最強クレジットカード「JQ CARDエポスゴールド」の全貌が判る。年間100万の利用で還元率2〜3%にも達するモンスターカードです。
フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】
2014年03月08日

久々マリンでの試合、選手たちの気になる点を細かくチェック

HOME野球のみ・か・た > この記事

オープン戦もいよいよ佳境の、QVCマリンシリーズへと移ってきた。
先発ピッチャーは今日を除くと、あと2回の登板で開幕か…
で、ユウキちゃん、大丈夫なの?

今までより多めに投げるであろうシュートと、それに対になるようボールとのコンビネーションがどうなのか?っていう課題を持って上ったマウンドと思われる。1回を見る限りでは明確にその意識が強く、内・外の投げ分けが出来ていた分、コースが甘くてもバッターに的を絞らせないことに成功していた。ただ、肝心なシュートの制球が最悪に近く、「課題球」であるボールの修正に意識を向けさせられた分、他のボールも連鎖的に悪くなった。課題球が(打者の胸元を)えぐれない、或いは大きく外れてカウントを整えられない、となると、他のボールでカウントを取るのが苦しくなり、欲しくなると甘くなるという悪循環。そこを強力ホークス打線が見逃してくれなかった。内・外の投げ分けが今日のテーマであったことは、チェンジアップ、カーブといった球種少なく、緩急への意識がおろそかだった部分でも伺えた。そういう攻めをあえて試したのだろう。
あまりにもつるべ打ちを食らって、これでは唐川の精神的な部分にダメージを与えると判断したのか、サトが間を取り、長谷川にはカーブを使って三振を取った。すると続く松田には3球もカーブを使うという、相変わらずサトらしい「極端な配球」を見せたら、松田にモノの見事に右翼線にタイムリーを放たれ、ユウキちゃん放心状態。逆に攻めを変えて打たれた分、ピッチャー的にはショックの残るマウンドになったと思われる。ここから立ち直れるのか、次回登板は見ものであるのと同時に、あと2回の調整で、このチーム相手に本番投げなきゃいけないわけだが、
ホントに大丈夫なのか!?

帆足の出来は良かったと思われる。失点3を記録しているが、唐川と比べると内容的に悪くない。むしろマリーンズ打線が球際に強いバッティングを見せ、コースヒットを連発。しぶといところを見せた。
注目の井上だが、今日も1打席目・2打席目に安打を放ち、地元初お目見えの試合でファンからも喝采を浴びる。両方ともキレイなヒットではなかった。1打席目は右に打ってほしいところを強引に引っ張り、コースヒット。打球の力強さが際立つ。右手の押し込む力がハンパなく、少々の強引さが許されるバッターだと思った。実際仕掛けも早くも、ファーストストライクをどんな形でも振ってやるという気迫を感じる。2打席目はアウトローの難しいボールについていきながらも、体勢は完全に崩されていなかったし、ヒットを打つべくして、打つ形にはなっていた。4打席目は五十嵐のパワーカーブの前に見逃し三振に終わってしまったが、判定が辛かったかな?今日の主審は真っすぐ系のコースがピッチャーにとって厳しかった半面、変化球に対しては甘い判定が多かった。

スタメンに名を連ねた、もう1人の新戦力・クルーズもしぶといタイムリー安打を放った。内容は良くないヒットにも関わらず、その結果に気を良くし、自らベンチを指差し、ムードを盛り上げようとしていた。陽気なメキシカンにその辺も期待したいところだ。
しかしなんといっても、この人の場合、「守備」。今日は是非お任せしたいショートの方の守備に就いたのだが、ピボットプレーの際のセカンドベースへ入る柔らかい動きといったら、見ていてヨダレが垂れそうになるぐらいの優美な足の運び。まさにこれぞメジャーという、華麗さ。今や日本No.1遊撃手であることに異論を挟む人はいないと思われる今宮との遊撃手対決が、このカードの新たな売りになることを願ってやみません。

帆足はいいコースに投げたボールを、今江に詰まりながらのヒットを打たれたところからバタバタとラッキー安打を積み重ねられたが、昨年より全然出来は良さそうだ。この内容で6番手に入れないかもしれないという層の厚さに悄然としてしまう。だってこっちは今日みたいなピッチングをするユウキちゃんが3本柱確実なんだぜ!
帆足は主審の厳しい判定で井口を歩かせた3回もつかまりかけたが、次の今江が初球をあっさり打って併殺打。これ、帆足をアシストするための「ワザと併殺打」なんじゃないかと俺は勘ぐった。
「帆足さん、ぜひぜひローテの6番目に入って」byゴリ
今江と帆足は確か相当相性良かったはず。一応過去3年の対戦データを載せておく。
2013年 2-2
2012年 1-1
2011年 13-4
(本番で多く対戦するためのゴリの策略の可能性大!)

服部は1回を無難に切り抜けたが、対右打者と対左打者へ対しての制球に雲泥の差があった。前者には投げづらく、後者にはビシビシいい所に決まっていた。今年も役割的には左バッターが多い回のワンポイント、ツーポイントが持ち場か。
続く香月は一応2イニングを無失点で切り抜けたが、評価しづらい内容だった。解説の薮田が指摘する「チェンジアップの際に腕が緩んでますね」っていうのが全てだろう。決め球が難なく見切られていたのだが、苦しくならざるをえない。中村や松中に対して2-0、3-0というカウントから完全ヒッティング(打ち損じてもらい助かる)される内容も気になる。
薮田氏はヌボーッとした解説だったが、時折「キラリン」としたナイスな事を言っていた。井口のカウント差し戻し技術の話とか。投手有利なカウントからの四球の多さ。強打者には付き物ですね。

西野に関しては、今日のピッチングだけ見て判断するのは難しいのだが、いろいろ気になった点があった。これも唐川同様、今日のテーマだったからかもしれないが、フォークを使ってなかった。とにかくスライダーだった。なんだろう、右肩痛からフォークを封印気味にした配球にしていくんだろうか?カーブも投げてなかったな。
ただ肩が痛かった分、走りこんだのか、下半身の充実を感じた。その分、上半身への負担は確実に減っているので、余計な力が抜けた分、肩を守るフォームになっていると感じた。真っすぐの角度の付け方も、昨年よりスムーズになった感がある。ただ球種が少ないと、甘くなると確実にとらえられてしまう。その辺どうしていくんだろう?中継ぎに回した理由が、ショートイニングなら少ない球種、力で抑えられるだろうというベンチの判断だったんだろうか?いろんなことを考えさせられる西野のマウンドだった。

最大の心配事が角中。まるでダメ夫。
たまたまとかじゃなくて、今の状態では「打てない」
ボールに対して恐怖感でも感じているのか、腰の開きが若干早く、ステップと連動していないので、外側のボールに対してバットが出ていかないような状態。何をやったら、ここまでヒドくなってしまうんだろう…表情を見て相当深刻な状態であることも伺える。昨年までのあの構え方が、いずれ選手生命につながる大けがにつながりやすいということでの、一歩引いた構えなんだろうか?それがどうにもしっくりいってないような感じ。
開幕に間に合うのか?角中勝也!?

ホークスの終盤、岡島、サファテ、五十嵐…って皆、日米で実績のあるリリーバーだらけじゃないか。インチキすぎる!!



posted by mansengo at 23:32 | Comment(0) | 野球のみ・か・た
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


↑楽天イーグルス勝利の日の翌日は、楽天市場・楽天ブックスはポイント2倍に…買う前に忘れずにエントリーして下さい(エントリーは買う度に必要です!)。イーグルスとヴィッセルW勝利の日は3倍になるので狙い目!


↑中日ドラゴンズが勝つ度に4ポイントGET!【UCSカード】ドラゴンズカード…nanacoチャージでもポイント付与あり。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。