最強クレジットカード「JQ CARDエポスゴールド」の全貌が判る。年間100万の利用で還元率2〜3%にも達するモンスターカードです。
フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】
2012年04月11日

明日もホームランだぜ!【さらば貧打野球】

HOME千葉ロッテ観戦記 > この記事

野球に対しての「熱」が冷めてきたこと。これが更新停止の最大要因です。
昨年ぐらいから感じられてきたことなのですが、震災以降の野球には違和感しか感じられませんでした。目前の野球があまりにもつまらないので、ネタでしのいだ1年だったかもしれません。ただ、これを今後も引き続き継続していく自信がありません。本格的な観戦記を書こうと思えば、まず題材となる野球の試合そのものが面白いことが大前提になると思います。書き手の自分が「面白い」と感じ、試合を見た閲覧者も「面白い」と感じ、そこから当ブログ特有の「符牒」が通じ、書き手と読み手の心が通わせられる展開になると思うんです。
僕のブログは「ネタブログ」だったかもしれませんが、そのネタ自体も、その日の試合を見て、試合内容から紡ぎだした出来立てホヤホヤのネタという自負だけはありました。

野球の試合が、なぜこうもつまらなくなったのか?一昨年統一球導入の際に声高にこのブログでは、「やめておけ!」と叫びました。このボールが導入されて以降の野球は例えば、こうです。
ある程度のレベルの先発投手が登板すると、チャンスはほとんどなくて、「立ち上がり」が最も点を取りやすい時間帯になります。初回からバントで走者を送ります。この時点で萎えるんですが、この萎え萎えの展開で入る「1点」がこの試合唯一の得点だったりするんです!当然初回の得点シーンを球場で見ているファンなんて、ほんの一握りです。まだまだ仕事中か、球場へ向かっている際中のファンも多いでしょう。TV観戦の人だって18時台に見ている人は少ないと思いますよ。

それ以降の回は点はおろか、走者もほとんど出ず、淡々と試合は進みます。こういう展開でも、ボールさえ飛べば「一発」から試合が動いたりするもんなんですが、肝心のホームランが全く出ません。たまに出た走者はやっぱりバントで送ろうとします。今の野球で一番手に汗握るシーンが「バントで走者を送れるか、送れないか」なんです!!試合展開によっては3番や5番打者も余裕バントです。さすがにペナントレース終盤戦の大事な一戦で、このような打順の打者がバントをすれば「おおっ!」と思うのですが、いつだってバントしているんですから何の感動もありません。
ちょっと走者が溜まってヤバい雰囲気になってくると、1-0でリードしているチームは「早めの継投」ですよ。こちらも、いいピッチャーが揃っているので、なかなか走者も出ず、そのまま試合終了。
試合の起伏がまったくない試合ばかりなんです!!

ある程度点の取り合いにならないと、野球はそのゲーム性、興趣を失うことが判明した1年でした。しかし何の改善も見られることが無いまま、新たな年に突入し、多くのスタープレイヤーが流失しているにも関わらず、昨年以上にヒドい「貧打野球」が各地で展開されております。
横浜と巨人が連続イニング無得点を同時進行で続けておりましたが、それに対して勝ってる側のチームの得点も「1」。その得点の入り方を聞けば「初回、新井のサードゴロの間の1点」、「広島9回押し出しであげた1点が決勝点」という、NONタムリーの1-0ゲーム、しかも点が入ったのが1回と9回という・・・
途中のゲーム展開はどうだったんだろう?見ていないから何とも言えないんですが、こういう野球ばかりになってから、続けて野球を見ようという気は失せてくると思います。球場に親子で試合を見に行って、こんな展開の試合を子供たちが見て、「また行こう!」という気になるでしょうか?

両リーグ「予告先発」になって危惧している方も多いと思うんですが、むしろ無名投手や実績のない投手が予告された日の方が行きたくなりますね。そっちの方が面白そうだもの(笑)
(いつもは)普通に名のあるピッチャーが、普通に抑えて終わり。
打者がバンバン打ち合う中で、初めてピッチャーも育てられると思うんです。現状は「一発」の恐怖もなくなり、かなりピッチャーサイド有利です。
いつまでも活躍できる年配の選手が増えている理由は、トレーニング効果以外にも、統一球の影響が大きいかもしれません。ピッチャーはまんま救われますし、打者側は「飛ばす打者」が減ってきているので、需要があるのです。金本、山崎武、中村ノリ、ラミレス…この辺はいつまでたっても、辞めそうにありません。打者側に新鮮なスターがなかなか現れないので、マンネリ化は防ぎようもありません。
結局打者が「スター」になるような環境を整えないと、興行として見るべくもなく、人気を低下させていくことでしょう。毎日試合に出ている選手こそ重要なんですから。プロ野球ではピッチャーは脇役にすべきなんですが、「球団の顔」が今ではほとんどピッチャーなんです!

世界基準にするべく統一球を導入したようなことを言ってますが、今の統一球そのものが「島国オリジナル」ですから、あまり意味がないと思うんです。あちらに渡った日本有数のピッチャーは「硬いマウンド」以外にも、「滑るボール」との戦いも強いられております。阪神や巨人とのプレシーズンマッチで使われたボールを打った感想として、「アメリカのボールより飛ばない印象がある」とイチローも日本の統一球に対しての感想を述べておりました。非力な打者たちに、さらに飛ばないボールを打たせているんですから…。
野手もヒドいもんです。日本から渡ったトッププレイヤー達が1軍ギリギリ、もしくはマイナーという境遇ですから、一昔前の「日本から行っても野手は秋山、ピッチャーは川口ぐらいしか通用しない」感覚に揺り戻されております。いや、たまたま野茂、イチロー、松井という”国際基準”の選手が偶然立て続けに生まれただけだったんですね…野手のスピードはともかく、「パワー」と「肩(特にフィールドの左側守っている野手の)」はやはり彼我の差は激しいと認識せざるをえません。
だったら統一球なんて導入せず、日本の野球が「興行」として盛り上がるボールを使って欲しいと思います。それとも、あちらの野球に1,2番タイプの「控え選手」を送るべく、統一球野球で鍛えるんでしょうか?役回りは「ピンチバンター」。メガネをかけた出っ歯の、首からカメラを下げた選手がいつもバントしている風刺画が描かれるのでしょうか?いや、アメリカの野球の試合展開的に、そもそも「ピンチバンター」なぞ必要ないのです。1点取っても、すぐ2〜3点取り返される野球、否「ベースボール」なんですから。

僕は野球そのものの「ゲーム性」に惹かれ、それが毎日連綿と続く中で縦軸の「ドラマ」になっているプロ野球に、存在価値とその魅力を認めておりました。しかし今のプロ野球には「ゲーム性」はないと思います。
取られたら、取り返す!野球本来が持つ醍醐味を、数年前まで使われていた「飛ぶボール」さえ使えば、日本の野球でも実現可能なはずです。ピッチャーも飛ぶボールを採用した方が、最終的には国際的な活躍が出来る選手に成長する、「育成」にもつながると思います。日本では「神」だったダルビッシュも、MLBでは結構点は取られそうな感じですね。ああいう野球じゃないとつまらないと思います。
そりゃたまに投手戦になる分にはいいと思いますよ。でも、いつも投手戦だったら、さすがにね…DeNAの船出も予想以上に厳しいものになってますね。客入んなくて、すぐ経営をおっぽりだすなんてことになんなきゃいいですけどね。

『走者が出たら、すぐバント』 こんな野球見たくなるでしょうか?
『ホームランの無いプロ野球』 むしろ金属バット使ってる高校野球見た方が面白いかも?
いったい誰がこんなにつまらないプロ野球にしてきたのでしょうか。
ピッチャーサイド視点から語ることの多かった当ブログですが、簡単にピッチャーが抑えてしまう今の野球では、ピッチャーにも感情移入しにくいです。
斎藤佑樹が簡単に抑えられるプロ野球。太田幸司やサッシー酒井、荒木大輔といったアイドル達がキャーキャー言われて入ってきて、「ラスボス」とも言えるおっさん10年選手たちが木っ端微塵に打ち砕いて「プロの厳しさ」を教えこむ、そんな痛快なプロ野球はどこへ行ってしまったのか。

打者が景気のいい数字を並べるプロ野球にしないと、間違いなく滅びると思います。もしそちら方面へのテコ入れを来年以降してくれるのなら、「もう1回だけ見てみようか…」という気持ちになるかもしれません。ただ完封率32%のプロ野球を見ようという気にはならないと思います。
多くの暖かい声を頂き、更新停止を思いとどまろうかという気持ちも無きにしもあらずなのですが、そういった方々の目はごまかせないと思います。
以前のクオリティを保ったままでの更新をするには、自分の野球に対する熱情の低下はいかんともしがたいのです。いや、戦況だけちょっとチェックして、薄っぺらい感想を書くだけなら、継続も不可能では無いかもしれません。それでは根本的に、ありがたい感想を寄せてくれる閲覧者の方々の期待に応えられていないと思うんです。なので「惜しまれているうちが、華」ということもあり、一旦の幕引きを決意しました。

もしプロ野球が、以前の「ゲーム性」回帰の方向に動いてくれたら、来年以降の復活も検討したいと思います。
あと、薮田兄さんがもしセーブ王を獲得したら、1日だけ復活させます。これはお約束致します(笑)
復活する際は、このままこのブログスペースを使うかもしれませんし、新たに組み直すかもしれません。組み直す場合は「移転のお知らせ」はこちらで告知すると思います。また、もしかしたらブログ形式ではなく、「声メディア」のようなものになるかもしれません?文章書くのはめんどくさいので、声で思いついたままに話した方が簡単だし、受け手側にも面白いと思って頂けるかもしれません。

長い間、このブログを読んで頂き、本当にありがとう!
毎日連綿と続くプロ野球のブログだからこそ出来た「試み」も多く、書き手側的にもいろいろな経験をさせて頂くことが出来ました。これも読んで下さる方がいて、はじめて出来たこと。プロ野球の「大衆性」のおかげで、多くの方に僕の拙い文章を読んでいただくことが出来たと思っております。
だからこそ「毎日行われている大衆娯楽・魅力あるプロ野球」の姿を取り戻して欲しい。
野球ファンの方々に向けて、今の野球に対して興味が失せていることを告白する事は、僕にとっても非常に心苦しいことであり、勇気のいることでした。
しかし、毎回しっかり読んで頂き、あまつさえ「このブログが好き」と言って下さる読者の方には本当のところを伝えたい、とも思いました。

いつか又、皆様と再びお会いできる日が来ることを心から願っております。

「やったぜ、パパ。明日もホームランだ!」「野球見に行ってもホームランなんて、まず見れないよ」「ガチョ〜〜ン」

PS. 今年のパ・リーグの本塁打王の本塁打数が、10本台でないことを祈っております。。。

※なお、ポイント・電子マネー関連エントリーをこの後も何回か更新予定ですので、Edyやマイル、その他電子マネーに興味のある方は引き続きチェック頂ければ幸いです。



posted by mansengo at 21:07 | Comment(5) | 千葉ロッテ観戦記
この記事へのコメント
他のブログとは違う切り口で楽しませていただきました。ありがとうございました。
ピッチャー好きのmansengo様のことですから、きっと投手視点の面白い記事をお書きいただけると思っていたのですが、残念です。
薮田がセーブ王になったらまたお会いできるとのことですが、唐川や藤岡がノーヒットノーランを達成させた時にもブログを復活させていただけたらと思います。
Posted by jamjamjanken at 2012年04月12日 06:45
薮田兄さんネタは、何度も腹抱えさせていただきました。

また、深い視点での捉え方は、非常に興味深く、参考になりました。

統一球の影響は同感です。本来資本主義的な点取りゲームだったはずが、メジャーとは明らかに違う方向に向かいました。

またいつか楽しい記事に出会えることをひそかに楽しみにしています。

ひとまずありがとうございました!!
Posted by トマト at 2012年04月12日 18:12
こんばんは。野球に詳しくない私にも、丁寧なBGM付きのお返事ありがとうございました。

”内外野自由席(内野席でも、外野席でもOK)”のチケットをいただいて、初めて父(60歳代)とドーム観戦に行った時の事です。
”どこに座ろうか?”と父に話しかけると”外野が良いな”と即答されました。
”ホームランボールが飛んでくるかもしれないから”、と。
私が幼い頃、(九州在住だったので、生観戦は出来なかったのですが)春にプロ野球のキャンプを観に連れて行ってくれるほど、野球が好きな父。
ホームランボールを手にすることって、いくつになっても、野球を好きな人間にとっては、”夢”ですよね。
そんなことを想い返しながら、今日のブログを読ませていただきました。

mansengoさんの心に響く試合の折には、また観戦記を拝読できるのを楽しみにいたしております。
Posted by あい at 2012年04月13日 22:05
コメントありがとうございます!

>jamjamjankenさん
いきなり唐川が完全やりそうになって、焦りました(笑)昔話のフォロー、いつもありがとうございました!

>トマトさん
薮田兄さんネタにいつも反応して頂き、嬉しかったです!結構自分ではイイ線いってると思ったのに反応薄かったので、トマトさんのコメントには救われてきました(笑)
ネタよりガチな方が好きそうな方々に、「ネタが面白い!」と思われたことが、自分自身最大の収穫でございます。

>あいさん
お父様との素敵な思い出を、こんな駄ブログで披露してくれるなんて…(涙)
やっぱりホームランがいっぱい出るプロ野球であってほしいと思います。
Posted by mansengo at 2012年04月16日 01:25
今の野球の本質を突いていると思いました。
野球に限らず、いつどっちに転ぶかわからないというゲーム性、スリリングな展開というのがファンの心を喜ばせるものです。
投手目線のファンも多いですが、打者目線のファンもたくさんいます。
私は打者目線ですから、打てない安定したゲームというのは仕事以外ではむしろ不要かな、と。
忍耐・安定は仕事場で経験しているわけですから、せめて野球ではカタルシスが欲しいところです。
昔の選手が「昔は飛ばないボールだった」と言うのですが、その代わり圧縮バットだったり、球場が狭かったりといろいろ打撃のシーンが面白くなるような仕掛けがありました。
無糖コーヒーだけでなく、仕事後には甘いコーヒーも必要なんです。
たとえが悪くてすいません(笑)
Posted by パンテーラ at 2012年04月16日 17:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


↑楽天イーグルス勝利の日の翌日は、楽天市場・楽天ブックスはポイント2倍に…買う前に忘れずにエントリーして下さい(エントリーは買う度に必要です!)。イーグルスとヴィッセルW勝利の日は3倍になるので狙い目!


↑中日ドラゴンズが勝つ度に4ポイントGET!【UCSカード】ドラゴンズカード…nanacoチャージでもポイント付与あり。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。