最強クレジットカード「JQ CARDエポスゴールド」の全貌が判る。年間100万の利用で還元率2〜3%にも達するモンスターカードです。
フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】
2014年03月30日

唐川に成長の兆し、吉田はプロ向き「個人プレー」

HOME野球のみ・か・た > この記事

3/29 H5-2M

↑ 今年はスコアぐらい入れるか。歴史振り返ると、入れていた年もあったのよ。勝ちゲームでは殊勲・敢闘・技能の3賞制定していた時期もあったし。備忘録的に振り返った時に、判りづらすぎるもんね。

え?ネタ位しか書いてないんだから、そんなものいらないって?
ガーーーン

序盤、唐川対中田の投手戦。6回に両軍のヤマがあって、そこで入った点数がそのまま勝負を分けた感じのゲームだった。6回って、グラウンド整備後で空気が変わるので点が入りやすい?勿論、そういう理由もあるけど、こういう見方はどうだい?

野球のみかた!
「3廻り目で上位打線から始まった回だった」

意外とベテランでも、こういう見方をしている人は少ないと思うよ。この観点から語るだけで、あなたも明日から「即席ベテラン」野球ファン。そんなこと言われても全然嬉しくないって?
じゃあ、ちょっとでも嬉しくなりたい人だけ、読んで。

今日の唐川はカーブをかなり投じていた。焦点は対イ・デホ。はるばる京セラまで見に行った試合でも、イ・デホにやられてたよ、昨年のユウキひゃんは。ホームラン2本打たれてないか、昨年?とにかく苦手。
長打のあるバッターに恐いところなんだけど、カーブを1打席目からかなり放っていた。「覚悟」みたいなものを感じたのと、今年は縦の角度が増しているので、単純にカーブが有効に感じた。高めのボール気味の真っすぐを効果的に配して、高低と緩急をうまく使えていた。
昨年までの唐川には無かった「考えた組立」じゃねーか!

吉田の野郎がやってくれたってか!そう思いたいところだが、残念ながら、唐川、相当吉田のサインに首を振っていた(笑)
昨日、上野が1・3塁で1塁へ牽制2球球を投げて「(キャッチャーが)変化球を要求したいゆえの牽制か?」と思わせて、真っすぐ要求していた時があった。この真意が今日の吉田を見ていて、なんとなく判った。
4回2死から、長谷川に先制タイムリーを打たれた後、打者松田という場面を迎えた。カウント1-2からの勝負球になるボールの選択で、吉田のサインに唐川、首を振る。昨日好走塁を連発した1走・長谷川をしっかり警戒しながら迎えた4球目。首を振って何を投げるのか、興味津々。答えは
「スライダー」
これで、吉田というキャッチャーのキャラが見えてきました。
おそらく、ここでも又、彼は「真っすぐ」を要求したのだと思う。このカウントですから、ややボール気味でしょうね…。唐川からすると、この場面での1-2からの真っすぐは「ありえない」選択だったと思う(打者松田だしね)。そうまでして吉田が直球を要求したのは、1塁走者が変化球カウントで走ってくることを、むしろ「ウェルカム」とした球種選択だったんだな、多分。昨日の上野の時の奴にしても、そう。
「俺さまの肩を見せつけてやるよ」
と、腕を撫していたんじゃねーのか!? ピッチャーのことなんて、お構いなし。まずは自分がプロで生き残っていくためのアピールを早い段階でしておきたい…そういう強烈な自己主張的配球だったんじゃないかと、俺は勘ぐった。そこで唐川から「待った」がかかったわけだ(笑)

その吉田に対して、6回畳みかけに入っていたホークスは、今度は1走・松田が1・3塁でディレード気味にスタートを切った局面があった。非常にナメくさった攻撃で、こういうのやられること自体、「いいようにやられている」状態で、その後松永もその雰囲気に飲まれていって「お前は中後か!」の8球連続ボールの押し出しなんて、やらかしていた。チーム全体が浮足立ち始めている場面でのディレードで、ルーキー捕手なら硬直して対処不能になりそうなところでもあったんだが、吉田は遅ればせながらも、きっちり2塁へ送球していた。この辺に、このキャッチャーの非凡さというか、肩への絶対的自信、及びプロに向いている強烈な自己主張型の性格の持ち主であることを感じた。

唐川は結局3廻り目に捕まってしまったが、そこまで(2廻り目まで)カーブを多く見せることによって、ピンチで幅広いピッチングが出来る準備を施していた。それでも相手に上回られてしまった。マリーンズが勝ち越した後、こちらも成長の跡が見える今宮にセンター前に運ばれ、そこから内川に繋がれたのが痛かった。強力打線ゆえに「強行策」も増えて併殺を取れる機会が多い打線でもあるはずだ。ところが内川は無死1塁という状況で、いとも簡単に初球を「ヒットで」つなげるんだよな…いわゆる「シンツマ」打法で右へ持っていく、理想の上に「超」がついてしまう展開を生み出す打撃内容なんだよなぁ。その後イ・デホに同点打を許すが、ここまでカーブを多く見せたことで「カーブもあるぞ、あるぞ」という意識をデホに植え付けさせつつの、真っすぐ・スライダーで攻めるという「(3廻り目を見越した)考えたピッチング」が出来ていたので、そこに成長を感じ取ることが出来た。今までの唐川は、はっきりいって「素質頼み」だった。プロで数々の辛酸をなめて、ようやく「大人のピッチング」が出来るようになったじゃないか!
でも、4回のデホの後の長谷川のタイムリーは、正直デホを抑えて「ホッ」としてしまったところに原因があったように思う。
こんな感じで、今日は唐川VSデホを全球球種コースをチェックしながら、見ておりました。全員の対決をチェックするのは難しくても、その日キーとなりそうな対戦を追いかけて、2廻り目、3廻り目を見越した攻めを先発投手が出来ているか、どうかを見届けていく「野球の見方」、どうでしょう?あなたのベースボール・ライフのステージをワンランク上に…

今日は唐川-吉田のバッテリーVSホークス打線中心に書きましたが、その他気になった点も数点。
1回の拙攻は、いまだ結果が出ておらず前日2三振のアジャだけに、スリーツーというカウントといえども「静観」するのがセオリーなんでしょうけど、勝負師・伊東は当然のラン・エンドヒット(結果は三振ゲッツー)。これは走者を動かすことによって、ヒットゾーンを広げて井上の初安打をアシストできるかもしれないという、伊東監督の親心的なものも感じた。というより監督自身、自らが指名した新四番が早めに結果を出してくれないとヤバいという側面もあるが。

大地が落ちるボールに空振り三振している時があって、バットに「なんで、止まらないんだよ。バカバカ〜」と八つ当たりしていたのはカワイかった(笑)

相手の中田も1廻り目はフォーク封印気味だったなぁ。(2廻り目からふんだんに使っていた。)左足がなかなか前に出ていかない「貯める」フォームのピッチャーなんだが、クルーズはステップの段階でまったくタイミングが合っておらず、投げる前から打つ確率ゼロ状態になっていた。( クルーズも大地同様「一歩足」ですね。)
5,6年前、中田を見てセ・リーグNo.1のポテンシャルを持ったピッチャーに感じたのと同時に、「えらくパ・リーグ向きのピッチャーだな」とも思っていた。全盛期に比べれば球速が落ちて、その分ウマさが出てきているんだろうけど、基本惚れ惚れするようなパワー・ピッチャー。なかなかスターターで150連発するピッチャーはいないからねぇ、NPBには。

そうそう吉原が完璧なデビュー。オープン戦からここまで、これほど結果を出し続けられるとは…でも、本人も気持ち悪いんじゃないかな。ここまで「出来過ぎ」だと。新人4人が開幕3連戦でお披露目されるという、超ブラック企業。
「うちのような成長著しい会社は、いっぱいポストが余っております。ぜひ我が社に入って、君の才能を伸ばしてください。お待ちしておりますよ」
離職率が高そうな企業の採用担当が、こんなこと言って勧誘してそうだよな〜。ようこそ、開幕連敗するような会社に!そして我が社を…

助けちくりーーー!
頼んだぞ、草食系男子ピッチャー(あの両手を合わせて、「シャンシャンシャン」って感じで、腰を微動させながら左右に振るストレッチはなんとかならんのか?)



posted by mansengo at 00:55 | Comment(3) | 野球のみ・か・た
この記事へのコメント
唐川選手の課題は、6回というか打者3巡め、なのかなーと思いました。
開幕2連敗といってもまだシーズンのたった2試合ですし、唐川選手にしても次以降がんばればいいことなので、できることからコツコツとやってほしいです。

しかしホークスどうやって抑えたらいいのでしょう。
どなたか対策してくださいませんかしら…
そのための材料集めになってもと納得するので、あと1試合何かきっかけにしてほしいです。石川選手のシンカーは有効だと思います。
Posted by てんとう虫 at 2014年03月30日 07:43
更新お疲れ様です 今回も納得でした。吉田選手の牽制&ストレートは盗塁防止や裏を掻く配球と言うより自分が刺しやすい環境作りだったんですね(笑)
だから成瀬選手にも腕をしっかり振れ~俺が刺せねーじゃんか!!と言うアピールだったのか〜(泣)
日本球界4大キャッチャーと言えば野村、古田、谷繁、城島が浮かびますが吉田選手は城島タイプなのかな?と感じました。
追記 因みにイトキン様、サド崎様は神様仏様です。殿堂入りですから比較の対象からあえて外しました(あえてか~!?)
Posted by 新米 at 2014年03月30日 11:58
書きこみ、ありがとうございます!

>てんとう虫さん

 石川はそこそこ好投してくれましたねー。でも、この打線を本格的に抑える術はないかな?強力打線で犠打が無い分、併殺を取れる可能性があるので、ウルフみたいなピッチャーがいるといいんですけどね、ホントは(笑)

>新米さん

 憶測ですが、吉田のキャラを考えると、そんな気がしております。若いのに風格があって、いいなぁと思います。その4人だと谷繁かな?城島ぐらい打ってくれたら…望みすぎですね(笑)
Posted by mansengo at 2014年03月31日 01:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


↑楽天イーグルス勝利の日の翌日は、楽天市場・楽天ブックスはポイント2倍に…買う前に忘れずにエントリーして下さい(エントリーは買う度に必要です!)。イーグルスとヴィッセルW勝利の日は3倍になるので狙い目!


↑中日ドラゴンズが勝つ度に4ポイントGET!【UCSカード】ドラゴンズカード…nanacoチャージでもポイント付与あり。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。