最強クレジットカード「JQ CARDエポスゴールド」の全貌が判る。年間100万の利用で還元率2〜3%にも達するモンスターカードです。
フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】
2014年06月24日

【速報】ANAマイルでバニラエア特典航空券に!札幌、10,000マイルでOK!

HOME貯まるマイル情報 > この記事

ANAマイル、バニラエア特典航空券に

以前よりかねがね噂に聞いておりました、ANAとバニラエアのマイレージ提携、7月スタートと、本日発表されました!

気になる必要マイル数ですが、

成田-札幌(往復) 10,000マイル

現状ANA便を利用すると15,000マイル必要なところ、2/3のマイル数で同じ場所に行けてしまいます!(片道の場合は7,500マイルです)
この他の都市へは…

  片道 往復
成田-奄美大島 7,500 10,000
成田-沖縄 9,000 12,000
成田-ソウル(仁川)   15,000
成田-台北(桃園)   28,000

と、なっております。

札幌までANA10,000マイルとなると、30,000貯めると、今まで2往復だったところが3往復になってしまい、札幌全9試合(今年の場合、東京ドーム3試合があるので)を見ることも可能になってしまいますね(笑)

ポイントサイトで貯めたポイントや、カードで貯めたポイントを現金化するより、ANAマイルに交換した方が、成田-札幌間の往復航空券を買うなら、そっちの方が安くついてしまうんじゃないでしょうか…

札幌ドームが所沢ぐらい近くなってきました。


ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)
ANAと東京メトロ提携のANA JCBカード。このカード付帯のPASMOによる東京メトロの乗車&エキナカ売店での購買でもANAマイルに交換可能な「メトロポイント」が貯まります。
このメトロポイント→ANAの交換レートが100:90なので、あらゆるポイントを9掛けでANAマイル化させてしまうことが出来ます。
PeXやGポイントなどにポイントが貯まっている方は、それをメトロポイントに交換することによって、現金なら100円に出来るポイントが、ANA90マイルに交換出来るわけです。つまりこのルートを利用すれば、PeXやGポイントに10,000円分ぐらいすぐ貯まる方は、9,000マイルに交換可能で、バニラエアの特典航空券にすぐ届いてしまいます。札幌によく行かれる方は、PeXやGポイントのポイントを現金化するより、ANAマイルにしてバニラエアの特典航空券にしてしまう方がオトクでしょう。
このカードを作ると「JCB OkiDokiランド」「メトロモール」「ANAマイレージモール」と、各社の3つのモールを自在に操れるようになります。毎日、無料でポイント(のちに高レートでANAマイル交換可能)やコインがザクザク貯まります。クイズや検索するだけでも…
-----------------------------------------------------------------------------------------
ANA JCBカードとソラチカカードの重複保有不可について
本会員として、ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカ)とANA JCBカードを重複して保有することはできません。既ににANA JCBカードにご入会の場合、ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカ)の新規入会手続きを行うと、お切り替えとなりますのであらかじめご了承ください。
-----------------------------------------------------------------------------------------

ANA-JCBカードの移行手数料が来年度から値上げされます(2,000円→5,000円)。ただしボーナスポイントや、1ポイント→5マイルのレートでの交換は引き続き無料です。
ソラチカカードはPASMOチャージで貯めたポイントを5マイルのレートでANAへ交換することに割り切って、

Extreme Card(エクストリームカード)をメインカードとして併用すると、爆裂的にANAマイルが貯まります。こちらのカードは、Gポイントに交換できるポイントが1,000円で15ポイントも貯まるので。
このカードで得たポイント15ポイント→Gポイント15ポイント→メトロポイント15ポイント→ANAマイル13.5マイル
となり、1,000円で13.5マイル換算で貯まってゆきます。
このカードは年会費3,000円ですが、30万以上の利用で無料になりますので、このカードをメインカードにして、ソラチカカードを併せ持てば、ソラチカカードの年会費2,000円のみで、理想的なANAマイル集約環境を構築出来ます。

iDをよく使われる方、Suicaを活かしたい方には、三井住友カードのANA VISA/マスターカードの方がオススメです。

ANA VISA Suicaカードも作れます。年会費はJCB同様2,000円(税別)ですが、マイペイす・リボに申し込んだり、明細の郵送を停止することによって、1,000円以下に抑えることも可能です。
ポイントを1ポイント→10マイルのレートで移行する場合は、JCB同様結構な額(年間6,000円)がかかります。が、このカードのポイントは、やはりGポイントに交換出来るので、ソラチカカードと組み合わせることによって、ボーナスポイントを直接ANAマイルに交換するより、多くのマイルにすることも出来ます。
また、「iD10周年」の記念キャンペーンが2014年12月からスタートします。このキャンペーンに参加すると、なんとiDの利用分が、すべてポイント2倍になります。倍付分はボーナスポイントではないので、単純に1ポイント=20マイルになってしまいます。「マイペイす・リボ技」と、上述のGポイントルートでボーナスポイントを交換する技を組み合わせると、iD1,000円分の利用だけで23〜24.5マイル稼ぐことも可能です。
キャンペーンに参加するには、キャンペーンが始まる前までに3万円分のiD利用が必要ですので、来年1年間iDでANAマイルをブーストさせたい方は、早めにカードを作って利用しておいた方がいいでしょう(キャンペーン開始以降でも、3万円到達すれば、その時点から倍付対象になります)

この辺を活用すると、日々の生活でもANAマイルはすぐ貯まります。
バニラエアでの札幌遠征もお手軽になったANAマイル。貯めたマイルの使い道の選択肢が広がって参りました。



posted by mansengo at 17:49 | 貯まるマイル情報

↑楽天イーグルス勝利の日の翌日は、楽天市場・楽天ブックスはポイント2倍に…買う前に忘れずにエントリーして下さい(エントリーは買う度に必要です!)。イーグルスとヴィッセルW勝利の日は3倍になるので狙い目!


↑中日ドラゴンズが勝つ度に4ポイントGET!【UCSカード】ドラゴンズカード…nanacoチャージでもポイント付与あり。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。