最強クレジットカード「JQ CARDエポスゴールド」の全貌が判る。年間100万の利用で還元率2〜3%にも達するモンスターカードです。
フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】
2012年03月06日

MOGを知らないモグリ、MOGにモグリこむ

HOMESqueezebox/海外音楽サービス/ネットラジオ > この記事

マリーンズの各選手の応援歌や出囃子一覧を表にして、それらの曲が、月1,280円で聞き放題、携帯端末に飛ばせるようにするには月1,980円の「Napster Japan」でどれぐらい対応しているのかを情報化したページを、このブログの別館に置いてあった時代があった(2007年-2010年)。ほとんどの曲をNapster Japanだけで集めることが可能だった。
残念ながら「Napster Japan」が2010年にサービスを終了させてしまったので、それに合わせてその情報ページもスクラップしてしまった…

このような、サーバ上にある音楽ファイルが自分のPCで聞き放題になるサービスを一般的に「サブスクリプション」と呼んでいて、大概、上位サービスでダウンロードし放題(モバイル転送用)のサービスを用意しているものです。
2012年3月現在、このような合法的で大規模な音楽サブスクリプションサービスは日本には存在しておりません。スウェーデン発の「Spotify」がまもなく日本上陸を果たす…という噂は聞いております。実際僕もいつ始まるのか予測もつかない、そのサービスの「先行アカウント登録」だけは、してしまいました。アカウントは登録できますが、日本からは未だアクセスできません(裏技でアクセスしている人は結構いるようですが)

今日はサブスクリプション音楽サービスの話です。

ナップスターの創始者で、Facebookの立ち上げにも関わった(初代社長)ショーン・パーカーが、Spotifyに対して多額の資金を投入しており、spotifyは今米国で一番有望視されている音楽サービスでもあります。驚くべきは米国でのローンチが昨年7月というつい最近のことなのに、瞬く間に多くのユーザーを獲得してしまっているところです。
Facebookとの連携が大きな要因です。自分の聞いている音楽をリアルタイムで友達と共有できる。Last.FMなんかでも実装されてる機能ですが、世界最大のSNSで展開すると、影響力が違ってくるのでしょう。ローンチ前は当然ながらメジャーレーベルの大反対にあったようです。
ここ日本でも、やはりレコード会社や、著作権管理会社との交渉に相当苦労していると思われます。(日本の窓口になる会社が実際に既に動いているようではあります)

↑Spotify米国上陸、告知CM

最近筆者が購入した「Squeezebox touch」が、単なるインターネットラジオ聴取端末にとどまらないのは、Spotifyのような音楽サブスクリプションサービスと連携した専用アプリも用意していて、(ネットラジオアプリなどと)横断的にこれらを活用することによって、「新しい音楽生活」を創造できるところにあります。FacebookやFlickrへの投稿補助機能まで用意されていて、ソーシャルネットワーキングサイトとの相性も抜群です。米国在住の音楽好きなら、間違いなく「神機」になることでしょう。
2012_03_04_16_39_45

例えばネットラジオを垂れ流していて、「おっ、この曲いいじゃん!」と思ったら、すかさずボタンを押すと、自分が入れているサブスクリプション系サービスのアプリがあれば、そちらのアプリに遷移して(上記写真参照:On ◯◯◯◯)、そのアーティスト・アルバム・曲がそのサービスにあるか、どうか調べることが出来ます。のみならず、すぐ聴けるし、一旦ファボって後でアルバム全曲聞きしたりできるようになります。
・Spotify
・Pandora
・Last.FM
・Rhapsody
・MOG
主だったところ全てに、専用アプリで対応しているといっても過言ではありません。日本では使えないサービスばかりですから、意味ないですけどね(笑)Last.FMは日本にもありますが、Last.FMにアクセスしても「Lastfm.jp」に飛ばされてしまうので、jpのアカウントではSqueezeboxには通りません。

Pandoraはいろいろいじれば、日本でもわりと簡単に聞けるようになると思います。ただ、Squeezebox touchでも聞けるようにするにはヒトクセもフタクセもあるので結構ハードル高いかもしれません。こちらは自分の好きなアーティスト名を入れると、そのアーティストの楽曲はもちろんのこと、似たようなテイストのアーティストの曲もかかり、「自分の好きそうな音楽探し」には効力を発揮するサービスだと思います。

今回ご紹介する「MOG」は米国オンリーのサービスで、日本どころか欧州からのアクセスも遮断しているサービスです。Spotifyとpandoraの中間に位置するようなサービスで、米国オンリーで展開しているからかもしれませんが、ものすごく安い利用料金でサービスを提供しております。
無料会員でも320kbpsのビットレートを誇るラジオを聞くことが可能です。$4.99の月額利用料金を払うと、Squeezebox touchの専用アプリで連携できるようになるようです。この他、アーティストや音楽評論家のプレイリスト、各週のTop50リストなども参照して、そのリストの曲をすぐ聞けるので、新しい音楽を見つけるのに大変参考になると思います。
ラジオはpandoraの場合、そのアーティストの曲だけ聞きたくても、他のアーティストの曲も入り込んできます。またpandoraは曲のスキップに制限があります。数曲するとスキップできなくなります。これは日本のYahooのサウンドステーションのラジオも同じですね。ところがMOGは制限なしです。
どころか、そのアーティストオンリーでかけることも可能です。つーか、アーティストの全曲リストとか用意されていて、とあるアルバムを抽出して頭から最後まで聞いたり、すべてのアルバムをシャッフルしてランダム選曲できたり、やりたい放題できます。
さらに$9.99のサービスにアップグレードさせると、スマートフォンへの持ち出し可になります。持ち出しとは言いませんね。スマートフォンでもアクセス可になります。
そして320Kbpsという、超高音質なビットレート…

つまりGoogle musicとか、i cloudなんかも一瞬に吹き飛んでしまいかねない驚愕のサービスなわけです。
だって、ダウンロードの手間どころか、「楽曲を買う」という根源的なプロセス自体はぶいちゃってるんだから…プレイリストさえ作成しておけば、どこでもお気に入りの音楽に瞬時にアクセスできてしまい、そのための領域を最早ガジェットに確保する必要はないのです。転送する手間も必要ないのです。なんとかポッド、◯◯GBという表記自体滑稽に思えてきてしまいます。CD1枚より安い金額で、全世界のあらゆる音楽に一発アクセス出来てしまうんですよ、トホホ…
もちろん、これになびかないレーベルの曲は聴けないでしょう。しかしおどろくべきことに、米国オンリーのはずのMOGでさえ、日本のアーティストの曲が現段階でも結構聞けてしまうのです。

たとえばラジオを聞いているとしましょう。
日曜ど深夜、この番組が終了すると月曜の朝まで放送がお休みになってしまうという、TOKYO FM極北の番組、「東京ガベージコレクション」。
平山夢明と京極夏彦という2人の中年作家が、ただくっちゃべるだけの番組ですが、話題の作家がゲスト出演することも多く、あまり生の声を聞けない作家さんの素のトークも楽しめるので「小説好き」にはたまならい番組かもしれません。
小説はあまり読まない私は、作家と思えない平山夢明の品性のカケラも感じられない下卑たTalkを楽しみに、大体毎回聞いております。
昨日、番組のオープニングテーマの曲名を教えて欲しいというメールがあり、「この番組100回超えているのに、1回もそのことについて触れたことねぇーな!」「ていうか、FMの番組なのに、流れている全ての曲、1回も曲名を申し上げたことがありません」ということを話題にして、ついでにオープニングテーマの曲名を発表しておりました。
個人的にも気になっていたのですが、調べようもなかったので、いそいで紙にメモりました。
「イプノフォンのデスピアード・ソシアル」
と、ぶっきらぼうに京極夏彦が紹介していたので、急いでメモ。日本語でのGoogle検索結果は2件(笑)。
アルファベット表記は「Hypnofon」でした。ハルヲフォン(近田春夫&ハルヲフォン)みたいで親近感湧きますね。企画物のJAZZユニットのようです。 スカのような、アンビエントのような、古いのか最先端なのかよく判らない、ノンジャンルな音で何故か番組の雰囲気に恐ろしくマッチしております。
さあMOGれ!
2012_03_05_01_32_07
ちなみにTOKYO FMもSqueezebox touchで聴けます。サーバ用意して(PCで充分)プラグイン入れる必要あるけど。電波事情の悪いところにお住まいの方は、ネット回線経由のきれいな音でAM・FMが楽しめてしまいます。つーか、ネットラジオ・音楽ファイル・AM・FM・NHK・コミュニティFMを瞬時に1台の端末で切り替えて、聞けるようになっちゃいます! ステレオにつないで聞く機械なので、音はPCで聞くより格段によくなるはずです。そしてサブスクリプションサービスと連携して、ラジオで気になった曲を低廉な月額利用料を払うだけで、瞬時にGETしまくりです。
2012_03_05_13_17_35

Hypnofonの「Desviado Social」収録のアルバムが、MOGにはちゃんと用意されておりました!2007年リリースの作品のようです。
今回はTOKYO FMという、日本のラジオが紹介している曲なので連動性がありませんでしたが、海外のネットラジオでこの端末に曲名が表示されていれば、このページの1枚目の写真のように「On MOG」「On Spotify」をタップすることで、その曲を瞬時にCatchして、サーバ上のリストに入れておくことが出来るわけです。そして聞きたい時に、いつでも取り出して聞けるわけです(モバイルのサービスに入っていれば、お外でも。但し今の日本ではムリ!)。

このような夢のようなサービス(&連携)が欧米では既に始まっているのです。
今でもSqueezebox touchの恐ろしい性能に驚いているのですが、もしこれらのサブスクリプションサービスが日本上陸を果たし(邦楽もその対象になっ)た暁には、その威力は数千倍になると思います。日本の音楽業界に核爆発が起きるぐらいの衝撃を与えることになってしまうと思います。
筆者は一足お先にpandora、MOGとMy Squeezebox touchを連携させ、威力を数百倍ぐらいにして楽しんでおります。 spotifyは日本上陸が「もうすぐ」ということを信じて、待ってみます。でもMOGでも結構、邦楽も聴けますよ(笑)




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


↑楽天イーグルス勝利の日の翌日は、楽天市場・楽天ブックスはポイント2倍に…買う前に忘れずにエントリーして下さい(エントリーは買う度に必要です!)。イーグルスとヴィッセルW勝利の日は3倍になるので狙い目!


↑中日ドラゴンズが勝つ度に4ポイントGET!【UCSカード】ドラゴンズカード…nanacoチャージでもポイント付与あり。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。