最強クレジットカード「JQ CARDエポスゴールド」の全貌が判る。年間100万の利用で還元率2〜3%にも達するモンスターカードです。
フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】
2014年03月23日

開幕1軍確定の4新人を斬る!

HOME野球のみ・か・た > この記事

23日のオープン戦最終戦のスワローズ戦を観戦して、新人4人の気になる「あんな点」「こんな点」を書いてみよう。スポーツニュースも取り上げないような細かい点を中心に。

先発の石川は今回も好投した。前回登板で6イニングで降板して、「スタミナ不足」を指摘されていた。今日はその部分での汚名返上を課題に変えて、マウンドに登ってくると予想。実際、そういう部分も散見した。
2回下位打線に連打を許し、無死2,3塁のピンチを招いた。ここまでピンチになる前に吉田の盗塁刺などに助けられて、未然に塞がれるケースが多かった。
「おお、とうとう石川の真価が見れるな!」
と勇んだら、ヤクルトが8番新人、9番投手!10人野球対9人野球のハンディ戦かよ。
”POWER PLAY!”
この時期のセパ対抗戦はこうなっちゃうのね。

このピンチを招く過程の部分で、7番の中村に0-2からストライクを2球取りに行き続けて、ファール、2塁打となった。明らかにキャッチャー吉田も3球勝負要求。吉田のナメナメリードかと思ったが、これは球数節約の大命題が今日のテーマだったゆえの選択肢だったのかな?と想像した。
石川はとにかくバンバン、ストライクゾーンで勝負してくる。「僕なんてプロじゃ通用しませんよ」といった煙幕を張り巡らしながら、プロで10年ぐらい食ってるようなナメナメ投球を展開してくる。初見の打者は厳しいでしょうね…ただ…

ただ、今日一番気になったのが、真っすぐがシュート回転しすぎて暴れていたこと。石川のことを「まとまったピッチャー」という評論があったら、それは無四球という結果からイメージしての、少しずれた評価だと思う。今日の真っすぐの球筋を見た時、昨年初めて阪神の藤浪のピッチングを見た時と同じような「暴れ馬」的なものを感じた。あちらは強烈なインステップで打者に向かっていくようなボールなので、右打者にはかなり威圧感があるが、石川の方は「そっとステップ」なので、それほど威圧感はない。
解説の金村が「フォームが綺麗なので威圧感がない」といったようなことを言っていたが、じゃあなぜ打者は差し込まれるの?っていう話になる。このナチュラルシュートも一役買っていると思うが、前回登板の時にも書いた、手首の独特な使い方が原因なんじゃないかと推測してみる。砲丸投げの球を投げる時のように、手の甲が地面と平行になっている時間帯が長く、普通のピッチャーのように手の甲がなかなか立たない。この独特の投げ方がシュート回転を生みやすい元なんじゃないかと睨んでいるんだが、打者から見ると、「そっとステップ」と手首の形からは信じられないような速さのボールが来て、なおかつクセ球なので、始末に終えなさすぎる投球に映ってるんじゃなかろうか?(ただナチュラル・シュートの弊害として、外角低めギリギリに決まる「いいボール」に審判の手が上がりづらくなっていた。)

これにバレンティンあたりは「カーブがいつ来るのか?」という疑心暗鬼に追い込まれていて、全く自分のバッティングをさせてもらえてなかった。そうそう昨年のエントリーでも書いたが、バレンティン、無死1塁の時、投手が1塁に牽制すると、ちゃんと「フェイク・ザ・バント」の仕草してたでしょ、相当遅れてバントの形作ってたので意味ないけど(笑)
一回りは石川攻略は難しいでしょう。各球団との初対戦ぐらいまでは盤石なピッチングをしそう。ただオープン戦でピンチを招いた時の「予行演習」が出来なかったのが心配。あとは2回目以降の対戦になった時も抑え続けられるのか、どうか?

キャッチャーの吉田も、どうやら開幕スタメンを勝ち取りそうな使われ方をしている。ただ成瀬と相性悪いような予感がしてる。成瀬って、結構自己中な典型的投手性格で、調子悪いとすぐ顔に出すし、その辺後輩の涌井と真逆。彼みたいなピッチャーは、先輩捕手(=サト)に操ってもらった方がいいような気がする。
吉田も先輩投手に物怖じしなさそうな性格。
ただ繊細さも感じた。ヤクルトの宮本の言葉を金言とし、「キャッチボールから指のかかりを意識して1球1球疎かにせずキャッボールを行っている」という逸話を2回ぐらい聞いた。今日、投手への返球でも、これを感じた。結構握り直して、ピュッと返球していた。こういう準備があるから、2塁へ好送球を連発できるのかと感心した。肩や背中が痛いから仕方ないのかもしれないが、サトの「ヘロッと」返球と比べると、盗塁への備えで圧倒的な差があることを感じた。おそらくキャッチャー出身の伊東監督も、こういうところを評価して抜擢すると思う。何より投手の信頼感が違う。あれだけ刺してくれればピッチャー本当助かるもんな…
ただ、攻撃ではバント失敗があった。彼のバントは肩と手に余計な力が入りすぎていて、明らかに失敗するだろうなぁ…っていう構えをしていた。何をするにしても動きが硬い。ちょっと高見盛的なロボ要素満載なんだが、フォールで粘っている時のフォロースルーで「あれ?」と思った。
ファール打った後に、オーバーにバットのヘッドをかざす様は
松田
そのものだった。そのうちピッチャーに正対して
メーーン!
っていう剣道ポーズ作り始めるぞ。

アジャが2試合連弾。ゴンドラは5打席立てば首位打者になるようなことを言っていたが、今日4打席でも首位打者になってるね?これ規定打席未達で「規定により首位打者」って奴?もっともオープン戦の打率とか、最高にどーでもいい項目なので、むしろ他球団のマークをはずす意味でも「首位にだけはなるな!」って俺なんか思ったけどね。
アジャはとにかくファーストストライクを見逃さず振ってくる。逆にカウントを悪くしていくと、どんどん打つ確率が減っていく。アウトコースに簡単にストライクを取りに行くと、確実に仕留める。物凄い集中力で、無心でバットを振り切れる「才能」がある。この辺対策を講じてくるだろうパリーグ他球団の一流投手と、どんな対戦を見せてくれるのか?本当に楽しみなバッターだ。
「アジャ」とか「ドカベン」とか、見た目であだ名をつけるな!なんてエントリー立てたけど、金村が「ドカベン香川さんみたいなバッティングの柔らかさがある」なんて言ってたので、思わず吹き出してしまった。

金村、後輩の大谷が出てきた時は熱く語ってたなぁ…大谷のアマチュア時代の栄光を。直行が対楽天戦で「森山には頑張ってほしい」といっていた時を思い出してしまった。大谷は長島☆自演乙☆雄一郎と報徳の同級生だから、彼のようにミドルネームつけて目立つっていうのはどう?
大谷☆海坊主☆智久
今日の大谷はかなり良かったな。吉田の要求するところに寸分違わずカットファスト、ツーシームを投げ分けていた。球速も143ぐらい出ていたし、これは1軍残すでしょ?どうなん。上野、大谷の選択だよね。吉原は点取られてないんだから当確でしょうしね。ルーキー4人はホント結果を出して、1軍枠を勝ち取った。

ウカウカ出来ない人たちも活躍した。
里崎のツーベースも、これまでとは訳が違うだろう。背中の張り訴えていたのに、これって志願の出場?オープン戦4割の打率を残し、吉田の出現にマジで焦っているような「必死さ」も感じた。
「角中、なんで満塁ホームラン打つんや。走者が残っていれば、ワイのタイムリーになるところだったのに!」
と歯噛みしてるんじゃないの?
角中は途中出場で、9回の1打席だけで一発回答。無死満塁。ここまで制球に苦しんでいるのがアリアリと判るバーネットの3-0からの4球目をライトスタンドに放り込んだ。
キング、フリーダムすぎるだろ…
これには笑っちゃいました。こんな一打打ってニコリともしてないところを含め。あれだけ制球に苦しんでいるピッチャーの3-0からのボール打つか〜!?しかも、無死満塁だぜ(笑)内角も捌けるようになってきているし、本来の形に戻ってきた。
これも「ハフマン効果」の一端かもしれない。伊東構想の中には左投手先発の時は、角中はずしてハフマン先発なんていうオプションを考えているのかね?
ハフマンはこのクソ寒いのに半袖。ボールに食らいついていくようなファイトあふれる打撃姿勢はまさに平成のリックショー。え、リックの在籍時代も既に平成だったって?じゃあ適当に〇〇の部分、埋めて。
〇〇のリックショー
あんたがた、ハフマン♪

長い、長すぎるエントリー。そろそろ切るしかないね…
6回表の攻撃に関して、最後にちょこっと。吉田の内野安打の後、岡田バント封殺で走者入れ替わりになった。そして岡田がいつスタートを切るのかが焦点の場面になった。ピッチャーの石山は1-1となった3球目に、2度1塁に牽制して、2度とも岡田は逆を突かれたが、なんとか1塁へ帰塁した。ただ2度とも逆を突かれたので、さすがにここは自重するかと思いきや、スタートを切った。石山のボールが変化球だったこともあり、相川は手に付かず2塁へうまく放れなかった。これは2度も牽制を投げてきたことによって、キャッチャーが変化球を投げさせたいから、牽制で釘付けにしようと企んだ意図であることをマリーンズベンチが読みきった可能性が高い。多少スタートが遅れても、変化球なら岡田の足なら充分間に合う。2度も逆を突かれているのに、ひるまず盗塁のサインを送り続けたベンチの「勝負」。さすが勝負師を自称する人だけのことはあるな、と感じた場面だった。(さすがにこの場面は「グリーンライト」じゃないよね?)

さ〜て今年は、どういう風にエントリーをまとめるか…
このまとまりの無さじゃあ、いくらなんでも読む人いなくなるよね…



posted by mansengo at 23:14 | Comment(0) | 野球のみ・か・た
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


↑楽天イーグルス勝利の日の翌日は、楽天市場・楽天ブックスはポイント2倍に…買う前に忘れずにエントリーして下さい(エントリーは買う度に必要です!)。イーグルスとヴィッセルW勝利の日は3倍になるので狙い目!


↑中日ドラゴンズが勝つ度に4ポイントGET!【UCSカード】ドラゴンズカード…nanacoチャージでもポイント付与あり。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。