最強クレジットカード「JQ CARDエポスゴールド」の全貌が判る。年間100万の利用で還元率2〜3%にも達するモンスターカードです。
フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】
2011年10月13日

井口チーム三冠&10月月間MVPへ向けて爆進中

HOME千葉ロッテ観戦記 > この記事


ハ〜イ、みんなの井口だよ!
マリーンズファンのみんな、ご機嫌の方はどうだい?
悪くないって?
アッハハハ、そうだよね。見てくれた?昨日のホームランと今日のマルチ。
みんなに勇気を与えようと僕も必死だよ。
厳しい戦いが続くけど、最後までフル出場で戦い抜く覚悟さ!

 

打率

本塁打

打点

1位 井口 .2673 井口 9 井口 67
2位 伊志嶺 .2666 今江 8 今江 48

神様、仏様、井口様!!

。。。
。。。
。。。

昨日の試合は終盤の方のみ、今日の試合は4回あたりから見る。
昨日はライオンズ戦だったので、帰宅途中のラジオのチューニングを文化放送に合わせるも、試合開始時間を過ぎているのに実況は行われず…なぜかナベQ監督の、残り試合の意気込みインタビュー等が放送されていた。実際に今試合が行われているんだから、そっちの方を流さんかい!と思ってしまった(笑)

ヒドい試合だった(みたい)ですね…。あんまりマリーンズの試合を見れなかったので、終了後、試合が続いていた他のゲームをちょっと見る。オリックス×日本ハム戦が延長に突入し、11回ウラ1死満塁でT-岡田という状況を迎えていた。3時間半ルールにより、この回が最終回。マウンドにはキュウの野郎。これを抑えると、ファイターズは2位確定という場面。しかし1死満塁で相手打線は4,5番だから絶対絶命だ。ところがT-岡田ファーストゴロ(ホーム封殺)、バル、イージー右飛に倒れ引き分け。ファイターズは2位を確定させ、バファローズはライオンズに1差と詰められた瞬間だった。
翌日の新聞を見れば、やはりありました、岡田監督の個人攻撃!昨日の解説の加藤秀司も言っていたが、犠牲フライを打ち上げられることを恐れて、ピッチャーは低めに投げてくる場面なのに、低めを捨て切れないT-岡田をバッサリ。低めを見極め目線を上げ、その結果ストライクゾーンを高くしていけばピッチャーのボールも徐々に浮いてくる状況に追い込めるのに…、とオカンムリだった。

この場面で思い出した話が、今年退任なのにこの日マジックを点灯させた名将(と言ってもいいだろ?)・落合の現役時代の挿話。落合は「個人主義」的な印象を持たれているが、監督としてあれぐらいの結果を残すのだから、当然チームが勝つノウハウを誰よりも持っていて、現役時代から実践していた。村田兆治は、わざとシンをはずしてバットに当ててどん詰まりの内野ゴロを打つ練習をしている落合に「お前何やってるんだ?」と尋ねると、「ワンナウト3塁の時に、ボテボテの内野ゴロで1点を取るイメージでバッテイング練習をしています」と答えたそうだ。強いゴロでは3塁走者はホームに返せない。あえて打球が緩くなるゴロを打つ練習をしていたのである!村田兆治は呆れ返ったそうだが、同時に「ロッテの4番はコイツしかいない」と強く思ったそうだ。ピッチャーからすれば、こんな頼もしいバッターはいない。あれだけの数字を残しているバッターが、自分の力に頼らず、チームがどうしても1点欲しい局面での、己を殺して1点を取るための練習をしているのである。

大松よ。大好物のオツは打てても、今日は3三振かよ!せっかくもらったスタメンのチャンス、まったく活かせなかった。2ストライク後も強振している彼に、誰かこの落合のエピソードを伝えてあげてくれよ。追い込まれたら、どんな強打者でもバットに当てに行くことを最優先させなきゃ。昔は出来ていたじゃないか。(2007年CSでの最後の打者にならんとする、ダルビッシュからの粘りとか…)そして3塁に走者がいる時は落合の精神を学んで欲しい。そういったところからチームの信頼を回復していかなければ、今までせっかく積み上げてきた実績が1年でフイになってしまう…。

上野が泣いていた…ノックアウトしてメソメソしている場合か!もっとも、無気力に見えるようなタンタンと試合を消化しているだけ(に見える)連中より百倍マシだが。4回1イニングで5安打を浴びた。相手の拙攻に助けれれて、この回1点ですんだが、完全に捉えられており、5回の先頭打者にもヒットを打たれたので都合6連打、見た目の失点の数以上に「炎上状態」だった。ここまで、思いきり腕を振って、球速が無いのに「根拠の無い自信」を拠り所に、なんとか結果を出してきた。気持ちがボールに乗り移れば、プロでもある程度抑えられるのか?そういった標本の投手でもある。しかしあの「気持ちで投げる権化」で、球にもリーグ屈指の力があったジョニーですら、2000年前半はボコボコだった。ローテ定着にはもう1段高いレベルで(気持ちだけではなく)ボールの方も磨いて、来年は1年通して守れるぐらいになってもらいたい。
しかし1イニング5安打で1点って…この時点では「こういう野球やってたら、この試合もらえちゃうんじゃないの?」なんて、淡い期待を抱いていたんだが(笑)、そうそう甘くはありませんでしたね・・・。

先制&勝利打点のヒーロー梶本は昨年ヤクルトをクビになって、オリックスに拾ってもらった選手だよね。こういう選手がこういう時期に活躍するのは感動的だよね。ところで今岡はどうなる?
今日も試合がタンタンと早く終わってしまうので消化不良気味。日本ハム−ソフトバンク戦に回してみる。金沢がボールを手に当てて、打球を止めようとしていた。優勝も決まっているのに、そこまで無理しなくても…この人も戦力外から這い上がって再びポジションを掴んだ1年だったなぁ…と思っていると、俺の感傷的な気分を損なう声が聞こえてくる。
「なんでグラブで取りに行かないんですかねぇ…桑田だったら、明らかにグラブで楽に取ってましたね」
出た−!西山だ。又エラそうに、桑田はダチだぜ自慢か?そんな昔のピッチャーを例えに引用すんな!兄さん、あんたの高校の先輩に何か言ってやってよ。

「。。。。。。。何も言えねぇ!

お前は、北島康介かよ!

さあ、あと5試合になってきました。こっちはユルユルだが、あっちは緊迫…っていう試合も、17日のライオンズ戦ぐらい。他4試合(ホークス戦×2、イーグルス戦×2)は消化・ザ・消化なスーパー消化試合。見所は唯一…

『ハ〜イ、井口だよ。君たち、僕のチーム三冠王と、10月月間MVPに向けての活躍を見逃すなよ!』

しかし寂しい数字ですなぁ…チーム三冠でコレでは…普通の3番打者としても「どうなの?」っていう数字だが、このブログの過去ログを漁っていると「昔はもっと凄かった」っていう数字を見つける。50年代の大映(千葉ロッテの前身・毎日と合併する球団)の3番打者の数字とか…これで戦えた、のか!?



posted by mansengo at 22:23 | Comment(0) | 千葉ロッテ観戦記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


↑楽天イーグルス勝利の日の翌日は、楽天市場・楽天ブックスはポイント2倍に…買う前に忘れずにエントリーして下さい(エントリーは買う度に必要です!)。イーグルスとヴィッセルW勝利の日は3倍になるので狙い目!


↑中日ドラゴンズが勝つ度に4ポイントGET!【UCSカード】ドラゴンズカード…nanacoチャージでもポイント付与あり。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。