最強クレジットカード「JQ CARDエポスゴールド」の全貌が判る。年間100万の利用で還元率2〜3%にも達するモンスターカードです。
フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】
2013年03月20日

俊介・ゴン仲良くWBC観戦【WBCが世界をつなぐ】

HOME野球ミニ薀蓄 > この記事

昨日の日本VSプエルトリコ、マリンでは元日本代表・渡辺俊介と、元プエルトリコ代表・ディッキー・ゴンザレスが仲良く一緒にTV観戦したらしい!
世が世なら、2人とも国の代表に選ばれてこの試合に出場していたかもしれないが、いまやティーム代表…すなわちローテーション入りすら、おぼつかない状況!?

魔女狩り裁判が始まった。
「あの重盗が…」

アホか?

お前ら、どこまで行っても結果論者なんだな。
あの作戰をクソミソに言って、台湾戦の鳥谷のスチールを大絶賛って…

鳥谷のスチールも失敗してたらクソミソに言ってたんだろうな。
今回のも成功していたら大絶賛だったんだろうな。

野球の作戰なんて、そんなもん。
あの作戰に関しては肯定もしないが、否定もしない。
4番阿部だから、動かすな?前2打席の状態を見たからこそ、あそこで動かしたんだろ。1死1,2塁と1死2,3塁では打者の精神状態はかなり変わってくる。
前者は「安打必須」、後者は「最悪犠牲フライでも、1点差に詰め寄れる」
この差はデカいですよ。安打なんて10回に3回しか出ないわけですよ。それをあの場面で求めるのは酷なものがある。そのためにも伝家の宝刀の「小技」を抜いた。一打同点の場面を作り出すためのギャンブル。そのギャンブルに負けただけ。阿部にすべての重圧を与えないためにも配慮した、首脳陣の優しさも見えたけどな。

失敗して責任を背負い込む内川…先輩・井端に傷がつかないようにという配慮だし、そういった他人を慮る日本的な美徳をフューチャーせず、「あの作戰が…」と野球を知ったかぶって大上段から振りかざしているメディアが憎い。
むしろ今大会は常に先制されている投手陣のリカバーをよくしたと思うぞ。こんだけ追いかける展開が多ければ、劣勢やむなしで、無理な作戰も取らざるをえない。
大体2連覇だって奇跡ですよ。一発勝負の準決勝・決勝を4連勝って…普通に考えて、すごいことでしよ?5回目の準決勝・決勝で初めて負けても、まだ4勝1敗だもの。

プエルトリコは日本を侮っていなかったし、よく研究していた。それに勝って、あんなに喜んでくれているんだから、それはそれで嬉しいものがある。極東の小国の野球チームが世界の目標にされ、死ぬ気でぶつかってこられているんだもん。 だから彼らに拍手を送りたい。
それに比べると、日本の野球関係者・メディア・ファンは2連覇の上に胡座をかいていなかったかい?
先発投手は常に早々と失点を許し、2人の高給取り投手はサムライジャパンならぬ「夜の日の丸飛行隊」と化し、使い物にならない状態。これで「一丸となれ」はムリっすよ。
中南米には、メジャーに上がれなくても有為な人材がゴマンといることを、心ある野球ファンなら感じることが出来たWBCだったと思う。プエルトリコの3Aクラスの投手たちが見せた、低めに変化球を丁寧に集める制球力…本来、日本の投手がすべき投球スタイルだったはず。もう外国人だからコントロールがアバウトとかいう、ステレオタイプでガサツな、実は見てないだけの解説はやめようよ…
プエルトリコなんて、日本以上の「野球大国」ですよ。人口比に対する野球場の数とか日本とプエルトリコで比較してみ?

日本と台湾の試合はいろいろな面で素晴らしかった。日本の優勝より、こういったドラマが見れることが野球の醍醐味。台湾国内の熱狂ぶりは凄かったし、台湾の野球ファンが自国の惜しい敗戦に悔しいはずなのに、日本野球に尊崇の念を持って拍手してくれていることに、逆にこちらが感動をもらったし、あらためてこの大会の意義のようなものを感じた。
今朝の日経朝刊は、その台湾ラウンドで解説を務めていた高津の、台湾野球への「思い」が綴られていた。八百長が暗い影を落としていた台湾プロ野球が、このWBCの熱狂で再び息を吹き返すことに期待した文章で、台湾野球経験者の高津ならではの激アツなコラムだった。

スポーツの感動は国境を超える。今日はとあるメルマガで知った、カズ(三浦知良)がパクチソンに語った話の一部を転載して締める。(フェイスブックに掲載されていた文章だそうです。)

朴 智星 パク・チソン(サッカー選手)

『日本人のイメージは良くなかった』
若くて右も左もわからなくてとんがっている時に日本に来て、
最初は学校で習ったように日本人に対してのイメージは良くなかった。
でも日々暮らしているうちに全然違うと気づきました。
特に日本のクラブに来た日から毎日必ず声を掛けてくれて、
悩んでいる時に相談を聞いてくれたカズさんは人生の師です。
「カズさんのようになりたいです」
と言った時にカズさんが、急に真顔になり、話してくれた言葉は自分の人生を変えるものでした。

「いいかい智星、自国以外でサッカー選手として、生き残るのは本当に困難だ。最後までサバイバルする選手に一番必要なものは何かわかるかい?技術じゃない、そのクラスの選手の技術はみんな同じくらい高いからね。一番大切な事は、サッカーへの情熱、一途の献身、毎試合今日死んでも悔いはない、という思いで試合に望む、サッカーに人生を賭ける選手だ」

「ブラジルでは貧しくて、ブラジル人なのに一生スタジアムに来れない人が沢山いるんだ、ブラジル人にとっては悲劇だよ」

「智星わかるかい?ブラジルで俺は試合前に必ずスタジアム全体を見る、この中でいったい何人の人達が一生に一回だけの試合を見にきたんだろうと思うんだ」

「すると全身にアドレナリンが溢れてきて喧嘩した直後みたいに身体が震えてきて鼻の奥がツーンとしてくる、俺はそのまま試合開始のホイッスルが鳴るのを待つんだ」

「うまくは言えないけれどこれが俺のサッカー人生だ、智星が本当にサッカーを愛しているならとことんまで愛してやれ。智星のプレーで全然違う国の人々を熱狂させてあげるんだよ、それは本当に素晴らしい経験なんだよ」



posted by mansengo at 00:48 | Comment(2) | 野球ミニ薀蓄
この記事へのコメント
おっしゃる通りですね。執拗な阿部・坂本起用(個人的には好きではなかった)も、最後に打ってくれれば美談になりますしね・・・。

一つ残念だったのは、スタートは、二塁ランナーのスタートを確認してからでも遅くなかったかなという点。どうせキャッチャーは三塁に投げるでしょうから。
ただ、内川のバッティングを見ると、今回のメンバーではレベル一つ違うと思わされました。その彼をしても焦らせてしまう、国際大会の重みだったんだと思います。
台湾戦の興奮といい、メジャー組抜きで良くやったと思います。

個人的には、汚名挽回に燃える内川が、レギュラーシーズンで打ちまくりそうで、恐いです。

Posted by jun at 2013年03月20日 12:07
>junさん

 書き込み、ありがとうございます!
 1,2塁の時の盗塁は、いろいろ判断が難しいと思うんですが、そこら辺について、今日のエントリーにまとめてみました。
 (実は私、こういうケースで2塁へ投げるキャッチャーを何回か見たことがあるもので…)
Posted by mansengo at 2013年03月21日 02:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


↑楽天イーグルス勝利の日の翌日は、楽天市場・楽天ブックスはポイント2倍に…買う前に忘れずにエントリーして下さい(エントリーは買う度に必要です!)。イーグルスとヴィッセルW勝利の日は3倍になるので狙い目!


↑中日ドラゴンズが勝つ度に4ポイントGET!【UCSカード】ドラゴンズカード…nanacoチャージでもポイント付与あり。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。