最強クレジットカード「JQ CARDエポスゴールド」の全貌が判る。年間100万の利用で還元率2〜3%にも達するモンスターカードです。
フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】
2012年09月03日

大地の熱いプレーの連続で、藤岡を鼓舞

HOME統一球撲滅委員会 > この記事

月が変わりましたね。

♫それは 9月だった
あやしい 季節だった
YOU-YOU-YOU! 優勝の目が消え
YOU-YOU-YOU! 夢がしぼむYO!
あわれ セプテンバー 失速
ヤケ酒 セプテンバー ドリーミン
明日は 明日 イラライライラ
優勝は夢か幻〜
(元ネタ:すみれSeptember Love

おっ、始球式はおばさんになった森高千里じゃんか!
全然おばさんぽくねーーっ!
♫森高おばさんになっても ディスコに連れていくの
てか、ディスコの方が無くなってるじゃん!

ストレスが地球をダメにする〜
ハイハイ、こんな野球をみせつけられたら「ザ ストレス」

まっ、でも今日はまともな方だったのかな?
大地の熱いプレーの連続で、藤岡を鼓舞。
キャプテンの方は自分の打撃下降と共にチームの方に気が回んないのか、ベンチのムードは沈下する一方。そんな中、今日スタメンに起用された大地の数々のハッスルプレーが、なんとか首位を行くライオンズとの均衡をつなぎとめているといった形だった。
フェンスを怖がらないファールフライ処理に、
「やられた〜」と思う三塁線の当たりを横滑り好捕後すぐさま反転でゲッツー完成。
さらには猛然と3塁を狙うヘルマンの危険なスライディングを避けずに、3塁を死守する構え…これに東洋時代からの同僚・藤岡が発奮しないわけにはいかないでしょう。

藤岡は変化球を課題にマウンドに登ったらしいが、序盤はその変化球が決まらない。特にスライダーがスッポ抜けることが多く、ピッチングに苦労。おそらく「打者から逃げない、向かっていく」ということを1軍離脱後からの課題として取り組んできたと思うのだが、内角へ真っすぐを投げること自体には成功していた。しかし決め球の変化球がいいところに行かず苦しむ。
2回以降開き直って、真っすぐの力押ししているうちに、大地の好守などで波に乗ってきて、じょじょにカーブなどの変化球が決まりだした。カウントを整えたり、追い込んでから早くに勝負するために、+1変化球が欲しいところ。その辺は「西本教」なのでツーシームを習得中らしいが、右打者のアウトサイドに抜けるボールがあれば、もっとピッチングが楽になるはずだ。右打者に対してはインサイドをつけているのに、左打者にはからきしなところも対左の被打率の悪さに繋がってんだろ。ツーシームはそういう意味ではいいかもしれない。

打撃陣はマイケル−岡本の継投の前に7回までで1点と、この時点で勝てる気配が全くしなかった。8回荻野貴司がフォアボールで出た後のダブル犠牲バント失敗が響いた(岡田のは形としては成功しているが…)。
というより、ウィリアムス×ホワイトセルのマッチアップはどんなにホワイトセルが好調といっても分が悪い対戦であること歴然であり、タイミングが合いつつある井口が歩かされることは1塁が空いた時点で自明の理であったのでは?この犠打は、自ら墓穴を掘りに行くような攻撃で、ちょっと萎えたな〜。
その裏の失点は雅彦のパスボールだったが、むしろ、あの程度の弾き方でスタートを切るヘルマンのクレージーぶりに痺れた。しかもスライディングがうまいのなんのって、2塁盗塁の時も足から行った方がいいんじゃないの?っていうぐらい、相手のタッチをかいくぐりながら体を沈めつつもホームへ近づいていく、理想的な「スライディング」で1点をもぎ取られたような形だった。
ただ、やっぱり順位が上にいるから、ホームチームだから、そういう意味でトライできている部分があると思う。大地とヘルマンという両3塁手の気迫がぶつかり合うようなゲームで、それ以外は「貧打戦」だったのかな?ヘルマンは岡田の犠牲バントの時も猛然とチャージして、飛びついていた。

とにかくここのところ点の取られ方がいつも悪い。初回の失点は普通にオーティズに打たれたものだったが、センター岡田とライト荻野が衝突しているっていうところも象徴的だった(しなくとも点は入ってたけどね…)。幸い何事もなくて良かったが、この右中間を見ていると「両雄並び立たないのか?」と思えてしまう。今日の当たりは間違いなく荻野が取った方がいいに決まっている打球角度なんだが、岡田も猛然と取りに来た。おそらく荻野の守備に信頼を置いてないのだろう。ここ最近の荻野は守備に精彩を欠いてたからな…荻野って誰もが認める「いい選手」なんだけど、俺には脆いというか「破滅型」的な性格に見えるんだよね…PLAYを見ていると。打ち方も忠実に教えを守っているんだろうが、外野飛球が多すぎて持ち味をかなり殺しているような印象を受ける。悪く言うと「雑」に映る。もっとも本調子でないことは明らかで、真価は来年以降に発揮して頂こう!

益田は敗戦を背負い込んだようにうなだれていたが、新人ながら責任のあるポジションを任され、チームの浮沈を握っているという自覚があるがゆえに、背負いこんでいたのだろう。これだけの登板数をこなしているだけでも凄いのに、その立場まで登ってきていることに驚かされる。来年以降、どういう使い方をしていくのか判らないが、「先発の柱」「クローザー」のいずれかにつけてもおかしくない投手だと思う。今のポジションにハマっているようにも見えるが、摂津のようなこともある。
南は毎度毎度、なんだかんだで抑えてしまう。この抑えているっていうことが大事で、並の若手ピッチャーなら強力打線にびびってフォアボール出したり、それを恐れて逆に甘いところに投げがちなのだが、南にはそういった「破綻」だけはない。運もあると思うが、ピンチに動じない精神力を備えているだけでも、既に1軍の投手の風格が漂っている。

ヴェテラン陣は「数少ないチャンス!」と頑張ってきたんだろうけど、このミスの多さと士気の低さで頭取ろうっていうのは虫が良すぎるんじゃねーかと思えてきてしまった。島内をはじめとする楽天の皆様が暖かくマリーンズに「挑戦権」を与えてくださったのに、ご期待に添えなかった。2位と3位の差も開き始めたね…

来週以降も「ザ・ストレス野球」を見届けてやる!っていう人はクリック!



posted by mansengo at 02:35 | Comment(2) | 統一球撲滅委員会
この記事へのコメント
こんばんは!ヘルマンは、暴走でアウトだ、ラッキーと思いましたが、どんだけ思い切りがいいんだか、ホントクレイジー。南は強心臓みたいですが、打たれて失点してから、どうなるかみものです。荻野には、何だか負のオーラが、まだ打撃も本調子でないし、守備もぎこちないから、代走のスペシャリストにして、先発はちょっと。大地はホントよかったですね、バントもできないキャプテンよりずっと戦力になってる。
Posted by いちかわちーばくん at 2012年09月03日 18:59
>いちかわちーばくんさん

 書き込み、ありがとうございます。
 今江はバントうまいんですけどね、本来…何か、こう悪い流れに本人の方から乗って行ってしまっているような、そんな感じに見えてしまいますね。
Posted by mansengo at 2012年09月04日 08:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


↑楽天イーグルス勝利の日の翌日は、楽天市場・楽天ブックスはポイント2倍に…買う前に忘れずにエントリーして下さい(エントリーは買う度に必要です!)。イーグルスとヴィッセルW勝利の日は3倍になるので狙い目!


↑中日ドラゴンズが勝つ度に4ポイントGET!【UCSカード】ドラゴンズカード…nanacoチャージでもポイント付与あり。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。