最強クレジットカード「JQ CARDエポスゴールド」の全貌が判る。年間100万の利用で還元率2〜3%にも達するモンスターカードです。
フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】
2011年09月01日

唐川、小谷野逆恨み弾に泣く、以降ダル節電省力モードピッチング披露

HOME千葉ロッテ観戦記 > この記事

駅前留学はNOVA(ノバ)!
駅前演説はNODA(ノダ)!
ジャマクセーメジャリーガーはGUCHI!

ネタにしても全然韻も踏んでおらんがな!しゃらくせぇ、そんなこと気にすんな。
NOVA&NODAで思い出したのだが、80年代にマラドーナが(日本の)缶コーヒーのCMに出演していて、むりくり、
「NOVA!(ノ〜ヴァ=商品名)」
と言わされているCMがあった。
俺が通っていた高校は千葉北西部・東京下町・埼玉極東部・茨城極南部から生徒が集まっていたため、広範な地域差別が横行していた。下町のクチの悪いサッカー部の奴が、同僚のサッカー部の野田から通っている男に、このマラドーナのイントネーションで、
「NODA!(ノ〜ダ!)」
って言っていたのを思い出した(笑)
通じない話かもしれないので、YOU TUBE、カモン!

2番目のCMでマラドーナ「NOVA」言ってます。

当時のマラドーナは紛れもなくヒーローでした。俺はカレッカ、プラティニ派だったけど。

アレ?これ何のブログだったっけ?
GUCHIジャマゾー、今日はタイムリー打ってるやんけ!試合は5回途中から見だしたので、5裏終了後のインターバルダイジェストまで待ってのお楽しみ。花火長ぇーな。火力が凄いのか船橋まで音が聞こえる(笑)そして来た。
先制点って・・・これ「H」のランプがついてるけど、GUCHIの「E」じゃね?バレーのトスあげてるのかよ、このGUCHIイーゾーは!セリエAに移籍しろ!セリエAっていってもマラドーナとかがいた方じゃないよ。高橋みゆきとかがいた方ね。唐川カワイソー…自責点が増えて。密かに1点台狙ってんだろ?
そして、Eゾーじゃなくて、GUCHIイイゾ!の方の汚名返上のタイムリーは、

なんだ、この超絶人工芝ヒットは!!
まあ、今のGUCHIジャマゾーなら「カンチャン」だろうが、「人工芝ヒット」だろうが、何でもいいから打ってくれれば、それでいいよ。ジャマクサクナクさえあれば。

ところで唐川。伊志嶺のように復帰戦を飾ることが出来るのか?
5回のピッチングを見て、
「甘いところにボールがかなり行ってるのに許されちゃうんだよな〜、この子は」と、いつもながらの不思議ちゃんピッチングを展開。許されるようなプロ的な理由があるんだろうなぁ…。
でも、まっすぐがスライド回転気味で本人も又その辺を気にしている感じ。日によってスライド回転したり、シュート回転したり、まっすぐのかかり具合がいつも安定しない。これも統一球の副産物?(今日のようなスライド回転気味の日は)そうなるとスライダーもちょっと曲がりが大きくなっちゃってコントロールつけにくくなっちゃうんだよね。カーブ、チェンジアップでお茶を濁して、ごまかそう。
今日の調子、および復帰戦ということも考え合わせれば、同点の展開だったとしても7回から「勝利の方程式」に入らざるをえないだろう。なにせ相手はダルビッシュ。しかし、「最後の1回」の6イニング目、持ちこたえられなかった…

イトイダーに2ストライクからレフト前(3球勝負の3球目、取ってくれよ、審判!)。ライバル翔は初球の大甘スライダーを打ち損じ。「助かった・・・でも、この回まででスパッと替えてあげてよ」という願いむなしく、ここからファイターズ打線に捕まった。稲葉の時にイトイダーが盗塁成功。稲葉を追い込むも、ここで痛恨のデッドボール。確かに1塁が空いたので、ボール球で勝負していくべき局面ではあったが、ここで、この回糸井以降の強打者(先頭の飯山さんは除く:数に入れてません(笑))に投じた1球だけのインコースがデッドボールになってしまったことがポイントだった。これさえなければ、稲葉は打ち取れそうな雰囲気あったんだけどねー…。次からの右打者たちに対しても全部外一辺倒。デッドボールの影響があったんだろうか。
二岡のタイムリーは技あり、っていうか二岡にしかさばけない変態バッティングだったので(つーか低めのボールになるカーブだろ(笑))致し方ない。問題は次の小谷野。結局このバッターにも全部外攻めで、最後に選択したボール気味のアウトハイのまっすぐ(シュート回転)をスタンドに運ばれ、「ハイ、今日はここまで!」
降板後のインタビューで「あそこはいろいろな選択肢があったのだが…その結果選んだボールでホームランを打たれたことが悔しい」と素直に悔しさを言葉に出していた。素振りは全く見せてないけど(笑)

2ストライクと追い込んでからのホームランは、ピッチャーとしては本当に堪えるんですよね。2ストライクからは打たれるにしても、二岡のような「対応のヒット」みたいなのに留めないと。ホームランだと追い込むまでの「過程」そのものがフイになる。そういうショックもある。裏返すと、最後に選んだボールを後悔してたけど、そこに至るまでの過程の方はどうだったのか?と聞きたいね、マジ系ファン(←お前がいうか!)としては。
小谷野も前回ダルの好投をフイにする決勝エラーをしでかしているので、「(ダル登板時に)何とかして取り返したい!」という強い気持ちを持った打席であったことも、唐川にとっては不運だった。楽天戦での恨みをここで晴らすような「仙台の敵を千葉で討つ」みたいなことはヤメ〜!CS争いのこっちとしてみれば、たまったもんじゃない!

この回の4点で決定的。以降、ダル省力モード実施中。省力モードでも「並の一流投手」並みのPOWER!!2試合連続二桁安打の打線も、シュン。角中が今日も3安打とひとり気を吐いた。いよいよ1軍定着の日が来たのか?
唐川以降は、中郷、木村2イニングとつないだ。木村2イニングってことは、少しでも長く放らせて先発も視野に、っていうことなんだろうか?
中郷は相変わらずピリッとしない結果に終わってしまったが、木村は2イニングを絶好調・陽の1安打に抑えた。点差関わらず必死の選手を見ているのは清々しい。必死なんだろうけど、このピッチャーには「落ち着き」&「センス」を感じる。左を抑えて一息ついたところで迎えた右打者、先ほどタイムリーを放っている二岡の打席での時のこと。走者もいないのに、1球1球、「投球の間」を変えて放っていたのだ。おそらく自分の球威の無さというものを痛いほどに熟知していて、「とにかくなんでもやって、(相手のタイミングをずらし)抑えなければならない」っていう危機感を持っているのであろう。こういうところで「実戦派」の匂いを感じた。プロ入りまでの経緯がいろいろ取り沙汰されて、潰れかけそうになった時期もあったと思う。それを乗り越えて辿り着いた1軍。格別このピッチャーに対しての思い入れはないんだが、今日のピッチングを見て「ガンバレ!」って素直に思えてきた。ただ先発で長いイニング放れるイメージも湧いてこない・・・スライダーの曲がり幅が大きいのでリリーフタイプかな?

なんか、楽天とオリックスが勝ってるんですけど・・・

最高にジャマクセーーー
小谷野の「江戸の敵は長崎で討つ」プレイが!
意味もなく最後に叫びたかった。でも個人的にはCS争いより、若手中堅たちの「明日への戦い」を見ているツモリ。もちろん17年目のエースを狙うあの男の戦いも(笑)おい、この前オツが完封してたぞ!

「ネタ濃度薄めの日の方が好き」という君はクリック!「うそつけ、今日もネタだらけだろ!」っていうあなたもクリック!



posted by mansengo at 01:19 | Comment(0) | 千葉ロッテ観戦記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


↑楽天イーグルス勝利の日の翌日は、楽天市場・楽天ブックスはポイント2倍に…買う前に忘れずにエントリーして下さい(エントリーは買う度に必要です!)。イーグルスとヴィッセルW勝利の日は3倍になるので狙い目!


↑中日ドラゴンズが勝つ度に4ポイントGET!【UCSカード】ドラゴンズカード…nanacoチャージでもポイント付与あり。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。