最強クレジットカード「JQ CARDエポスゴールド」の全貌が判る。年間100万の利用で還元率2〜3%にも達するモンスターカードです。
フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】
2012年07月02日

大阪夏の陣第3Rは2軍スタート同士の「背水の陣」

HOME統一球撲滅委員会 > この記事

昨日のゲーム(土曜の試合)は未見。寺原の前に苦もなく捻られたみたいで…。
オリックスも状態上がってきているのかな?このまま団子になっていくのか、ここで踏みとどまれるのか?小松×吉見という開幕時2軍にいたピッチャー同士のマッチアップが、この先のリーグの行方を占う大事なゲームともなった。

両投手とも「背水の陣」ともいうべき悲壮な決意で、マウンドに登ったと思う。共に持ち味を充分出し尽くし、ゲームの行方とは別に両投手に感情移入しまくって見ました。
小松はリリーフで結果を出してきたの?今季初先発らしいが、微塵もそんな感じを見せないぐらい、あの15勝した時の「ザ・コマツ」とも言うべき、目薬さして「来たーーー!」というようなピッチングを披露した。
ここで面白かったのが、マリーンズ攻撃陣がファーストストライクをバンバン打って出る作戦に出たこと。
「あれ?今季初先発なら、スタミナに不安があるだろうから、球数放らせた方が理に適っていないか?」
そんな疑問も湧いてきたが、ベンチにも確かなる思惑があるんでしょうね。我々素人には思いも寄らぬ攻略理由が。しかし、小松のボールのキレが勝り、なかなか安打が出ない状態が続いた。真っすぐ、シュート、フォーク…すべていいじゃない。でも唯一つ浮くボールがあるな。
「スライダーがコントロールしきれてないな」
淡々と試合は進み、4回表も既に2死。とにかく球数も少なく、この回もネモ2球、井口は5球で7球で2死。2回も3回も一桁球数でチェンジしているので、サブローにはそういう役割か…と思ってたら、まさかの初球を
やってくれた!

唸らざるをえない。2死からの4番のホームラン。統一球より前の野球ではよく見かけた光景の、「これぞまさに4番の仕事」。統一球になって、これが減ってしまったことも野球の醍醐味が失われてきた要因だ。
「打ったボールは、スライダー…かな?」
サブローの本塁打談話は疑問形になっていたが、
「ウソつけよ、スライダー狙っていたくせに(笑)」
と思わずツッコンでしまった。確かにサブローは甘目のカーブ・スライダーは大好きだが、どちらかというと肩口から入ってくるような奴は勝手に体が反応して打てる。今回のボールはアウトサイド寄りに逃げていくもので、ボールが高かったとはいえ、ある程度狙いをつけていないと、統一球野球ではホームランを狙って打てないものだったと思う。常に繋ぎの意識を持ちながら、2死走者なし等のホームランが欲しい場面で一発で仕留めるための機会を伺っていた。ここまで上出来の小松・唯一浮き気味だった球種「スライダー」にある程度狙いをつけて待っていたのではないだろうか?
また、もしかしたら「球数が少ないので、打者側も打ってこれないだろう。四球の多いサブローさんなら、尚更…」という相手バッテリーの読みを逆手に取り、初球簡単にストライクを取ってくることを予想した、ウラをかいた一打だったかもしれない。

サブローは身体能力の高い選手として期待され続けた。当初はそのセンスに頼りがちな野球であり、バッティングもやはりそうだった。パリーグの好投手たちに赤子のように捻られてきた。頭で考えているうちに追い込まれ、アウトサイドのボール球を振らされて三振…そんな光景を何度も見てきた。中距離打者のクセに多い三振数。もうこういうタイプのバッターだとあきらめていた部分もある。
だが、
「いくつもの日々を乗り越えて たどり着いた今がある」
あのボーンヘッド野郎が、チームのバッティングの要として、今チームに何を求められているのか?という解を解き続けられる真の4番打者に成長したんだなぁ…とある種の感慨を抱かざるをえない。配球や相手投手の状態や、試合の流れを読んで状況に応じたバッティングをするサブローなんて…お前、ロッテのサブローじゃなくて、日本代表の大村だろ、もしかして!?

次の回からはスライダーを封印するかな?と小松のその後に注目した。ひとつパンチを浴びせれば、そのボールは使いづらくなりピッチングを狭めることが往々にしてある。だが小松はスライダーを投げ続けた。むしろ多くした。それまで上ずっていた球種が低目に決りだす。こちらの負けん気にも感動した。
吉見もよく投げてくれたが、4回サブローのホームランで先制した次の回に2死から失点してしまった。竹原にカーブを拾われ、こちらも背水の陣を敷いている中村にタイムリーツーベースを打たれてしまう。吉見はコンビネーションのピッチャーなので、カーブはアクセントではあるのだが、腕の振りがどうしても鈍るので見切られるとああいった形(竹原や後藤)でうまく合わせられる。
中村も東海大浦安−武道大と超「千葉」系な選手。3回の自らのファインプレーで乗ってきた感じがあったが、このタイムリーの時も9球粘ったり、薮田兄さんとの対決でも6球真っすぐに食らいついていった。中村の粘りに、そろそろ抜くか?、落とすか?と思ってたら最後まで押し通しやがった(笑)しかし両者の必死さが伝わってくる好勝負だった。

小松に比べて球数が多かったこともあり、さらにはやはり先週引っ張りすぎたという反省がベンチにあったんだろう、5回1失点でスパッと吉見を替えた。その後、荻野−薮田−益田−内と繋ぎ、初めてこの形で試合をモノにし、それぞれの選手にHやSといったマークがついた。今日だけは9回表点取るなと思っちゃったよ(笑)やっぱり内にSのマークつけときたいじゃん。つかないと「連続試合セーブなし」ということを話題のないブン屋たちが書き立てるじゃん。単なる巡りあわせを、深刻な事態に捉えられるよう持ってくじゃん。そういうのが嫌なんだよね。だからセーブとかいう項目自体なくせ(笑)

試合のターニングポイントは6回表だった。球数少なく、ここまで好投の小松を続投させない理由がないので行かせると、ここでマリーンズの上位打線が決勝点をもぎ取る。1死1,3塁でサブロー。ここはさすがの小松も意識せざるをえず、2-0から3-0になるボールを見極められると、ストレートの四球を出すしかない状況に追い込まれた。さっきホームランを打ったバッターが冷静に誘い球の3球目を見逃せるものなのか…
金曜の試合と似た状況になった。サブローを歩かせ満塁になり、打者角中。デジャブのように見えるが、アウトカウントが違う。又小松のここまでの奮闘と、6回というイニング数を考えると続投しか…しかしオリックスベンチは動いた。そうか「初先発」なんだよな。明らかに15勝った時の小松かと思っていた。その頃の小松だったらここで替えることなど、ありえない。なぜか俺も悔しい気持ちになった。
「サブローさんのおかげで食えてます、エヘヘ」
と吉野が又マウンドに上がってきて、角中殺して「効率のいい仕事」に着手しようとしたが、初球一閃!
これ、セカンドゴロの当たりなんだけど、ワンアウトなんだよな…前進守備の12塁間を抜けて決勝点が入る。とにもかくにも左殺しをぶつけられても結果を出した角中は又ひとつ壁を突き破った。これはイケイケだな!と思ったら、今度は金曜とは逆のリレーで香月がここで出てきた。ゴリ注文通りのゲッツー…
(金曜とは逆で)今度は香月がベンチでドヤ顔になって、吉野がうつむいちゃってる(笑)

角中に関しては、8回のダメ押しにつながる2塁打が凄かった。平野の150キロ級ストレートをモノの見事に打ち砕き、力対力の勝負を制した。これには本当に驚かされた。穴のないバッターに本当に成長した。ヒーローインタビューの受け答えのみ成長しないところも、グー!(笑)

中に回った中山。今年から背番号34を背負っていたんだな…やっぱり左腕は34をつけたいものなのか?前の背番号は確か49だったよな。何の期待もされていないようなピッチャーが背負う番号だもんな。あれ?次の回のマウンドに…

  投手・荻野に替わりまして薮田 背番号49

しかしサブローもそうだけど、この人だって若い頃は先発でヒドい成績しか残せないような人だった。あんなダメな奴らがチームにここまで貢献してくれる人物に成長したんだよな。そういう過程を見てきたんだから、たとえベテランマンセーブログと言われようと、応援するっきゃないでしょ!
だからみんな若手選手のポテンシャルを勝手に決めつけちゃダメだぞー。そのうち何かのスイッチが入って、チームに欠かせない選手に成長するかもしれないんだから!
「だからもう迷わずに 応援すればいい」
去年盤石だった平野でさえ、2年続けることは難しいことなんだと思わせられる8回表だった。明らかにバランスが崩れていて、ステップする足が一定の場所に着地してないので、コントロールが乱れるのは当たり前といった状態だった。それでも投げないといけないのか…中継ぎはあらためて、つらく厳しい仕事だなと思ったよ。

楽天・西武が乗り出したな。上がり目の西武に前節連勝出来たのは、やはりチーム力が上がっているということなんだろう。
次は又楽天か…おいしいおいしいソフトちゃんとかニッポンハムちゃんはまだなの?←今までどれだけこの2チームに痛い目にあってきたんだよ!(笑)

「ネタブログのくせに栄光の架け橋の歌詞とか入れんなよ!全然マッチしてないぞ!」と失礼なことを言ってる君もクリックだ!



posted by mansengo at 00:04 | Comment(0) | 統一球撲滅委員会
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


↑楽天イーグルス勝利の日の翌日は、楽天市場・楽天ブックスはポイント2倍に…買う前に忘れずにエントリーして下さい(エントリーは買う度に必要です!)。イーグルスとヴィッセルW勝利の日は3倍になるので狙い目!


↑中日ドラゴンズが勝つ度に4ポイントGET!【UCSカード】ドラゴンズカード…nanacoチャージでもポイント付与あり。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。