最強クレジットカード「JQ CARDエポスゴールド」の全貌が判る。年間100万の利用で還元率2〜3%にも達するモンスターカードです。
フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】
2013年03月06日

台湾、オランダ、東京ラウンドへ進む

HOME野球ミニ薀蓄 > この記事

プロ野球セットじゃ見れないWBC!
今日もJスポーツ4で超重要な一戦、韓国対台湾がライブ放送されていた。全部は見ていないが、ところどころ見たので気になったことを列挙してゆきたい。

解説は高津。メジャーからマイナー、そしてKBOに台湾野球、さらには日本の独立リーグまで知る男。今回の解説にはうってつけの人物ではあるのだが、妙に説教臭い。高津って若い頃はヤクルトのバラエティ担当みたいな立ち位置だったと思うのだが、今や超ガチ野球解説者。タレント性ゼロなのだ。野村野球の薫陶を受けているから、当然基本にはうるさいのだが、うるさすぎで面白くない。
ただ感心するのは、韓国や台湾の打者の好きなコースや球種をちゃんと覚えていることだ。さすがID…。
台湾の5番打者が、高津が在籍していた頃にはナショナルチームの5番を打つなんて到底考えられないような打者だったようだが、
「でも昨年のスタッツを見ると納得の数値が並んでますよね」
と、ある種の感慨に耽るような解説をしていた。男子三日会わざれば刮目して見よ、だよ高津さん。

試合は始まる前から台湾圧倒的有利な状況。8回までに6点差つけてリードしないと、韓国の東京ラウンド進出の可能性は消滅する。なので大量点が必要。にも関わらず、台湾に先制点、中押し点を入れられ、序盤で0-2。どちらの失点もエラーに、カウント0-2からのタイムリーという、しょっぱいものだった。
台湾の先発はホークスのワガママ王子・陽耀勲。いつにも増して制球難。6点取られなければいいとはいうものの、やはり台湾初の2次ラウンドを賭けた戦いだけに、相当力が入っているのかボールはバラバラだった。しかし点差という大きな壁のある韓国打線は、逆に的を絞りきれず、ボール先行の陽を打ち崩すことが出来なかった。もっと少ない点差でOKなら、待球作戦で自滅させることも出来そうな状態だったんだが。
しかしヒドかった。投球のバランスが崩れているのだが、その原因はステップする足が一定のところに着地していないところに原因があったように思う。投げ込み不足によるフォームが固まっていないのか、力んでフォームを崩しただけなのか…果てはマメが出来たとかで降板。もっとも球数もエラい多かったので、マメに関わりなく、そのうち降ろされたと思う。今年の陽は果たしてホークスのローテーションに入れるんだろうか?

むしろ韓国の先発の左腕投手の方が良かったのだが、高津は甘いボールをかなり台湾の打者に打ち損じてもらっているようなことを言っていた。そんなことはないぞ、結構右打者のインサイドをしっかり攻めた上に、アウトサイドのサークルチェンジのようなボールを台湾打者陣が意識しているので、多少甘目のボールが行っても助かるピッチングにちゃんとなっている。降板間際に
「台湾のバッターは皆差し込まれてますね。結構甘いコースのボールも多いんですが…」
と高津も解説していたが、フォームと配球がいいから、こういった形で好投出来るのだろう。内容は全然陽より上なのに、陽岱鋼の内野安打と、2死からのポテン安打をセンターがあせってはじき、岱鋼の長駆ホームインを許してしまう。
兄貴はガッカリな内容だったが、岱鋼はさすがパの看板選手、走塁も抜け目なく、NPBトップレベルプレイヤーの貫禄を示してくれた。9回最終打席に入ると、電光掲示板に、このプールBのMVPであることが告げられ、球場から万雷の歓声。
試合が終わる前にMVP発表するとは、最早何でもアリだな、台湾!(笑)
韓国の先発投手のスタッツには前年度KBOのトップリーグの実績がなかった。兵役で警察チームの所属。このチームが2軍に参加しているようだ。

とにかく大量点をとるしか無い韓国は、2死満塁のチャンスを作ると、とっておきの男を起用する。
代打・キムテギュン!
今大会の韓国は4番にイ・デホを固定し、3番にイ・スンヨプとキム・テギュンを入れ替えるツープラトン打線を敷いている。今日は相手が陽先発だったが、なぜかスンヨプ先発。そしてテギュンは、この「出来れば全員ホームに返したい場面」で送り込まれたのだが、こちらも力みすぎて平凡な外野フライに終わる。「力むな」っていう方が無理な場面だけどね…。
韓国は8回に3点を奪い、この試合自体は逆転するのだが、1点差の勝利では全然ダメなので「虚しい反撃」に終わる。あの場面でキムテギュンが満塁弾を打っていれば、7-2になるので「(6点差まで)あと1点差」になり緊迫したのに…まあ、そうそう満塁ホームランなんて打てないよね。でも、
「テギュン打って、試合を面白くしろーー!」
と念じちゃったよ。やっぱり元マリーンズの選手だから、何らかの思い入れは湧いてくるよね。

台湾は逆転されて二次ラウンド進出決定という、なんとも寒い展開。9回オモテウラが消化試合となった。このワケワカランチンなレギュレーション、なんとかならんものなのか?
台湾は打線はそこそこ役割分担を果たして機能しているが、投手陣はかなりレベルが落ちるような気がする。今回はホームアドバンテージから来る、「2次ラウンド進出」の流れがあった。
むしろ2位通過のオランダが厄介。このチーム、ヘタすれば東京ラウンド首位通過する可能性がある。いや、俺はするんじゃないか?と怯えている。
しかし台湾のスタジアムの熱気は凄かった。
(台湾の国旗) Taipei → Tokyo
というボードを掲げているファンがいたのだが、その横に
(韓国の国旗) Taipei → Seoul
というボードを掲げている人も…。
道義上、日本では絶対しないタイプの応援だが、台湾…最早何でもアリだな!陽耀勲にぶつけられた韓国のバッターが睨み返し、一触即発の事態になりかけたが、案外この両国も「日韓」のようにエキサイトする間柄なんだね。
耀勲よ。ポスティング要求する前に、今年日本で結果を出せるのか?ちょっと無理なんじゃねー、と思わせる今日の内容であった。



posted by mansengo at 02:15 | Comment(2) | 野球ミニ薀蓄
この記事へのコメント
ネットで拾い読みした程度の情報ですが、韓国は中国と国交正常化をするにあたって、台湾と国交断絶したそうで、それ以来、反韓感情が強まったらしいです。

いちいちケンカをふっかけてくる韓国が敗退してくれて、一ファンとしては落ち着いて見れそうですが、観客動員という意味では、日韓対決がなくなって厳しくなりそうですかね?
Posted by jun at 2013年03月06日 11:57
>junさん

 書き込み、ありがとうございます。
 国の情勢と野球などのスポーツは無縁であってほしいところなんですが、残念ながらそうはいかないんでしょうね…
Posted by mansengo at 2013年03月07日 08:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


↑楽天イーグルス勝利の日の翌日は、楽天市場・楽天ブックスはポイント2倍に…買う前に忘れずにエントリーして下さい(エントリーは買う度に必要です!)。イーグルスとヴィッセルW勝利の日は3倍になるので狙い目!


↑中日ドラゴンズが勝つ度に4ポイントGET!【UCSカード】ドラゴンズカード…nanacoチャージでもポイント付与あり。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。