最強クレジットカード「JQ CARDエポスゴールド」の全貌が判る。年間100万の利用で還元率2〜3%にも達するモンスターカードです。
フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】
2011年09月10日

最後の1球まであきらめるな!上野好投の要因をいろいろ探る

HOME千葉ロッテ観戦記 > この記事

唐川のことを「不思議ちゃん」と書いたことがあったけど、上野はまったくもって不思議なピッチャー。なんで抑えられているのか、イマイチ不明だ。コントロールの破綻がないと書いてしまえば、栓ないが、それにしたって甘いボールでカウントを稼げるほどプロは甘くない。しかし、(特にホークスは)上野のファーストストライクを結構見逃してくれるんだよね…

今日も序盤はラジオで聞いていた。さすがに9月ともなると陽が落ちるのが早くなり、遠くのラジオ局が聞こえてくる時間も早くなってくる。福岡のRKB毎日放送で18時半過ぎから聴取。びっくりさせられたのがCM。
『福岡ソフトバンクホークスのオフィシャルスポンサーである◯◯は、ホークスの選手にアドバイスを送りたいと思います。
「最後の1球まで、あきらめるな!」
パチンコの◯◯』

パチンコのCMかよ!
それで最後の1球(1玉)まであきらめるな、か!
パチンコパーラーがオフィシャルスポンサーっていうのは、さすがホークス。瀬戸山がいた頃、ドブ板営業を展開して、かなり少額から球団公認のスポンサーになることができて、キャラクターの利用も認めて、それをご商売につなげていただくということで地域密着戦略を図ったんだよね。その路線を真似したのがマリーンズ(笑)

解説は盛田幸妃。TBSの解説者だが、俗に言う「裏送り」で、あたかも福岡応援解説としてスタンバイ。ホークスサイドに立った視点で、「今のは何何してほしかった」という塩梅。

ロッテ先発の上野が首位ソフトバンクの強力打線を相手に良く投げた。最後まで的を絞らせなかったが、好投の要因を一言で言うなら度胸が良かった。3ボール1ストライクのカウントを6度も作りながら与えた四球は8回の1個だけにというところに、好調ホークス打線に対し逃げずに立ち向かった跡が覗える。一方ソフトバンク先発の杉内は、ボール自体は上野よりも良かっただけに悔やまれる敗戦。1回の失点は簡単に2死を取ってから。カスティーヨに対しては、外国人打者に対する初球の入りを気を付けていながら、勿体無い結果。さらに7回の失点も杉内らしくない。伊志嶺を2度のバント失敗で追い込んでおきながら、高めの直球を投げてバントを決められてしまった。あそこは低めに落ちる変化球の方がバントを失敗する確率が高かったはずだ。それでもソフトバンクとしては2位の日本ハムとのゲーム差も6あることだし、そんなに痛い敗戦にはならないだろう。
引用元: エキサイトベースボール | 9月9日(金) ロッテ vs ソフトバンク(試合詳細)

TBSのサイトにこのようなコメントも寄せているが、実際盛田も上野の何が良かったのか判らなかったようで(笑)、しいていえば「度胸が良かった」でまとめている。実際、ホークス打線が消極的に写っていたようで、一回り目は「ボールを見極めているようです」と解説。前回もそんな対応だったんだよな、ホークスの対上野。これは的を絞らせないような「入り方」をしているのでは?そうなると里崎の重要性(あるいはスコアラー?)がクローズアップされる。
盛田は度胸が良かったという言葉にしているが、俺の上野評は、
「球威も球速もなく、格別制球力がいいわけでもなく、変化球のキレも凄いというほどではない。にも関わらず「根拠のない自信」を持っているぞ、この男!」
と言うところか。一番いいと思うのはファンに対する真摯な姿勢。そういう姿勢を野球の神様が買っているのでは?と勘ぐってしまう。最後FWシートでの恒例のハイタッチの時、一生懸命サインを書いていた。しかし8イニング放って心身ともに疲れている、自分が応援しているチームのピッチャーにサインねだるか?別の機会にしろよ!と、ちょっと見ていて気分が悪くなった。上野のヒーローインタビューは感動的ですらあった。それだけに後味が悪いものを見せられた。SPがなんとかしろよ!マー君!!君がバッテンマーク作ってやれば、少年ファンも自重してくれると思うぞ。

もうさ、角中3番にしようぜ(笑)角中、安打量産しているのに、点に結びついてないのは置いてる場所が悪すぎるんだろ。角中、アチャ、今江の345でいいじゃん。

最高にジャマクセェーーーーー
最早、主語を省略(笑)

完封か、あの男か…やっぱり、あの男がブルペンから現れる!
球速が落ちた。ここんところ150KM前後を計測していたが、今日はまっすぐが142-6程度とPOWER DOWN。先頭・本多の打席の時から「あれ?」と思う。
「重心が高い!」
疲れからなのか、意識的にやっているのか判らないが、テイクバックに入る前までの部分の滑らかせが消え、若干突立気味のフォームにマイナーチェンジされていた。リリースポイントがやや高くなっていると思う。球速・球威が増した要因を「重心を若干下げたマイナーチェンジに、その秘密があるのでは?」と当ブログで仮説を立てたことがあった。真相は如何に?
3人で切って取ったけど、だいぶ苦労した。本多に6球、内川には11球…本多の6球も、レフト伊志嶺じゃなかったら、もっと粘られてピンチを広げてた可能性もあった(結果:左邪飛)。あれは密かにビッグプレー。そして内川との炎の勝負。2-2からのフォークを見極められフルカウントになると、
38歳、リーグ隠れ首位打者に対して、全球まっすぐ勝負!!
最後まで力勝負にこだわった。でも、こんだけ粘られていたのは、やはり球が来てなかった、っていうことか・・・。

サトザビッチ (どうせ、まっすぐ以外のサイン出したら首振られるどころか、後でロッカーでドヤされるんやさかい、ここは全部まっすぐ投げさせたろ。)
やっぱりサトも兄さんのまっすぐが一番安全なボールだと思ってるんだろうな。それとも、ここは一発打たれてもまだ勝ってるから、まっすぐ勝負にこだわったのかな?明日以降の試合にもつながる攻め方ということで。ちょっと不安な内容だったけど、それでも234番を三者凡退に切ってしまう、圧倒的実力。

しかしアナウンサーの方々って、もう少し勉強してほしいわね。2回に正人を三振に切って取った時、「フォークボールで空振り三振!」とTBSのアナウンサーが実況していたけど、杉内はフォーク投げないから、チェンジアップだよね。日本で1,2を争う左腕の球種ぐらいは覚えていて欲しいと思ったね。どっちも投げるピッチャーだったら見極めづらいから仕方ないと思えるけど…。
スカパーの大ヴェテランの羽佐間さんにしても、チョイチョイ、「え?違うだろ」っていう内容を話されていて、ちょっとガックシさせられた。羽佐間さんは今日の杉内を「悪いなりに…」と言っていたが、ブルペンでも12球で切り上げるぐらい「絶好調」だったようだ。盛田の見立てでは、まっすぐが走っているので、スライダーもストライクゾーン内で勝負にいって、そこをロッテ打線にうまく狙われているというもの。この辺が難攻不落でしかも今日調子の良かった日本球界屈指の左腕を、貧打線が攻略できた要因。しかし最近のピッチャーはブルペンの球数少ないよね・・・。

(再度、上野評の話に戻る)
ギャオスもしきりに「あまいんですけどね」と上野がボールを投げた瞬間マリーンズファンなら目をつぶってしまいそうな箇所に投げられているのに、ホークス打線が打ち取られているさまを不思議そうに解説していた。
ギャオスは強いてあげると「低めへ丁寧に集めた」ことを勝因にあげていた。今日はフォークの制球がいつもより安定していたと思う。あんまりカウント球として機能していなかったボールなんだが、今日はカウント球に使えていたので、それも投球の幅をもたせた絞りづらくさせた要因かもしれない。そして勝負どころでは、「135程度だけど、俺のまっすぐ打たれるもんか!」と根拠の無い自信を拠り所に腕を目一杯振って、まっすぐを力のあるボールに見せることに成功した。

久々の連勝!2点しか取れなかったけど、やっぱり勝つっていうのは気分がいい。しかし8回、1点ぐらいは取れよな…角中もなぜか走者が溜まった時は打たねーんだよな。あすこは杉内がよく踏ん張ったよね。本来なら8回は他のピッチャーに交替してもおかしくないところだったんだけど、なんとしても杉内に勝ちをつけたいっていうホークス首脳陣の気持ちが如実に現れていた。(エースが連敗したまま、大事な戦いに臨みたくないだろう)既にポストシーズンゲームを見据えているな。いいなぁ(笑)



posted by mansengo at 01:30 | Comment(2) | 千葉ロッテ観戦記
この記事へのコメント
管理人さんこんにちわ。
現地観戦でしたけど上野がそれほどよかったというわけではないと感じましたね〜。フォークも制球力は半々くらいだし、ストレートも遅いし・・・。ただ、勝負どころ(ストライクが絶対にほしいところ)で力のあるストレートは来ていたし、変化球でうまくストライクを稼げていたかな。それと腕の振りが常時良かった、これが大きいかと。経験や球威を補う気合勝ちというかんじでしょうか。そういう先発としてメリハリをつけた投球ができてことが要因ですかね・・・。
でも不思議です。一昔の大嶺対ソフトバンクみたいななぜか抑えてる感覚でした。大嶺もなまくらストレートとヘンテコチェンジアップでなぜかソフトバンクと相性良かったし、それとダブリます。そういえばその石垣の南国少年、もう大成しないですかね(笑)
Posted by シュン at 2011年09月10日 11:39
>シュンさん

詳細なレポートありがとうございます!
フォークはまだまだ抜けてるボールが多かったですね。でもこれまでは8対2ぐらいで抜けてたのが5対5から6対4ぐらいで昨日は投げたいコースに行っていたと思います。
大嶺祐太は来年がラストチャンスですかねぇ。現状の投手陣を見れば、まだチャンスは残っていると思うんですがね…
Posted by mansengo at 2011年09月11日 09:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


↑楽天イーグルス勝利の日の翌日は、楽天市場・楽天ブックスはポイント2倍に…買う前に忘れずにエントリーして下さい(エントリーは買う度に必要です!)。イーグルスとヴィッセルW勝利の日は3倍になるので狙い目!


↑中日ドラゴンズが勝つ度に4ポイントGET!【UCSカード】ドラゴンズカード…nanacoチャージでもポイント付与あり。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。