最強クレジットカード「JQ CARDエポスゴールド」の全貌が判る。年間100万の利用で還元率2〜3%にも達するモンスターカードです。
フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】
2012年10月16日

ナイスゲームを見れた爽快感

HOME統一球撲滅委員会 > この記事

結局ホークスがファイナルステージに進むことになった。
「パリーグ主義」で、注目の選手は誰か?を1人1人挙げていたのだが、松中みなみは「ペーニャ選手」と言っていた。「そろそろ打つと思うんです」
松中みなみ恐るべし!さすがおじさんが三冠王になっただけのことはある。
もっともそのおじさんは、引退する選手にも負けて、試合にも出してもらえないけど!(松中がCSに出てこないと秋を感じられないじゃないか!)

秋山監督が「いい試合だった。本当にいい試合だった」という感想を述べていたのが、印象深い。少し野球を見直した。それぐらい両チームの選手たちのプレーは素晴らしかった。特に終盤の攻防は「まさにポストシーズンゲーム」という、緊張感に満ちたものだった。こういう場に居合わせないと、選手はレベルアップ出来ないな、と感じさせるものだった。

あの極限下でのスーパーファイン2連発の秋山。昨年、岡田と並んで「統一球野球の申し子」という形でまとめさせていただいた項がある(参考:ディフェンシブ外野手の擡頭【統一球の副産物】)。打撃的にはまだまだだけど、その守備力で試合の当初から使わざるをえない両選手。「1点が軽い」昔の野球だったら守備要員の可能性も高かったのに、1点が重い野球ゆえに先発で使われる。そのチャンスを活かして、今年2人とも打撃力もUPさせた。もともと秋山はパンチ力のある選手だと思っていたが、今年はそのクレバーな野球頭ですっかりプロの投手に対応し、驚くなかれ打率リーグ6位にまで躍進してしまった。岡田の打撃力に懐疑的なマリーンズファンもまだ多いと思うが、こちらも後半確実にレベルアップしたところを見せてくれたと思うぞ。
ただ、こういう「渋い」選手たちが後半出てきてスーパーファインをしてくれた方が、より野球の魅力は深いものになると思う。ライオンズの熊代が今年そういうポジションかと思っていたのだが、こちらも左投手の時は先発で使われるようになってきており、石井・後藤といった「打撃重視」のベテランを昨年切った西武もゆるやかに「統一球野球」にシフトしていっていることを感じさせてくれた。
熊代の守備力をもってしても取れない、その頭上を襲うペーニャの打球の速さは圧巻だった。

CS1st、勝った方がファイナル進出の大一番。セでは山本昌、パでは石井と、ベテラン頼みなところがちょいと残念だった。2人とも試合を作ったようだが…。ベテランピッチャーがいつまでものさばっている野球ではダメなのだ。俺が言いたいこと判りますよね?ボール戻せ(笑)スピードボールこそが、投手の一番の力になるような野球にしないと、野球のレベルは上がらないし、見ていてつまらない。
森福がほうほうの体でマウンドを降りたが、あれ(おかわりへのコントロールミス)がきっちり十亀られる…おっとと誤変換、”咎められる”野球にしないと。十亀は咎められてたけど(笑)しかし継投は難しい。4回途中1安打のピッチャーを下ろそうとするのだから。これもCSという特殊状況下…いや、番長三浦が若いころ、レギュラーシーズンの試合で5回無安打に抑えていて代打を送られていたのを目撃したことがある!ああいう屈辱を乗り越えて、今があるんだろうね。

森福のルーティーンって、翔太と同じように、セットに入った後、腰の捻りを軽く入れながら利き手を天空に向けて上げるじゃないですか。あれが激しくウザい。おんなじ挙動だから、誰かの指導なのかしら?見ている方は「間が長く」感じるから、あまり歓迎しない挙動なんだが、あの動きが精神を落ち着かせる効能のようなものがあるようにも感じる。2人とも走者を背負った時に強い不思議!リリーフの森福はともかく、無走者時もセットから投げていることも役立っているんでしょう。もっとも最近はセットから投げる先発投手かなり増えたね…。

序盤は帰宅途中だったのでQRで聴いていた。ゲストに平尾!「1番松田」の意図をアナウンサーに聞かれたら、緊張していたのか、最初に同じ質問に答えていていた東尾と全く同じ事を言っていて、「おいチャラオ、何よそ行きになってるんだよ!」と苦笑してしまった。やっぱり深夜のFMとかがお前にお似合いなのか?まさか解説者にはならんよな?

最後の秋山のスーパーファインから、オーティズの一撃、代打・高山の粘りあたりは「神展開」。野球の力を感じた。マウンド上はオカジ。シーズン終盤本当に野球をさぼっていた変人。「咎めろ!野球をすっぽかして、アメリカでの永住権を取ろうとしている男を咎めろ!」と念じていたが、あと一歩届かず。もうちっと、飛ぶボールだったら尚一層緊迫感もあったんが、どこかで「やっぱりダメなんだろうな。走者ナシからだと…」と諦めて見ている節もあった。ブライアントの3連発のような神展開はもう期待するだけ無駄なのか。もっともどちらかに肩入れして見ているわけでもなかったので、ただ「サボリー岡島は打たれろ!」と思っただけだけどね。オーティズの一発はちょっとだけ溜飲を下げた。
ファイターズVSホークスの最終札幌決戦。ホークスに絶対的に強い勝さんが1戦目に来るのか?1戦目&6戦目…は無理か。成瀬はこれをやってくれたよね。ていうか6戦目までもつれ込めるか、どうか。
日程的に、1stは土・日・月で、この一番の好試合が月曜日になってしまうという3戦マッチの皮肉。さらにファイナルも6戦目が月曜日。確率的に1stは日曜、それもホームチームの勝ち抜け、ファイナルは4,5戦目に終わることが多いから、こういう日程になっているのか?好試合にも関わらず、スタンドの入りがレギュラーシーズンのそれより寂しいところが「なんとももはや…」と感じざるをえない。



posted by mansengo at 12:52 | Comment(0) | 統一球撲滅委員会
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


↑楽天イーグルス勝利の日の翌日は、楽天市場・楽天ブックスはポイント2倍に…買う前に忘れずにエントリーして下さい(エントリーは買う度に必要です!)。イーグルスとヴィッセルW勝利の日は3倍になるので狙い目!


↑中日ドラゴンズが勝つ度に4ポイントGET!【UCSカード】ドラゴンズカード…nanacoチャージでもポイント付与あり。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。