最強クレジットカード「JQ CARDエポスゴールド」の全貌が判る。年間100万の利用で還元率2〜3%にも達するモンスターカードです。
フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】
2012年04月23日

SHUREのヘッドホンでLIVEを聴くと、ブッ飛ぶ

HOMESqueezebox/海外音楽サービス/ネットラジオ > この記事

squeeze_shure1
squeezeboxの素晴らしさを伝えるエントリです。そのうち独立予定ですが、独立までの間、こちらのブログでこの機械の情報を書いておこうと思います。

いろいろ(この機械を活かすための)拡張したくなってきました。デジタルアンプ、NASあたりが今、超欲しいです。

普段はステレオに繋いで音を出しているんですが、夜間(深夜)はさすがにヘッドホンで聞いております。チープなヘッドホンの片側から音が出たり、出なくなったりしてきたので、とりあえず新しいヘッドホンを買ってみました。アメリカのプロ用音響機器メーカーSHUREの一番廉価なものです。SHUREのマイクにはお世話になったことがあったんですが、ヘッドホンは初めて。お手軽価格だったし、そんなに期待してなかったんですが、音聞いてブッ飛びました。

Squeezebox touchのヘッドホン出力自体も音がいいんでしょうが、このヘッドホンをそれに繋いで聞いたら、それまでと景色が変わりました。特にLIVEモノは、LIVE会場にいるような生々しさで、どの楽器がどの辺にあって、オーディエンスの歓声とアーティスト側の距離感みたいなものまで掴めるような生々しさなんです。
定位がはっきりしているというか。弾けるような明るい音色で、ウキウキしてきます。ただ廉価版だからか遮音性は悪く、結構「音漏れ」しているようなので、お外で使うのは厳しいかな?

それと、前のヘッドホンが音が出なくなったのは、ハードな環境ゆえに「断線」したことが原因だと思います。夜寝る時も、スリープタイマーかけたままヘッドホンしながら就寝。朝方一度起きた時にそれをはずしているような状態でした。当然コードを踏んづけたりして、かなり傷んだと思います。
しかし大切なSHUREのヘッドホンをそんな風には扱えません。寝床では、SHUREでいい音を楽しみながら、「そろそろ寝そうだぞ…」というタイミングで、壊れてもイイ方に付け替えております。ちょっとめんどくさいですが(笑)


PCナシでもSqueezeboxは聞くことが出来ます。PCでサーバを働かせている時はSqueezeboxがそちらにアクセスしたりするのですが、サーバが動いてないと、自動的にルーター経由でMysqueezebox.comにつながります。
こちらで、各種ミュージックサービスやインターネットラジオポータルのアプリを用意して、それぞれのアカウントを持っていれば、PCを経由しなくとも直接聞くことが出来ます!
但し、日本のRadikoやサイマルラジオを一覧でまとめて聴けるようにしたプラグイン「らじるこ」や、YouTubeアプリなどは、サーバ上で働くものなので、PCの電源を落とすと残念ながら使えません…

ただPCでサーバを動かすと、Mysqueezebox.com直接経由より、いろいろなことが可能になってきます。前述のプラグインもそうですが、アメリカのミュージックサービス「Pandora」に直接アクセスすると、UnblockUsのようなものを使っても、下記写真のように「お断り」されてしまいます。
squeezebox_pandorano
「Pandora is not available in your country.」と。
ところが、PCでサーバを動かして、UnblockUsのようなVPNサービス経由でアクセスすると、普通にPandoraアプリが動き、サーバ上で自由自在に自分のステーションを作れるようになります。
無料のVPNサービス「HotSpot Sheld」のようなものを使って、PCのブラウザ上でpandoraのステーションを作って、それ以降VPNサービスを使わなくても自分の作ったステーションにSqueezeboxでアクセスする方法はあったのですが、Squeezebox上では、アーティスト検索などを駆使して自在にステーションを作ることは出来ませんでした。なので、かなり便利です。

mediaalanis

カナディアン・ロックを紹介するカナダのネットラジオを聞いてたら、普通にアラニス・モリセットとかかかってました(笑)そのラジオを聴きながら、pandoraでアラニス・モリセットのステーションを即時に作成出来ます。

また、PC上のサーバだと、アーティストのBiographyが確認できるプラグインも見やすいです。

squeezebiog
squeezebio_pi

日本のアーティストの情報もあるところにはあります。何年頃、どの都市で結成して、メンバーの名前や担当、影響を受けたアーティストなんかも書かれたりしていますので、そこからルーツミュージックを聞いてみたりすることも可能です!
今、ネットラジオで偶然かかっている曲のアーティストの情報がこのように瞬時に出てくるのです!!そして、その曲はMOGやSpotifyのようなサブスクリプションサービスに加入していれば、おそらく用意されているでしょうから、チェックを入れておけば、後から聞き放題なんです。
PandoraやLAST.FMは自分のお気に入りのアーティストの名前を元にステーションを作ると、そのアーティストの曲と、「そいつらが好きなら、こういう感じもお前好きだろ?」ってな具合に、向こうが勝手に選曲して、曲をかけてくれるんです。それに「好き」や「嫌い」という返信タップしておくと、どんどんお気に入り曲がかかる精度も高まっていきます。LAST.FMの場合は聞いた曲(他のミュージックサービスやネットラジオのものまで!)の履歴も残せ、あらゆるユーザの履歴情報を参考にすることが出来るんです。自分と同じような音楽嗜好の人たちの「ステーション」を聞くことも出来るし、SNSサービスでもあるので、友達になって情報交換することも可能です。

NASの中には、Logitech Media Serverをインストール出来るものがあります。ネットギアのReady NASと台湾のQNAP、そして日本のバッファローが出しているNASの中に対応機種があります。 日本で販売していない製品なのに、なぜバッファローが対応しているのか(笑)まあまあ海外でも販売しているんでしょうが。
こちらなら、PCの電源を落としても、Serverが使えて、Squeezeboxが動かせます! それぞれiTunesサーバーの搭載も可能ですから、NASに曲を全部保存しておけば、PCの電源を落とそうが、Squeezebox経由で音が聴けるようになります。
スマホでお外からNASにアクセス…みたいなこともしたいので、NASも近々用意しようと思います。

Squeezeboxの魅力、楽しさは本当に尽きなくて、毎日何かしらの発見があります。ネット上、あるいはローカルネットワーク内にある、あらゆる音楽・コンテンツにいち早くアクセス出来、それをいい音で流せ、本来交わることがない「競合」音楽コンテンツ群を横断的に活用出来てしまうのだから…
Squeezeboxで検索して出てくる日本語の情報サイトやブログは、大抵オーディオから入ってる方が多く、PCのハードディスクや外部HDD内にある音楽をステレオで聴くための装置ということが大前提になっていると思います。
しかしこのマシンは、外国のミュージックサービスやLAST.FMにアクセスして、初めて真価を発揮する機械だと思っております。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


↑楽天イーグルス勝利の日の翌日は、楽天市場・楽天ブックスはポイント2倍に…買う前に忘れずにエントリーして下さい(エントリーは買う度に必要です!)。イーグルスとヴィッセルW勝利の日は3倍になるので狙い目!


↑中日ドラゴンズが勝つ度に4ポイントGET!【UCSカード】ドラゴンズカード…nanacoチャージでもポイント付与あり。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。