最強クレジットカード「JQ CARDエポスゴールド」の全貌が判る。年間100万の利用で還元率2〜3%にも達するモンスターカードです。
フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】
2011年09月28日

連敗中の今こそ、丁寧な野球を!

HOME千葉ロッテ観戦記 > この記事

昨日は帰宅も遅く、試合は7回に入っていた。途中経過で0-5と聞いていたので、「今日も又ダメか…」と思いながらTVをつけると、なんと3-5になっていた。どうも細谷の3ランが出た直後だったようだ。そして正人が安打。更に雅彦も続く!

と思ったら…あららら。伊志嶺のタイムリーが出たので1点差まで詰め寄ったが、この走塁死は痛かった。「連敗中の雰囲気を変えるためには、これぐらいアグレッシブにいかなければならない」とは思わない。連敗中だからこそ、ここは自重してほしかった。雅彦的には積極的に行ったというより打球角度的に「2塁にいっとかなきゃマズいんじゃね?」っていうような2進に見えたんですよね。大事な試合の場合、これは相当痛い。大事じゃないから痛くない…っていうのがつもりつもって連敗が止まらず、20以上の借金が貯まるわけでしょ。そういう悪循環を断ち切るためにも、大事に試合を戦ってほしいな。2点差ある場合は、同点の走者は絶対に大事に行かなければならない。無死1,3塁でも充分じゃないか。上位打線に繋がるんだし。

細谷のエラーに関してもそう。結局雑な野球をやっていては来年につながりようがない。もっともあれは併殺を取るのは難しい打球コースだった。井口にトスできれば、併殺を取れたんだろうけど、トスすると(難しい角度からのトス)1塁走者とのスピード比べで負けると判断して、自らベースに入ったんだろう。そこからの1塁送球が、難しい角度からセカンドベースに入ったため、悪送球になってしまった。実は月曜に試合を見に行った時、投手交代時などの練習の時の細谷の1塁送球のボールがことごとく高めに抜け気味だったのが気になっていた。彼もスローに自信がないのか…送球イップス野郎だらけだな。荻野貴司も結局そうだったし…

オリックス主催試合はラジオで聞くことが出来ない。関西の放送局はどこも流してくれないからだ。ラジオ関西が一時「AM KOBE」と名乗っていてブルーウェーブ主催の土日デーゲームを流している時代はあったが、遠方で聞いている身としてはどっちにしろ受信するテがなかった(遠方では夜しか電波が入らない)。そこでライオンズナイターで「楽天×西武」を聞いていた。当面の敵(オリックス)情報も逐一入ってくるので、マリーンズ戦の戦況チェックにも持って来い。ロッテに4連戦3連勝していて景気のいい発言が多かった。

ナベQはオリックスとの3位マッチレースに関して、「向こうは負けないものと思って、こっちは戦っている」。解説ツカヤンが「前のカードで闘ったロッテの状態をよく判ってますから、タナボタはほとんど期待していないということなんでしょう」
失礼な!(笑)
岸の先日の完投勝利を受けてのインタビュー。インタビュアーの「2時間という早いゲームでしたが」という問に
「相手打線が早いカウントからどんどん打ってきてくれて、甘いボールを打ち損じてくれることも多く、野手の皆さんもいい守りで、いろいろ助かりました。」
失礼な!(笑)

このゲームは塩見先発ゲームだったが、ただ今ブレイク中の秋山とは大学時代の同僚で、彼の塩見評なども聞けて興味深かった。学生時代は「まっすぐとカーブ」だけで、リーグで無敵状態だったらしい。カットボールを遊び感覚で投げ始めて、それをプロ入りまでの間にものにしたとか。現在はスライダー、チェンジアップも投げてるので、「それだけプロは厳しいのかと思います」。ただ、ツカヤンは「球種を増やすと、まっすぐの威力が落ちる場合があるんですよね」と否定的なコメントを発していた。この前の鹿取野球塾でも、江川の2球種が最強というようなことを言っている反面、クラさんなんかは「もう1球種増やさないと、プロではメシを食っていけませんよ」と常々言っている。去年その標的にあっていた古谷だが、今年の前半戦を見て「やっぱりクラさんの言った通りか…」と思っていたが、月曜の試合を生で見て、「いや、直球の威力が戻ってくれば、まっすぐとスライダーだけでも行けるんじゃないか?」と思うようになった。球種が少ないピッチャーは、その球種の「威力」「精度」が重要なんだろうね。
余談にすぎた。秋山の月曜の超ファインに関して、河田が絶賛していたという情報も入ってきた。本人は「スライス気味に伸びてくるところを捕まえちゃったというカンジです」と語っていた。この選手はインテリジェンスを感じさせる選手で、今後かなり伸びる要素を持っていると思う。

8回の古谷は失点したがボール自体は来ていたし、何より1死1,3塁で上がり目のT岡田に対して、逃げずに真っ向勝負できる姿勢があった。不調の頃はこういう場面でスライダーでお茶濁そうというピッチングしか出来ておらず、それでドツボにはまっていたので、この日の登板も復活の狼煙シリーズと見ていいと思う。あれは打球コースがちょっとズレていれば、完璧イージーゲッツーコースだったし。

10連敗…東京ドームでのジョニー復活の頃以来の2桁連敗だよな。あの時が9連敗目だったっけ?向こうの先発ガンちゃんの復活ゲームでもあったんだよな。しかしあの年は後半よく巻き返して、あと1勝でプレーオフ進出というところまで迫った。長いシーズン野球は何が起きるか、本当に最後まで判らない。オリックスと西武…下手したら日本ハムがCS進出を逃したりして(笑)。さすがに3位には入るとは思うが、梨田も札幌ドームでCSの指揮を取ることもなくの退団だと、ちょっとファイターズファン的にはガッカリな展開ですよね。CS時代の野球は終盤戦3位4位の球団が強くなりますからね(笑)1位に離されて目標を見失うと、あっという間にこういうポジションに落ちてくるということの恐ろしさを見させて頂きました。

あんまり昨日の試合については書いてませんが、それでも記事が面白いと思ったら1票投じてください。



posted by mansengo at 10:56 | Comment(2) | 千葉ロッテ観戦記
この記事へのコメント
おはようございます。
11連敗なんか夢の中のことかも〜、と自分を誤魔化しながら朝刊を読んだら…やっぱり11連敗してました。
あ〜これがマリーンズファンみんなを騙す、ドッキリやったらいいのに。現実は厳しい…。
それと、ふじきせきさんのところでも書いておられたのですが、岡田選手、最近走塁遅くないですか?「よっしゃ、これは内野安打!」と思ったゴロも、1塁ベースのまだまだ手前、ってことが多いです。伊志嶺選手の肩同様、オフまでこのままなんでしょうか?
Posted by なかたに at 2011年09月29日 08:42
>なかたにさん

書き込みありがとうございます!
岡田、確かに最近は1塁へチンタラ走ってるように見えます…全力プレーが売りの選手ですから、気を抜いているとは思えませんよね…やっぱりどこかケガしているのかなぁ。
Posted by mansengo at 2011年09月30日 01:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


↑楽天イーグルス勝利の日の翌日は、楽天市場・楽天ブックスはポイント2倍に…買う前に忘れずにエントリーして下さい(エントリーは買う度に必要です!)。イーグルスとヴィッセルW勝利の日は3倍になるので狙い目!


↑中日ドラゴンズが勝つ度に4ポイントGET!【UCSカード】ドラゴンズカード…nanacoチャージでもポイント付与あり。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。