最強クレジットカード「JQ CARDエポスゴールド」の全貌が判る。年間100万の利用で還元率2〜3%にも達するモンスターカードです。
フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】
2012年12月01日

栗山・大谷「密談」の行方はジョニーにも影響?

HOME野球ミニ薀蓄 > この記事

ここ数年オフシーズンの話題はファイターズがさらっていっているような印象を与える。昨年もダルの移籍で賑わしたし、ソフトボール選手獲得という小ネタも入れつつ、今年はメジャー挑戦を公言していた大谷を「1本釣り」。長野、菅野アタックの失敗にもめげず、なんてチャレンジャーな球団なんだと思っていたら、大谷はファイターズに入っちゃいそうじゃない!!
ジャイアンツ愛の人たちに比べれば、落としやすい相手だったかもしれないが、それにしても凄い。こういった「ルールの範囲内での”裏ワザ”」を駆使して、選手集めて覇権を握っているのだなぁ…(ルールの範囲外が巨人で、超法規的手段がモンモン?)佑ちゃんも、ヤクルトとロッテしか来ないと言われていたところに割って入ってきて、かっさらっていったもんなぁ。現段階では「とんなくて良かった」というところだが(笑)

大谷を口説いて、18歳の心を揺り動かしている要因の一つに
「投打二刀流の容認」
が、あげられるだろう。160kmの真っすぐを放れる豪腕と、全日本の4番を張れる打力。高校生の段階で「どちらか」に絞るのは難しい。
江川、桑田、松坂…
これらの人たちも、おそらくバッターとしてプロ入りしても、そこそこ活躍したに違いない。ただ「一流選手」から「超一流」を考えれば、ピッチャーを選ぶのは妥当なところ。しかしこの大谷は現段階では本当のところ判らない。

「パリーグなのに指名打者解除で先発」
一野球ファンとしては、こんなスケールの大きな選手が実際に現れることを夢見ている。ただ、これが現実なものとなると、
「プロ野球のレベルって、どうなのよ?」
と疑問を持ってしまうのも事実。
勿論ファイターズの投打二刀流の容認は、交渉のための「甘言」にすぎず、一応約束は守りつつも、
「やっぱ、こっちはダメだな」
と本人にすぐ判ってもらう方向性で育成していくハラなんだろうけど。
現場を預かることになるジョニーも厄介な問題を、着任そうそう抱えそうだな。
2軍スタートなら問題ないところだが、これだけ世間を騒がせているのだから、キャンプは1軍スタートの可能性も高い。ジョニーとツカヤンで
「翔平はどうする」「どうするよ」
で、揉めていただいて内紛…というのが、こちらとしては願ってもないパターンか(笑)いや、一野球ファンとしては、二刀流として活躍する翔平を見てみたいが(←Tha's キレイ事)

しかし栗山内閣って、完全メディアつながりの浮ついた布陣に見えるよな。新党大地っていうより「北海道維新の会」。吉井のような「実務派」を切らざるをえないところに、栗山監督の「はだかの王様」的なところも見え隠れする。もっとも大谷獲得できたら、この人の存在はとてつもなく大きかったことになるけど。まさかファイターズは、昨年暮れに翔平にロックオンしてから、ついでに栗山に監督のお願いをしたとか?うがった見方だが、多少理由としてはあったのでは?と思えてしまう。
ジョニーは指導者としてはどうなのか?この人は熱すぎるが、人にも自分と同じ温度の厳しさを求めそうなところに、つまづきそうな気配が漂っている。
「マウンドの記憶」の中では、負け慣れたチームメイトにいらついている記述も見受けられた。表面上は厳しそうなコミさんの方が、指導者に向いていると思う。この人はなんだかんだいって、「自分は二流」という考えが根本にある。だから、ほとんどが二流の野球選手たちのマインドをあげるための「引出し」を多く持っていると思う。

ジョニーが最多勝を上げた頃のコミさんのコメントで覚えているのは、
「まだまだ甘い。僕なんかより全然いいものを持っているのに、まだこの程度なのか」
というような発言をしていた。厳しいなぁ…と思ったが裏を返せばヤッカミであり、素直に自分より上の才能の選手と認めていた節がある。
稲尾さんが初めて指導者になった時、選手はビッグネームすぎて誰も近づかなかった(近づけなかった)という話を聞いたことがある。そもそもの技術レベルが違うので、各論でのアドバイスを求めにくかった、とも。
もちろん最近は科学的な視点から自分の技術を客観的に見る術が増えているので、以前よりはこういった類の壁はなくなってきているんだろうが、あくまでも「人対人」のコミュニケーションの部分は未来永劫変わらないんだろうから。
アチャの緩慢な守備を見て、「中南米の選手はどうしても集中力が途切れてしまう時間帯があるんです。これはお国柄ですから仕方ありません」と言い切ってしまうコミさんの方が、懐が広く、案外いい加減なものも許容してチームをうまくまとめる力があるのではないかと俺は見ている。

「ジャブジャブ孫マネー野球」も「上州からっ風ケンカ野球」も、このファイターズの栗山氏を中心とする「北海道維新の会」に来年は一泡吹かせることが出来るのだろうか。 孫マネー投入の青天井具合は今年も狂気の沙汰としか言いようがないぐらい突き抜けている。
モンモンのお方が超法規的手段でライオンズに入れた伊東監督率いる新生マリーンズは、どこまで食い下がれるのか。おっと、この栗山メディア内閣包囲網の各チームの指揮官、全員モンモンがプロに入れさせた人じゃないか!秋山氏に至っては、「AK砲」なんて呼ばれてチームの顔になっていたのに、モンモンに引っこ抜かれるし(笑)
モンモンのような人にツバつけられても、指導者として生き残るには「密談」の中で、いろいろ要求しておかないとね。
愛甲が入団した年のドラフトの目玉は「社会人の石毛、大学生の原、高校生の愛甲」だった。前記2人に比べて、最後尾は…。かたや、NPBからは追放気味とはいえ、独立リーグおったてたり未だ権力者として隠然たる力を持つお方と、「世界一&日本一監督」。こなた「球界の野良犬」…こういう将来を見通せるなら、ドラフト入団拒否は大アリだな。
もっともモンモンは「今回は石毛に行かざるをえない。3年後、お前をトレードで西武に入れてやるから」と愛甲に密約を持ちかけたらしい!!(笑)

さて大谷くんサイドは12月3日に再交渉を求めた。「密談」の中でどんな「要求」が飛び出すのか。来年のプロ野球界を眺めながら、その辺も推測してネタに落としこんでいくか(笑)
次回は吉井の遠吠えを元に栗山氏と現代野球について切り込もう!(予告)

「モンモン野球大河」エントリを個別カテゴリ化希望の方もクリック!



posted by mansengo at 10:28 | Comment(2) | 野球ミニ薀蓄
この記事へのコメント
そういえば、ジョニーは、昨年の終盤あたり、TwellVで『若手はもっとギラギラしないと〜』と盛んに申してましたね。個人的には、熱血漢でいいなーとは思ったんですが、エントリーを読むと移籍先の横浜に早く馴染んだり、引退間近の木塚の相談に乗った小宮山氏の方がいいのかもしれませんね…あと、ジョニーは、昨年、大谷の事を『足が短いのは踏ん張りが効いてていい』と言ってたのが印象深いです。

あー、ダイエーとの3対3トレード懐かしいですね。秋山と一緒にトレードされた渡辺智男も確か、あのお方と接触があったような…あの方がいたら今の今頃、どんな球界になっていたんでしょうか…。

Posted by K.Sumiya at 2012年12月01日 15:59
>K.Sumiyaさん

書き込み、ありがとうございます。
大谷の足が短い…そんなこと言っていたんですか、ジョニーは!(笑)
3対3の奴は、出された方の橋本がマリーンズに流れ着きましたね。佐々木、村田のその後を見るに、ウムム…と唸らざるをえません。
Posted by mansengo at 2012年12月03日 07:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


↑楽天イーグルス勝利の日の翌日は、楽天市場・楽天ブックスはポイント2倍に…買う前に忘れずにエントリーして下さい(エントリーは買う度に必要です!)。イーグルスとヴィッセルW勝利の日は3倍になるので狙い目!


↑中日ドラゴンズが勝つ度に4ポイントGET!【UCSカード】ドラゴンズカード…nanacoチャージでもポイント付与あり。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。