最強クレジットカード「JQ CARDエポスゴールド」の全貌が判る。年間100万の利用で還元率2〜3%にも達するモンスターカードです。
フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】
2014年04月05日

大谷-藤岡-西野!あれ、先発誰だったっけ?【4月4日は何の日?】

HOME野球のみ・か・た > この記事

勝った日こそ飲む!
勿論朝帰り、今さっき帰ってきました。LCCより安い乗り物で(笑)
昨日は4月4日でしたが、ヒーローの1人アジャが言ってました。
「4月4日は僕の日かなぁと思って、ツイてると思いながらプレーしてました」
背番号44だから、4月4日は僕の日って…どんだけ、ポジティブ・シンキングなんだよ、アンタ!でも、そういうの、とってもプロムキ。
正解を教えておくと、4月4日は本来「おかまの日」なんだよ。だって…3月3日が女の子、5月5日が男の子、だから…キサちゃん逃げて!

試合自体は4回途中ぐらいから見たかな?頭の中が焼酎でタプンタプンになっているけど、断片的な記憶を辿って書いてみよう。(だから内容を求めるなバリア?)
成瀬にQSもつかなかった。1打者における球数が増えているんだから、これでは到底長いイニング投げられない。チェンジアップの精度の低さを補うためにか、スライダー多投。ほとんど、それの出し入れで凌いでいるような印象…ンンン、これで1年間乗り切れるのか?昨年と同じような状態が続いている。

成瀬への信頼感の無さが、あの場面でスパッと大谷に替えたベンチの決断で伝わってきた。ていうより今年の大谷の良さを最大限評価している向きもある。オープン戦でボール見た時、今年の大谷はヤバいと思ったが、本当にヤバかった。今のポジションは明らかに損。早晩、「セットアップ」あるいは「先発」の仕事任せるでしょ。(あれ?今のところ金曜日に投げてるな。これは…)
それを継いだのが調整登板が初登板な藤岡。オープンで見る機会が無かったが、調子の良さは聞いていた。そして見た。
なんじゃ、コリャ!
別人のようなマウンド上での挙動。フォームで気になったのがワインドアップで振りかぶった後、そのまま足を上げる結構な段階まで振りかぶったままだったこと。これによって右肩の開きが極力抑えられ、腕が遅れて出てくるようなタイミングの取りづらいフォームに微変更されていた。そこからスピンの効いた140後半のボールを連発!これもヤバいじゃないか。ただ2イニング全力投球と、先発は全然違うので、ある程度のイニングを力で抑えられるのか、次回先発登板に期待したい。いや、期待してるぞ!

打線が爆発した。相手先発吉川の調子が上がってこないという現状があるのかもしれないが、的確に捉えることが出来た。残念ながらアジャの初安打は見ることが出来なかったが、ダイジェストで確認。そのまえのセンターフライも大飛球だったようで、陽岱鋼の好捕で初安打を阻まれてしまっていたようだ。ようで、陽なので、ようなのだ。序盤は北海道のラジオでチェックしていた(4月からはrazikoで他地域の放送が聴けなくなっていた…)。18時台は雑音も多く、時折文化放送に回しながら。西武で長らくコーチを務めていた土井正博が文化放送の解説者になったんだな。浅村の昨年の覚醒について、「やっぱり桐蔭なんでしょうね」
と、桐蔭のDNAのせいにしていた。あんたが育てたんじゃねーのかよ!

桐蔭からは打たない捕手しか頂いていない我々としては、昭和の遺物「PL頼み」
4番今江
5番サブロー
気が付けば、元の木阿弥!でも、この2人が活躍してチームに初勝利をもたらした。ゴリは引き付けて得意の右方向あれば、カーブの曲がりっぱなをバットに上手く乗せての左中間と、右に左に巧打連発。サブ御大はマルチ達成でお役御免のご隠居様。5回で引っ込むご隠居様。そして代走は…

左翼・角中
中堅・荻野
右翼・清田
とうとう来た!Black Out Fielders夢の競演!と、昨年からの当ブログ読者のみが興奮している状況となりました。でも清田の打撃不振は深刻…内側を見せられると、真ん中より若干外目の甘いスライダーにもクルックル空振りするような状態で、内側のボールが気になって強いスイングが出来ていなかった。最終打席は左投手だったので多少期待した。でも追い込まれるまで雰囲気ナシ…まあ、あんまり勝敗に関係ない場面だったので、こちらもゆるーーい気持ちで眺めていたら…とうとう来た!
チーム日本人第1号
あとは右投手からも打てるのか、どうか。まだヒット1本打っただけだからね!マイティー荻野も早く「H」のランプ灯してくれ。(相変わらずバントは苦手…”自由”に打つには1番確保しないと!)

アジャの活躍に隠れて目立たなかったが吉田がフルでマスクをかぶった。大谷、藤岡の好投に吉田がどれぐらい貢献できたかは判らないが、この選手の打撃でひとつ特徴的な点に気が付いた。それはハーフスイングでバットを止める時に、普通のバッターなら、それこそ振ったか振らないかっていう辺りまでバットが回っていってしまうのだが、吉田は絶対に振らないぐらいに止まる。なぜか?これは相当手首の力が強いんだろう。リストの強さっていうのは最大の武器でもあるが、吉田の場合強すぎて、一連の動きが硬くもなってる。バットを折ることが多いのも関係あるんじゃなかろうか?「ロボ」的な動きの源泉はこれか…あと、相変わらずファール後は見得を切っている。プロはそういう部分でも観客を楽しませてほしいと思っているので、その点は評価したい。ミスター(長嶋の方!荻野じゃないよ)は空振りの時、わざとヘルメットを飛ばすように、ややブカなヘルメットをかぶっていた伝説がある。

そして何といってもアジャ。とうとうお目覚めか。打って、打って、打ちまくってくれ。今日の打撃内容を見れば、やってくれそうな期待感が持てた。ヒーローインタビューで緊張しているのが伝わってきて、初々しかったなぁ。
しかしゴリの復帰でクルーズの出番が無くなっちまったなぁ。ネモも確保に必死だし。やはり内野のゴリ、外野の荻野が戦線復帰することによってチームが活性化し始めたぞ。ここからの逆襲に期待しよう。まずはファイターズに勝ち越しといてくれ!



posted by mansengo at 06:08 | Comment(5) | 野球のみ・か・た
この記事へのコメント
いつも奥深い洞察に感心いたします。
吉田の特徴は並外れたリストの強さですか・・・、益々楽しみになります。それにしてもハーフスイングからリストの強さを感じ取るとは恐れ入ります。
Posted by 柏マリン ロッテファン歴41年 at 2014年04月05日 10:51
更新お疲れ様です 吉田選手のリストは強いですか~きっと…重いミットを振り回しキャッチングしたらビタッと止める…時にはボールをストライクに引き込む日々がロボリストを進化?強化?させたのでしょうね~(笑)
成瀬投手への言動やデッドボール後の進塁とか見聞きし吉田選手は結果出しプロで絶対生き残ってやるっ!!みたいな必死さを感じますね~
追記 3日今年初参戦でした…子供はチバユニ良かったね~(泣)
アジャのベーランで一塁リード後バタバタしながら帰塁しセーフ!?で皆さんにバカウケしてるのを見て怪我にスランプなく1年活躍して欲しいな~と思い昨日の活躍は一安心しました。
Posted by 新米 at 2014年04月05日 12:52
書きこみ、ありがとうございます!
Posted by mansengo at 2014年04月06日 00:19
なぜかコメントが書きこめません…
Posted by mansengo at 2014年04月06日 08:54

>お二方

コメントを書いたら何らかの規制に引っ掛かっているみたいで、コメント返し出来ませんでした…懲りずに、又ご参加ください!!
Posted by mansengo at 2014年04月06日 09:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


↑楽天イーグルス勝利の日の翌日は、楽天市場・楽天ブックスはポイント2倍に…買う前に忘れずにエントリーして下さい(エントリーは買う度に必要です!)。イーグルスとヴィッセルW勝利の日は3倍になるので狙い目!


↑中日ドラゴンズが勝つ度に4ポイントGET!【UCSカード】ドラゴンズカード…nanacoチャージでもポイント付与あり。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。