最強クレジットカード「JQ CARDエポスゴールド」の全貌が判る。年間100万の利用で還元率2〜3%にも達するモンスターカードです。
フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】
2013年10月23日

配球はシリーズで/鹿児島キャンプ往復1万円で見に行く方法

HOME野球のみ・か・た > この記事

昨日のエントリーで、もうちょっと補足しておいた方がいいと思ったことがありました(かなり、はしょって書いてしまいました…)。今日はその話と、「今なら、来年の鹿児島キャンプ往復1万円で見に行ける!?」というニュースを。

西野−里崎バッテリーが代わりばなにAJにホームランを打たれた時の初球の入りですが、ノムさんにクソミソに言われたそうであることを前のエントリーでも、ネタとして取り上げました。

ノムに申す!
(おっと、大上段から振りかざして大丈夫なのか?)

あなたは第3戦を見たのか?

ここを問いたい。西野は第3戦で2回、AJと対決し、2度とも三振に切って取った。そして、レギュラーシーズンでも12-2、5奪三振。この起用自体はかなり自然なもので、「ここで1点もやりたくないから、あえて西野を登板させた」、まである局面でした。結果は裏目も裏目、最悪なものになってしまいましたが…

皆さん、第3戦の西野−AJの対決がどのようなものだったか覚えてますか?9球投げたんですが、4球目にインサイドに真っすぐを突っ込んだ以外、すべてフォークを投げ込んだんです。
バッテリーの側に立って考えると、
「(前の対戦で)これだけフォークを続けてしまったんだから、今日はフォークから入るのは危険だ…」
こう思う方が自然じゃないでしょうか?
なので初球真っすぐから入ったから「悪い」と言っている人たちは、完全な結果論と俺は断じます。ノムさんがそうであるなら、あえて「ボケジジイ!」と言わせていただきます(笑。あんたは自分がキャッチャーだった頃、鶴岡監督に真っすぐで打たれると怒られたというトラウマが残っているからじゃないの?)
むしろ、このケース真っすぐの方が「安全策」だったと、俺は思うんです。しかし、AJが謎に真っすぐに張っていた…と。いや、単純に一番好きなコースに来たので、自然とバットが出たんじゃないのかと思ったんですが(やや外よりの高めの真っすぐ)、本人は「狙っていた」と言っていたから、真っすぐ狙いだったんでしょうね。

なので、この一断面だけ取って確率論で、どうのこうの言うのであれば、むしろ「真っすぐ」の方が選択としては「安全」だったと思います。もちろんボール球から入るのが前提ですが…。ですが、フォークだって、高めに抜けることがあるし、カーブも同様です。どのボールを選択しても、ボールをうまく操れなければ、危険なボールになってしまいます。それでも、たまたまバッターの狙い球と違ったので助かることがよくあります。 あの場面、次がマギーであるから簡単に歩かせられませんし、AJを潰すことが使命で自分が送り込まれたことがよく判ってますから、どうしてもストライクを取りたい状況でもあったことが、西野が色気を出してしまったところなんじゃないでしょうか?
打たれると噴出するリード論なんですが、打たれないと、リードで助かっているだけの投球でも(危ないボールの連続を、キャッチャーが裏をかいてるので許されている)、「好投」などと持ち上げられ、キャッチャーの功績はほとんど語られません。それが「当然」のように受け止められてしまいます。
楽天の陽動作戦が、里崎狙いだったことは試合後の言動を見ても明らか。嶋が左翼線に放ったタイムリーに関しても「(同じ球を続ける)里崎のクセを読んだ」と星野が言ってましたが、あれは意識的にサトを腐らせ、次戦以降に迷わせようという、ちょっと狡辛い「口撃」の面があったと思うのです。百戦錬磨の星野ならではの手管、むろんこういった「場外戦」も含めての総力が勝負になってきます。

「野球のみ・か・た」的には、今シーズン実戦を見ての”提言”としては最後になるかもしれません。
「リードは”面”で判断でするな。対戦相手とのストーリー(”線”)で追え!」
いい解説者は、きちんと前の回の対戦内容を必ず覚えております。それだけ集中してゲームに入り込んでいるからですし、いいピッチャーは先発して100球投げても、全部ちゃんと覚えてます。将棋でいうなら「指し手」でしょうか?一手一手が独立しているわけがありません。
前の一球、いや、前の対戦での一球と比較しながら、バッテリーがどう考えたのかを考えてみましょう。そうなるには、見る側も集中して、対戦内容を覚えねばなりません。なにも球種まで覚えなくとも、真っすぐor変化球?、コースは?ぐらい覚えるだけでもワンランク、ステップアップして野球を見れることになると思います。「この選手はここに強いなぁ…」そういった発見をしながら見ていくと、また野球の楽しみ方も増えると思います。私も自分なりに気がついた点を、こちらで書くことがあるかもしれません。コメント欄であなたが知っていること(このコースに強い、などの情報)を、僕に教えてくれるのも大歓迎です!

今後このブログでは、野球の話と共に、引き続きQVCマリンで使える電子マネーの裏技的利用法を書いたり、あと各地への遠征で使える「LCC」の情報も追っていきたいと思います。 (そして驚きのリニューアル予定も…)

ジェットスターはメールアドレスを登録すると、セール情報を随時送ってくれます。昨日来たものはセール期間も長く、まだまだ時間的余裕もあるので、こちらでもご紹介致します。
ハッピーハロウィンセール
昨日の17時から売りだして、11月1日の8時まで継続してセール中です!

買える期間は、11月19日~来年3月13日のフライトまで(年末年始は除く)
そう、鹿児島キャンプも見に行けます!
成田−鹿児島 4,590円です!
ただし、6:40成田発、8:45鹿児島着の便は、土曜の朝は6,490円のようです…(他の曜日は4,590円)。また、13:25成田発、15:35鹿児島着便なら4,590円で行けそうですが、肝心のキャンプが1日見れそうもありません。
あと、日曜の復路便も7,590円と高めの設定ですね…
復路は鹿児島発13:10、成田14:55着と、鹿児島発20:15、成田22:00着の2便。土曜朝の往路と日曜の復路以外は、今のところ4,590円なので、平日に旅程を組めるなら、9,180円で鹿児島往復出来るぞ!
(発券手数料300円別途取られます)
 
予約はこちらから(セール価格は売り切れる場合もあるのでお早めに)→

ピーチがいよいよ27日から成田−関空間の就航、来年には3往復になるのに合わせて、ジェットスターも負けじと4往復の運行に!!
しかも朝一便が7:45まで繰り下げてくれたので、これで深夜急行バスで成田に向かわなくて済むようになった!(笑…鹿児島への朝一便利用の際は、ぜひご利用下さい)
セール期間中は関空まで3,290円ですぞ!

ジェットスターがJALマイレージと提携を開始した話をネタにしましたが、よくよく勉強すると豪・カンタス航空のフリークエントフライヤープログラムの方が良さそうです、ジェットスターでマイル貯めるなら…一応日本国内線でも3往復半で、片道の特典航空券(成田から札幌・福岡までもOK!)が必ずGETできるようだが、ただ元の値段が安いだけに、+1,280円のオプション付けてまで、マイル積算させる必要があるのかどうなのかは悩ましいところです。

オフも引っ張るよー。ディープすぎて、逃げ出すぐらいの千本ノックを貴方に浴びせます。カベからノッカーに変身!!
でも途中、ノッカーの方がバックレるかも…。



posted by mansengo at 23:50 | Comment(5) | 野球のみ・か・た
この記事へのコメント
おっしゃる通りで、配球って後からでは何でも言えますよね。
仮にあの場面ストレートで抑えていたなら、工藤あたりが「前の試合からの流れが伏線にあったんですよ!」なんて、したり顔で解説してそうですし。言葉は悪いですが、勝てば官軍的な世界だと思います。

あの場面で私が思い出したのは、2005年のプレーオフ最終戦のサトの逆転二塁打。あの時もノム(キライなので「さん」は付けない)が解説で「里崎のような超積極的なバッターに何で初球ストレートから入ったのか?」と苦言を呈していました。
奇しくもサトは、あの時の逆の立場になった訳で。何か勝負の綾って面白いなと思います。

私、AJはかなりクレバーな選手だと思ってます。
シーズン中、俊介が先発の時、見慣れないフォームに対し打席の中でフルカウントまでは全く打つ気がない(というより構えないくらいの)様子でフォームをじ〜っと観察していて、最後の一球だけスコ〜ンと仕留めた場面が印象的です。
今回の件はどういう心境だったかは分かりませんが、結構読み切っていたかもしれません。

Posted by jun at 2013年10月24日 02:08
ご指摘の場面。西野はジョーンズを打ち取ることを義務づけられて登板、四球は絶対に出せないと思っていた筈です。西野の立場から考えると初球は絶対にストライクを取りたいという心理状態。里崎はアウトローのストライクを要求、結果は甘く入りホームラン。ベンチが「あの回を0に抑えることが西野の役目、場合によってはジョーンズを歩かせてもOK」と指示していれば、甘くならずに済んだような気がします。里崎も西野同様に四球は絶対ダメという考えだったとも思います。だからボールから入る余裕がなかった。
打たれた直後の伊東監督の表情は不満やるかたないといった感じでした。怒りの矛先は、おそらく里崎のリードに対してでしょう。今日のドラフトで捕手を1位で指名するのであれば、この一球が原因かも知れません。私は田村に期待しているので松井投手で行ってほしいと思っていますが・・・。
年俸440万円の西野がメジャーリーガー相手に逃げずに堂々と真っすぐを投げ込んで負けた。今年の立役者が打たれての敗退なので納得でした。
Posted by 柏マリン ロッテファン歴40年 at 2013年10月24日 07:45
更新お疲れ様です。 さすがのmansengo様及びこのブログのへビー読者の方々ですね(喜)
後出しジャンケンの結果論者の話には感化されないんですね~~。
僕も里崎の配球ミスだったとか西野が失投したとは思えませんでした。
やはりこの外人達が後半の楽天の大躍進の原動力だったんだな~と改めて地力の差を感じただけです。
むしろこんな場面でシーズン中ですらストライクが入らなくなるピッチャーが多い中でしっかり投げ込んだ西野には伸びしろを感じました。
追記 他のチームですがオリックス金子に日ハム吉川の防御率をもっとマスコミは取り上げて欲しいです。
Posted by 新米 at 2013年10月24日 15:33
こんばんは。

そうですか。サトはストーリーで戦ってたんですね。モヤモヤリードなんて言ってごめん、サト…。やっぱりピンチの度にテレビ消してたら、対戦ストーリーもブツブツ分断されちゃっていけませんね(笑)。反省。
でも、報道見てるとサトはここ一番のときに同じ球種が続くとか、「クセが読めた」というのはあながち星野監督のブラフという訳でもなさそうです。だからといってリード変えたら相手の思うツボなのかもしれないし。かといって変えなくても思うツボかもしれないし…;;
なんだか、星野監督がお釈迦様みたく思えてきました。頑張れ、サト悟空!

それにしてもLCCは安いですね!アクセスの悪い鹿児島は近いようで遠いので1度も行ったことがないのですが、往復1万円以内なら多少日程が短くても、行く気になりますね。観光も兼ねて、2軍キャンプを見にいってみたくなりました♪

今日のエントリー、確かにマグマを感じました(笑)オフの間の千本ノック、お手柔らかにお願いします!!
P.S. 驚きのリニューアルも楽しみにしていますヽ(*^^*)ノ
Posted by miw at 2013年10月24日 22:49
皆様、書き込みありがとうございます!

>junさん

 あの場面での一打に感動している時に、あのボヤキはありませんでしたよね!キャッチャー的場でしたね(笑)
 AJは基本待球姿勢なんですが、忘れた頃に初球打ちしてくるんで、一番厄介なタイプだと思います。

>柏マリン ロッテファン歴40年さん

 あの場面、ベンチも四球出したらホームラン以上に怒りそうな場面だったと思います。なので非常にバッテリーには難しいところだったと思います。打ちとっているとはいえ、前の対戦で9球要しましたからね…そろそろ打たれる頃と合致してしまったというところでしょうね。

>新米さん

 配球ミスかどうかは判らないんですが、エントリーで述べたように、真っすぐから入る「理由」があったわけで、それを忘れて一刀両断にダメとハンを押したように解説するのは如何なものか?と思い、書いてしまいました。

>miwさん

 そこなんですよね。でも、リード読めたら「儲けもの」と思い普通は黙っておくもんですからね…その辺意図的だと感じました。
 リニュのことまで突っ込んで頂き、細部までフォローして頂き、誠にありがとうございます!
Posted by mansengo at 2013年10月25日 10:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


↑楽天イーグルス勝利の日の翌日は、楽天市場・楽天ブックスはポイント2倍に…買う前に忘れずにエントリーして下さい(エントリーは買う度に必要です!)。イーグルスとヴィッセルW勝利の日は3倍になるので狙い目!


↑中日ドラゴンズが勝つ度に4ポイントGET!【UCSカード】ドラゴンズカード…nanacoチャージでもポイント付与あり。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。