最強クレジットカード「JQ CARDエポスゴールド」の全貌が判る。年間100万の利用で還元率2〜3%にも達するモンスターカードです。
フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】
2013年12月05日

小野晋吾 昇格のタイミング話

HOME野球のみ・か・た > この記事

今年で引退ということもあって、こちらで紹介した本にも晋吾のインタビューが掲載されていたが、週刊ベースボールにも現役時代を振り返ってのインタビューが掲載されていた。 前者は一応まだ引退表明前に話を聞いているので、その辺は語られていなかったのだが、やはりというか、2012年(昨年)シーズンは相当な手応えを感じていたことが、本人の話から明らかになった。最終的に2勝5敗という数字しか残せていないので、低落のシーズンにしか思われないかもしれないが、内容を見ていたら「おいおい、まだやるのか、この男は!」っていう感じしか受けなかった。
この辺、ホント、起用は首脳陣のさじ加減ひとつだなぁと感じる。

先月、「小野晋吾3部作」ともう言うべき、彼の現役時代を振り返っての「変化」について数字と内容から検証してみたりしてみた。
有為な書き込みも沢山頂いた。その中でも晋吾のファンという方から頂いた書き込み情報で(このエントリーのコメント欄)、

あとトドメはファームでベイスターズに1回に9失点のあの試合ですよね…
伊東監督のあの発言やこの成績を加味して出番がないと悟ったのと責任感の強い晋吾は引退を決断したのだと思います。

こんな書き込みを頂いたんだが、さすが晋吾ファン、実際に週刊ベースボールのインタビューで、本人曰く「その辺(ファームのベイスターズ戦)が引き際のタイミングだった」と言うじゃないですか!

侮れない方々が、このブログを見ていらっしゃるんだな!と、こちらもより一層襟元を正して対峙していかねばならないと、あらためて感じた次第でございます。
そこで私なりに、この決意に至った背景について、ちょっと考えてみようと思いました。

元々スロースターターなので、開幕を上で迎えられないケースが多かった晋吾。ある程度実績を積み上げてきたベテランゆえに、独自の調整を許されているのだろう。またボビーは晋吾の肩のことを考えて、無理の無い起用をしたと思う。彼が20年間持った要因の一つに、ボビー長期政権の確立が、彼に「いい目」に出た部分もあったと思う。

そうは言っても、下である程度の結果を残さなければ、上に上げてもらえることは無い。彼は横目で上の投手陣の状況を睨みつつ、「この分だと◯◯が下に落とされるな…」と読み始めた時、晋吾のグラサンが灼熱の浦和でキラリンと光り、「デモンストレーション試合」に照準を合わせ始められたのだろう。
誰かが落ちてきて、初めて上に上がれる。下でもがいているピッチャーは皆、
「打たれろ!」
と思ってるんだから(笑)人格者の晋吾にしても、そう。だから御前試合や、こういった「上に向けてロックオンした試合」で結果を残し続けることが出来たのだろう。

2013年はこれが出来なかった。晋吾を上げるチャンスがあったわけだ。だが、このベイスターズ2軍にメッタ打ちを食らったことにより、上への道は開かれなかった。今まで簡単に開けることが出来た「自動ドア」の扉がきつく閉まっていて、その扉を力づくでこじ開けようとしたのに開かない…扉の前で脱力し、ヘナヘナと倒れこむ晋吾…

もちろん、今までの実績を鑑みて、1軍で使ってみるという選択肢もあったと思う。実際、本人的には相当調子が上がっていたそうだ(後日談になっちゃうけど…)。しかし運悪く、昇格を睨んだ試合で炎上してしまった。
でも、結果を出さなければならない試合で出せなかった事実を重く受け止めたんだろう。この時の伊東発言がどんなものだったかは覚えていないが、呼ばれないことを覚悟するに足る「言葉」だったんだろう。
伊東勤のバカ正直なまでにストレートな言葉が、鋭利なナイフのように突き刺さったのだろうか?伊東勤は、やはり2010年のあの試合で、カットボールオンリーでおかわりに打たれた晋吾の印象から抜けきれなかったんだろうか?
結局、誰を使うのかは1軍の監督にすべて委ねられる。それによって選手の生き死にが決まってしまう。

晋吾の29は西野が受け継ぎそうだ。奇しくも共に長い潜伏期間の後、大ブレイクがやってきたピッチャー。大ブレイクの年の後半戦は、たれるという部分まで似ている。今年の後半戦、西野を投げさせる必要があったのか?無理やり投げさせている(しかも中5で起用したりしていたよね…)ことが、来年に響かなければいいが。前半戦鮮烈な印象を残したが、1年フルに働けていない。後半戦を見る限りでは、来季活躍する保証はどこにも無い。ましてや涌井が加入してきたら、先発ローテに残ることですら難しいかもしれない。
29をもらったら、晋吾のように下でも腐らず、常に上へ準備できているピッチャーに育ってもらいたいもんだ。え?そんな100〜120イニング系じゃなくて、規定投球回数必達系になってもらいたい?天才・唐川でもなかなか規定には達しないからねぇ…成瀬の偉大さがよーく判ります。
涌井が入ってきたら、ツトム君のエコヒイキは確定的だからなぁ・・・
負けるな、生え抜き投手陣たちよ!晋吾のように、粘り強く生き残れ!

ツトム君は古谷のボールをブルペンで実際に見て「これなら、上で通用する」と決めて上げたらしいが、そのタイミングがもっと早くに来ていたら…。



posted by mansengo at 23:37 | Comment(3) | 野球のみ・か・た
この記事へのコメント
お久しぶりですm(__)m
まさか自分の発言が採用されるとは思いませんでしたf^_^;
自分は正直野球はもちろん今大好きである程度はわかりますが管理人様みたいにあれこれ野球に詳しくなく論理を語れる程の者ではありません(ToT)
ロッテファンになったきっかけも俊介を見てが始まりでしたし野球をがっつり見るようになったのも2010年の日本シリーズ辺りですし情けない事に金欠でマリンにも余り行った事すらありません(ToT)
ただ鹿児島に住んでいるので大嶺が加入するまでのキャンプで握手させて頂いたのや昔の選手のサインが家にあるのは自慢です(苦笑)

晋吾ファンになったのもかなり遅いですf^_^;
自分は偏屈な人間で普通はざっくり言うとダルやまー君みたいな凄い人やお山の大将的なピッチャーが好まれたりするのでしょうが私は余り好きになれないタイプでテレビで晋吾が涙のヒーローインタビューをした時に晋吾の人柄の良さに言い方が変かもですが惚れましたね…
それから晋吾の事をネットやブログで色々調べたり見たりして自信がないから拒否とかとにかくその晋吾の人柄に惚れました。

晋吾は自分はこの表現は適切か分かりませんがこの2年は運が悪すぎるとしか思えないです…
結局は前回同様「たら・れば」になりますが、2012年は2勝5敗でしたがほとんどの試合で7回以上を投げて試合を作りましたし打線の援護のなさに成績で泣いたまさに運が悪かったとしか言えないですし、今年に限っては運悪くフロントががらっと代わって晋吾を酷評した事がある方が監督が就任で悪印象があるから起用に繋がらないと(前回怒りが沸き上がりましたと書きましまたがもちろん普段から嫌ってはいませんし素晴らしい監督です!)悪条件にさらに悪条件が重なりざっくりまとめると「運が悪すぎた」って思ってしまうんですよね下向きカーブ矢印

晋吾のブログを最初から見て今年開幕する前のブログに今年はプロ野球人生の集大成を見せたいとありましたし晋吾は去年までは試合で投げた後にブログをほとんど更新していました。
今年はブログが月一ペースでしたし晋吾の人柄的にあのファームでの結果を見て多分引退するかもなと自分は覚悟してましたしょぼり

野球ファンひいては晋吾ファン歴は浅いですが晋吾の事が好きな気持ちは負けないつもりです!

脈絡のない拙く長々感情論でこんなドシロウが失礼しましたあせあせ(飛び散る汗)
またここで色々勉強させてくださいm(__)m
Posted by ゆう at 2013年12月07日 01:08
>ゆうさん

書いている側に負けてない長文コメント、誠にありがとうございます!

むしろその短い間に、引退の決意の時期まで推測出来るようになっちゃうくらい、惚れ込むこと、ってすごいことだなぁと思いました。

今後も是非コメント参加下され!
Posted by mansengo at 2013年12月07日 09:26
>>管理人様

昨夜はドシロウの中身のない感情論を長々と失礼しましたあせあせ(飛び散る汗)
字数制限さえなければもう少し書いていたかもしれません(笑)

昨夜も書いた通り私はファン歴は浅いですし知識もさほど持ちえていませんが千葉ロッテマリーンズと特に小野晋吾と云う選手を愛しています!(※決してBLではないですよ/苦笑)

いつだったか9回1失点で負けた時に打線が完封されたんじゃ勝てないですよね?的な問いに「自分が1失点しなければ負けはしなかった」と本当に悔しい顔をして答えたのを見てどこまで謙虚で人間性が素晴らしい方なんだとますますひかれましまたね(o^∀^o)
だから仕事の休憩中に晋吾引退表明のニュースを見た時はショックで顔と目が真っ赤になる程泣いてしまいましたね(苦笑)

引退予想ですがあれは晋吾のブログを見ている方なら多分わかるかもしれませんf^_^;
昨夜書いたのもありますが今年の開幕前のオフのブログを見てたら今年にかける意気込みやどことなく引退を示唆とまでは言えるかは怪しいですが自分はそう感じるものがありましたわからん

成績こそずば抜けるのはありませんしましてや自分の野球ファンの友人に小野晋吾と言っても「誰それ?」と言われるのがほとんどとマニアックなのかもしれません下向きカーブ矢印
ただ晋吾引退表明の際にネットでのロッテファンの集うサイトやましてや2ちゃんでも晋吾を揶喩する人はいなく惜しむ声やまだ投げれるじゃないかと自分と増長する声ばかりで本当に記録より記憶に残る選手で愛されているんだなと改めて痛感しましたね…

またまた感情論で長々と失礼しましたm(__)m
晋吾は引退しますがスカウトとして残りますし今後はマリーンズと特に晋吾が着けてた63と29の選手をヒイキに応援していこうと思いますにこにこ

また管理人様のブログでマリーンズと野球の事を勉強させてくださいm(__)m
私なんかのコメントにお応えして頂いてどうもありがとうございました(≧∇≦)
Posted by ゆう at 2013年12月07日 11:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


↑楽天イーグルス勝利の日の翌日は、楽天市場・楽天ブックスはポイント2倍に…買う前に忘れずにエントリーして下さい(エントリーは買う度に必要です!)。イーグルスとヴィッセルW勝利の日は3倍になるので狙い目!


↑中日ドラゴンズが勝つ度に4ポイントGET!【UCSカード】ドラゴンズカード…nanacoチャージでもポイント付与あり。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。