最強クレジットカード「JQ CARDエポスゴールド」の全貌が判る。年間100万の利用で還元率2〜3%にも達するモンスターカードです。
フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】
2014年02月18日

石垣オープン初戦 島人たちの序盤はかなりの暗黒…

HOME野球のみ・か・た > この記事

FOXでやっていた16日のオープン戦初戦の3回ぐらいまでを、
音を消して横目で観戦(「ながら」で見てた)

え、肝心の解説聞かなかったの?
そう、聞きませんでした(笑)

1-3回はたまんないぐらい暗黒面しか出てなかったよ(笑)

祐太はフォーム変えたんだね。なんていうか、キャッチボール投法みたいな投げ方で、力感が全くなくなった。フォームとボールのギャップで抑えようっていう戦略なんだろうけど、2回とも2死から失点した理由もこのフォームが固まっていないところに理由を求めてしまう。

ポンポンと抑えて、2死から走者を出す。それ自体は仕方ないことなんだが、そこから明らかにおかしくなる。フォーム自体は無走者時もセットなんで、なんら変わることは無い…ええ、クイックも出来ていないんです…結局どうするかっていうと牽制のじゅうたん爆撃。1点取られて、なお1,3塁っていう状況で1塁に何度も牽制している意味が判らない。
1塁走者を2塁へフリーパスにしないため?それ自体は当たり前のことなんだけど、打者への投球に影響が出るぐらい気にしているからねぇ。練習で多めに牽制を投げる指示が出ていたとは思えないし、明らかに集中して打者へ向かっていけてない現れだったと思う。今の柔らかいフォームだと、走者を引き付けられないっていうことを本人も自覚していて、牽制を多めにすることだけが解決策であるのであれば、打者に集中することは土台無理なような気がする。
2回は伊藤をいい当たりのライナーに抑えると、8番9番には「上から目線モード」。8番を3球三振に取るんだけど、9番駿太にも0-2と早々追い込んでから、3球目をスーーッと取りに行って12塁間突破。大胆さと不用心が同居しているような評価しづらい対下位打線モードだった。
そこから元の木阿弥…初回と同じような苦労をしていた。

川満はかわりばな、いきなり竹原にホームランを打たれる。
いや、ホームランにならなかったが大ファール。強い風が右から左に吹いていたから、ファールになっただけの、完全に助かった投球。この後走者を貯めて結局失点。その後も満塁になったりするが、なんとか脱出。こちらもやわらかいフォームだが、思うところに投げ込めてない。持ち味のカーブも最初の1球はいいところに決まったが、あとは全部甘かったり、完全なボール球になってしまっていた。
捕手の吉田がかなり意表をついたリードをしていたので、その辺で救われた部分もあったかもしれない。
吉田はベンチでは特等席(ガミトーの真横)をGETしていて、英才教育を施されそうな優遇を受けれる位置にいた…ノムさんにおけるフルタ、みたいな。

あと伊志嶺の守備が相当ヒドかった。レフトオーバーの当たりをお決まりのテレンコテレンコ追いかけて行ったり、三遊間突破のタイムリーを前に出てきてバックホームするのだが、なんとカットマンにワンバンで送球した!ここはキャッチャーにダイレクト送球すべき距離…っていうところでカットマンにワンバンですよ。レフトオーバーの当たりで駿太の長躯生還を許してしまうのだが、もう少しなんとかすればホームクロスプレーぐらいには持ち込めたところ、三塁コーチはこちらの弱肩を見透かしたように、余裕のオテテぐるぐる。伊志嶺は今年も守備要員としては使えないことを思い知らされる試合となった。
これでは控えから試合に出るケースが「代走」に限られてしまう。代走だけしかこなせない選手を1軍ベンチに置いておけるか?相当厳しいものを感じたぞ。相当打ちまくってアピールするぐらいしか、競争に勝ち残れなさそうな暗雲が漂っていた。

「コング」はいいね。
コング?いやアジャってだけじゃ、若い人イメージつかめないでしょ。そんなレスラー知らない!っていう人多いでしょう。だって女子プロだぜ?普通見ねーよ。クラッシュギャルズ全盛時代の好敵手だよな?
ビューティ ビューティー ビューティペア〜
(え?時代が違う?)ここでビューティペアをあえて持ってきたのは毎日読んでいる読者なら、わかるよな?

前評判では西武の中村のような…っていうことを言われているようだが、確かにオープンで構えるフォーム自体似ていた。でも打者のタイプとしては1打席目を見る限りでは、おかわりというより「イデホ」だった。
ポイントが結構近くて、率も残しそうなタイプ。おかわりは率を捨てたバッターだからね。ヤマ張って、前目にさばくっていう、「打率.250切っても40本は必ず打ちます」っていう、そういう打ち方。
引っ張り専門。コングは広角に打てそうな打ち方しているぞ。
1塁守備も無難なボールハンドリングを見せていたし、そんなに穴になる感じには今日のところ見えなかった。

以上1-3回を見た時の雑感。「ながら」で見た程度なんで、これぐらいしか語れねぇーー。

しょうがないでしょ、「野球のみ・か・た」の基礎学力が違うの。
オープン戦だから、こちらも肩慣らし。真っすぐ(ガチ)と変化球(ネタ)を投げ分ける準備もばんたんだよ。



posted by mansengo at 09:37 | Comment(2) | 野球のみ・か・た
この記事へのコメント
この試合、試合前半と終盤でぜんぜん違うチームみたいな感じでしたが…
後半部分の解説も、よろしくお願いします(笑)
島関係では大嶺翔太君が興味深いですねー。みんな忘れてますが、この子荻野や清田とかと同期なんですよね。

P.S.
ラージに続きチーム対抗戦でもレジェンドがメダルとりました。個人戦では笑顔だったのに、団体戦では号泣してた…
これは複合の試合後に見せた荻原次晴氏の涙と同義語なのかなと…
日本のノルディックスキーに新時代が来たのでしょうか…(うれし泣)
Posted by てんとう虫 at 2014年02月18日 10:00
>てんとう虫さん

 今日もジャンプと野球を強引に絡めたエントリー起こしましたよ(笑)
後半部分、一応Vには取ってあるので、そのうちするかも、しないかも…(あんまり期待しないで!!)
Posted by mansengo at 2014年02月19日 01:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


↑楽天イーグルス勝利の日の翌日は、楽天市場・楽天ブックスはポイント2倍に…買う前に忘れずにエントリーして下さい(エントリーは買う度に必要です!)。イーグルスとヴィッセルW勝利の日は3倍になるので狙い目!


↑中日ドラゴンズが勝つ度に4ポイントGET!【UCSカード】ドラゴンズカード…nanacoチャージでもポイント付与あり。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。