最強クレジットカード「JQ CARDエポスゴールド」の全貌が判る。年間100万の利用で還元率2〜3%にも達するモンスターカードです。
フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】
2013年03月30日

ヴァイスキャプテン根元のキャプテンシー

HOME野球のみ・か・た > この記事

2013_03_29_17_54_28

マイクの握り方が素人くさいオッサンが福岡ドームにいた!
「今年のロッテは最下位です!」

こんばんは、鎌ヶ谷でヨシオをイトイダーに改造した飯田橋です。
今日はチューニングが合ってませんでした。「対成瀬対戦打率 14-5 .357」と「成瀬の平均イニング数」というデータを掛け合わせると、成瀬と4打席対戦し、少なくともヒット1本打つ計算だったんですが、成瀬の負傷降板ですっかり計算が狂ってしまいました。その後のピッチャーのデータが無くて…メカが誤作動を起こしてました。

ガチ宣言虚しく、いきなりネタから入ってしまいました。
今日は糸井のブレーキがカギでしたね。昨年CSでの大活躍以降、サムライジャパンに選出され、パリーグの「知る人ぞ知る選手」だったはずの糸井が、押しも押されぬ「日本No.1外野手」という金看板を手に入れ、知名度も一気に向上した。そしてキャンプイン直前の電撃トレードが決定打。糸井は日本球界の話題の中心にいる人物になってしまった。
この辺に心境の変化が現れたのか、昨年のCS(正確にはシーズン終盤)ぐらいからバッティングの方向性が変わってきたように思う。明らかにボールをバットに乗せようという振りが増えてきた(角度を変えてきた)。元々飛距離も天性のものを持っていたが、これを封印して、アベレージヒッターを志向していた。ところがWBCでも、オランダ戦の影響もあって振りが大きくなってしまったのか、シーズンに入った今も大振りに見える。もちろんトレードで新加入したチームでいいところを見せたいと、力んでいる部分もあったんだろうけど、気になる振りだった。結果的にダー・イトイのスイッチが入ってなかったことにより、マリーンズは貴重な白星を拾った。

反対に力が抜けていて良かった人。中郷。この人は昨年まではフォームが固くて、その辺で打者のタイミングをはずそうという意図があったのか、ギッコンバッタンしたフォームだと思っていた。それが今年は流麗になった。ギッコンバッタンの分、カーブの軌道が審判にマイナスイメージを持たれてしまったのか、このボールでカウントを稼げなかった。ところが今日はうまく取れていた。もっとも今日の球審の名幸は高めのカーブ取りすぎだろ。南もそれで1球取ってもらっていて、救われていた。
相手先発の金子も以前とフォームが変わっていて、よりコンパクトになった印象があった。フォームがキャッチボールでもするかのような「軽い」印象のものから、信じられないキレのボールを放ってくる。なぜか真っすぐを投げる時だけ、かなり力むのか、このボールだけ高めに集まっていた。その辺は病み上がりで、調整不足な面もあるんだろうけど、これがかえって厄介なボールに。ちょうど見せ球のような効能をもたらし、決め球の変化球が低めに決まる決まる…

前半はCTCでクラ・ハツW解説(倉持&初芝)で、中盤以降はFOX小宮山にシフトして見ていた。BSでも放送していたようだが、小早川&与田とまったくマリーンズと関係ないコンビなのでパス。
クラハツはちゃんと金子の高めへの力みを前半から指摘していたが、降板間際の7,8回ぐらいになると、コミさんが金子の高めへの抜けを指摘し「替え時警報」を鳴らしまくっていた。おいおい、前半から真っすぐは高めに行っていただろう・・・と、ちょっとコミさんの金子の見立ての悪さには疑問を感じた。
しかしクラハツはあくまでも相手投手がどんなに良かろうと、「どうにかして攻略しないといけない」というスタンスに立った解説だが(点が入ったら、「ヨシッ!」とか言っちゃう人たちだからね!)、コミさんが金子を見ている時は完全に一スターターの目線になってんの。

服部、6年目の初勝利。紆余曲折あって、相当悩んだと思いますが、今日はとにかく祝福したい…と、いうようなことをコミさんは言っていたが…

あんた(コミさん)とか、

←この人
とかがジャマクさくて、若手の出る幕がなかったんだよ!

とツッこんでしまった。
考えてみれば、12回表。残った2人のピッチャーのうち香月がセレクトされた。香月がそのまま抑えていれば、服部の出番は来なかったかもしれない。そしたら、服部は登板機会もないまま、抹消に追いやられたかも…。どうだろう、今日の結果を受けて、生き残りゲームの椅子にしがみつけた、それだけのことだろう。初勝利の余韻に浸っている暇はないんじゃないかな?(逆に香月は…)

WBC帰りの角中は、WBCで出場機会に恵まれなかったので心配だったが、「らしい活躍」を見せてくれた。初安打がいかにも角中らしい、アウトハイの難しいボールくさいボールを独特の左腕の「返し」でライト前に弾き返した。そして決勝犠飛。それだけではない。送りバントもきっちり決めた。
最終的に勝利を引き寄せた要因は何回かあったバント機会を、しっかり決めれたことが大きかったように思う。

誰の目から見ても判るような補強はなかったが、中堅選手の上積みは見て取れた。中でもヴァイスキャプテンの根元の「自覚」には目を見張るものがあった。積極的にピッチャーのところに話しかけに行っており、「内野のリーダー」になるんだ、自分がチームを引っ張るんだという覚悟のようなものを感じた。
そして出ました!同点押し出しの…
フォアボール・ガッツ!
フォアボールガッツといえば主将の岡田。WBCの米国対プエルトリコ戦でカルロス・リベラがやっていてネタにしたけど、俺はそういう「勝利を掴み取るんだ!」という気持ちを前面に出す(泥臭い?)プレーが大好きだ。

12回裏の攻撃の駆け引きも面白いものだった。右の細谷がキーマンで、オリックスベンチは金澤−岡田−根元−角中と4人左が続くところだったのに、あえて金澤のところは(右の)比嘉続投で、岡田のところから左の吉野に交替した。これはオリックスベンチとしては、金澤と代打・細谷で天秤をかけて、あえて岡田のところから左投手を繰り出したのだろう。あるとすれば、9番の岡田に細谷を代打に送るか、否か?というところだったが、伊東監督はキャプテンに指名した岡田をそのまま打席に送り出した。 キャプテンの責任感に期待する、これはこれで今年のチーム作りの方向性を感じ取られる「岡田続打」だった。そして、根元まで打順が回ると、細谷の出番はないわけだから、慌てて細谷を代走に送った。最初から細谷を代走に使おうと思ったのなら、キャッチャーの川本を代走に送らなかっただろう。金澤のところに左投手が来た時だけ、細谷代打のチャンスがあったんだな…服部とは対照的に、こちらは両軍ベンチの「駆け引き」上アピールタイムを失った。
オリックスは森脇−福良体制になって、ものすごくデータにも強い野球を展開しそうな予感がする起用だったが、起用された選手が信頼を裏切った。最後の吉田×角中は角中の中では「相性のいい相手」だったようだし、計算もひとつ狂うとどうにもならなくなるものだなぁと感じた。もっとも理論派森脇も人の子。読売ランド時代の教え子・山本にプロ初出場の機会を与えるなど、情実采配的な部分も随所に見えた。
ファイターズから雄飛した福良、真喜志、そして伊東幕閣に入った清水・・・昨年まで「勝つ野球」を体現してきた連中が、5位6位のチームでどのような媒介になるか?密かな注目点でもある。

開幕マスクをかぶったのは江村ではなく金澤だった。オープン戦時は2軍潜伏期間が長かったので、伊東監督の構想外に置かれたのかと思いきや、このチャンスに最大限のアピールをした。逆方向へのマルチ安打に送りバント、盗塁阻止&好リードと実質今日最大のヒーローだろ?唯一、松永とのコンビネーションが悪く、パスボールを記録したが、コミさんがシャガれ声で、金澤が2軍にいる期間が長く、この2人がバッテリーを組む機会が少なかったので、松永の真っスラの球道のクセを掴みきれていないのでは?という点で同情していた。
2度ファーストに悪送球気味の牽制を放るなど、あの物怖じしない松永も舞い上がっていたのだろうか?失点の気配がプンプンしていたのに、0に抑えてしまった。南も最悪な出来だったが、なぜか失点しない…持ってるのか?この2人は。

はっちゃんは相変わらずだった。
「いやー、角中もWBCに選ばれてからは、取材も多く受けて、話すことに慣れてきたんでしょう。角中と普通に会話が成り立つようになってきました
今までは成り立たなかったんかい!
「国際試合を経験すると、開幕戦ぐらいじゃ緊張しなくなるんでしょう。重さが違います。経験して初めて判りますから」

そして誰もこの言葉をフォローしない…
おい、データオタクの黒沢拾ってやれよ…
元日本代表4番で日の丸を背負ったメガネ男のことを!

成瀬の右足の上げ方が16勝した2007年に戻ってきた…クラさん節も相変わらずでした。足を真っすぐあげられるようになったことと、多少インステップ気味だったところが微調整で改善されたことを指摘していた。

金子対角中の8回の対決とか、場面場面で見どころ満載で、ひとつひとつ語って行きたいところでもあるんだが、開幕から全力出し尽くしたら、こちらも明日以降持たなくなりそうなんで、今日のところはこの辺で。
とりあえず、今季初勝利に乾杯!(深夜3時前、サントリーグランドライを飲みながら)



posted by mansengo at 03:06 | Comment(2) | 野球のみ・か・た
この記事へのコメント
mansengoさま

いよいよ「歓喜と怒り、そして失望」のロッテワールドを楽しむ季節となりました。そんな毎日にアクセントをつけてくださるmansengoさんの毎回のエントリをとても楽しみにしています。

今年も大いに「なるほど」「ははは」「そうだったのかあ」と有意義なアフターゲームにしてくださるブログに期待致します。頑張ってください。
Posted by momonori at 2013年03月30日 05:54
>momonoriさん

 あたたかい励ましの言葉、誠にありがとうございます。ご期待に添えるような内容を展開させてまいりたいと思っております。
 今年もよろしくお願い致します!
Posted by mansengo at 2013年03月31日 00:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


↑楽天イーグルス勝利の日の翌日は、楽天市場・楽天ブックスはポイント2倍に…買う前に忘れずにエントリーして下さい(エントリーは買う度に必要です!)。イーグルスとヴィッセルW勝利の日は3倍になるので狙い目!


↑中日ドラゴンズが勝つ度に4ポイントGET!【UCSカード】ドラゴンズカード…nanacoチャージでもポイント付与あり。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。