最強クレジットカード「JQ CARDエポスゴールド」の全貌が判る。年間100万の利用で還元率2〜3%にも達するモンスターカードです。
フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】
2012年07月15日

大谷のピッチングに魂を揺さぶられた…

HOME統一球撲滅委員会 > この記事

「上から翔太」に抑えつけられた後遺症か、はたまた、「新人が「上から」なら俺は「もっと上から」いかなければ立場上まずい!」と思った大隣の凄みなのか、とにかく大隣にいいようにあしらわれた。とにかく「気配」がない…「ロッテ打線は当たってないぞ」と精神的優位を、相手チーム&投手に築かれているのは間違いない。そりゃ上から来るよな…

上からといっても大隣って、どっちかというと横振りのピッチャーだよな?
5番角中がセフティーバントを試みた。これがいけない。いや角中が下位にいるなら問題ないし、むしろこういう現状だったら「推奨」的行為なんだが、5番で打線のキーマンであるのだから、どんなに打てなくてもドッシリ行って欲しい。
5番に置いたことは首脳陣の数少ないクリーンヒットなんだけど、本人がまだ「5番打者」ではなく「5番目のバッター」という認識しか持ち合わせていない中での、ブレイクなんだよな…
で、角中は左投手に対応できるようになって率を残すことができるようになったことは間違いないところだが、本人的には「まだ苦手なタイプの左投手はいる」と発言しているところをどこかで聞いた。どんなタイプの左腕が苦手というところは企業秘密みたい(だったら、そこも話すなよ!!)だが、どうも横振り系の左投手のボールの軌道が苦手なんじゃないかと見ている。
大隣は本格派の括りに入るが、「横の角度」がある。特にスライダーね。これが角中の苦手科目っぽいんだ。多分セフティー見せたのも、そういう弱気な理由からじゃないかと…そうすると、更に上から来られちゃうじゃないか…

ついでに話すと、一般に左対左でも縦振りの左ピッチャーは、左打者だからといって強烈に打ちにくい印象をあまり与えていないので、ほとんど意味がないと思っている。今日の大谷降板は内川を歩かせて、続く長谷川のところで古谷にチェンジしたが、相当意味ない交替に映った(大谷が長谷川から2三振奪ってるんだから!!)。どうせ左対左にこだわるなら中後だろ!なんで中後を上げたのかは理由判らないが、この場面で使わないのなら上げた意味無いじゃん!!古谷は左打者殺しのスペシャリストにはなりえない。1〜2イニングを投げられるリリーフ投手として使うべきだろう。あ、結局次のイニングも続投させてるから同じ事になっちゃったか。

しかし俺は今日の大谷には感動したよ。中1日っていうより、もっとワイルドだぜぇ〜。だって金曜の試合マウンドに上がっていたのは22時近くだろ?で日曜の13時先発って…中40時間、高校野球かよ!
これぐらいの頻度で投げさせられたら間違いなく肩か肘は悲鳴を上げていると思う。 でも苦しい表情一つ見せず好投すんだよ!
内容もそうだけど、何より気迫が素晴らしい。ツーシームでカッコマンの懐をえぐって見逃し三振に取るかね!?ルーキーイヤーの頃の、縮こまったピッチングしか出来なかった大谷が、ここまで攻めるピッチングが出来るようになったのか。「こんな酷使ぐらいでは負けてられない!」という、攻めの、攻めのピッチング。
9連戦の6戦目、誰も投げる投手がいないところを6イニング近く潰してくれた。そしてゲームを作った。エースになりうる素質持ってるよ。少なくとも便利屋で終わらせるピッチャーじゃない。このチームの危機的状況を、自らの身顧みず、こんだけ気迫あふれるピッチング見せてくれるんだぜ。特権階級の方々がバカンスを取っている間に。
むろん実績の問題で、今から逆転していかなければならない立場なのだから当然の仕事なのかもしれないが、少なくとも今日のピッチングを見て何も感じない奴はチームを預かる資格もないでしょう。

2失点も不運としか言いようがない。最初の3回の失点は、上位打線を完璧に抑えていただけに、下位で1点取られてしまったことは残念だ。先頭中村の2ベースは荻野貴司が自重していれば、シングルで止められた。だがそれを責めることも出来ない。貴司もTOYOTA時代からの同僚として、大谷の奮闘を感じたからこそのダイブだったし、そういう気持ちが伝わってくるプレーだったので、むしろナイストライだったと思いたい。結局8番柳田に送られ、9番高谷に犠飛を上げられるといった、ホークスから見れば理想的な、下位打線による先制を許してしまった。(しかし高谷、やっぱり当たっていたんだな…)。
6回の2失点目は松田の右中間の当たりに、1塁走者本多がホームに突っ込み、バックホームされアウトのタイミングだったんだが、ここでサトが痛恨の捕球ミスで本多ホームイン…キャッチャーとしてのサトのイージーミスはほとんど見ないので、ホントアンラッキー。でもどこかに集中力を欠いていたという指摘を受けても仕方ないプレーに映った。なんか連敗で、精神状態がよろしくないような気もする。
それと今日は「鷹の祭典」とか言われる企画で独特のムードがあって、ホークスの流れにしかならないように球場の雰囲気が作られていた。連敗まっただ中のお通夜のような3塁側ベンチとは、ま〜なんて鮮やかなコントラストなこと!
こんだけの「逆風」を受けた中での孤立無援ピッチングに、感情移入しまくりになるのは当然だろ!

ホークスで目立ったのが8番に入った柳田。パワフルなバッティングも目を引いたが、センターの広い守備範囲にも驚かされた。7回サブローのセンターフライ、あれ普通は抜けてるだろ…岡田、陽岱鋼クラスも取ってるか。いや、それクラスの「足」「一歩目のスタート」を持っている。ダー・イトイは今やライトフィルダー(←ヤフードームの変な声のウグイス嬢の声でお読みください)なので割愛。
柳田は近いうちにホークスの中心選手に育つだろ。5ツール系だよな…ウラヤマ…足に溺れて、今日は1個アウトもらえたけど(笑)しかし昨年後半ブレイクした福田も、実績のある元祖5ツール(本人は6ツールと言ってるが(笑))男の多村も出してもらえないなんて、あちらも競争激しそうですね。

さて、マリンに帰ってくる。相手は初めての5割ターンを決め波に乗るイーグルス。(ノムさんで2位になった時も借金ターンだったのかよ!?)4番枡田って、どんなジョークなんだよ!おいおい認めたくないけど、やはり仙一マジックの賜物なのか?
成瀬でまずは連敗を止めよう。成瀬だから、今日は大谷の後、勝ちパターンの投手をつぎ込むのかと思ったら、古谷−中郷のリレーで済ませた。「地獄の6戦目」を3人のビハインド要員ピッチャーでまかなえた。成瀬だから、方程式の3人のうち1人は使わないで済むだろう。それぐらいは期待している。中5だけど…。それが出来れば3連戦の勝ち越しも夢じゃない。(←もはや1つ勝ち越すことが「夢」かよ!!
もし勝ち越したら…それは大谷の今日の奮闘の賜物であることを忘れないでいような。「防波堤」っていうニックネームはむしろこういうタイプのピッチャーに名付けるのがふさわしいと思ってるんですけどね、クローザータイプより。

「おい、ネタブログのクセに今日はやけに激熱だな!」でも内容に同意な方はクリック!



posted by mansengo at 23:49 | Comment(0) | 統一球撲滅委員会
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


↑楽天イーグルス勝利の日の翌日は、楽天市場・楽天ブックスはポイント2倍に…買う前に忘れずにエントリーして下さい(エントリーは買う度に必要です!)。イーグルスとヴィッセルW勝利の日は3倍になるので狙い目!


↑中日ドラゴンズが勝つ度に4ポイントGET!【UCSカード】ドラゴンズカード…nanacoチャージでもポイント付与あり。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。