最強クレジットカード「JQ CARDエポスゴールド」の全貌が判る。年間100万の利用で還元率2〜3%にも達するモンスターカードです。
フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】
2014年06月07日

WebMoney Cardへのチャージでポイント【auじゃなくてもau WALLETのように…】

HOMEnanaco・Edyなど電子マネー > この記事

au WALLETの攻勢が凄いですね。所さんをイメージキャラクターに、どんどん売り込んでいます。電子マネー(厳密には電子マネーじゃないけど、電子マネーにしてますね)で、他にCM打ってるのはSuicaぐらいでしょうか?楽天カードはEdy搭載してますが、楽天カードマンも触れてませんしね。

「auじゃないから、関係ないね」
どこか柴田恭兵をイメージキャラクターに、この反意的なコピーで売り出すところないかしら?そんなDocomoや、ソフトバンク、ウィルコム、他au以外の携帯をお使いの方に、
「au WALLETのようなもの」
を使う方法を伝授致します。

実は「au WALLET」は、WebMoneyのシステムに依存しております。WebMoneyはKDDI系列のサーバー型電子マネーで、オンラインでの決済に特化しておりましたが、近年実店舗でも使える取組を開始しており、そこにプリペイド・カードの仕組みを組み合わせてきました。
「au WALLET」はauとWebMoney、そしてセゾンカードの協業で運営されておりますが、WebMoneyとセゾンカードがau以外のユーザーに着目しないわけがありません。

「au WALLET」と同様の仕組みで「WebMoney Card」というサービスを、au以外のユーザーにも提供しております。「au WALLET」は「WebMoney Card」の上位互換というか、auローカライズ版というか、とにかく使える場所に変わりありません。

  • MasterCard加盟店
  • WebMoney加盟店

では、どちらも利用可能です。ガソリンスタンドや、継続課金(月々の支払いがあるもの)をかけられるものには、プリペイドカードの性質上使えませんが、上記であれば大体において使えます。
クレジットカードが使える場所なら、どこでも使えるというのは大きなメリットです。今までクレジットカードを持ったことが無い方(或は持ちたいのに持てなかった人)には、待望の仕組みでしょう。

「WebMoney Card」に関しては下記ページより詳細ご確認し、申し込みたい方は申し込んでください。これをゲットして、スマートフォンに専用アプリを入れれば、チャージも自由に出来るようになります。
【WebMoney Card】WebMoneyがMasterCardとして利用できるプリペイドカード:電子マネーWebMoney(ウェブマネー)

ここで「au WALLET」「WebMoney Card」のチャージ方法について比較してみましょう。

チャージ方法 au WALLET WebMoney Card
auかんたん決済
(支払方法が銀行引落か、以下のクレジットカードを利用している場合のみ可能)
・MUFGカード(VISA/Master)
・DCカード
・NICOSカード
・セゾンカード、UCカード
(VISA/Master/JCB)
クレジットカード
・国際ブランドがMaster Cardのカード全部
・セゾンカード、UCカードのVISAブランドのカード

・国際ブランドがMaster Cardのカード全部
・セゾンカード、UCカードのVISAブランドのカード
WebMoneyプリペイド番号
(Web Money Cardカードケースアプリに登録することによってのみ可能)
auショップでの現金チャージ
インターネットバンキング
・じぶん銀行
〇(予定)

非常に複雑なんですが、「au WALLET」「WebMoney Card」ともに条件付きながらクレジットカードからのチャージも可能です。

クレジットカードが使える場所で使う電子マネーなら、わざわざチャージせず、そのままクレジットカードを使えばいいんじゃないか?という疑問を持たれますよね?
実はチャージして「au WALLET」「WebMoney Card」を使った方が得なケースが殆どになると思います。両方とも独自のポイントシステムを用意してますから。「au WALLET」の場合、基本200円で1ポイント(0.5%)付けてもらえ、携帯の利用料金などに還元可能です。のみならず、セブンイレブンやマツモトキヨシなどポイントアップする加盟店まで存在します。
スタートキャンペーンで(2014年6月限定ですが)セブンイレブンなどは、なんとポイント10倍です。オール5%引き状態ですね…

Web Money Cardは残念ながら、こういった形の加盟店は存在しません。 が、こちらも魅力的な、ある意味「au WALLET」よりメリットの多い形のポイントプログラムを用意しております。


Web Money Cardのポイント還元

一応、2014年〜2015年3月までのポイントプログラムです。 スマートフォンの「カードケース」アプリに、WebMoneyCardを登録すると、ポイントプログラム対象になります。(こちらに登録しないと対象になりませんので、お気をつけください)
「au WALLET」の方は200円で1ポイントですから、398円分購入しても1ポイントしか付きません。切り捨てになってしまいます。こちらはすべての利用額を無駄なく積み上げられることが出来、11万、33万、55万、77万、99万利用到達時に還元が生じます。総利用額が55万以上になれば、単純な還元率もau WALLETより上になりますね(ポイントアップ加盟店での利用を抜きにして)。99万使えば、合計19,965円分の還元が受けられ、なんと2.01%還元!
ここまで来ると、たとえ現金チャージだったとしても、「WebMoney Card」を使った方がトクと言えるでしょう。クレジットカードが使える場所なら、ほぼどこでも使えるわけですから、この還元率を上回るカードがない限り、こちらの方がトクになります。

「WebMoney Card」のポイントが使えるのかって?
11万に到達した翌月にはポイントとして戻ってきます。
Web Money Cardアプリ

上の写真の「7,419POINT」という数字が、現在このWebMoney Cardへチャージされて利用可能な「残額」です。
WebMoney Cardにチャージすると、スマートフォンの「WebMoney Cardカードケース」アプリ(上記写真)の方に、1円分が「1POINT」と表示され、そこから使った分だけ減っていく仕組みになっております。
1万円チャージしたら「10,000POINT」と表示されるわけです。
つまりポイント還元分もここに「加算」されます。WebMoney Cardで貯まったポイントは更にWebMoney Cardで使えるわけです。
ポイントはクレジットカード、WebMoneyが使えるところなら、どこでも使えることになります!しかも翌月には還元されるので、これほど使いやすいポイントもないと言えるのではないでしょうか?

なので、クレジットカードからチャージしてやれば、クレジットカードのポイント+WebMoney Cardのポイント両方貯まることになります!
今のところ、ポケットカードぐらいでしょうか。「au WALLETとWebMoney Cardのチャージにはポイント付与しない」と公表しているカード会社は。それ以外のMasterブランドのカードをお持ちなら、おそらくチャージ出来れば、ポイント還元もあると思います(改悪情報が入り次第、こちらでもご紹介して参りたいと思います)。

高還元を謳われる、Extreme Card(エクストリームカード)やリクルートカードなどは「VISA」ブランド(あるいは「JCB」)のカードが主流なので、これらからは縁遠いところにおります。(つまりチャージ自体出来ません。間接的にする方法をこのエントリーの最後にご紹介しており、場合によってはこれら高還元カードの恩恵を受けつつ、WebMoney Cardを利用する秘策もあります)
唯一、年会費無料の三菱UFJニコスから発行されているリクルートカード(還元率1.2%)は、auかんたん決済経由でのみau WALLETにチャージ可能です。
【2017年追記】リクルートカードに「Master」ブランドも登場し、制限なくau WALLETにチャージ出来るようになりました(VISAはauかんたん決済経由のみ)。

こちらのエントリーはあくまでも「au以外のユーザーがWebMoney Cardにクレジットチャージする」ことを主眼に置いて書いておりますので、他のカードについて書いてまいりましょう。
これから紹介するカードは基本、年会費無料なので、ランニングコストもかかりません!


WAONチャージで唯一ポイントを付けられるイオンカードセレクトも、Masterブランドを選べばWebMoney Cardへのチャージ可能です。基本WebMoney Cardへのチャージを前提に、WAONが使え「WAONポイントアップ」がある時だけ、こちらのカードからチャージしたWAONを使う…といった使い分けも出来るかと思います。WebMoney Cardへのチャージも、WAONへのチャージも、WAONの利用も、すべてWAONポイントにまとめることが出来、最大でWAONチャージ1.5%のポイントを稼げるようになります。詳しくはこのページのWAONの項目ご参照下さい。


DocomoのDCMXカードも、Masterブランドを選べば、WebMoney Cardへのチャージが可能になります。還元率は1%。Docomoポイントで還元されます。電子マネーiDも付けられ、Docomoポイント2,000ポイントを1,800円分のiD利用分と相殺することも可能です。


NTTグループカードも、やはりMasterブランド選択可能です。こちらのカードの場合、Masterのみnanacoチャージに対応しましから、「Edy・nanaco・モバイルSuica・WebMoney Card」へのチャージでポイント付けたい(キャッシュバック対象にしたい)場合はMasterを選びましょう。


おなじみ楽天カードもMasterブランドを選べば、WebMoney Cardへのチャージが出来るようになります。
もっとも、このカードは「バーチャルプリペイドカード」を発行していて、そちらはMasterブランドになっておりますので、そちらからWebMoney Cardへのチャージも今のところ可能でした(VISA、JCBでもこちら経由でチャージ可能。しかもポイント3倍キャンペーンなどもありウハウハでした(笑)) 

この辺がWebMoney Cardへのチャージで還元率を高くするカード群だと思われます。
「WebMoney Cardから他の電子マネーへチャージしたら、カードのポイント、WebMoney Cardのポイント、さらに電子マネーのポイントがもらえてウハウハじゃないか!」
そう思われた方、残念ですが、WebMoney Cardから電子マネー(Edyやnanaco、WAON)へのチャージは基本不可能です。
実はただ1つだけ現在可能です。それは
モバイルSuica
です。モバイルSuicaはビューカード以外をチャージするカードに選ぶと年会費1,000円取られるので微妙なんですが、年間1,000円以上のポイントが貯まるのであれば、ビューカード以外からの「アリ」でしょう。
もっとも大手カードからのモバイルSuicaへのチャージ自体、ポイント付与対象外になっております。なのでWebMoney Cardへ迂回チャージさせることによって、WebMoney Cardのポイント分だけトクすることも可能です。

このエントリーで紹介しているカードのように、WebMoney Cardへのチャージだけでも1%〜3%稼げるカードをチャージに使い、WebMoney CardからモバイルSuicaにチャージし、「Suicaポイント加盟店」で使えば凄いことになることもあります。

  • クレジットカードからWebMoney Cardへチャージ
    (クレジットカードのポイント 1%〜3%)
  • WebMoney Cardのポイント
    (総額99万の利用で2.01%)
  • Suica加盟店でのモバイルSuicaの利用
    (SuicaポイントMaxで0.5〜1%)

で、3+2.01+1=6.01%
Suica加盟店なら、こんな数字にしてしまうことも可能です。
Suicaポイントは付きませんが、定期券の購入もモバイルSuicaから可能ですので、前者2つで一定の還元が受けられると思います。

ゆくゆくは手数料4%ついてしまうので現実的ではありませんが、開始現在の段階では「WebMoneyプリペイド番号でのチャージ」も、手数料無料です。
これはコンビニエンスストアで販売されている、WebMoney(使いきりタイプ)を購入して、そのプリペイド番号をWebMoney Cardのアプリから入力することによって、WebMoney Cardへチャージ出来ます。アプリではスマホのカメラでバーコードを読み取っても入力出来ますのでカンタンです!(もちろん番号をキーパッドで打ち込んでの入力も可能です)
基本、「WebMoneyプリペイド番号」の購入は現金ですが、セブンイレブンではnanacoで、ファミリーマートならファミマTカードでの購入も可能です。
nanacoへチャージしてポイントが付くカードを使えば、たとえそのカードがVISAやJCBブランドでWeb Money Cardへ間接的にチャージ出来るわけです。今後4%の手数料がつけば、こちらのメリットはなくなりますが(笑)一応、下記にnanacoチャージでポイントが付き、高還元なカードもご紹介しておりますので、ご参考下さい。
Edy・nanaco・WAONへのチャージはこのカードで決まり!【最新電子マネーチャージノウハウ全集】
上のモバイルSuicaへのチャージと組み合わせると、「nanacoチャージでクレジットカードのポイントを貯めて、Web Money Cardのポイントももらいつつ、Suica加盟店でSuicaポイントも頂く」ということになってしまいますね…。

如何でしたでしょうか?まだまだ始まったばかりなので、どこで使えて、どこで使えないかなどの情報が錯綜しておりますが、じょじょに明らかになってくるかと思います。当ブログでは引き続き、既存のnanacoやEdy、WAONと共にWebMoney Card(及びau WALLET)のチャージ・運用情報もフォーローしていく所存です。



posted by mansengo at 13:11 | nanaco・Edyなど電子マネー

↑楽天イーグルス勝利の日の翌日は、楽天市場・楽天ブックスはポイント2倍に…買う前に忘れずにエントリーして下さい(エントリーは買う度に必要です!)。イーグルスとヴィッセルW勝利の日は3倍になるので狙い目!


↑中日ドラゴンズが勝つ度に4ポイントGET!【UCSカード】ドラゴンズカード…nanacoチャージでもポイント付与あり。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。