最強クレジットカード「JQ CARDエポスゴールド」の全貌が判る。年間100万の利用で還元率2〜3%にも達するモンスターカードです。
フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】
2011年10月01日

連勝です!でも空気読めよ、上川!

HOME千葉ロッテ観戦記 > この記事

「ソフトバンクファンの皆様、オリックスファンの皆様、俺様のチームがやりましたよ!よもやの逆転サヨナラで皆様が苦しめられたキュウの野郎をギャフン!ホークス、マジック1ですねぇ。バファローズ、ファイターズに1.5差ですねぇ。タナボタの味はどうですか?いいお酒飲んでますか?」

ソフトバンクファン一同・オリックスファン一同
「今日はあんた、なんにもしてないだろうが!!」

マリーンズファン一同
「こんなに粘り強い、いいゲーム出来るなら、早くやれよ!!」

そして特に、9回ウラの上川に対して…
マリーンズファン一同
「おい上川!空気読めよ!!!!!!」

今日は序盤はHBCラジオで2,3回あたりを聞く。終盤6回からNHK-BSで視聴。NHK-BSの大島にもツッコミまくったぜ。
HBCラジオはTBSの裏送りで解説は青島健太のホット解説。青島「オオー!」「ウワァーー!」といった声上げまくりで、何が起こっているんだ!?の連続。(唐川の背中を打球が抜けたり、アチャのファイン、そして大野の死球などの時に声を上げていた)
3回表アチャの好守が出たみたい。2つ一塁ゴロを捌いたみたいだが、前者は糸井の貴重な安打を一本損させるような守備で、後者は「倒れて取るような打球かよ!」って感じだった。そうです、中南米の選手なんです。リズムで守っているからノッてる時は好守連発。普段は怪しいPLAYの連続なんです。コミさんに言わせれば「彼らは仕方ないんです。リズムで守ってますから」サッカーもせずに野球をやって地球の裏側まで来てくれているんだ。敬意を表そうぜ。今日のアチャは体が切れてたな。同点のホームインの回り込みもグッジョブだった!

さすがにハンカチ王子登板試合ということもあって、TBSも総力上げて取材している感じ。初めてのQVCに望む王子の不安をあますところなく伝える責務。特に「ユウ様!」とヨン様から応援対象を切り替えた北海道のオバ様達に心配させることによって、母性本能ボルテージを上げさせようという放送上の組み立て。
福岡からの移動後、王子がQVC一番乗りだってさ。風が不安材料だったようで、いろいろな投手が変化球が必要以上に曲がって威力が倍増したり、逆に制球がつかなくなって崩れたりと、頭でっかちになるような情報ばかり与えられてきたみたいだが、本人はいたって冷静。「実際にマウンドに立ってみないと判りませんね。今取り組んでいる縦のスライダーが曲がりすぎて、叩きつけちゃうかもしれません」と、冗談を交えおどけていたようだ。実戦でも叩きつけてしまったようだが(笑)
青島は「テンポが悪いですね」と斉藤の老獪な投球術に対して、苦言を呈す。ボールに自信が持てないから、間を替えたりして対処する手段。大丈夫か、北海道のユウ様応援隊向け放送だぞ?唐川の後を受けた大谷も同様で、これぞ早大仕込の「勝てる野球」の一端なのか、とにかくテンポが悪い。今日の試合時間の冗長化は早大コンビのせい!飛田先生!

中郷が今日も良かった。なんだろう、この変化は。使われる場所がチームの勝敗に直結する場所に若干移動したことが、良かったのか。いや、もしかしたら俺が勝手に睨んでいた「里崎との相性の悪さ」説が本当だったのかもしれない。的場と組むと、よくね?ていうか中郷本格化がサト登録抹消後と歩調を合わせているのが気になる。今日の中郷のピッチングを見て、まだビハインドで根拠もなかったけど「今日は勝てるぞ!」と俺は思った。気合も入ってたし、まっすぐ、スライダー、フォークすべて良かった。またまた彼のピッチングがマリーンズに流れを引き寄せた。

6回のチバリヨ伊志嶺の「千葉の風猛打賞」ヒットからのチャンスでの1点も効いた。あの回の宮西は打てる雰囲気ゼロだったので、本当にラッキー。この6回ウラと7回表の2イニング目の中郷を見て「勝てる!」と思った次第。そして7回裏に早くも追いつく。先頭アチャの2ベース後の、榊原のインスラを強引に右におっつけようとして空振る井口。前の対榊原の時もおんなじような軌道のスイングをしていたような俺記憶データが引き出された。しかし2球目は外甘めにまっすぐを投じてくれて、これが井口の狙いにドンピシャとはまり、いい当たりの進塁打ライトフライ。イ、イ、イグチ…
ジャマクサクネェーーーーーグッジョブ!!!
この進塁打がでかかったな。井口、よくミギウッタ!そして最早頼れる男・角中のセンターへの犠飛。「浅いか…」アチャが突っ込む。相手はイトイダーだぞ…ものすごいボールが返ってくるが、若干1塁側に逸れたことによりアチャが機転を効かして回りこむ。セーフ!素晴らしい本塁を巡っての攻防だった。ファイターズ側がもったいなかったといえば、福浦への四球。石井が完全に押せそうな雰囲気だったけど、慎重に行き過ぎた?一つ「ストライク!」と手を上げてもいいボールもあったが…

そしてカルロスが、的場に替わった雅彦とコンビネーションがまったく合わない中、なんなく抑える。何回3ボールノーストライクになったか判らないが、不思議と抑える。何回首を振ったかもわからなかったが、不思議と抑える。サッカーもやらずに地球の裏側に来てくれて、あり…クドい!

クドい!といえば大島の解説。7回のチャンスの時に、左の石井が福浦−角中のラインの所に投入された。大島は「角中のところで、どうするか」というようなことをずっと言っている。

マリーンズファン一同「角様に代打送るはずねぇーだろーーーが!」

最近の野球見てるの?っていう醜い解説。NHK-BSよ大丈夫か?清田が残ってるとしきりに言ってるんだが、それは的場のところだろ。マリーンズファンの誰もが、その辺は判っていたぞ。大島監督なら今日のサヨナラはありませんでしたね(笑。だって角中ひっこめてるんだもん)

でもヒーローはその前の男であってほしかった…マリーンズファンの誰もがそう思ったに違いない。久雄、グッジョブ!もう君は1軍で長い間PLAYしたのに、お立ち台に登らず引退する系選手として伝説になってくれ。ちなみに23番の前任者の最後のお立ち台の日の当ブログのエントリは神回として何回か紹介させていただいております。あっ、さりげなく過去ログ宣伝…
陽はホームランインタビューで「右中間を抜ける当たりかと思ったけど、まさかホームランになるとは…僕も持ってますね」とおどけたそうだが、久雄は明らかに持ってなくて、角中は持っているということか(笑)
しかしマリーンズファンの総意としては、負けも無いんだし、順位争いしているわけでもないんだから、「上川回せよ!!」代走工藤ちゃんだったわけだし。ま、でも外野がかなり前に来ていたんで10中8,9ホームで憤死パターンだったけど(笑)でもファンとしては納得、みたいな。しかし、この自重による勝利が、パリーグに大きな戦局の変化をもたらすかもしれない。久雄が持ってないことが、上川が空気を読まないことが、ファイターズの、バファローズの、あるいはライオンズの運命を変えるかもしれない!

と、大げさなフリをして、唯目の前の1勝に気分を良くして、お酒を飲むだけ。

「いいお酒飲んでますか?」

うるせぇよ!いきなり「いいお酒」キャラになるなよ(笑)

薮田兄さんと一緒に「いいお酒」を飲みたい人はクリック!



posted by mansengo at 01:07 | Comment(2) | 千葉ロッテ観戦記
この記事へのコメント
(連日のコメント失礼いたします)
サヨナラゲームでしたね。
個人的には(努力家と称されている)角中選手のインタビューを聞きたかったのですが、
こちらでは応援実況だったためか?カットされてしまっていて・・ちょっぴり残念な気持ちでした。

今日は、同点で、薮田選手の登板でしたね。
”兄さん”の、お言葉、楽しみにしていますね。
Posted by あい at 2011年10月01日 21:03
>あいさん
 連日の書き込みありがとうございます!
 角中インタビューは朴訥としていて、好印象でございました。
 しかいお互い点が入りませんねぇ…
Posted by mansengo at 2011年10月02日 01:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


↑楽天イーグルス勝利の日の翌日は、楽天市場・楽天ブックスはポイント2倍に…買う前に忘れずにエントリーして下さい(エントリーは買う度に必要です!)。イーグルスとヴィッセルW勝利の日は3倍になるので狙い目!


↑中日ドラゴンズが勝つ度に4ポイントGET!【UCSカード】ドラゴンズカード…nanacoチャージでもポイント付与あり。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。