最強クレジットカード「JQ CARDエポスゴールド」の全貌が判る。年間100万の利用で還元率2〜3%にも達するモンスターカードです。
フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】
2014年03月14日

ボビーが作り出した見逃し三振文化【マット・ウォールストリート・フランコ】

HOME野球のみ・か・た > この記事

優勝した2005年のオープン戦は、投手力を全面に出して、そこそこシーズンに入っても戦えるんじゃないか?という期待を持たせるものがあった。蓋を開けてみれば打線爆発で、狐に包まれたように、ほっぺたをつねってみたりした。夢は梅雨が明けるころには醒めるわけだが(笑)
結局あの年も後半失速していて、やってることは、ここ10数年何も変わらない。相手チームのコケ具合に応じて最終順位が決まる感じで、差し切って先頭でゴールテープを切る戦いが出来ていない。

そうはいっても、それまで攻撃力に問題があったチームが、いきなり開眼したように打ちまくった理由は何だったのか?そして一過性に終わってしまった理由は?治乱興亡の2000年代パ・リーグ史を紐解く、考察エントリーの始まり、始まり。

あの頃の外野陣って、見てられねぇー布陣だった。本来三塁手として取ったマット・フランコにレフト守らせて、満身創痍のベニーも守らせて…終盤は総とっかえ。サブロー・明・モロを守備要員で動員したりする、極端な野球をボビーは見せた。ちなみにサブローはこの年、開幕を2軍で迎え、前半戦は守備要員や代走、さらには左投手先発の時だけ明と一緒にスタメンで使われたりした。「つなぎの4番」はベニーが常時出れなくなって、やむに已まれない応急処置として施したら、嵌ったに過ぎない。

いつものようにサブロー御大をDISるためのエントリーじゃなかった。サブローと言えば、四球も多いが、見逃し三振も多い。ルーツはこの辺にあるような気がしている。
マット・フランコの名前を出したのも、唐突に出したわけではない。このエントリーの”超重要参考人”としての出廷だ。

彼の見逃し三振を覚えているだろうか?
3-2からの見逃し三振をした際、アンパイアがストライクとコールすると、物凄い勢いで食ってかかりそうな動きを見せながら、実はフェイントで、ベンチへ大股でスタスタと下がっていった。まるで午前8時50分のオフィス街を闊歩するサラリーマンのように(遅れちゃうよ〜)
ウォールストリート・フランコ
彼の見逃し三振に密かにこんなニックネームを付けていたのだが、当時はブログを執筆しているわけでもないので、あえなく「お蔵入り」。

物分かりが良すぎる彼の行動。サブローも呆然とすることなく、淡々とベンチへ帰ることが多かった。
2012年ジャイアンツの戦略担当に就任した橋上は、当初清武閥ということで冷遇されていた。ところが、どうにもジャイアンツ打線の意気が上がらず、藁をもすがる思いで橋上の出馬を乞うと、彼は交換条件を出してきた。
「見逃し三振を許容してほしい」

伝統ある巨人軍でさえ、泥臭いアマチュア野球イズムから抜け出せていなかった事実を伝えるエピソードだ。
見逃し三振するくらいなら、バットを振れ
見逃し三振は武士の恥と言わんばかりに、指導者たちは選手たちに、見逃し三振ほどつまらないものはないと叩き込んできた。
確かに3球何もせずに立っていて見逃し三振なら、何をしに打席に立っていたのか判らなくなるが、3-2というカウントの場合、見逃し三振は大有りだと思う。

そもそも3-2から、ストライクゾーンで勝負してくる1軍クラスのピッチャーは少ない。本来ならフォアボールがピッチャーの最大の敵、恥辱なはずだから、最低限ストライクゾーンに入れていかないといけないはずなんだが、大体ストライクからボールになるようなキレ味鋭い「決め球」で牛耳っている。
あれを見て
「振らなきゃ、いいのに…」
と、見ている者は皆、思うはずだ。やってる方はストライクゾーンに来ているので、当然バットが出てしまう。自信を持って見極められるのは、投げた瞬間ボールゾーン決定っていうボールぐらいだ。

橋上の師匠・野村克也はかつて教え子のキャッチャーに「3-2になったら、ストライクを要求する必要はない」と、いうような教えを説いていた。
これを逆手に取ったのが、何を隠そうボビー・バレンタインだったのではないかというのが、今回の眼目。彼はデータ野球を標榜していた。データを取る限り、日本の投手は3-2からストライクゾーンに投げてこない確信めいた結論に行き着いたのではないか?もちろん、もっと細かいデータで、この場面だったら、この投手の場合・・・というような注釈付だと思うけど、そういったデータが揃ったときは
「見逃し三振も可」
といった合図が出ていたような気がする。三振するかもしれないが、黙って立っていれば歩ける確率も高いという読みだろう。振ってもヒットの確率は低い。3割が一流と呼ばれる世界なのだから。だから見逃し三振上等でボーーッとしておくことが、「一番オトク」ってことに気が付いたのだ。精神論者では辿り着けない「境地」。
こういう指示が出されると、打者も精神的に解放され、好結果を生みやすい。チームの四球数が飛躍的に伸びたはずだ。(エクスパンションの影響で投手力低下していたことも否めないが…)

象徴的な場面を一つ上げよう。マリーンズが事実上日本一を決定づけたのは敵地・甲子園に乗りこんだ第3戦で、途中まで接戦だったのを、その年セットアッパーとしてブレイクしていた藤川を、橋本・フランコが打ち崩して勝利に結びつけたことが大きかった。
この時、満塁というシチュエーションだったと思うが、追い込まれた後、物凄いクサいボールをいとも容易く、この2人は見逃していた。つまり、ここは
「見逃し三振でもいいよ」
っていう指示があったから、楽な気持ちで当代一のセットアッパーと当たれたような気がする。
既にMLBで活躍し始めていたヤンキースの松井が、この場面を観戦していて、「よく、あの落ちるボールを見極めましたよね…」と絶句していた。
ウォールストリート・フランコが物分かり良すぎる態度で闊歩する姿を見て、この推理は小保方…もとい大方外れていないと思っている。

ボビーの野球はこういったことを大胆に実行した結果、万年Bクラスのチームを日本一にまで引き上げた。確率に殉じる覚悟のようなものを見せてもらった1年でもあった。(中には「3塁線がら空き問題」とか、香ばしい確率シフトもあったけどさーー)
ではなぜ、その栄光が続かなかったのか?その話はまた別の機会にしよう。
※克也の愛弟子・橋上も、当然、このボビーの野球と対戦している訳である。



posted by mansengo at 00:42 | Comment(4) | 野球のみ・か・た
この記事へのコメント
こんにちは。
初めてコメントしますが、いつも楽しく拝読させていただいております。
2005年日本シリーズ第3戦のフランコの見逃し考察は目からウロコでした!
あの場面と、ウィリアムスではなく桟原へのスイッチが勝負の分かれ目だったなーと思ってましたが、フランコの見逃しは選球眼の賜物だと思ってました(笑
私も泥臭い精神論から脱却して、さらに楽しく野球が見れるように頑張ります!
「なぜ栄光が続かなかったか?」も期待してます。
長文失礼致しました!
Posted by Y at 2014年03月14日 11:29
私も目からウロコ。納得です。素晴らしい。確かにあの頃は四球ゲットは多かったです。今でもボビー時代の生き残りのサブロー福浦は四球での出塁は多い。
慧眼に恐れ入りました。プロ野球解説者には、こういう奥が深い解説をしてほしいですね。
新しい選手の経歴・特徴を知らない有藤さんは勉強不足も甚だしい。プロ意識の欠片もありません。
Posted by 柏マリン ロッテファン歴41年 at 2014年03月14日 20:37
なるほど〜腹にストンと落ちました。
これって裏を返すと「ヒット打ちたきゃ、0か1ストライクから」ってことですよね。
サトやゴリといったボビーの申し子達が「チャンスで早打ちしてガッカリな凡退」することにも影響している気がします。

また、ボビー後期の「フルカウントからランナーオートスタート→見逃し三振ゲッツー」の一因でもあるような。ランナースタートしたら、自分が凡退しても進塁させるべきなのに見逃しOK時だとチグハグになってしまいますよね。
Posted by jun at 2014年03月15日 07:25
皆様、書き込みありがとうございます。

>Yさん

はじめまして!

桟原を出して、諦めムードを自ら作ってしまったんですかね?ちょっとこの辺の空気感は忘れてしまいました。福浦がグランドスラムを放ったのは覚えているんですが(笑)
ぜひ又、ツッコミたい時や付帯情報がおありでしたら、いつでも参加お待ちしております!


>柏マリン ロッテファン歴41年さん

いやいや、今回のエントリーは個人的に確信はしておりますが、推理です。小保方です。いつ、この論を取り下げるか判りませんよ(笑)


>junさん

かなり打者の裁量に任せられるところに対しても、データの介入を試みたんじゃないか?そういう「不審な挙動」が多かったので、狙い球の絞り込みに対しても結構有意な情報が提供されたとは思います。
後期のランエンドヒット失敗の話は、「なぜその栄光が続かなったのか?」の話につながる話ですね〜。また、有意なツッコミをお待ちしております!
Posted by mansengo at 2014年03月15日 08:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


↑楽天イーグルス勝利の日の翌日は、楽天市場・楽天ブックスはポイント2倍に…買う前に忘れずにエントリーして下さい(エントリーは買う度に必要です!)。イーグルスとヴィッセルW勝利の日は3倍になるので狙い目!


↑中日ドラゴンズが勝つ度に4ポイントGET!【UCSカード】ドラゴンズカード…nanacoチャージでもポイント付与あり。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。