最強クレジットカード「JQ CARDエポスゴールド」の全貌が判る。年間100万の利用で還元率2〜3%にも達するモンスターカードです。
フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】
2012年10月19日

アウトロー達の饗宴【江夏・慶彦・造酒】

HOME千葉ぶらり旅 > この記事

憧れのヨシヒコ【野田じゃないよ!】の姉妹エントリです。

高橋慶彦は一言居士でもある。黙っていればいいところを、言わずにはおられない性格。当然、衝突を繰り返し、行く先々で「騒動」を起こしている。
「もうちょっと大人しく、上辺だけでもハイハイ言いながらプレーしていたら…」
そんな思いにも駆られたかもしれない。
しかし現役時代、慶彦を弟のように可愛がっていた「一匹狼・江夏」は、
「生意気で目上の人にも臆さずものを言うから(トレードに)出されたけど、なんでもハイハイ言うてる性格ならお互いプロでここまで活躍できてないのじゃないか?」と、後年慶彦に語って、慶彦も得心したそうだ。

enastusaigou

慶彦。おはんの命はおいが預かりもんそ!

え?ナンスか、これ?
野球ファンとして鹿児島の人々に謝りたい気分だ。
川俣軍司よろしくパンツ一丁で捕まっている奴が、かごんまのヒーロー・西郷どん演じたらダメだろ!

いや、偶然「時代劇専門チャンネル」で別の時代劇見てたら、CMでこれが流れてきたんで、ビックリしました。
何でも1985年の「影の軍団 幕末編」で連続時代劇への出演経験があるんですねー。広岡にクビ切られて、メジャー挑戦失敗の直後だな。
(というわけで、現在時代劇チャンネルで江夏の活躍(?)が見れるぞ!)

今回「時代劇専門チャンネル」で見ていた時代劇は、
「秋のスペシャル時代劇 / 平手造酒 利根の決闘」
という1時間で終わっちゃう、単発の時代劇。
今年、新年一発目のエントリで、この平手造酒について書いている。
「天保水滸伝 大原幽学」という農協のキャンペーン映画について熱く語っている。大原幽学と平手造酒という2大ヒーローが大利根の水田を舞台に対決する荒唐無稽なエンターティメント作品。

今回の作品は平手造酒が主役。脚本が渋い。

北辰一刀流の創始者・千葉周作道場で師範代として活躍していた平手造酒(古谷一行)。妻に先立たれ、今は酒に溺れる日々であった。そして酒代を得るため、代官所の役人を斬って逃げた雨傘勘次(船越栄一郎)を追う。一方、勘次は、利根川沿いの小さな宿場町にある笹川繁蔵(伊藤洋三郎)一家にわらじを脱いでいた。繁蔵は勘次を匿うも、笹川一家では、飯岡助五郎一家との決闘の日が近づきつつあり、剣の腕の立つ者を探していた……。

千葉道場の同門が「八州廻り」に出世しており、落ちぶれた自分と利根川の河原でヤクザの出入りの中で対決するという「とんでも」ストーリー!
その八州役が清水紘治!これはテンション上がる。
mikifuruya2
「さすが」の悪役ぶりでした。

そして平手造酒は
mikifuruya1
古谷一行。

日本人永遠の心のヒーロー・平手造酒に思い入れがある人なら、誰もが納得し涙する、ある意味鉄板の進行。
美保純が二役こなしている。脇を固める船越英一郎、小林昭二のおやっさん、30代の頃の遠藤憲一(若い!)も皆はまっている。
お尋ね者を追う造酒だったが、そのお尋ね者の妻が先立たれた自分の妻に瓜二つ。そこから何となく2人は心を通わせるようになり、結局彼らを逃がすために奮闘。そしてケジメをつけるために「死地」へ赴くのだった。

しかし何でこんな濃い作品を、わざわざ豪華キャスト集めて1時間の単発ドラマに仕上げたんだ??1997年の作品。
尺が短いだけに話が急展開すぎるところが難。それゆえに「佳作」止まりだろうか。脚本はいいのになぁ…
あ、俺「無法松」とかチョ〜〜ベタな「お涙頂戴」もの大好きだから。



posted by mansengo at 01:40 | Comment(0) | 千葉ぶらり旅
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


↑楽天イーグルス勝利の日の翌日は、楽天市場・楽天ブックスはポイント2倍に…買う前に忘れずにエントリーして下さい(エントリーは買う度に必要です!)。イーグルスとヴィッセルW勝利の日は3倍になるので狙い目!


↑中日ドラゴンズが勝つ度に4ポイントGET!【UCSカード】ドラゴンズカード…nanacoチャージでもポイント付与あり。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。