最強クレジットカード「JQ CARDエポスゴールド」の全貌が判る。年間100万の利用で還元率2〜3%にも達するモンスターカードです。
フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】
2012年07月14日

上野の外野飛球の多さを福岡の解説者に教えてもらう、の巻!

HOME統一球撲滅委員会 > この記事

「頭が痛い…」西村徳文の苦悩は深い。
「唐川とグライシンガーさえ戻ってくれば…。タレントを抱えてない、小さな番組制作会社の社長は粘り強く出演依頼交渉をしなければ…」と、ユウキ・スターダスト・プロモーションに電話をかける。
「そろそろ、おたくのユウキくんを…」
「あ〜ら、まだ投げられないって、この前ちゃんと言いましたわよね?社長の使い方見てましたら、何ですか?あの関西出身の「益田・中後」っていう最近チョイチョイ出てくる、お笑いコンビ。うちのユウキがあんな感じの「数打ってナンボ」の安っぽい露出させられたら、たまらないですからね、オホホホ。」

「クソ、ユウキママめ。足元みやがって。やってらんねぇ。こうなったら専務のヨシヒコさんでも誘って飲みに行って作戦会議でも…」ヨシヒコのケイタイにピポパ。
「ヨシヒコさん、久しぶりにどうですか?「これ」の方?」
「ゴメ〜ン。キヨシとキヨユキで広島時代のOB会があって、それに出るんだ。今日は勘弁な(本当は3人でキャバクラにいるんだけどな!西さんが来たら、女の子たちのテンションが一気に下がっちゃうから絶対呼ばないけどな!)」

トゥルルルルル…監督稼業は孤独と来たもんだ。このおっさんの口から出る「和」っていう言葉、みんな相手にしてくれないから「ワーワー(和ー和ー)」言って、なんとか孤独を埋めようとしてるんじゃねーの! じゃなきゃ3年も連続して「和」なんていう言葉をスローガンにしないよね〜。

 

カワイソウだから、「癒し系No.1」ブログの千葉マリン26マイラー(←ウソコケ!)が一人、西村監督をかばってあげるね。
そんな事言って、今日の試合はほとんど見れなかった(←オイオイ!!)
3〜4回あたりを移動途中のラジオ(スマホのRaziko)で聴いて、帰ってTVつけたら、既に8回1-3で負けてた。薮田兄さんの炎上シーンも残念ながら見れず!

今季初先発の上野が6回1失点の好投を見せた。8回からしか映像を見てないので、もちろん見ていない(ダイジェストも今日は見なかった…)。3-4回の「RKB毎日放送」の解説が、今日の上野を知る、俺の唯一の手がかり。Razikoは最高だ。福岡のAMラジオがクリア&ステレオで聴ける。マリンのマリーンズ×ホークス戦は権利云々でRadiko(Razikoも)で配信されていないので、「今日はどうかな。。。?」と思ってつけたら、ちゃんと配信されていた。ヤフードームの試合だったら対戦相手関わらず、配信しているみたいだ。 スカパーのホークス戦もチャンネルが替わっていて、どこでやってるのか判らなかった…278ch…おお、「旅の声チャンネルでホークス戦、パーフェクTV創業当時(1996年)に戻ったか!」と思ったら、すでにこの278チャンネル、日テレ系のチャンネルに替わっていた。あれ?何で日テレ系がホークス?

解説は島田誠。当然福岡地元向け放送なので、超ホークス目線。上野評のヒドいこと、ヒドいこと。ただ、なんとなく説得力はある話。島田が言っていたことを要約するね。俺が感じたんじゃないぞ、島田が言ったんだからな!(DAKARA俺は今日の試合自体ほとんど見てないって!)

一言で「見やすい」という言葉を連呼していた。ボールが見やすいということだと思う。いわゆる唐川のピッチングとの対義語ですね。じゃあなぜホークスは抑えられているのか?見やすいので、インパクトの瞬間、力を入れすぎてしまうそうだ。ボールの強いピッチャーのボールなら、素直にバットを出すところ(素直に出さないと対応できないため)、あまりにも見やすいので、どうしても余計な力が入ってしまうようだ。その結果、もうちょっと力が抜けていれば外野手の前へライナー気味で飛ぶヒットになるのが、(上野のボールを打った場合)若干角度もついて、前に落ちていたはずのボールが「外野フライ」に発展してしまう。一見当たりはいい。だが記録上の結果は「凡打」。いい当たりの凡打を量産しているはずだ。今日もアウト中外野フライの数を数えてくれたまえ。半数以上は「外野フライ」だと思われる。昨年から外野フライ多いなと思っていた原因は、こういうところにあるのか…とちょっと納得してしまった。
ただ、これはホークス打線が「強振」するタイプのバッターが多い打線という事情もあったかもしれない(今日も「結果的に」打っているのはコンパクト・スイングタイプの長谷川か)。これに対して、コンパクトに振ってくるファイターズ打線が、上野から(昨年)大量得点を取れたカギはそういうところにあるのかもしれない。
2ストライクからのフォークも振ってもらえず、空振りが取れない…ちなみに、島田の今日の上野に対する攻略法は、「自分の的を絞る」。ストライクゾーンに来るボールは皆打てそうに見えるので、何でもかんでも振っていくと相手の術中にハマる、と警告していた。
この島田の言説を聞いて、それを信じてしまったら、今後上野に活路は開けているのか?一応、今日のピッチングも本人的には満足できる内容じゃなかったというコメントを発しているので、あんなもんじゃないと信じて、次回登板を見守ろう。

ニシムランツ(&西やん)としても、やけに外野に飛ぶ「いい当たり」が多ければ、それが信号と思っても致し方ないところである。早めの継投は、「プロ的な視点」からいくと、案外当然の策だったのかもしれない。
最後に出した大谷は、ここのところの使い方からしたら責められないところである。9回と10回、どっちに大谷、どっちに内を持っていくのかは興味のあるところだった。無論10回裏がない可能性もあるので、9回裏に内を出すための準備をさせておくことが「当然の策」なんだろう。ただ時間制限的に、同点で9回裏しのいだら確実に10回がある情勢だった。9回の打順と、10回の打順を見比べ、最近の大谷の酷使状況を照らしあわせれば、9回大谷、10回内という選択肢はなかっただろうか?他のピッチャーを使うという選択肢も当然あるが、それはそれで大谷としても面白く無いところであると思うよ。「薮田、益田、内を使い切ったら、俺なんだ。俺しかいないんだ!」今、大谷を支えているモチベーションの一つが間違いなくここにあると思うから。
ピッチャーという人種は酷使を厭わない。ただプライドはみな一様に高いので、「自分が投げるべきところを、投げさせてもらえない」というところには敏感だと思う。でも、そうはいっても今週の大谷は間違いなく投げすぎ…

早坂が牽制死。おとついの背面キャッチで稼いだボーナスポイントがあっという間に消え去った!柳瀬もしつこく3度牽制したね。3度目は案外かかる。走者も「牽制も2度までだろ」と、どこかでタカをくくっている部分がある。岡田が代打っていうところが微妙にこの牽制死に影響しているね。単純なバントなら、そこまでスタートにこだわらなくていい部分だろう。(なんか企んでたんだろうね、西村のおっさん)

状態が悪い悪いと思っていたファイターズ、ホークスと対戦しても、こんな結果なのか…冗談抜きで唐川・グライシンガーの2人がこのチームの浮沈のすべてを握っているな(笑

「地方放送局の解説ネタを一番楽しみにしています!」っていう方は今日はクリック!



posted by mansengo at 01:14 | Comment(2) | 統一球撲滅委員会
この記事へのコメント
更新お疲れ様でございます。
mansengoさんにネタを採用していただいて嬉しいので、もう生きているうちにロッテのリーグ優勝が見られなくてもいいような気がしてきたこなです(弱気)。
とうとう「益田・中後」が揃いましたな。大谷のその気概以上な使われ方。西本さんのS度のパンパなさにびびっています。

しかし西村さんがヨシヒコさんに少なくとも一度は誘ってもらえていたみたいで安心しました。
こっそりと読ませて頂いているポンタさんのブログに寄せられたコメントの「バナナ食ってる」がツボっていたのですが、オネーチャン達に囲まれながら満足そうにバナナ食ってる姿を思い描く事が出来て和みました。さすが癒しのブログ!
キヨシは何気にかっこいいですな。キヨユキは()

現実逃避からくだらないことを長々と書いてしまいました。失礼いたしました。
ユウキちゃんとグライ、治るといいですね。
Posted by こな at 2012年07月14日 22:24
>こなさん

 キヨシはシブい大人っていう感じですよね。
 西村さんはそういうことしちゃうから、オネーチャンたちのテンションも下がるのでは(笑)
Posted by mansengo at 2012年07月15日 08:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


↑楽天イーグルス勝利の日の翌日は、楽天市場・楽天ブックスはポイント2倍に…買う前に忘れずにエントリーして下さい(エントリーは買う度に必要です!)。イーグルスとヴィッセルW勝利の日は3倍になるので狙い目!


↑中日ドラゴンズが勝つ度に4ポイントGET!【UCSカード】ドラゴンズカード…nanacoチャージでもポイント付与あり。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。