最強クレジットカード「JQ CARDエポスゴールド」の全貌が判る。年間100万の利用で還元率2〜3%にも達するモンスターカードです。
フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】
2012年07月26日

西村焼肉決起集会も意気上がらず、混パ一直線

HOME統一球撲滅委員会 > この記事

リーグ戦再開1戦目、例によって序盤はラジオで、後半はスカパーで視聴。
ライオンズ戦なのでQR。一美&工藤のデュオだったが、今年のQRの布陣の中ではエース的な組み合わせなのか?しかし一美が「デイライト」(ピックオフプレーの一種)を知らなかったのは意外だった…

工藤の解説はかなり配球に寄る。マリーンズの直球系狙いは序盤はまるが、中盤以降は相手バッテリーに組立直され、2回3回の無死の走者を活かせなかったあたりで、劣勢に立たされるのも必然の流れであった。
無死2塁で里崎にバントを使わず打たせたのは、今日は序盤のうちに牧田を攻略できるという自信からだったのか?3-2から進塁打を打った。果たして「初球バント」と「3-2から進塁打」って、相手にとってはどっちの方が嫌なんだろうか?そんなことを考えてしまった。よくバントを1球で決めるか、決めないかで、だいぶ雰囲気が変わるようなことを聞くが、その分球数も余計に放らせてるんだぜ(笑)

3回ウラに、秋山に逆転タイムリー3ベースを浴びたが、追い込まれるまでの過程では、工藤は秋山に苦言をピシャリと言い放っていた。「走者がいる時の左バッターへの攻めを参考に出来ていない」。そういうシチュエーションの際はチェンジアップでカウントを整える傾向が、この日のバッテリーにはあったようで、前の打者で同じ左の栗山の時の配球などを頭に入れてないのか?というお小言だった(甘いチェンジアップを見逃し)。結局追い込んでからの真っすぐが、ド甘く入って、ここまでのリードの過程・苦労がオジャン。まあ、配球云々よりボールが常に高かったので、いずれ捉えられていたのかもしれないが。
岡田は取れそうだったが、本来追いつくだけでも奇跡的な打球なので、そこまではさすがに望めまい(笑)前半戦最後の試合も岡田に救われたが、ここも取ってたら超ヒーローだっただろうな。岡田も必死だよな。打撃では結果出せてないし、家族はナイターをTwellVで見ているらしいし…(スカパーの契約すらためらっているのか、しっかりモノの岡田の奥さん!?)
さらに好調ナカジに続かれ、『カッカ連打』のグラ健在を示してくれた。1イニング1個のタイムリーまでは仕方ないと思えるが、2本浴びたら「踏ん張れていない」という評価になってしまう。1イニング3点は統一球野球ではビッグイニングだよ。

さらに6回ウラに致命的な追加点を奪われる。俗に言われる「次の1点が入った方に…」っていう展開で、次の1点を入れられてしまった。このヘルマンという面白外人系っぽかった選手、実際は超優良外人だね。今日見て強く感じた。この場面で、ああいうバッティングが出来るっていうのはチームにとってありがたい。1塁塁上で軽く自分の頭に指を指していたが、「オツムの勝利」っていう自画自賛だったんだろうか?おかわりが調子を取り戻してしまったら西武打線本格化するの、間違いなさそうだな…。
それとヘルマンの走塁もやばかった。グライシンガーがこの場面は絶対走ってくると決めてかかって4度牽制を送り、ついに炙りだしたのだが、そこで大松−ネモの「怪しい守備」系の2人によりヘルマンの盗塁を許してしまう。ヘルマン、大松が左利きであることを把握した上で、ライン(1・2塁間なので書かれてないが…)のかなり左側を疾走。これにより大松がヘルマンの背中に当てないように送球しようとすると、必然的に左に送球がそれてしまった…3フィートギリギリのところを走っていたんだろうね。ミスを取り返す走塁技術。転んでもタダでは起きぬドミニカン。

ただマリーンズも7回表にすぐさま反撃し、牧田を引きずり下ろすことには成功した。だが次に出てきたウィリアムス…なんだよ、コイツ。超反則級の豪球左腕じゃねーか!弱体と思われた西武救援部隊に、この1枚の追加はデカい。
8回も「一発出れば逆転」というところまで長田を追い込んだ。しかもバッターは2010年のCSで長田から奇跡の一発をブチかましているサトじゃねーか!しかも初球捉えた!角度もイイ!だが、ダメーー。
9回はミスチルのTomorrow Never Knowsに乗って涌井登場。Tomorrow Never Knowsみたいにメロウな曲を出囃子に採用して、闘争本能が高まるのか甚だ疑問なんだが、ボールはMAX149出てた。でも、トゥモロー・ネバー・ノウズならぬ「ボールの行き先シレズ」なピッチングで岡田DBゲット。岡田は痛そうな素振りを一切見せなかったが、レギュラー死守のためにはヤセ我慢も必要だな…このスカパーも契約出来ない、ジユウニ一家!自由に痛がることも許されない状況ってか!おいちゃん涙が出てくらぁ。
だが、マリーンズの抵抗もここまで。最後は角中が切られてゲームセット。角中5タコが痛い試合となった。 かわのレポートによれば相手の牧田に対して「右打者はなかなか攻略できない投手なので、今日の試合は左打者がキーポイントになる」と答えたようで、「じゃあ角中さんがポイントですね!」と問うと、「いや、今日のポイントは大地です」と面白コメントを返したようだ。おい、いつからそんな受け答えが出来るようになったんだよ(笑)
西村監督が焼肉で「決起集会」を開いたらしいが、不発でしたね。和ー和ー唱えてる「和ーおじさん」、誰も相手にしてくれないから自腹で焼肉パーティー開催して、選手・コーチの歓心を買おうっていう寸法?監督はツライねーー。
若手選手は焼肉集会を様々な理由つけて、すぐに抜けてコンパに行ったっていう噂。これが本当の「混パ一直線」!

グライシンガーの後を受けたのは大谷だった。しかも2イニング。グライシンガーが4点目を取られた時のブルペン状況が、中郷・古谷の「ビハインド組」だったはずだが、7回に1点返すと、「和〜おじさん」もうヤル気十分。
「ピッチャー、大谷!」
すげぇーーー勿体無い2イニングだった。ビハインドで投げさせるの、いい加減もったいないだろ!ボールの制球・スピード・緩急…満点に近い内容じゃねーか。明らかに先発で使うべきピッチャー。当たっていないとはいえ、中村をインコースのツーシームで三振に取ったところは濡れた!小久保といい一発のあるバッターに対して、攻めの姿勢を貫いているところが成長の証だ。
でもナカジにはヒットを許しちゃったけど。ていうか、この場面でキレキレの大谷から3本目のヒット打っちゃうナカジは相当ヤバいトランス状態に入っている。グライシンガーにタイミング合ってないのに2本出るし、もはや打出の小槌。先日角中が逃した「4試合連続猛打賞」ですって!!しかも球宴ブレイク挟んでの連続記録っていうのは珍しい。さあ井口さんの金字塔(リーグ唯一の5試合連続記録保持者)に並ばれるのか、明日は要注目ですね。

他のチームの試合結果を見て、「おいおい攝津って何で球宴に選ばれてないんだ?」「秋山めーー、そこまでするか?」と、球宴監督の職権濫用を疑ってみる。そりゃブレイクあけの初戦にエース持ってきたいよね、どこも。
武田勝さんも、実力はオールスター級だけど、味方の援護とオーラが「アマチュア級」なんで、彼の場合は致し方なし! 球宴に出る資格ナシ!
もしかして斉藤佑樹を「お前がエースだ」と吹込み開幕で起用して、人気投票で球宴出させているのは、「勝温存」のための栗山の深謀だったのか?
しかし早速「1-0」ゲームするかね、この2人。

タケ、ナイスバッティング!!

「首位陥落と共にあんたはネタ一直線ですか?」とこのブログの明日を占ってる君もクリック!そんなことTomorrow Never Knows!



posted by mansengo at 00:55 | Comment(2) | 統一球撲滅委員会
この記事へのコメント
はじめまして。

今日の文化放送の実況は斉藤一美アナだったようですね。斉藤一美アナは文化放送の野球中継のアナウンサーの中でも一番人気のある人です。野球に対する熱い愛情が凄く伝わって来ますよね。Nack5の坂信一郎アナの実況もお勧めですよ♪

去年はソフトバンクの独走で白けたパリーグですけど、今年は1位のロッテから4位のライオンズまで4ゲーム差。白熱してきましたね(*^ ^* )V
Posted by れおにゃみ at 2012年07月26日 01:52
>れおにゃみさん
 コメントありがとうございます、はじめまして!

 今日のエントリーもラジオ関連になりました。一美ネタも(笑)一美は「ジョニー七夕の悲劇」の時に、号泣実況してくれたことが、マリーンズオールドファンには伝説となっております。
 FMの野球中継はワンマンなんで、あんまり聞かないんですよね…やっぱり解説者の「解説」メインで聴いてるものですから。

 これからも、よろしくどうぞ!
 (とうとう3ゲーム差になっちゃいましたね…)
Posted by mansengo at 2012年07月27日 01:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


↑楽天イーグルス勝利の日の翌日は、楽天市場・楽天ブックスはポイント2倍に…買う前に忘れずにエントリーして下さい(エントリーは買う度に必要です!)。イーグルスとヴィッセルW勝利の日は3倍になるので狙い目!


↑中日ドラゴンズが勝つ度に4ポイントGET!【UCSカード】ドラゴンズカード…nanacoチャージでもポイント付与あり。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。