充当することは出来ません。新機種への機種変の際に使ったり、電池パックの交換に使うぐらいしか使い道はないのか?
後払い式の電子マネー「iD」(DCMX mini)利用者であれば、毎月のiD利用料に充当することは可能です。
2,000ポイント→1,800円分
と多少減額されてしまいますが、元々25%UPで交換したポイントですから、
他社8,000ポイント→Docomo10,000ポイント→iD9,000円分
と、25%増量が12.5%増に減っただけで、やはり等価交換では味わえない「お得」がプラスされます。

いっそのこと、このiD利用分を25%増量にしてしまいませんか?

dカードのユーザーのみ、
2,000ポイント→2,000円分のiD利用料に充当
と等価交換可能になります。なのでキャンペーンの時期を見計らって交換したポイントは、
他社8,000ポイント→Docomo10,000ポイント→iD10,000円分
と、こちらも25%増量でiDを使えることになります。

他にDocomoポイントはJALマイルに交換することも可能です。ただし制約が厳しいです。
「15年以上利用しているグランプレミアステージの会員」
のみです、ドコモポイントをJALマイルに交換できるのは…ところが、Docomo利用歴1年ぐらいでも、dカードのユーザーは交換できてしまうのです!

Docomo5,000ポイント→2,500マイル

したがって、今回のキャンペーン増量で他社で貯めたポイントをドコモポイント経由でJALマイル化することも可能な訳です。ドコモを15年以上使っているユーザーか、DCMXカードを持っていれば。
普段は、
他社5,000ポイント→ドコモ5,000ポイント→JAL2,500マイル
と、×0.5でJALマイル化できるんですが、この増量キャンペーンを利用すると、
他社4,000ポイント→ドコモ5,000ポイント→JAL2,500マイル
と、×0.625でJALマイル化可能と、交換するポイントの価値が上がるのです!!

このキャンペーンに参加しているクレジットカード会社は豊富なラインナップですが、ここではJALマイルを貯めのに最適なカードを一つご紹介します。このキャンペーンも絡めると、最強クラスになります。
 

ほとんど知られていないんですが、セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレスカード は「SAISON MILE CLUB」を利用すると、通常のJALカード以上にJALマイルを貯めることが可能になります。
マイルクラブに参加するには別途年会費4,000円が必要です。参加すると、このカード経由のお買い物全てが1,000円利用で10マイル+1.25マイルになります。
saizongoldmile 
JALカードのショッピングマイル・プレミアム付きのものと同様に1,000円で10マイル付く他、なんとおまけの永久不滅ポイントを2,000円毎に1ポイント付けてもらえます。永久不滅ポイントは他の商品やポイントに交換してもいいんですが、JALマイルに交換すれば
1永久不滅ポイント→2.5マイル
換算で交換可能です。
今回のキャンペーンを利用して、あえて永久不滅ポイントから直接JALマイルに交換せずに、Docomoポイントに迂回させると、
200永久不滅ポイント→Docomo1,250ポイント→JAL625マイル
となりますので、1永久不滅ポイント=3.125マイル
換算となります。このカードの永久不滅ポイントは2,000円毎に付くので、1,000円毎に換算すると
3.125÷2=1.5625
となりますので、10マイル換算分のマイルと合わせると、
1,000円利用毎に11.5625マイル
まで引き上げられます。勿論Docomoポイントは5,000ポイント以上貯まらないとJALマイルに交換させられませんが、普段のケータイ利用で貯めたポイントに合算すればいいわけですから、それほど困難ではないと思います。

このカードはゴールドカードなので、年会費もかかりますが、なんと初年度年会費無料キャンペーン中です!翌年度からは毎年10,000円かかりますが、「空港ラウンジサービス」や「手荷物無料宅配サービス」、「航空機遅延」まで補償対象になっている旅行傷害保険が海外・国内共に最大5,000万円まで補償され、家族特約も付いてきます!
それと「iD」と「QUIC Pay」も使えますので、カードが使えないけど、これらの電子マネーが使える場所でもマイルの取りこぼしが無くなります。

Gポイント」や「PeX」などのポイント交換サイトからの交換は、このキャンペーンを利用しなくても、随時、
1Gポイント→1リクルートポイント→1Ponta→0.5JALマイル
に交換できるようになっております(7月30日にリクルートポイント⇔Ponta間が開通したため)。
なので、ポイント交換についてはこれを「基準レート」に見立てて、それより上か下によって、キャンペーンを利用していくといいでしょう。
今回のキャンペーンは
1Gポイント→1.25Docomoポイント→0.625JALマイル
なので明らかにこちらの方が勝っております。
しかし残念ながら、今回のキャンペーンは「Gポイント」と「PeX」ではGポイントからの交換オンリーです…

ハピタス
モッピー

などのポイント還元の大きな人気サイトは、大体PeXへの交換だったりします…では、今回のキャンペーンではこれらのサイトで貯めたポイントを有利に交換することは出来ないのか?秘策をお教えします。

PeX 105,000ポイント(1万500円分)→セシール 10,500ポイント→Gポイント 10,000ポイント

で交換可能です。(※もっと少ないポイントで交換可能ですが、判りやすい数字のため10,000で例示してあります。)
セシール→Gポイント間が「105ポイントが100ポイント」になってしまいます。それでも今回のキャンペーンで交換することを考えれば、

PeX 105,000ポイント(1万500円分)→セシール 10,500ポイント→Gポイント 10,000ポイント→ドコモ 12,500ポイント

になりますので、元のポイントから2,000円分増えていることになります。
セシールは服飾生活雑貨のショッピングサイトなので、こちらをうまく活用してポイントを貯めることも可能です。まずはアカウント登録して、ショッピング・そしてポイント交換が可能な状態にして下さい。
詳しくは、セシールスマイルポイントのご紹介 - セシール(cecile)をご参照下さい。
Gポイント
Gポイント…ポイントを集約できるサイト。PeXで貯めたポイントは、セシール経由で手数料5%で移動可能。今回のドコモポイント25%増量キャンペーンの中継基地にもなります。


ドコモポイント自体を毎月多く稼ぐには、DCMXゴールドカードを、持つことをオススメ致します。
毎月のドコモ利用料で還元されるドコモポイントは、最も長く利用している(15年以上)「グランプレミアムステージ」ユーザーでも2.5%程度です(DCMXカードを持つと4.5%にアップします)。仮に1万円とすると250ポイント、DCMXカードを持っていたとしても450ポイントです。
ところが利用年数に関係なく、DCMXゴールドカードを持っていると10%還元、1万円なら1,000ポイント還元になってしまいます。
年会費は10,000円(税別)ですが、入会時10,000ポイントバックがあるので初年度はほぼ無料と考えてもいいでしょう。他社のゴールドカードのような充実した特典や傷害保険も当然付帯されております。
このカードを作って、毎月ドコモ1万円利用したとすると、10,000ポイントプレゼントと合わせて初年度22,000ポイント還元、JALマイルに交換すると11,000マイル換算になりますね。
DCMXカードはドコモ以外の利用に対して1%分のドコモポイントが付与されます。また「DCMXカードの利用」「iDの利用」でポイントUPする特約店も多数あるので、ドコモポイントが爆速で貯まるカードです。

最後に、このキャンペーンを活かすことを前提に電子マネーを運用する場合、どのカードからチャージしておいた方がいいか、まとめます。


通常時はリクルートカードが、リクルートポイント⇔Pontaルート開通により、最有力候補に躍り出ました。
nanaco・モバイルSuica…リクルートカードプラス利用により2.0%→JAL100円につき1マイル。
楽天Edy・スマートICOCA…リクルートカード(VISA)利用により1.2%→JAL100円につき0.6マイル。
と、なります。リクルートカードプラスは年会費2,000円ですが還元率2%となるため、nanacoとモバイルSuicaへのチャージでも適用されます。が、残念ながら楽天EdyとスマートICOCAはポイント対象外です。
年会費無料のリクルートカードVISAなら還元率は1.2%とやや落ちますが、楽天EdyとスマートICOCAへのチャージでもポイントが付きます。(モバイルSuica・nanacoへのチャージでも付きます)
両方作って、1つのポイント口座に合算させることも可能なので、電子マネーによって使い分けることも可能です。
この他、JCBブランド(リクルートカードプラスも)の方はQUIC Payを付けることも可能です。

「nanaco」「モバイルSuica」「スマートICOCA」に関してはライフカードの誕生月チャージで、このドコモ25%増量を活かした方がJALマイル還元率は高くなります。ただし、「楽天Edy」に関しては誕生月5倍対象外なので、全期間リクルートカードVISAの方がいいですね。
「iD」「QUIC Pay」に関してはセゾンゴールド・アメリカン・エキスプレスカード が最強で、この25%増量を利用すると1,000円毎11.5625マイル。
ライフカードもiDは使えますので、誕生月のみこちらのiDを利用して、Docomo25%増量キャンペーンで交換すると1000円毎15.625マイル。
「iD」はクレジットカードの使えないマクドナルドでも使えます。ちなみにマクドナルドは「Edy」「WAON」も使えます。WAONの場合、JALカードからチャージしたWAONなら1,000円毎15マイルが確保できます。
「QUIC Pay」に関しては、ほとんどクレジットカードが使える場所でしか使えないので、意味がないようにも思えますが、独自のキャンペーンも豊富で、QUIC Payで決済すると5%引きしてくれる加盟店が結構あります。これはデカいと思います。

いずれにせよ、このキャンペーンを活かして各種ポイントをDocomoポイント経由でJALマイルに交換するには、Docomoを15年以上利用するか、DCMXカード必須です。

以上、DCMXカードとDocomo25%増量キャンペーンを組み合わせて、各種ポイントをJALマイルに最適化する方法をご紹介致しました。

JALマイルは成田発着のLCC・ジェットスターでも「貯められ」、「使えます」!かつてTEAM26でANAマイルを貯めていたマリーズファンも、LCCで遠征旅行をよくするのなら、JALへの「改宗」オススメです!



posted by mansengo at 12:45 | 貯まるマイル情報

↑楽天イーグルス勝利の日の翌日は、楽天市場・楽天ブックスはポイント2倍に…買う前に忘れずにエントリーして下さい(エントリーは買う度に必要です!)。イーグルスとヴィッセルW勝利の日は3倍になるので狙い目!


↑中日ドラゴンズが勝つ度に4ポイントGET!【UCSカード】ドラゴンズカード…nanacoチャージでもポイント付与あり。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。