最強クレジットカード「JQ CARDエポスゴールド」の全貌が判る。年間100万の利用で還元率2〜3%にも達するモンスターカードです。
フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】
2012年09月09日

余計な1点が試合を重くする【連敗の理(ことわり)】

HOME統一球撲滅委員会 > この記事

ど〜も〜。
最近、点取れませんね〜。
和〜和〜言ってる「和〜おじさん」が無能かどうかはさておき、誰が監督やっても、今のチーム状態では埒があきませんね。作戦を立てる前に、そういう状況にすらならない。9回堰を切ったように、人員投入している時の和〜おじさんの嬉しそうなこと。単なる置物と化してたからね。ベンチで野球の試合をボ〜ッと見ているだけのおじさん。ファンと大して変わらねぇーぞ(笑)

5回終了時3点差。今年、雪崩のように崩れ始めてからはよく見る光景である。この3点差が重いため、作戦の施しようがなく、身動きがとれなくなる。統一球野球がいかにクソであるかは、ここ最近の試合を見ればお判りいただけよう。下位に沈むチーム(のファン)から「試合を楽しむ」という権利を奪っているのだ。

ただ、こういう点差にならないよう、ベンチもそれなりに努力はしていた。今日もマシスを80球弱で下ろし、「致命的な3点目」を奪われないよう、大谷を投入した。大谷の起用の是非はこの際無視して、このことについて話してみよう。
明石に3塁まで進まれたため、2点を取られて、「なおも1死3塁で3,4番」という極めて3点目が取られやすい場面になってしまった。走者を背負えばボールが高めに行く傾向のあるマシスを続投させれば、犠牲フライ以上の結果を相手に簡単に許すだろう。マシスに対しての首脳陣の信頼はもはや完全に失われた。大谷投入は大谷の登板頻度、先発はどうなったの?という疑問などを取り除けば極めて最善の策を取ったと思う。だが、その大谷も球威でねじふせることが出来るタイプでないことから、この場面での適正値はMaxではない。まさに「ザ・消去法」の起用法。ボールに力を持ったリリーバーが1枚いると、こういう場面では重宝するんだけどなぁ…。
コーナーワークに期待したんだろうけど、大谷も動かすタイプのピッチャーで、こういうピッチャーは強いボールをコーナーに決められなくなってくる。なぜか審判の手が上がらないのだ。対照的なのが陽。「あれ、ボールだろ…」とかなりボールゾーンに流れているボールを、ストライクとコールしてもらっていた。「イケメンは得」と同じぐらい、ボールに力のあるピッチャーは得なのだ(←例えがよう判らん!)とにかく、今日の序盤の陽を攻略するのは限りなく難しかったね。

動かすタイプ、マシスもそうだけど、こういうタイプの人たちは真ん中近辺に投げる。低めのいいゾーンにいって、そこからちょいと動かしてしまったらボールになってしまうんだから、常に甘いゾーンに投げる必要性がある。だからこういうピッチャーは球速自体がある、か、フォームが独特で打ちづらいかのどちらかに属していないと、やられやすくなる。シュートが精神的に投げられなくなり、スライダーが曲がらなかった頃の晋吾なんて悲惨だったからなぁ。カットボールの連投で、しかも持ち場の空きがないから中継ぎやらされてるし…。コミさんが「ストライクゾーンで勝負していけ」というアドバイスをしていたが、あれは相当無責任なアドバイスだと思った(前半戦はそれでうまくいっていたが、後半は打たれた)。
両方具有しているのが益田。益田クラスになれば、アバウトに真ん中近辺に投げておけばいい。度胸がいいと言われるが、その度胸には裏付けがあって、技術的に打たれないという自信があるから強気にイケルのだ。

あそこは益田投入というクレージー采配があってもよかったかもよ(笑)
あと、今のチーム状態ならネモを4番に据えるかな。ネモは出塁率というより、安打や本塁打が多いんだから中軸に置くと点入るんじゃね?
誰もそういうこと頭にないでしょ。発想すら沸かない。常識の範囲内での「入れ替え」では負の流れから脱することは出来ない。流れに沿って負け続けますよ。
ジョシュは両極端だよな。打てなくなると限りなく打たなくなる。ヤクルト時代も1年目途中入団で救世主扱いされながら、2年目は外国人枠争いに敗れて後半はファーム、退団を余儀なくされた。7月後半から8月の活躍は素晴らしかったが、来年同じような期待をかけていいものかどうなのかは未知数といったところだ。

おっと、話が相当横道にそれた(笑)昨日(7日のゲーム)も7回成瀬KOの後、南投入して4点目取られてたよね?あれも3点差に広がる「致命的」な失点だった。テーブルスコアで最終的な点差だけ見ている人は「3点も4点も変わらないだろ」とのたまうかもしれないが、作戦の取り方が変わってくる。7日のゲーム、失点の後、すぐさま打線は反撃した。無死1,2塁という願ってもないチャンスを作った。ここで代打・荻野貴司が出てくるのだが、2点差だったらバントで1死2,3塁という状況を作り出し、「一打同点」という形を作れるところだったが、3点差だと強行させるしか方法がない。作戦の選択肢が削られ、ファンから推理という楽しみも奪う。当然強行させれば、皆打率が低いわけですから「奇跡」はまず起きないわけですよ。あらゆる面から、統一球野球がいかにクソであるかを、これでもかと見せつけられます。3点差をつけさせないための「防戦用」投手が存在しないわけですから、西村野球の目指す「走れる選手」を揃えたところで、そういう方向性の野球が出来ないんですよね〜。意味ねー!(内健在なら、ちょっとは違ってたのかもしれないけど。)
もっとも南の低めへの制球力は素晴らしいです。そろそろ失点するだろ…と見ているのに、どんどん良くなるわけですから来年以降に期待せずにはいられない投手ですね!もうちょっとスピードが出てくると、更によいんですがね。

常に作戦が取れなくなる点差になるのが「流れ」なのか、「人災」なのか。
単なる人材難なだけのような気もするし…つまりは戦力差。
開幕前の下馬評を考えれば、「順当な位置」に堕ちてきただけのことですから、特に不思議もありませんし、別の監督がこのシーズンに臨んでいたとしても、この失速は止められなかったと個人的には思っております。(決して『和〜おじさん』を評価しているわけじゃないぞ!)ユウキちゃんが離脱することなんて、もちろん織り込み済み。俺開幕前はロッテと楽天の4位5位どっちが上か相当迷ったもの。(楽天の方が上のような気もするが…と、ちゃんと書いてる!)

坊西が解説だったが、99年最後まで優勝の可能性があったシーズンを思い出す。誰も覚えてない、延長12回ウォーレンが代打サヨナラ安打打たれて優勝の可能性が消滅したシーン。ホークスが黄金時代の扉を開けたシーン。あの頃終盤まで優勝に絡んでいたことがあったなんて、知らないファンの方が多いんでしょうね。
坊西は俳優の斎藤洋介に顔の輪郭というか、アゴの形状が似ていると思っていた。ああいうアゴの形状の方はああいう声になる(斎藤洋介もああいう声だよね)。昨日2ラン&4安打の江川がバットを折ったので、今日は打てなかったという話にこだわっていたが、「それはあんたら2流クラスの選手、ゲンをかつぐ神頼みレベルの人たちの話じゃないの?」と思わずツッコんでしまった(笑)
統一球はバットがよく折れることも、環境的によろしくない!

「あんた案外冷静に受け止めているんだね」と意外に思った方もクリック!



posted by mansengo at 02:12 | Comment(0) | 統一球撲滅委員会
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


↑楽天イーグルス勝利の日の翌日は、楽天市場・楽天ブックスはポイント2倍に…買う前に忘れずにエントリーして下さい(エントリーは買う度に必要です!)。イーグルスとヴィッセルW勝利の日は3倍になるので狙い目!


↑中日ドラゴンズが勝つ度に4ポイントGET!【UCSカード】ドラゴンズカード…nanacoチャージでもポイント付与あり。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。