最強クレジットカード「JQ CARDエポスゴールド」の全貌が判る。年間100万の利用で還元率2〜3%にも達するモンスターカードです。
フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】
2013年03月09日

そう「サムライジャパン」じゃなくて「お百姓さんジャパン」!

HOME統一球撲滅委員会 > この記事

昨日は九分九厘、日本の敗戦が濃厚な局面から鮮やかに逆転勝利した。
最後の最後で日本の野球「らしさ」も見られたが、ここまでの試合も含め、苦戦が続いている背景に関しては、どうやら統一球の影響抜きには語れないような気がしてきた。

この苦戦の原因を集約して一言でまとめると、
投手の制球が甘い
これに尽きると思う。

なかなか火がつかない打線が原因?
いやいや、そんなことはない。日本の野手の打撃力なんて、元々こんなもの。さらに初見のピッチャーと当たる機会が多い国際試合では、そんなに点は取れないもの。ただひとついえることは統一球にしようがしまいが、日本の打者の飛距離は変わらなかったということ。ここまでホームランはゼロで、絶望的なぐらいに長打を期待出来ない。他の国はそれなりにホームランが出ているわけじゃないですか。

統一球の導入により、日本の投手のレベルはこの2年で相当低下した。
当たり前である。(国内の試合で)どんな甘いコースにボールを投げても「統一球効果」で被弾を避けられるのだから…国際舞台で初めて厳しいコースを狙っても、普段の感覚と違う(相手打者のパワーレベル)のだから、そこでいつものようにイケば甘くなり被弾、意識すればコントロールを乱し、昨日の能見のような状態になる。きっちりコースに投げ分けるっていうのは感覚の問題だから、この2年で染み付いた制球の感覚を急に変えることなど、どんな一流投手でも無理なことだろう。
キューバのようなパワーヒッターを並べる打線に対して、日本の「中途半端な」パワーピッチャーをあてがうのも人選ミスだろう。甘い制球のピッチャーが増えたことにより、それに付随するように打者側のレベルも相対的に低下し、全体のレベルが下がっているように感じられる。
逆にキューバの投手たちは国内リーグでこれらの打者たちを抑えるために、いろいろな工夫をすることによってレベルが上がっているようにも感じられる。

全体的に相手国のレベルが上がったことが苦戦の原因?いや、つぶさに見ていると、やはり野球が荒いというか、疑問に思うことが多い。昨日の同点劇も鳥谷の盗塁が呼び込んだものであり、これは事前にピッチャーのクイックの甘さの情報があったから、あんなギャンブルに踏みきれたのだろう。あの場面で冷静にそういった非常局面での「オプション」をちゃんと準備出来ていて、それを発動できるところが日本の強みではあるのだが、それは単に「伝統の力」であって、大味な野球と緻密な野球の差でなんとかなった部分にすぎないとも言える。
このWBCでは奇しくも日本をよく知る指導者が、それぞれのナショナルチームを率いている。オランダ・台湾・キューバ…アマ、プロの違いはあれど、皆日本のチームでの所属経験がある。パワーに、日本仕込みのスモールベースボールも取り入れ始めて来ている。野球の「巧さ」の部分でもどんどん差を縮められてきている印象もある。

では昨日の中継を見て思ったことを、ちょこっと列挙してみよう。
まずテレ朝は代表戦を放送するな!
もう、これはサッカーの二番煎じを狙ったような中継に終始し、
「これが…(固有名詞)です。」
といった持ち上げ方をするアナウンサーが、最後の方はうっとうしくて仕方なくなった。
それと、非常に腹がたったというか、あきれたのは、長野が代打に起用された時、あろうことか、ピッチャーのタイミングを図ろうとマウンド方向を見ている長野の視線を遮るようにその線上に入り、正面からカメラを向けるカメラマン…
お前は本当にプロなのか?
怒って、「あっち行け!」と、どけるポーズをしている長野がなんか悪者になっちゃうような絵になってしまっているじゃないの。こんな常識も判らないカメラマンを代表戦に配置している時点で、テレ朝はねーだろ。
理論派の古田・工藤の両人も
松木安太郎化
してるし…。「ここは集中ですよ!」

工藤は俺ん中では投手の解説に関しては現在最高のレベルだと思っているんだが、あまりにもマニアックすぎて一般的視聴者が多い代表戦などには向かない人材だと思う。また業界用語多すぎで、組むアナウンサーが拾えず、結局視聴者レベルに伝わらず終わることの多い人である。
前に「デイライト」のことについて書いたことがあったと思うのだが、昨日も「インコースはノーカンだから」と話していて、聴いている人は「ノーカウント?」などと誤解している人も多いと思う。あれは「ノー感じ」の略だが、そもそも「ノー感じ」って何やねん!っていう話でもあるが。(釣り用語が語源?)

しかし野球の面白さが詰まった試合でもあった。
井端を28人のメンバーからはずさなくて良かったね。この代表って、普段と守っているところが違う人が多すぎだし、普段バントをしない人たちにバント要求して失敗多発だし、日本野球の「細かさ」を台無しにするしょっぱい野球が続いているのだが、井端を選び、さらに残したことだけは首脳陣のクリーンヒットだったと思う。

昨日の俺的なハイライトは…
2塁走者イトイダーが、坂本のセンター前に抜けようかという当たりに3塁を回ろうとすると、相手セカンドが止めて、それをバックアップしていたショートがボールを拾い、3塁を回りかけた糸井を刺そうと3塁へ送球したのだが、糸井がよく戻って助かった場面があった。この時の3塁コーチの高代の止め方…
糸井の進路を防ぐように
「いっちゃ、ダメー!」
と寝そべって制止したこと!3塁コーチが寝転がるという、今まで見たことがない低い信号機を見た!
前回大会も高代がこのブログの中心にいたけど、今回もやってくれます。

MLBのスカウト注目の人「世界のノッカー」・・・もとい「2人のダメコージに仕えた参謀」高代。サムライジャパンでのお仕事は試合前のノックと3塁コーチのようです。今日の試合8回裏のアダム・ダンのまずい守備でイチローが3塁を駆け抜ける瞬間の、腕をグルグル廻す高代はヤバかった。超ガニマタで必死に腕をグルグルまわすカッコ悪さはワールドクラス・・・サムライならぬお百姓さん野球全開でした。いや、俺は嬉しいとき、必死なときにクールなのより、泥臭く大地と格闘して実りの時に自然と喜んでいるお百姓さんの姿に崇高さを感じる。サムライだけじゃないのよニッポンは。だから第3回は「お百姓さんジャパン!」で頼む。4回目はハッピを模したユニフォームの火消しジャパンとか。せっかくだから日本文化をもっと世界に発信しようぜ。高代はその尖兵となってるのさ。

高代の泥臭さはワールドクラス…4年前に、今回大会は「お百姓さんジャパン」であることを預言していたんだ、俺。大地と格闘しながら、TPP参加拒反対を声高に叫ぶ…そんな日本のお百姓さんの魂を感じさせるような、高代決死の「本塁突入ストップ」だった。



posted by mansengo at 10:21 | Comment(3) | 統一球撲滅委員会
この記事へのコメント
昨年秋の騒動以来、一歩引いた感じでいましたが、やはり見入ってしまいました。
しかし、テレ朝の解説コンビが終始応援しか言わんようになっているあたりが、新橋で飲んでるオッサンを迎えてるのと変わんないなーと野球素人の私でも思ってしまいました…もう工藤・古田の解説をマトモに聞けないです。

統一球、何だったんでしょう。あんまりにも『M社のボールはよく飛ぶ』と言われ続けたので、NPBのファンへの意趣返しなんじゃないかと妄想します。飛びすぎるのもダメですけど、ホームランがあんまり出ないのもつまんないですね。


Posted by K.Sumiya at 2013年03月09日 11:18
昨日の試合は見事でしたが、全体的にプレーに粗っぽさが目立ちますね。
中国戦の阿部の勝ち越しセカンドゴロ。打球はライナー性で、上手い国の選手ならキャッチできたかと。それなのに、セカンドランナーが画面から見えないくらい飛び出していたんですよね。
下手したらゲッツーで同点止まりだった可能性もあるなぁと思って見てました。
(「実はキャッチの前にバウンドしていた」のでしたらごめんなさい)

Posted by jun at 2013年03月09日 16:46
書き込み、ありがとうございます。

>K.Sumiyaさん
 普段は理論派の2人なんですけどね(笑
 国際試合だと、こうなっちゃうんですかね。

>junさん
 中国戦は見てないので判りません。
 台湾のセカンドも終盤守備固めを入れられてましたが、「ああ、やっぱり…」と思ってしまいました。
Posted by mansengo at 2013年03月10日 08:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


↑楽天イーグルス勝利の日の翌日は、楽天市場・楽天ブックスはポイント2倍に…買う前に忘れずにエントリーして下さい(エントリーは買う度に必要です!)。イーグルスとヴィッセルW勝利の日は3倍になるので狙い目!


↑中日ドラゴンズが勝つ度に4ポイントGET!【UCSカード】ドラゴンズカード…nanacoチャージでもポイント付与あり。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。