最強クレジットカード「JQ CARDエポスゴールド」の全貌が判る。年間100万の利用で還元率2〜3%にも達するモンスターカードです。
フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】
2012年09月18日

4位対5位の泥仕合。3位になる資格は…

HOME統一球撲滅委員会 > この記事

4位対5位による、3位への挑戦権を賭けたゲームだったが、いろいろな意味で「ヒドいゲーム」だった。記録に残らないミスがいったい何個あったんだろう、両チームで。終盤戦の、まだ「切れちゃいけない」位置にいるはずの両チームが、こんな低レベルな試合をしていてはCS制度の意義そのものを考えさせられる。

初回から荒れ気味のゲームだった。先発美馬がいきなりの4失点。マリーンズとしては理想的な先制パンチだったが、理想的な打撃を皆していた。ゲッツーのネモにしても、当たり自体は良かったもので、この回の打球は皆シンを食った当たりで皆良かった。なぜこんなに良い打球を打てたのだろうか?
今日は向かい風10mの強風がKスタ宮城に吹き荒れていた。この風を意識したのか、回ごとに配球を替えるための準備か、初回美馬は持ち味のカーブを全く使わなかった。直球、スライダーがコースには行ってるんだが、若干甘く、これがマリーンズ打線の餌食になった。そうはいっても打った選手たちを褒めるべき内容で、「こんな日はフライを上げてはダメ、ライナー性の当たりを逆方向に意識して打つ!」という意思統一がチームで計られていた。さすがにマリンを本拠地にしているだけのことはある。これは各選手の自主的なものなのか、指示がきちんと出ていたのか?テーブルスコアを御覧なさい。1回は凡退した打者以外、皆逆方向に打ってるから。もっともネモは無死1,2塁だから、意識して引っ張りにかかったと思うよ。そういう意味では、皆いいカンジだった。

グライシンガーはゲームを作るのがウマい。反面、それは「雑」さにつながる部分でもある。なぜか?4点差もつけば、ボール球はあまり投げない。この風だから、一発の心配もほとんど無い。バンバン、ストライクを取っていこう。短気捕手・里崎との組み合わせは、甘いボールをどんどん投げる傾向に向かう。3回3失点で1点差に詰められて、漸く慎重モードに戻る。もっとも3回の失点はネモのエラーが原因だから、このサクサクピッチングで良かったのかもしれない。
いずれにせよセスのビッグイニングは避けられない宿命にある。 今日のように味方がある程度援護して真価を発揮するタイプの投手だな。でも二桁オメ!

面白かったのは、6回の島内。ホセ直伝の「セスのリズムを崩す禁じ手」を日本人選手、しかも人間力野球を標榜する大学出身の選手がやっちゃったよーー。
ところが審判も、最近この傾向が強いことに対する警告か、島内がセス投球寸前にタイム取って打席をはずすも 、審判取り合わず、
「ストライク!」
の無情コール!
「なんで、僕の時だけ…」
哀れ島内君。そんな南米野球やってたら、地下の御大に怒られますよ!その前に目の前の人に大目玉食らった??島内、ネモの3ベースの時の面白守備といい、珍プレーの宝庫。同一カードの対戦相手のファンに、ここまでやらかすところを見せる選手は過去にいなかったのでは…。

美馬−岡島の若いバッテリー。「低めを意識させずに、風を利用して投げさせたい」と試合前の岡島が語っていたそうだが、その辺が初回真ん中近辺に集まってしまった原因か。2回いきなり岡田にカーブを立て続けに投げる路線変更をしてくるが、とにかく点差が開いた時のピッチングは難しい。
最初スカパーで見ようと思ったのだが、アナウンサーがあまりにもうるさいので、消音してRazikoの東北放送の実況で聞いた。杉山の配球に寄った解説は聴き応えがある。ただスカパーの映像との「遅延」が1分近くあるので、さすがに3回ぐらいから又消した…。

♫青いイナズマが俺を責める〜
の松本さんに、優しく怒られながら見よう。うるさ型のアナウンサーが大谷、中郷の「先発・中継ぎ両刀使い」の酷使状況に話を転じると、早大の大先輩、さすがに後輩を持ち上げるのは面映いのか、あんまり褒めるモードじゃなかったなぁ。先発・中継ぎ両方出来るのは「器用ですよね」程度に留められた。
最近の野球は無死の走者をバントで送った後、点が取れていない…と独自分析していた。印象論だけど、間違ってない。統一球野球だったとしても、序盤のバントは不毛。マリーンズは一体どれだけの「序盤の突き放すチャンス」をみすみす自らの手で放棄してきたのかも、気になるところだ。いまや中軸のネモに35個ものバントをさせてきたことも含め。

美馬は工夫して復調していたが、6回1死から一つ四球を与えると交替させられる。ここから楽天大瓦解。片山から代わりばなストレートの四球をもらうと、2死から清田・ネモの連続タイムリーが飛び出し、ほぼ勝負を決定づけた。美馬は9敗目(7勝)か…二桁絶望で、新人王争いは益田✕川端のマッチレースになったか?
片山の後、加藤大輔が引き継いだのだが、もの凄い球数…3回1/3で、なんと70球も放らせられた。いわゆる「曝し投げ」に近い状態で、捨てゲームの捨てゴマに。そのまま下に落とされてしまうのだろうか?(そこから再浮上は…。)
このおかげで勝ちパターンの投手は温存出来た楽天の明日以降は恐い。もっともマリーンズもセス8イニングで、ハシケンだけ出して済ませられた。勝負は明日以降。出来れば3タテ、最悪でも勝ち越さないと、「かすかな望み」が「ほぼ絶望」に早変わり。もっともホークスもそうそう負けないだろうから、直接対決の無い今、可能性は本当に残ってるんかいな?楽天叩きすぎたら、次のホークス戦頑張ってくれなくなっちゃいそうで、「他力」が大事な今、本当にスウィープしていいものなのかも悩ましいところ(笑)

大地がまた復調してきた。この選手はとにかくボールの見極めが素晴らしい。数々の彼の四球からチャンス拡大してきた1年といっても過言では無い。ただインサイド高めのゾーンだけ、手がでないストライクゾーンがあって、ここいらに本人がまだボールと思って見極められていない箇所がある。銀仁朗あたりはここに決め球を持ってくる逆算のリードを展開していて、「お主、わかっておるな…」と、先の西武戦では感じさせられた。そういった老獪なプロの捕手と丁々発止のやり取りをして、一歩一歩着実に前進していってくれ。スクイズの後のファーストヘッドも危険だけど、ナイスファイト!(この選手のプレーだけが一服の清涼剤だった、そんな不快指数の高いゲームだった…)

「珍しくノーネタ、愚痴オンパ・エントリですね!」と思った方もクリック!

※昨日の試合の観戦記をサボった分、豊田氏の新聞コラムにつっこむ恒例のエントリーもあげております。そちらまだご覧になっていない方はこちら。



posted by mansengo at 00:23 | Comment(0) | 統一球撲滅委員会
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


↑楽天イーグルス勝利の日の翌日は、楽天市場・楽天ブックスはポイント2倍に…買う前に忘れずにエントリーして下さい(エントリーは買う度に必要です!)。イーグルスとヴィッセルW勝利の日は3倍になるので狙い目!


↑中日ドラゴンズが勝つ度に4ポイントGET!【UCSカード】ドラゴンズカード…nanacoチャージでもポイント付与あり。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。