最強クレジットカード「JQ CARDエポスゴールド」の全貌が判る。年間100万の利用で還元率2〜3%にも達するモンスターカードです。
フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】
2013年12月19日

松坂・ミンチー・涌井…そして金子【何このランキング?】

HOME野球のみ・か・た > この記事

日刊スポーツに「いいデータ」が掲載されていた。
先日、今年の金子のピッチングについて、マー君と比べても、過去の「200イニンガー」達と比べても、決して劣るものではないことを力説した。
参考:200イニング賛歌 【付録:千葉ロッテ最多投球回数投手一覧】

それを更に味付けしたデータだったんで、拝借したいと思います。

これは素晴らしいと思ったのが、「2001年以降のシーズン球数ランキング」的にどうなのか?という部分。
2001年の松坂・4072球、2002年のミンチー・3634球、2009年の涌井・3555球に次ぐ、3455球を今年の金子は放った。前のエントリーで「松坂は15勝15敗だけど2001年がベスト」と力説したが、こんなに球数放ったこと自体素晴らしい。おぼろげな記憶で申し訳ないのだが、ローズが本塁打の日本タイ記録に並んだ試合は、西武と近鉄が優勝を争った天王山でもあったのだが、最後までマウンドを守った松坂からノリがサヨナラ本塁打を放って決められた。スコアが8対7のような大味な試合だったと思うが、松坂は170球ぐらい投げていたような…
今年の日本シリーズのマー君といい、やはり大事なゲームで球数関係なく投げれる奴が「真のエース」だと思う。

だから球数が多いことは「勲章」だと思う。どんなに放っても倒れなかった。今の野球の考え方だと「球数を抑えて、イニングを稼ぐ」ということなんだろうけど、実は「球数投げようが、深いイニング放れる」ピッチャーが一番好きである(笑)
来季からマリーンズの一員になる涌井も、21世紀以降のパ・リーグ球数ランキング3位。そういう意味では「馬力」に期待したい。唐川が2010年頃から涌井のフォームを参考にしたような踏み出し方をし始めたんだが、ベースとなる下半身の強さに差がある。涌井の「地を這うような重厚なステップ」の土台作りを参考にして、もう少し力強い投球が出来るピッチャーに育ってもらいたい。

もう1つ、リーグ全体の完投数と比較して、金子の完投数の「占有率」を、過去のピッチャー達と比較していた。

年度 投手名 完投数 リーグ全体の完投数 占有率
2013 金子(オリックス) 10 56 17.2%
2005 黒田(広島) 11 71 15.5%
2001 黒田(広島) 13 86 15.1%
1961 権藤(中日) 32 213 15.0%
1944 若林(毎日) 24 161 14.9%

「権藤・権藤・雨・権藤」と酷使を謳われた、権藤さんよりも上なんすよ!
やはり現ヤンキース・黒田も凄い。さすがメジャーでも200イニング放る男だ。このランキングで2位3位占めるか?もっとも「数」的には諸先輩方に敵わない。野球のスタイルが変わって、完投数自体が激減しているため、昔のピッチャーには「不利」なデータになってしまっている。
それのターニング・ポイントになってるのが4位の権藤さんっていうのも面白い(後に98年横浜を率いて、日本一)。権藤さんは自らの「酷使」体験から、ピッチャーを大事に使う指導者。
ただ、そういう昨今の「継投当たり前」野球スタイルの中で、「二桁完投」してしまう金子や黒田の圧倒的完投能力、そして「心意気」を褒め称えたい。金子に至っては、金子一人の完投数よりチーム全体の完投数が少ない球団が、両リーグで8球団もある!っていうところで大偉業。おかわり君一人の本塁打数とロッテのチーム全体の本塁打数…なんていうのが話題になりましたけど、あれはあくまでも1チームだけじゃないですか?これは8チームですからねぇ。どっちも(おかわりも金子も)かぶってるロッテ…今年のチーム3完投すぐに内容まで全部言えてしまう始末!



posted by mansengo at 00:18 | Comment(0) | 野球のみ・か・た
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


↑楽天イーグルス勝利の日の翌日は、楽天市場・楽天ブックスはポイント2倍に…買う前に忘れずにエントリーして下さい(エントリーは買う度に必要です!)。イーグルスとヴィッセルW勝利の日は3倍になるので狙い目!


↑中日ドラゴンズが勝つ度に4ポイントGET!【UCSカード】ドラゴンズカード…nanacoチャージでもポイント付与あり。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。