最強クレジットカード「JQ CARDエポスゴールド」の全貌が判る。年間100万の利用で還元率2〜3%にも達するモンスターカードです。
フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】
2012年02月10日

岡田・伊志嶺VS清田・荻野貴【どっちのコンビがマリンの外野を守るのか】

HOME千葉ロッテ観戦記 > この記事

前回のエントリで、日経夕刊に3日に渡って岡田が取り上げられた話を書いたが、その日経連載最終日の日刊スポーツの終面のカラー面も岡田特集だった。いや、正確に言うと「岡田の奥さん」特集だった。単身赴任のいきさつなど興味深い内容だったが、正直ここまで赤裸々に記事にする必要ないのでは?と思ってしまった。例え岡田が1億円プレイヤーになろうとも、単身赴任はやめないそうだ。地に足が着いていると言うか、「一寸先は闇」というプロの世界をよく判っていると言うか…

単純に他球団ファンは、こういった記事による露出と昨年の印象深いファインプレーの数々をクロスオーバーさせて岡田を認知し、「マリーンズファンじゃないけど、岡田は好き」というような感情が生まれると思う。それは良い事だ。中には「岡田だけはレギュラー当確だね、サムライジャパンにも呼ばれたし」」と、したり顔で話してくる自称・野球通もいる。

もちろんこういう記事が出ると、岡田に注目が集まり、心情的に応援したくなる気持ちは判る。だが他の選手たちだって、それぞれ何かを抱えて戦っているし、決して岡田より劣っているとは思えない。正直、今年も岡田が安穏とレギュラー安泰な状況であればあるほど、マリーンズは低迷のスパイラルに陥っていく。
小坂誠の守備しか見所のない時代への逆戻りである!
岡田の超守備と統一球で、救われるヴェテラン先発陣…もっとバンバン打撃戦になるようなメンバーを揃え、多少の守備のまずさには目をつぶり、その分球威もお先もない方々にはお引取りいただくシステムを構築した方が、球団経営的にもいい方へ向かうと思う。ロートル先発早めに下ろしても、中継ぎが頑張って打ち勝てば、勝てないこともないしね。

岡田が昨年以上に打ってくれればイイ。本人も数字をあげていたが.280。この辺がトップに座るなら最低条件だろう。いや、四球を選んで出塁率を高め、50前後盗塁できるようなら、仮に打率が.280以下でもチームの得点力は上がるだろう。しかし打撃でこの数字を残せられないのなら…

我々はどこかで荻野貴司の復活を願っている。2010年序盤のあのセンセーショナルな働きは忘れられない。2010年の日本一は彼の出現によるスタートダッシュの貯金を、結びの3番まで食い尽くさずにすんだと、言い換えても過言ではなかろう。 彼がいなかったら、2010年の日本一はなかったと思う。実質1・2ヶ月しかPLAYしてないけどね。
しかし荻野と岡田が両方同時にフィールドの上に立つことは限りなく難しい。2010年新人組の荻野+清田は同期なこともあって仲がいい。昨年外野のレギュラーに定着した岡田&伊志嶺もヒップアタッックをかますほど気心が知れている。この4人のうち最低1人は控えだ。いや、ロッテ史上最高の超大型補強の末に獲得した大物外野手の存在も忘れてはいけない。日本人外野手の中では長打力と経験だけは、誰にも負けないはずだ。獲得に費やした資金のことを考えれば、「使わないのはもったいない」と思ってしまう貧乏チームの悲しさで、スタメンが確約されている裏事情まであるかもしれない。「大物外野手はDHで使えばいい」おいおい、福浦、ホワイトセルとDHしか出来そうもない人達もいるんだよ。だって1塁は大松が守るんでしょ?ファースト・ライト・DHを上記の4人から3人選抜するとなると、センター・レフトは大混戦だ。岡田・伊志嶺組、荻野・清田組以外にも、昨年後半打撃的には一番期待の持てた角中の存在も忘れてはいけない。ニブンノゴですよ!

荻野のケガが癒えた時、本当の競争が始まる。岡田といえども、全く安泰ではない。育成から栄光を掴むというサクセスストーリーに誰もが感動した。しかし「育成からCM出演」の松本ですら、もう危うい状態だ。下手すればもうすぐ切られる可能性すらある。「育成からサムライジャパン」のスーパー成り上がりを果たした岡田も、エリート街道を歩いてきた荻野が屈辱にまみれたどん底から復活してきた時、「残酷で美しい、非情な生存競争」が始まる。清田は長打力、伊志嶺・角中は三拍子バランス型で打撃もそこそこ期待できる。彼らが真価を発揮すれば、岡田の今の打撃力でレギュラーを張るのは難しくなる。荻野がケガを完治させ1年間戦える状態になれば、彼がレギュラーの最右翼だろうし・・・

夫のこれ以上ない成功を目の当たりにしても、全然うわついてない岡田の奥さん。残酷な話だが、我々マリーンズファンが美酒に酔うためには岡田の奥さんに泣いてもらわないとダメなような気もする。我々も岡田の奥さんも共に手をとりあって喜ぶには、とにかく岡田自身が自分の打撃レベルを上げるしかないぞ!
今の西村政権の「走守重視主義」と、統一球効果、荻野の負傷の上に成り立っている成功なわけだから、
・来年以降に訪れる「慶彦政権」または「落合政権」による方針転換
・はたまた打者陣が統一球に慣れてきた&パの投手陣の流失・ヘボ化→打撃戦化
・荻野完全復活
などの諸要因で一朝にして吹き飛んでしまう。

岡田のような肩書に野球ファンは弱い。「クラブチーム・育成からはいあがってきた選手」。 日本ハムではこれまた異色の経歴、「ソフトボール出身選手」が話題になっている。紅白戦で結果を出しまくっているようだが、野球のルールというか、基本セオリーの方は大丈夫なんだろうか?違うスポーツの選手だからな。こんな選手を発掘してくるスカウト陣はどんな情報網を持っているんだ!と驚かされる。学生野球で名を成した選手でさえドラフトに引っかからない人が多くいるというのに…まだ公式戦での結果ではないのでなんともいえないが、他のスポーツをやってた選手が紅白戦とはいえ、初めての野球の試合でプロ野球のピッチャーからホームラン打てるか?恐ろしい話だ。 大嶋も大嶋を見つけてくる人の眼力も。
守備はいろいろ学ばないといけないことだらけで、出てくるまで時間がかかるんだろうけど、どうせならDH専門選手でもいいんじゃない。プロ野球って何で「DH」の登録が無いんだろう?
「大嶋DH」でいいじゃん。後ろが漢字じゃないとダメなのかな?「大嶋捕手」のように。「サブロー外野手」とか前がカタカナのふざけた日本人もいっぱいいるんだから、後ろがアルファベットでもいいと思うけどな。「広岡GM」みたいでカッコイイじゃん!

昨日の夜、初めてHBC(札幌のラジオ局)のナイターオフ期間にやっているファイターズ応援番組を耳にした。むろんRaziko経由。沖縄現地レポートで大嶋や栗山の話が入ってくる。さすがに対外試合では(連れていっても)まだ使わないと監督が言明しているようだが、「(大嶋に)勢いがあることは確かで、勢いを大切にしたい」というワケのわからないことを言っていた。
この番組を担当している女性パーソナリティを名前でググると、リスナーからこんなヒドい指摘をQ&Aサイトでされていた。

語尾を伸ばすラジオのしゃべり手が気になって仕方ありません。 - Yahoo!知恵袋

40歳前後のオバサンだと思うのですが、イライラしてしょうがないです。
「あー、また言ったな。チッ。オバハンが」とか思いながら、また聞くとは思います。

アハハ・・・ヒドいね、これはどうも。でも確かにそうだね。
マリーンズを裏切ったANAの沖縄キャンプ応援ツアー企画にも、ガンちゃんと一緒に参加されているようです、この方。
この番組で知ったのだが、金村曉が北海道で評論家生活を始めているらしい!
「ゼッタイに許さない!」

「男には自分の世界がある。例えるなら空を駆ける一筋の流れ星」と思ったら、1票投じてください。(←何のコッチャ?)



posted by mansengo at 14:22 | Comment(0) | 千葉ロッテ観戦記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


↑楽天イーグルス勝利の日の翌日は、楽天市場・楽天ブックスはポイント2倍に…買う前に忘れずにエントリーして下さい(エントリーは買う度に必要です!)。イーグルスとヴィッセルW勝利の日は3倍になるので狙い目!


↑中日ドラゴンズが勝つ度に4ポイントGET!【UCSカード】ドラゴンズカード…nanacoチャージでもポイント付与あり。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。