最強クレジットカード「JQ CARDエポスゴールド」の全貌が判る。年間100万の利用で還元率2〜3%にも達するモンスターカードです。
フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】
2012年06月21日

雨のち俊介。【ベテランは死なず、ただ中継ぎするのみ】

HOME統一球撲滅委員会 > この記事

俺クラスになると、ラジオの実況で飛距離が判る。

今日は3回から5回表ぐらいは帰宅途中のラジオで聴き、6回ウラからスカパーで試合を見た。5回表のネモの当たりをアナウンサーが、
「左中間へフライが上がった」
と平凡なフライでも上がったようなテンションで言ったので
(こりゃ、抜けるな…)
とすぐ感じ取った。この放送局の野球中継は在京の中で一番レベルが低い。特にパに関しての弱さはダンチ。根元に関する基礎知識が無いんだろうなぁ…っていうのが丸分かり。
(そこはネモの打球が一番伸びる打球方向なんだよ!)
と見えない打球を「心の目」で想像しながらツッコミつつ、驚きながら打球が抜ける様を今か今かと待ち受けていると、
「入った!!」
と言ったので、
「えっ!!?」
と俺も驚いた。今日の風はバックスクリーン方向に向かって吹いていたようだ。後で再現V見たら、凄い飛距離で、あれはいつものネモならフェンスダイレクトか、ギリ入っていたかという当たりだった。

しかし解説の野村弘樹のおかげで、幾分状況が判った。
映像は見てないんだが、今日の影のヒーローはゴリだろ!え、大地と並んで先発カヤの外組なのに?
誰が打った、誰が抑えた。そんな新聞やスポーツニュース見れば判ること見に、俺クラスのブログにわざわざアクセスしてないよな?
館山がいろいろやってることを、野村経由で把握。いろいろやってるっていっても女性問題隠すために1億払うとか、そういうのじゃないよ。打者のタイミングをずらすための小細工。振りかぶったり、ノーワインドで行ったりと変幻自在に始動のタイミングを替え、同じ球種を放るにしても、打者にタイミングが合わされないよう工夫していたようだ。プロ1年目からこんなことばっかりやっていたのがザイクボ。並み居る先輩打者を切らすぐらいの「何でもあり状態」で、タイミングはずしのデパートと俺は勝手に命名していた。真っすぐに力があるくせに、そんなことばっかりやってるなよ!ダルにも同じような感想を持っていたが、1年目のダルの真っすぐはそれほど大したことなかった、と中島証言でこの前知った(その後の努力が凄かったようだ)。

でも今江に対してはどんな投げ方しても、館山の切れ味鋭い真っすぐについてきたようだ。1回は6球投じさせて四球。3回は10球投じさせて、これまた四球。館山6回KOの壮挙は今江の粘りがジワジワボディブローのように効いて、俊介のタイムリーでダウン、ミレッジの悪送球でKO!という一連の流れ。
野村弘樹って清兄さんとPLの同期で、こっちがエースNo.背負ってたんだよね。1年生の時は清原と同室で、清原が最後の夏の大会決勝戦を戦う前に、部屋を出る前野村に言った言葉が「今日は2本打ったるわ」で、実際に2本ホームランをかっ飛ばしたそうだ。これが野村十八番の「清原伝説」。
あっ、今江も…そうかPL OBだから後輩の出来の良さを解説して、母校の評価を高めようとしていたんだな。

今江が四球で出て、サブローがつなぐ。PLが脇役。主役は日本航空。PLが脇役でJALが主役。マリーンズ驚異の345番はPLJAL。あ、日本航空っていってもJALは関係ねーか。
今日も3安打かよ…最後の奴だけ映像でナマで見ていたんだが、マウンド上の投手見て「こりゃ、いいピッチャーだな…」と驚かされた。日高という4年目の左腕なんだが、今はやりの窮屈なテイクバックで、こういう投げ方をすると持ち味を消してしまう恐れもあるんだが、真っすぐは逆にこのおかげで活かされているような切れ味だった。特に角中を追い込んだボールには唸らされた。
「こういった交流戦でしか当たらない、リリーフピッチャーの映像って事前に見ているんだろうか?見てないよな…」
と、今回はさしもの角中もちょっと難しいかなと思ったが、イースタンで対戦経験があるのか、
追い込まれてからも無我の境地、モノの見事に左前に運んだ。昨年までイースタンであたっていたとしても、向こうも昨年までの日高ではないだろう。だが、こっちの角中の今年は更にヤバい。平松が(角中が)ヒットを打った瞬間、
「また、打ちましたよ」
と呆れ気味につぶやいた時、大爆笑してしまった。いや、ホントもう笑うしかない。ここまで打つかよ!
以前の角中で苦言的なことを書いたことで覚えているのは「バットの軌道が遠回りしている」というようなことを書いた。振りの「抜け」が悪いというか。この問題点解決のためにバットのヘッドが最短軌道で「走る」ように、バットをピッチャー方向に向けて近づけたというレポートがあった。「なるへそ」。CX系のクセにやるやん、そんな細かいところまで聞いてくるなんて。韓国モノ放送しているだけのステーションじゃないんだ。

5回3失点がデフォルトかと思われ始めてきた俊ちゃんも、今日は7回無失点と満額回答。6,7回しか映像は見ていないんだが、点差もあって余裕が漂っていた。最後相川に11球粘られるのだが、なんとか打ちとった。四球はヤバいとばかりに、真っすぐばかり投げていた。10球目、かなりのクソボールをファールしてもらった。それもあってか、打ちとった後、マウンド上で不敵な笑み(もしかして「苦笑い?」)も浮かべていた。こういう風が強い日は特にそうだが、80キロ台のカーブは封印しているようだ(制球に自信がないんだろう)。カーブは100キロ前後の鋭いやつ。そもそもアウトサイドが広めの傾向になってきているんだから、今日のように真っすぐをもっと使えばいい。畠山の2ストライク目のボールまで手が上がるんだぜ(つーか、あれホントにストライク)?ヴェテランなんだから、そういうのどんどん利用してよ!西本の見立ても俊介絶好調だったが、「この後走者が出た際に、俊介はカンタンにストライクを取りに行く傾向があるので、そこは気をつけてほしい」と、若さゆえのあやまち系はしてくれるなよ、と注意を喚起していた。そんな初歩的な注意を受けるピッチャーがよく10年もローテ守ってるよな!!
とにもかくにもヴェテラン、連敗を止めてくれて、ありがとよ!なんだかんだいって頼りにしてるぜ!

もう完投、完封しちまえ!と思ったが8回からは継投。新勝利の方程式のならし運転だった模様。
内はこの前大炎上したが、「清田トラップ」もあって、いまだ防御率0.00。今日も走者を出したが、1死1,2塁からのファーストゴロをオオマツが福浦ばりにセカンドへ放った。
「ほお~っ!」
これはそういう指示があったのかな?出来る限り内の防御率が高くなんないよう。中継ぎピッチャーはすぐ防御率跳ね上がるからね。こういう試合展開の時に、展開上入る得点まで防御率に反映されるっていうのはどうなのかね?何点差以上で盗塁が記録されないんだったら…ホント野球の記録っていい加減。

チャラリ〜 鼻から牛乳!

この後、ストッパーの地位を剥奪された男が、中継ぎ稼業に戻り黙々と影でチームを支えてくれたら…
誰が何と言おうと、MVP。誰も認めなくても、俺だけの心のMVP。
新しい「感動の伝説」を紡ぎ出せ。

「老兵は死なず。ただ中継ぎするのみ」←この新キャッチに男泣きの奴だけクリック!

宮本がミレッジと並んで出囃子にリアーナ使ってるなんて…ミヤ〜ンオッサン、ノリノリだな!



posted by mansengo at 01:36 | Comment(0) | 統一球撲滅委員会
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


↑楽天イーグルス勝利の日の翌日は、楽天市場・楽天ブックスはポイント2倍に…買う前に忘れずにエントリーして下さい(エントリーは買う度に必要です!)。イーグルスとヴィッセルW勝利の日は3倍になるので狙い目!


↑中日ドラゴンズが勝つ度に4ポイントGET!【UCSカード】ドラゴンズカード…nanacoチャージでもポイント付与あり。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。