最強クレジットカード「JQ CARDエポスゴールド」の全貌が判る。年間100万の利用で還元率2〜3%にも達するモンスターカードです。
フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】
2014年03月19日

京セラドームに行く時はPiTaPaを忍ばせておきたい!【市営地下鉄10%引き】

HOME貯まるマイル情報 > この記事

来月、関西に2度行くことになった。
そこで昨年作った「Smart ICOCA」は携行していくことは当然なんだが、「PiTaPaも作れそうだな…間に合うのか!?」
っていうような状況になってきた。

このカードを新たに作ったからです。(PiTaPaカードを付けることが可能です)

ソラチカカード

なぜ、作ったのかというと、漢方スタイルクラブカードに貯めてあったポイントをANAに移行すると7,500マイルに出来て、PeXに180,000(1万8千円分)ポイントぐらいあったので、PeXからnanacoポイント経由でANAマイルに交換すれば、余裕で15,000マイル(国内特典航空券)にはなるな…と思っていたら、このカードの入会欄に記入し始めておりました。

昨年4月にnanacoポイント→ANAマイル(およびANAスカイコイン)というルートが開通したので、GポイントやPeXなどのポイント交換サイトに集まっているポイントを、nanacoポイントを通してANAマイルに交換出来るようになりました。
ただし2nanacoポイント→1ANAマイルという兌換率なので、そのまま使えば1円分になるポイントを0.5マイルに交換することは、果たして「有効」なのか悩ましいところでした。

ところがこのソラチカカードは、知る人ぞ知る、秘密のANAマイル交換ルートを持っております。
anatome_koukan2

東京メトロとANAが提携して出した「JCBカード」なので、ANAマイルとメトロポイントとJCBの「OkiDokiポイント」の異なった3つのポイントプラグムに参加することが可能です。
付帯のPASMOを使うと、「メトロポイント」が貯まるんですが、これが実にオイシイ、ポイントプログラムなんです。

まず、このカードを作って、そのPASMOで東京メトロに乗ると
平日 5
休日 15
ポイント付きます。なのでメトロを使ってマリンに向かっている方は、毎回、土日なら30ポイントづつ貯まりますね。たとえ、
原木中山−西船橋間だけだったとしても!
(でも、定期の区間だったら、ダメです…ボソッ)
この他、メトロの駅構内のお店、自販などでPASMOを使うとメトロポイントを貯められます。(To Meカード以外のPASMOでは貯まりません!)

そして上図の通り、
100メトロポイント→90ANAマイル
という訳が判らないレートで交換してくれます。なので、PeXやGポイントに貯まっているポイントも等価でメトロポイントに交換してくれますので、すべて9掛けでANAマイル化出来てしまうのです!
先ほど、PeXに180,000ポイント貯まっていると書きましたが、
nanacoポイント経由だったら9,000マイルにしかならないのに、このルートだと、
18,000×0.9=16,200マイル
になってしまうのです!今回は漢方スタイルクラブカードから交換する7,500マイルに、7,500を足し合わせればいいので、18,000円分のポイントは必要ありません。
8400×0.9=7,560
8,400円分のポイント、すなわちPeXの84,000ポイントだけ使えば、15,000マイルに到達します。(※PeXは10ポイント≒1円)

ソラチカカードはANA JCBカードの一種。重複保持は認められていないので、既にANA JCBカードをお持ちの方は切替作業が必要です。ノーマルなANA JCBカードの機能はすべてソラチカカードにも組み込まれていて、なおかつPASMOの諸機能とメトロポイントがプラスされているので、断然こちらの方が「オトク」なので切替をオススメ致します。

以前ANA JCBカードを所持している頃(まだ「TEAM 26」がANAと提携していた頃…笑)は、持っていたとしてもリスクしかなかった「ANA PiTaPaカード」を、オプションで付けるのも問題ない時代になったじゃないか!!
なぜなら、数年前は「Suica」や「PASMO」と「PiTaPa」は互換性がありませんでした。2013年3月に全国交通系ICカード共通利用開始されたことによって、首都圏でPiTaPaを使うことが出来るようになりました。
この、「ANA PiTaPaカード」は発行手数料無料なんですが、年間1回も利用しなかった場合は、維持管理費用1,000円取られるという大きなリスクがあるんです。これ維持費を払わないためだけに関西行くっていうのもアホな話ですし、持つ意味はほとんどありませんでした(年間1回は確実に旅行、または仕事で関西に行く人なら、アリだと思いますが…)
しかし、今やPiTaPaでSuicaやPASMOの地域での利用が可能になったわけですから、いつでも年間1回の利用はクリア可能です。

PiTaPaは他の交通系ICカードと違い、「プリペイド」ではありません。「ポストペイ」(後払い)なんです。ところがポストペイで入場できるのはPiTaPaの区間だけで、他の地域ではチャージしておかなければなりません…また、電子マネーの部分では他の交通系ICカードとの互換性はありません。非常に使いづらそうなんですが、
大阪市営地下鉄は10%引き
などのオイシイ無条件特典も用意されております。ちなみに現金チャージは勿論のこと、ポストペイでPiTaPaを利用してもクレジットカードのポイントは付きません。電車に乗った際の割引や、電子マネーとして利用した時に「ショップdeポイント」(PiTaPaの独自ポイント)を付けたりすることは可能です。
「ANA PiTaPaカード」を用いると、「ショップdeポイント」とANAマイルを交換出来たりするようにもなります。

というわけで、首都圏・近畿圏で「Suica」「PASMO」「ICOCA」「PiTaPa」を使い分けたい奴は、ソラチカカードを持つのが早道です。
Suicaは「モバイルSuica」を使えば、JR東日本の「ビューカード」以外のクレジットカードからもチャージできるようになりますが、年会費1,000円取られます。なのでPASMOをメインにしていけばいいわけですが、「Suicaポイント」が付くお店などでは使い分けたいところですよね。モバイルSuicaは3,000円までの制限付きですが、3月から「携帯会社のキャリア決済」が出来るようになりました。
一応試したんですが、DoCoMoの場合「DoCoMo口座払い」か「クレジットカード払い」じゃないと、弾かれるみたいです。私は現在「請求書払い」で、毎月請求書をもらってから、オンラインでクレカ決済で支払っております。毎月一番お得なカードをとっかえひっかえしながら(笑)

ちょうど、ソラチカカードを作ると、入会キャンペーンで、下記の図のような大盤振る舞いを実施中で、その中に「携帯電話料金、公共利金のお支払」でポイントをもらえるキャンペーンもあるので、4月からこれを利用してモバイルSuicaの「キャリア決済」にTRYしてみたいと思います。
(この他にも、合計最大14,500マイル分のポイントがプレゼントされる入会キャンペーンが、4月末まで開催されております)

anatome_campkeitai

これが可能であれば、月3,000円までのチャージであれば、モバイルSuicaへのチャージでも、維持費無料でクレジットポイントを獲得できるようになります。Suicaの利用でSuicaポイントが貯まるお店もあるので、電車はすべてPASMOで行けても、Suicaと使い分けたい局面はきっとあると思います。

「Smart ICOCA」はJR西日本地域でしかチャージできません(現金チャージなら首都圏でも出来ますが…)が、任意のクレジットカードからチャージ出来るので、高還元率のクレカからチャージ出来、なおかつモバイルSuicaのような利用料も取られることはありません!(なので関西に向かうときは携行し、いっぱいチャージしておこうと思うのです)
リクルートカード_PC
リクルートカードなら、年会費無料なのに「Edy、nanaco、そしてSmart ICOCA」にチャージしてポイントが付きます。還元率は1.2%。ポイントは「じゃらん」でも利用できるので旅行に使えます。(JCBやリクルートカードプラスはSmart ICOCAにチャージしてもポイント付かないので、注意!)

そして「PiTaPa」と。どんなPiTaPaでも「大阪市営地下鉄10%引き」は適用されるようですが、よく京セラドームが催している「PiTaPa優待観戦デー」(PiTaPaで入場券を購入すると当日券が大幅値引きされる)では「ANA PiTaPa」は残念ながら対象外です。このイベントには「OSAKA PiTaPa」(大阪市営地下鉄が発行するPiTaPa)じゃないとダメなんですね…
ちなみに昨年はこんなに多く開催されております。
参考:大阪市営交通 オリックス・バファローズ PiTaPa優待観戦デー【終了しました】 | イベント情報 | イベント情報・お知らせ|OSAKA PiTaPa

と思ったら、昨年からは「OSAKA PiTaPa」以外の「PiTaPa」でも行けるようになっていたんですね!「ANA PiTaPa」もオッケーじゃないですか(2012年度は確か「OSAKA PiTaPa」だけでした…)
「ICOCA優待観戦デー」の方なら、「ICOCA」のみならず「Suica」「PASMO」も行けます!(昨年筆者はモバイルSuicaで入場券購入しました)
昨年後半の京セラドームの試合は、ほとんど「PiTaPa優待観戦デー」か「ICOCA優待観戦デー」のどちらかは開催されていたので、京セラ観戦には、これらのICカードを備えておきたいところです。後者なら首都圏の「Suica」「PASMO」でも流用できますが、前者は電子マネーとしての互換性はありませんから「PiTaPa」じゃないと、ダメなんです。

この他JCBカードなので「QUIC Pay」も付けられます。最近「おこづかいQUIC Pay」(全利用10%引キャンペ中!)や「QUIC Pay(nanaco)」などQUIC Pay周りが熱くなっているので、それも試したいんですよね。
京セラドームは「QUIC Pay」と「WAON」が昨年終盤から、いけるようになっております!
つまりこのカード、東京メトロだけでなく、京セラドームにも強い(笑)

東京メトロもカード事業に本腰を入れているようで、3月3日に「メトロポイントモール」をオンライン上に開設、ネットでメトロポイントを獲得できるモールも登場しました。
さらに3月15日からは
メトロポイント10ポイントからPASMO10円分にチャージ可能
と、利用の敷居が猛烈に下がりました(以前は500ポイント〜)
今最も旬なカード、それがソラチカカードなのです。



posted by mansengo at 00:13 | 貯まるマイル情報

↑楽天イーグルス勝利の日の翌日は、楽天市場・楽天ブックスはポイント2倍に…買う前に忘れずにエントリーして下さい(エントリーは買う度に必要です!)。イーグルスとヴィッセルW勝利の日は3倍になるので狙い目!


↑中日ドラゴンズが勝つ度に4ポイントGET!【UCSカード】ドラゴンズカード…nanacoチャージでもポイント付与あり。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。