最強クレジットカード「JQ CARDエポスゴールド」の全貌が判る。年間100万の利用で還元率2〜3%にも達するモンスターカードです。
フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】
2013年02月19日

覗き見する監督に、覗かぬ選手【サインじゃないよ】

HOME野球ミニ薀蓄 > この記事

今日は最近書いたエントリーの「補足」エントリーです。
手短に。

ドラフトの際にUst.で対談中継を行なっていた愛甲×片岡氏が、
「藤浪は日本人で初めて190cm以上のピッチャーとして大成するかもしれない」と話していたことに違和感を感じていた。
愛甲が「ダルビッシュや伊良部は?」と聞くと、片岡氏が「純粋な日本人じゃない」と問題発言したことをネタにした

忘れてやしませんか?
山沖之彦を!
山沖って身長190cmなかったか…って調べたら、やはり191cmあった。

一応通算で112勝している。
いや、これだけ勝っていれば「一応」という言葉も失礼なくらいの立派な成績。特にキャリアハイをあげた87年の19勝(最多勝)の時は凄かった。
中2日−中3日
の連続で終盤勝利を積み上げていった。
愛甲さん、対戦したこともあるBIGな投手のことを、忘れちゃいけないでしょ!

もう1点の補足。
モンモンのお方が広島カープ監督時代は、「おカネ」がなかったので得意の裏技を使わず補強は封印したようなことを、山本浩二のインタビューの流れから書いてしまったが、こちらも忘れている。

山内一弘を!
毎日(ロッテの前身)−阪神で実績を積み上げていた大物を招聘し、それこそ山本浩二・衣笠の「手本」にさせた。
後に西武では、やはり山内と同じような意味で野村克也、田淵、山崎裕之を補強し、黄金時代の礎を築いた。
そしてダイエーでは子飼いで九州出身の秋山(現監督)をミラクルトレードで獲得して、小久保・松中・井口はその背中を追うことになる。
面白いのは、これらの選手が皆監督にまで登りつめていることである!
(もっとも山崎さんだけは現場に戻る気サラサラ無さそうだし、100%ライオンズOBヅラして解説してますけど…)

山内が後にロッテの監督になった時、やや構想から外れた、その山崎さんを、西武時代のモンモンのお方が貰い受けた…
上の話を書いた後にこの事実を追記すると、出来レースの匂いがプンプンしてきますねー(笑)

山内一弘の現役時代のエピソードで強烈な話をご紹介する。
当時毎日(ロッテの前身)の関西での宿泊先からは「連れ込み宿(いわゆる今のラブホ)」がのぞけたらしい。今のような冷暖房完備なんてワケもなく、夏場は窓を開けっぱなしにして、「コト」に望んでいたらしい。それが毎日の選手の宿舎のある一角からは丸見えになってしまっていて、そこに選手が集まって「ノゾキ」を楽しんでいたらしい!
山内はこのバカ騒ぎに追従していては、自分が腐ると思ったのか、なんと
関西遠征の際は自腹で別の宿を取っていたらしい!!!
成功する選手っていうのは、ここまでやるんだなぁ…と感じさせて頂くことの出来るエピソードである。
落合がプロ入りした時は山内監督だったっけ?
「ブログ書いているヒマがあれば、バット振れ。野球選手は練習するしかないんだから」

ところで、「ノゾキ」といえばもう1つのエピソードが頭にピンと来た。
国民野球リーグ(1947年に1年だけ存在したNPBとは別のプロ野球リーグ)の結城ブレーブス時代の石本監督は、ノゾキができる宿舎で選手と一緒にノゾキに参加して、見つかって怒られたっていう「情けない」話がある(笑)
でも、この人がいるから広島カープの今があるといっても過言ではない。解散確実と言われたカープで、監督自ら先頭に立って「カネ集め」に奔走し、なんとか存続させることが出来たのだから…



posted by mansengo at 09:31 | Comment(0) | 野球ミニ薀蓄
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


↑楽天イーグルス勝利の日の翌日は、楽天市場・楽天ブックスはポイント2倍に…買う前に忘れずにエントリーして下さい(エントリーは買う度に必要です!)。イーグルスとヴィッセルW勝利の日は3倍になるので狙い目!


↑中日ドラゴンズが勝つ度に4ポイントGET!【UCSカード】ドラゴンズカード…nanacoチャージでもポイント付与あり。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。