最強クレジットカード「JQ CARDエポスゴールド」の全貌が判る。年間100万の利用で還元率2〜3%にも達するモンスターカードです。
フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】
2012年07月09日

竹原に「恩返し弾」を浴びるも、後藤ブレーキでマリーンズ勝利の流れに見えたが…

HOME統一球撲滅委員会 > この記事

先週に引き続き、吉見VS小松の「背水の陣 CHIBA夏の陣Ver.」。同じカードが次の週にあると、先発中6日体制だと同じ先発同士が投げ合う確率も高まる。幸い今回は今日の3戦目のみ同じ投手の対戦となった。同じカードが翌週にある場合は「どうリベンジするのか?」をポイントに見ると、結構楽しめるよ。

吉見は1回スケールズにいきなり安打を許すが、2番送りバント、3番を打ち取り、4番のイデホに対しても追い込むまでは完璧だった。緩急をうまく使えていて、イデホのタイミングをはずすことに成功していた。ところが2ストライクから投げた決め球のチェンジアップをレフトスタンドに叩き込まれる…

「甘いコースに行ってしまった」と言っても、その時のための「緩急」だと思うのだが、イデホに2ストライクまでとは別人のように対応されてモノの見事に捉えられた。人間だもの、制球が乱れることだってあるさ。でもその1球が致命傷になりやすいところが、一流投手との「差」なんだろうか。唐川なんて甘いコースだらけなのに、全然許されているし(笑)吉見なんて5イニングとはいえ、ヒット4本しか打たれていない。唐川だって大体1イニングに1本は打たれてるけど要所は締めてくれる。

そして竹原にもキツイ「恩返し」弾を浴びる…こちらは初球。2ストライク後と初球の被弾…共に防げそうなところが、もどかしい。でも、それにしても「好投」してくれたかな?と思ってしまう。登板前の吉見への期待値が低いという部分もあるんだが、5回の2死満塁をしのいだことはやはり評価されるべきじゃないだろうか?あそこでリリーフを1枚でも使うと印象悪かったが、自力で切り抜けた。ビハインドの展開で5回までに3点失っているのにも関わらず、凌いでガッツポーズが飛び出したところを見ると、「この選手はチームの勝利を第一に考えて、投げてくれているんだなぁ…」とファンとして感じたし、そういう姿勢は評価したい。 実際あの表の吉見の踏ん張り&ガッツが、その裏の同点劇に繋がったと思う(後述するが、後藤を満塁で三振に切って取ったことが「流れ」的に大きい!)。
対する竹原のバッティング内容がもの凄い、いいじゃない!マリーンズ時代からそういうバッティング出来ていたら、残れたのに…何でもオリックスでは右相手先発でも使ってもらえるのでやりがいを感じているそうだが、マリーンズでは極端に左右にこだわったオーダー組みたがる前監督の元で力を発揮できなかったところがあったんだなぁ。ただチャンスが無かったわけじゃないので、やっぱりもうちょっと打って欲しかったという結論に達するけどね。

マリーンズは3戦連続、先発の早い回の失点をリカバーしようと打線が粘りを見せてくれた。今日も5回には追いついた。3回までは小松がパーフェクトだったし、調子も良さそうだったので「今日はお手上げか…」と思っていた矢先の4回に、岡田安打、ネモまさかの2試合連続弾で、あっという間に1点差に詰め寄った。さらに5回小松を攻め立て、6番今江7番大松の連打から作った1死1,3塁のチャンスで、相手のミスにより同点。さらに岡田2本目の安打で満塁になったので、逆転は時間の問題かと思ったら、そこからパタッと打てなくなった…

この同点の場面、1死1・3塁で鈴木大地がセカンドゴロを打ったんだが、普通に1塁走者の大松が走っていると、セカンドにタッチされて、そのまま1塁に投げられて併殺が完成していた。大松が機転を利かして、立ち止まり、セカンド後藤にタッチされないよう努めると、ゲッツーが取れないことを悟った後藤が慌ててホームの方へ投げる。これが手元が狂ってバックホームはかなり高い球が行ってしまい、フィルダースチョイス。大松の基本に忠実な、状況判断のいい走塁で相手のミスを誘い込んだので、「マリーンズの流れだ!」と思ってしまった。実は後藤、その直前の打席では2死満塁の大チャンスで三振して吉見にガッツポーズを決められてしまうというガッカリ2連荘で、まさにマリーンズサイドから見て「やってくれた!」だった。後藤には散々煮え湯を飲まされてきたんだから、これぐらいのお返しは貰わなくっちゃ!

今日オリックスが勝利を逃していたら…「後藤」&ここがポイントかな?と思ったのが、6回1死1.2塁で打者竹原の場面。マウンドには6回から大谷が登っていた。7回以降は薮田−益田−内とつなぐのは誰の目にも明らかだったが、「では6回は誰なんだ?」というのが、5回の反撃している時から気になっていた。フタを開けてみたら3連投の大谷…3連投と言っても1イニングづつじゃないから、この3連投は本当にキツい。やはり今日は前2日と比べると、明らかに球速・キレ共にない。1,2塁で竹原というのは、前2打席の内容がいいだけに本当に怖かった。その辺バッテリーも感じ取ったのか3-0に…「ここは狙ってくるだろう?最高の狙い時だろ?」大谷の真っすぐがスーーーッと真ん中に入ってく。だが竹原打つ気ナシ。結局次の3-1からのスライダーも真ん中だったが打ち損じ(ファール)、フルカウントからの球を空振りした。最後は大谷渾身の1球で、今日最も力を入れて投げた(唯一の140キロ台)ボールだった。さらに伊藤を力ない右飛に打ち取り、大谷脱す!ホント、お疲れさんでした!しかし、もし3-0からのボールを竹原が強振していたら…ここで決められていたかもしれない。あそこで「待て」のサインを出してしまうのは、いろいろな意味で残念なベンチだ。
荻野忠はこの場面で使ってもらえないのか…やはり1戦目の連続被弾で信頼が低下してしまったのか…厳しいな、1回の失敗が致命的なんて。

どっちかというと後半はマリーンズの方がチャンスがあった。だが平野に「力技」で封じ込められた。ここまでの平野は明らかな「酷使」「勤続疲労」で、昨年のような盤石さがない。だが今日はテクニックも駆使して、自軍の窮地を救った。まさにファイヤーマンで、「セットアッパー」とは違う一時代前の救援投手の役割だった。最大のヤマ場は7回1死満塁からの、対4番5番。サブローを三振に切って取ると、前回対戦で痛いツーベースを打たれた角中。この対戦は今日最大級の「見もの」だった。2死満塁で打者との対戦に集中するため、普通は長くボールを持っていい場面だ。ところが平野はクイック気味に放ってきた。全球ほぼクイック気味で、最後まで角中のタイミングは合わず、すべて振り遅れていた。前回やられた分を取り返すための「工夫」を施していた。さすがにリーグNo.1のセットアッパーとして球宴に選ばれるだけのことはある!と唸らされた。
結局9回表、内の失投を密かにパンチ力のある大引が捉え、決勝点を取られた。

9回ウラ、岸田の前にすぐに終わるかと思ったら、ファーストに入っていた山崎がやらかした!そして飛び出るサブローの、サヨナラ逆転弾の軌道!!山崎顔面蒼白!!と、思ったら、あと1m足りなかった。ちっ、統一球め!!
ていうか、ヘイポーもそうだけど、このタイプの人がファーストの守備要員に入るのって「不自然」というより、「害悪」まであるよね。今では「今のネモの魔送球、大松だったら取れたのに…」とみんなに思われちゃう、「守備ゆるめ」起用でしかなくなっている。「ピンチバンター」的な役割もあるが、結局大松にそのままバントさせちゃったりしているから、ほんといらない…あっ、捕手2人制だから万が一のキャッチャー要員としても計算されているのか!(笑)つくづくどこまでも1軍に残れるようになっているんだな!いる以上はファースト守備要員で使うのか…梨田さん、ヘイポーを代打(ピンチバンター以外の用途)で使うなんてありえないんだよ!

8回ウラ2死2塁のチャンスで打者・鈴木大地に廻ってきたが、「代打福浦か…」と思っていたら「大地続打」だった!西村でも、こういった「育てよう」という我慢の采配があるんだな…と、一瞬思いかけたけど、単純にアラフォー福浦より平野の速球に力負けしないだろうという、ネガティブな発想なんだろうな。奴のカンピュー太がはじき出した答えは(笑)

この3連戦1勝2敗と負け越しに終わったが、先発投手陣の「惨憺たる状況」を見れば、スウィープされても文句がいえない3連戦だった。それをヘタすれば「3つ取れたかも??」と思えてしまうぐらい、野手陣の「追い上げ」力は素晴らしかった。引き続きチーム状態は悪くならないんじゃないか?という期待感が持てた3連戦だった。もっとも次の9連戦は「死のロード」といっても差し支えないぐらい前半最後のヤマだ。オイシイオイシイ、ニッポンハムちゃんとソフトちゃんだけど、移動距離も考えればロード6戦は3-3でオッケー。出来ればニチハムちゃんの方で勝ち越していただけると尚可。



posted by mansengo at 01:24 | Comment(0) | 統一球撲滅委員会
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


↑楽天イーグルス勝利の日の翌日は、楽天市場・楽天ブックスはポイント2倍に…買う前に忘れずにエントリーして下さい(エントリーは買う度に必要です!)。イーグルスとヴィッセルW勝利の日は3倍になるので狙い目!


↑中日ドラゴンズが勝つ度に4ポイントGET!【UCSカード】ドラゴンズカード…nanacoチャージでもポイント付与あり。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。