最強クレジットカード「JQ CARDエポスゴールド」の全貌が判る。年間100万の利用で還元率2〜3%にも達するモンスターカードです。
フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】
2012年07月28日

え?え?エースが投げて、4番が打つ!で、勝った!?

HOME統一球撲滅委員会 > この記事

久しぶりにTwellVでマリーンズ戦を見た。
「自由に」
「自由に」
と、皆、左手で1、右手で2の指数字を作る、おなじみのジングル。ファンと選手が混在しているところが斬新だ。
サブロー 「自由に見よう」
ゴリ 「自由に見よう」
唐◯ユウキちゃん 「自由に休もう!
殺・す・ぞ!

序盤、帰宅途中はRazikoでチェックしようと思った…
が!今日はホークス戦だった…そうなんです、福岡の放送局は千葉ロッテと配信契約で折り合いが取れてなくて、Radikoによるインターネット配信を行なっていないんだよね。もちろん、普通のラジオの方では放送されているんだが。
18時台は無理だが、19時台、家の近くに迫ってきた時、要約福岡の放送が入り始めた。「鉄人」が解説していた。

結局5回表からTwellVで視聴。成瀬はここまでノーヒット・ピッチングだったらしい。ただボール見ても「(ノーヒット)ほんとかいな?」っていう出来に感じたが、そう思ったのも束の間、いきなり内川に一発浴びる。追い込んでからインサイド3球続けての被弾。サトのギャンブル・リードっぽいな。いや、成瀬のコントロール頼みなところあったんだろうけど、今日の成瀬は「はずすべきボール」をはずしきれない、制球の悪さを露呈していた。
その前の多村の当たりも0-2から、はずすべきところを「誤って」3球勝負してのセカンドライナー。これを井口が不自然な形で好捕。井口はバッテリー間のサインを元に「3球目ははずしだから、ボールは飛んでこな…おっとっと!」という感じで、慌てて飛びついた。
とにかく2ストライクからの被安打が多く、後半戦スタートに向けて、不安な「初登板」だった。7回表も同点まで覚悟しましたもん。
「もう、替えてくれ!」
そう思ったんだけど、じゃあ誰出すの?と考えると、それも厳しい。
「こんなアップアップの成瀬でも続投の方が多少マシか…」
ホント、救援陣厳しいよな。
幸い、益田が復活したっぽく、球威・変化球のキレがいい時に戻りつつある。8回はなんとか凌げそうな雰囲気は出てきた。問題は7回か。それこそ大谷を後ろで使うなら、7回のピンチで投入したいところだよね。だったらおとつい2イニング放らせるな、っていうことになるし。頑丈だけが取柄のおっさん、使いドコロあるんかいな?7回が持ち場なら、今日の成瀬の出来・球数・オールスターからの間隔を考えたら、「ここで行かなくて、いつ行く?」っていぐらいの場面だと思ったが…。

あと成瀬は、ジョニーばりのノールック・クイックで打者のタイミングをはずすことにご執心すぎるところも気になった。テクに走りすぎて、基本を疎かにする…
これに関しては次回以降も注視していきたい。

ホークスに助けられまくった1戦といっていいんじゃない。後半戦連敗スタートの両チーム。今、他のチームと当たれば、確実に負けている両チームですよ。でもこんな両チームでも、どっちか一つは勝てるんだぜ!サバイバル・マッチ、イエイ!
そして大場の「弱気ピッチング」に助けられまくった。5回ウラの大場のピッチングは最悪に近いでしょう。デッドボール−送りバントで1死2塁で3,4番を迎え、3番にタイムリーを打たれることを恐れて結果歩かせ、4番と勝負に行かざるをえなくなり、ガツンと一発を浴びる。サブローが投手有利なカウントから、四球を選んだことが又しても大きい!もっとも3塁線の当たりはオンラインに見えたが…
そして眠れる大砲が要約、火を吹いた。「失投を逃さない」。三振はいくつしても構わない。とにかく一本でも多く、こういう場面で効果的な一発を放ってもらいたいな。そのために採ったんだから。1本も出ないまま帰国…なんてことにならずに、本当に良かった。いろいろな意味で。
ホークスもサブローを歩かせたあたりで大場を見限ってもいいように感じたのだが、 まだ何か期待させるものがあるんだろうね。そんな意志がない限り、続投させること自体「采配ミス」と思われても仕方ないところだと思った。

岡田の奥さんはホワイトセルの一発、喜んでないだろうな…ホワイトセル出すと、サブローを守備に就かせないといけなくなるので、必然的に荻野・清田・岡田のうち2人出れない。(3人の中では唯一の)左打者&その守備力でアドバンテージがありそうなんだけど、岡田がスタメンをはずれるケースが目立ってきた。荻野の状態が上向きなのが決定打か…でも、まだ走力は完全に戻ってないでしょう。最終打席のタイムリーの前の3打席目の、あれルーキーイヤーなら完全セーフだったはず。いや明石のフィールディングもお見事だったけどさぁ。明石って、言っていいのかどうか知らんが、剛に似てるよね?ルックス・雰囲気も。
ホワイトセルの一発が出た時、ベンチの一番端の「初芝ポジ」にいた岡田、もの凄いガッツポーズしてたけどな(笑)あれ見て、奥さん怒ってるだろうな…
「あなた、自分を出れなくしている元凶の選手のホームランに、何喜んでいるの!」

3ランは統一球野球では致命傷。「3ラン(以上)勝率」ってどれぐらいなんだろうか?昨年アチャがグランドスラム打って楽勝かと思いきや、おいつかれた試合なら覚えているけど。実際は9割ぐらいの勝率はあるよね?
しかし3ランが致命的って、もはや野球の体を成していないような…そんな3ランでも逃げ切れない可能性もあるぐらい、今日の成瀬は危なかったぞ。

マリーンズは打線の組み換えが当たった形だが、ホークスも対成瀬オーダーともいうべき、「4番多村」の大胆な組み換えを行なっていた。左の本多を9番に。ただ本多って、昨年まではかなり成瀬を打ち込んでいる印象があったけどね。それこそ「お前、シバ、本間の系譜につながってるんだろ?」っていうぐらいに、いやなイメージしかないけどね(笑)
秋山監督の組み換えは、前節やられている栗山の影響(マネ)じゃねーの?栗山はやられまくっている「対山田」対策で、鵜久森起用のギャンブル当ててるからね。でもって3割打者の賢介を9番に。なんか同じ穴のムジナのような組み換えに感じる。
マリーンズの組み換え?そんなもん、カンピュー太以外のなにもんでもないでしょう!

オールスター組は、成瀬を除くとリフレッシュ効果というか「球宴効果」が出ているような気がする。一番顕著なのが益田で、地味に井口。井口は前後の試合をほぼ休んだのも、大きいのかな?とうとうマリーンズに来て初めてと思わる「クリーンアップ落ち」に行き着いたが、とくに気にする素振りを見せることもなく、攻守に機能していた。バッティングは開き云々を気にするでなく、とにかくコンパクトに行こうという意識を感じる。
角中が又打ち始めたが、ヒットがすべて逆方向なのが気になる。いや、間違いなく逆方向に打てるから率が上がって、今までの「セカンドゴロ病」から脱却できたわけだが、引っ張って欲しい場面もあるわけじゃないですか。下位なら今のままでもOKなんだが、中軸に座るとなると、軽打だけじゃなく、ある程度長打っぽい当たりも欲しいね。

あすは今後の両チームを占う最大の山場かもしれない。前半いなかったが、後半期待がもたれる両投手の激突。それぞれ一度相手チームに対して好投しているので、打線がどういう狙いで立ち向かうかも要注目だ。
まあ、でも今日はよく勝った。どんな勝ちでも1勝は1勝。落ち目のチームに当たる…この幸運を噛み締め、この3連戦、おいしく頂いていかないと!

今日初めて49番のユニフォームを掲げている女性を見た。「そんな奴、おらんやろ」とこだまツッコミ(ボケ?)している君もクリック!



posted by mansengo at 00:25 | Comment(0) | 統一球撲滅委員会
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


↑楽天イーグルス勝利の日の翌日は、楽天市場・楽天ブックスはポイント2倍に…買う前に忘れずにエントリーして下さい(エントリーは買う度に必要です!)。イーグルスとヴィッセルW勝利の日は3倍になるので狙い目!


↑中日ドラゴンズが勝つ度に4ポイントGET!【UCSカード】ドラゴンズカード…nanacoチャージでもポイント付与あり。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。