最強クレジットカード「JQ CARDエポスゴールド」の全貌が判る。年間100万の利用で還元率2〜3%にも達するモンスターカードです。
フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】
2012年07月13日

渡辺俊介中4特攻隊、敵艦命中!吹けよ、カミカゼ

HOME統一球撲滅委員会 > この記事

千葉ロッテ 首位 ヤバくない?LOTTE AQUO AQUO…

今日の俊ちゃんは擁護できないな。
中4日で投げさせられるのも、前回早くに降板しているから、そのツケというか罰ゲームみたいなもの。でも前回も2回1/3で63球も放っていたのか…36歳、さすがにキツイだろ。
立ち上がりからピリッとせず、初回にいきなり「半致命的」な3点を取られる。内野安打+四球+本塁打=3点。前2つが前2つだけに、「これで3点入ってしまうのか…」と絶望的な気分にさせられるのが「統一球野球」。飛ぶボール野球だと「ハンディ、ハンディ!」と笑い飛ばせるぐらいなんだけどなぁ…

すぐに1点取り返したので、ゲームになる予感は感じさせてくれた。相手・八木もかなり制球が悪かった。ただ今日は球審が悪かった。中村だ。最悪だ。このマッチアップで中村って最悪の組み合わせだったよな。昨日の深谷と真逆の狭さ。同じカードの審判員でセ出身とパ出身でこうもゾーンが違えば野球にならない。ゾーンで解決するな!ボールで解決しろよ、NPB!
なぜか八木がアップアップのカウント2-0あたりから、サブローや今江は振っていくんだよね…好球必打の今江はともかく、四球を選んできたサブローどうしたんだ??まさか中村だからこの後カラい判定が待っていると見越してのヒッティングだったのか。実際6回、6点差つけられた後の無死1,2塁のチャンスで今江が打席に立った時の判定はひどかった。俺が審判ならフォアボールで歩いてたぞ。この打席の今江もなんかおかしくて、バックスクリーン方向に何らかの視界を遮る障害物でも現れたのか、「これじゃ打てませんよ」と審判にアピールして試合を止めていた。せっかくいい流れになってきたところで水を差された。もっとも6点差だから、そこから追いつける可能性は限りなく薄かったけどね…。

俊介を無理くり擁護するのであれば、やはり判定が厳しかったことが上げられる。ストレートのフォアボールで陽岱鋼を歩かせた時、首をかしげていたが、あれは気持ち判る。結局厳しいコースに投げたどのボールもストライクを取ってもらえないので、畢竟甘いコースに集まりだす。ここ2,3年低迷期に入っていた俊介のピッチングに戻ってしまった。3回はなんとか2死満塁ホフパワー、カウント3-2という局面を切り抜けたが、次の4回、三者凡退に切って取ったことが首脳陣の判断を誤らせる結果となった。三者凡退とはいえ、うち2本はヒット性の当たりで、たまたま野手の正面に行ったものだった。この時点で既に球数75球。フルカウントになるか、早いカウントから痛打されるかの、どっちか…。
5回先頭の西川の当たりも痛烈。これも野手正面で助かった。助かったが、この後、今日のこのクリーンアップに対して、俊介が抑えられるイメージが全く湧いてこない。結果はマリーンズに最悪、ファイターズに最高なものとなってしまった。

「西川の当たりを見て、(クリーンアップが出てくる前に)スパッとあきらめられなかったのか?」とはいうものの、じゃあ5回途中から誰を出すの?と問われれば、これも難しい質問だ。昨日12回を戦って疲弊していたマリーンズにとって、「援軍の来ない試合に、帰りの燃料を積んでいない渡辺俊介中4特攻隊を出撃させる」といった、旧日本軍なみの暴挙に等しい試合だったと思おう。大本営の計画→「俊介が昨日の晋吾なみのイニングを放る」。まさにカミカゼに期待!!

しかし俊介には責任を取ってもらわないとな。降格もやむなしなんじゃないの?大体前回登板の前に軽口叩いているあたりの、チームの調子の良さに便乗して「何とかなっちゃう?」とタカをくくっていた姿勢が良くなかったと思うぞ。どんなに実績があろうが、この2回の内容は厳しい。西武は5勝のオツ落として、上がってきた武隈が零封してるじゃないの! チャンスは公平に。
明日の上野はチャンスだ。昨年手にしかけたローテを取り戻すチャンスだ。しかし中4で俊介出すなら、今日上野の方が…もしかして、昨年の上野のソフトバンクに相性が良かったことで、その初戦を任すっていう考え方?確かにファイターズ戦で味方が9点取ったのに、大炎上して追いつかれて、メソメソしていた試合があったよね?だからファイターズ回避でホークス戦…メンバー相当入れ替わってるから、あまり意味ないと思うんだけど。

まだまだ勝負はこれから。実際まだ首位陥落したわけじゃないし、3差もあるんだよ?どーせ昨年最下位、失うものなんて何もないさ。簡単に抜けられるほど甘くなかったと認識すれば、いい。ここから本当の勝負の夏が始まる。チャレンジャー精神で行け!そういう意味では、今日の八木に対して待球せずにガンガン行ったのは「構えない、こちらから攻める」という意思の現れだったのかもしれない。3回マウンド上で俊介を中心に集まっている際、かなりの劣勢なのに、大松や大地が朗らかな顔で大きな声を出して、俊介を鼓舞していた。これ見て、「コイツら、まだ切れてないな!」
と頼もしく思ったぞ。残念ながら大地は早坂にかえらちゃったけどね。昨日のビッグプレイの論功行賞的起用&大地が八木のアウトサイドに逃げるボールを体ごと追いかけちゃってたから、「ノー感じ」だったし、やむなし。信賞必罰。
清田は謎に8回から守備要員としてだけ使われた。何かのプレーで西村の逆鱗に触れる「やらかし」があったんだろうな…ここんところ、ちょっとソレ系の干され方。伊志嶺が2軍に落ちていった軌跡に重なる。
この交替の時も、角中が退いて、清田が守ったので「もしかして角中、さっきのデッドボールで…」と心配したら、間をおいてサブローが
「お疲れちゃ〜〜ん」
と言いながら下がってきた。本当の所はレフト・サブローOUT、ライト角中→レフト、ライト清田INという交替だった。今江の3打席目といい、謎に試合が中断する、段取りの悪いグダグダなゲームだったなぁ…(球審の仕切りが悪い?)
その割には謎にゲームは早く終わったけどね。

「真夏の夜に散る特攻攻撃はもう2度と見たくない…」そんな貴方もシンミリとクリック!



posted by mansengo at 00:41 | Comment(3) | 統一球撲滅委員会
この記事へのコメント
さすがに今回の俊介は擁護できませんよね(>_<)

たしか2010年も夏場(秋口?)調子を落として浦和で調整(その時はサトも一緒だったかな?)CS→日シリと活躍してくれた記憶があります。
やはり俊介はマリーンズの顔!
腐らずじっくりと鍛え直して、また元気に戻って来て欲しいです。
Posted by 市川マリーンズ at 2012年07月13日 13:42
益田は浅尾を目指しているんならしょうがないですな。
ユウキちゃんの同級生ということで顔利きそうだし。芸人顔だし。
それよか大谷が毒牙にかかり弱ってきました。レスキューが必要ですな。
大谷はかわいいです。伊藤のネタ好きでした。マツエモーン!
Posted by こな at 2012年07月13日 23:11
書き込み、ありがとうございます!

>市川マリーンズさん
 2010年末はローテ剥奪されていましたね…でも、あの時より厳しそうな情勢です。まだまだやれる年齢だと思いますよね。

>こなさん
 こなさんの書き込みを元に「益田・中後」っていう芸人を登場させてみました。ユウキママの言葉内ですが…
Posted by mansengo at 2012年07月14日 01:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


↑楽天イーグルス勝利の日の翌日は、楽天市場・楽天ブックスはポイント2倍に…買う前に忘れずにエントリーして下さい(エントリーは買う度に必要です!)。イーグルスとヴィッセルW勝利の日は3倍になるので狙い目!


↑中日ドラゴンズが勝つ度に4ポイントGET!【UCSカード】ドラゴンズカード…nanacoチャージでもポイント付与あり。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。