最強クレジットカード「JQ CARDエポスゴールド」の全貌が判る。年間100万の利用で還元率2〜3%にも達するモンスターカードです。
フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】
2011年11月13日

ノー感じな森野が流れを変えたと思う【中日の得失点差がヤバいことを知る】

HOME千葉ロッテ観戦記 > この記事

日本シリーズ第1戦、久しぶりにド頭から野球を見た。4安打対4安打の、今年を象徴するかのような貧打戦。和田が和田(ベン)にホームランを打たれるまでノーヒットピッチング。どこで流れが変わったかを、ゴンドラの高木豊は「余計なフォアボール」と判を押したような答えを出していたが、ちょっと見方を替えて、ここじゃないか?と思うポイントを挙げてみたい。多分誰も挙げそうもないポイントだと思うので。

1回表、1・2番のアライバコンビが倒れるものの、球数を放らせるという最低限のミッションはこなしていた。続く3番の森野。初球のスライダーから積極的に振っていくのだが、この時のスイングのヒドいこと!ボールとバットが「何十センチ離れてるの!?」っていうぐらい、絵に描いたような空振りをした。この1球が後々まで響く。
小池のエラー出塁、大島の絶妙な送りバントでチャンスを作った6回表、ここが今日の最大のポイントかと、見ている時は思った。2番井端がよく選んで(手が出なかった?)フルカウントから歩き2死1・2塁で3番森野につないだ。ところが1打席目に料理されたスライダーの残像が残っているのか、スライダー2球続けられ、まったくタイミングがあっていない見送り、空振りで1-1となった。もう頭の中はスライダーが来る、スライダーが来る…ということで一杯になったところに真っすぐをズバーンと決められ、振り遅れの3塁ファールフライに倒れた。

和田のノーヒットピッチングは続いたが、チェンの方も立ち直り追加点を与えない踏ん張りを見せていた。ホークスも少ないチャンスに果敢に盗塁で相手バッテリーに揺さぶりをかけてきたが、チェンも相当数の牽制球を放り、衰えはじめて来ている谷繁の肩をも、なんとかカバーしていた。

それは6回ウラ1死・4番の松田の打席のことだった。2球目を打ち上げると、3塁スタンド付近へのファールフライとなった。これを森野がスタンドの境界線にお腹を乗せて、精一杯手を伸ばしてスーパーキャッチした。このワンプレーが大きかったと思う。直前の打席で数少ないチャンスを、最悪の形(と言ってもいいと思う)で凡退した3番打者は、責任を感じて守備のことに頭が切り替えられなかったりするものだが、ものすごい集中力で相手4番打者の打球をもぎ取った。気持ちが萎えていたら、体をあんなに伸ばせない。
ドラゴンズがノーヒットノーラン進行中という中にあっても、「ヨシ、まだまだ行けるぞ!」」という気にさせたのが、このワンプレーだったと思う。打席でミソをつけた3番打者が、なんとか守備で貢献しようという気持ちの出たプレーで、ピッチャーと他の野手のリズムを作り、勇気を与えた。

ドラゴンズの得点はいずれもホームラン。和田は和田に強いので、確率的に驚きはしないが、小池の一発は2ストライクと追い込まれていただけに、誰もが驚く一発となった。しかし小池自体は和田のノーヒットノーラン続行中も、エラー出塁があって、あたり的には「強襲安打」と記録されてもおかしくないあたりを放っていた。あれなんかは、かなり貴重なエラー出塁で「安廃論」的には、平常の安打より評価高いっすよ。下位に座っていた平田、小池の2人は、これでもか!ってな具合にアッパースイングでボールを引っぱたいていて、とても下位の打者と思えないような、宝くじでも買ってるのか?と思うぐらいに長打狙いに出ていた。もっとも平田・小池ともに高校時代はスラッガーとして注目されていた選手だから、そういうスタイルなんだろうけど。
大島は昨年の日本シリーズの活躍が我々マリーンズファンにも強く印象に残っているが、送りバントを1回決め、1回失敗して、最後セフティーの方を決めていた(これは小池弾の直後のどさくさに紛れたものだった(笑))。成功していた方の送りバントは絶妙で、下手すればオールセーフになりそうなところに転がした。これは相手投手・和田が左利きだったので難を逃れたようなことを高木豊が指摘していた。確かに右投手だと逆シングルで処理しなければならない打球で、バウンドを合わせ損なう可能性が高かった。打球方向側にグラブはめてる左投手ならではのフィールディングで間一髪アウト。これがセーフだったら、6回表に点が入っている可能性大なところだった。

中日はこういったチャンスをつぶしながら、7回までノーヒットに抑えられながらも、2発で勝ってしまった。終わってみればチェン−浅尾−岩瀬の盤石継投で理想的な試合運び。特に浅尾は打たれそうもない雰囲気がプンプン漂っている。
一度このブログで、クローザーより8回を投げるセットアッパーが最重要な時代に突入したと書いたことがある。名前を挙げた、浅尾、ファルケンボーグ、平野が3本の指に入るセットアッパーで、この3人のうちの2人がこのシリーズでぶつかっている。今日もファルケンが9回、浅尾は9,10回を担当した。クローザーより痺れる場面が彼らの持ち場。岩瀬は1人だけに投げセーブを「強奪」していたが、セーブという記録項目がもはや意味のないものになりつつある。

高木豊はパリーグの野球に疎いな。「細川に代打出せないですから」とかトンチンカンなことを言ってた。和田は球数的にも次はまず降板するところだから、キャッチャーも同時に替えてしかるべきところ。そういった認識がなかったし、山崎がかなりマスクをかぶってることも知らないのだろう。ただ今日の和田−細川のバッテリーを見ていると、かなり理想的なコンビネーションだったので、キャッチャーを替えたらダメっていうことに短絡的につながってしまったのだろう。杉内の方はかたくなに山崎とコンビ組んでいるが、和田は細川の方がいいみたい。細川は相手打者の狙いが読めているのか、狙いとは逆のボールを要求し、中日打線を唖然とさせていた。
またホークスは打ち勝つ野球のようなことを言っていたが、ホークスこそ「1-0」の試合がお手の物なチームはパリーグにいないぞ(笑)とにかく先発・リリーフの質量も豊富なんだから。大隣なんか今年かなり良かったのに、使ってもらえる場面が少なすぎだった。ドラ1入団の彼だけど、活躍の場を与えるためにもトレードに出してあげてもいいんじゃない?先発左腕はどこもノドから手がでるぐらいに欲しいぞ。
しかしデータを見てビックリしたのが、中日の得点数と失点数。
得点 419
失点 410
得失点差わずか+9で優勝って、Jリーグでも無理だろ!?(笑)この得失点差で優勝したチームなんて過去ないだろ?やっぱり落合は只者じゃない。



posted by mansengo at 03:20 | Comment(0) | 千葉ロッテ観戦記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


↑楽天イーグルス勝利の日の翌日は、楽天市場・楽天ブックスはポイント2倍に…買う前に忘れずにエントリーして下さい(エントリーは買う度に必要です!)。イーグルスとヴィッセルW勝利の日は3倍になるので狙い目!


↑中日ドラゴンズが勝つ度に4ポイントGET!【UCSカード】ドラゴンズカード…nanacoチャージでもポイント付与あり。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。