最強クレジットカード「JQ CARDエポスゴールド」の全貌が判る。年間100万の利用で還元率2〜3%にも達するモンスターカードです。
フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】
2011年08月29日

お得意様から星を稼ぎ、同僚に迷惑をかける迷投手【それでも食っていける!】

HOME千葉ロッテ観戦記 > この記事

週末のゲーム、土曜は7回まで見て出かけてしまったため、一番いい場面(あの男登場シーン)を見逃した!日曜のゲームはTVはつけていたが、「ながら」で他にやらねばならないことがあったので、ボーーッと経過を眺めている程度なので、更新をしようかどうか迷ったがメモ程度に。

土曜の5連敗阻止のゲーム、結果として、井口の2本のタイムリー&渡辺俊介の粘投で勝利を呼び込んだように見えたが、ほとんど「運が良かった…」としかいいようがない勝ち方だった。
井口のタイムリーは右方向に打球は行ってるが、残念ながら体は完全に開いて引っ張りにかかっている「いつものバッティング」の形のまま、寺原が投げたコースと井口が振るタイミングの関係上、右前の誰もいないところにボールが飛ぶ角度でバットに当たっただけ…っていうヒットだった。あの内容では本人もほとんど手応えないだろ。

「まいど!」
の挨拶で始まる、俊ちゃんが得意先「バッファ商事」を訪れ、坂口主任や後藤課長にご機嫌伺いながら営業の数字を作り、「バッファ商事がある限り、俺は喰っていけるんやー」という、お気楽サラリーマン話を描こうかと思ったが、頭が回らないので却下。ちなみにバッファ商事のオフィスでは、ロッテ金融の仕事が向いてなくて転職して、今は元気に働いている竹原くんの姿も見かけた。

未完のネタのことなぞ、どうでもいい。俊ちゃんも屋内だったからか、ライジング系のボールが見られず、中途半端な高さにボールが集まるドキドキのピッチングで、バファローズの長距離砲たちに気持ちよくスイングされ、真芯ではじかれ、気持ちいいぐらい野手の正面に飛んでいた。一番打ちごろの高さにこの日は集まっていたが、もうちょっとボール気味の低めか、ボール気味の高めに分散させないと厳しい。でも「バッファ商事」はなぜか結果として抑えられる。
典型的なのが対スンちゃん。2打席連続火の出るようなライトライナー。この前も俊対スンで、火の出るようなライトライナーっていうことがあったが、対戦成績に直すと「(俊介側から見て)相性がいい」なんていうことになっちゃうんだろうね…。スンのボールが上がらないのは、統一球効果なのか、俊ちゃんの投げている高さがいいのか、よく判らない。
でもバッファ商事戦の俊ちゃんはよっぽど気持ちいいんだろうね。タリラリラ〜ンっていうカンジで、ピッチングフォームもいつもよりアバウト&楽しげ。「サブマリン投手は…気楽な稼業と来たもんだ!」

このラッキー俊ちゃんのワリを食ったのが今日の晋吾かもしれない。俊ちゃんが気持ちよく相手打線を振らせて、調子づかせているんだけど自分は無害。
今日のスンヨプの一撃なんて完璧の「ペキ」。まさしく渡辺俊効果。
晋吾はそれなりに抑えていて、「ホームランのところだけ」という見方もあるそうだが、ホームランが全部アウトコースっていうのが気に入らないよね。それだけバッターに踏み込まれているわけだから・・・今日はインサイドに厳しいボールがないっていう判断で強気で来られているわけだから。+昨日の渡辺俊効果。
ま、しかし、6回6失点。ヴェテランとしては不甲斐ないとしか言いようがない。

打線は謎に打ちまくった。角中の5安打を筆頭にネモや早坂、工藤もマルチで、打撃を期待して使い続けて欲しい連中が結果を出した。
ひとつ気になるのが雅彦の打撃。土曜の試合で「あわや」の当たりを放っていた。小兵とは思えない、ホームランアーティストのような滞空時間の長いレフトフライ。T-岡田がフェンスにぶつかるところまで打球が飛んだのだが、「あそこまで飛ばそうが凡打は凡打」っていう結果になってしまった。この人も体に似合わず長打を打とうっていう振り方をするよね。前もおんなじような当たりで、「あわやホームラン、やっぱり僅かに届かなかったフライ」っていうのを見た記憶がある。彼のように少ない打席をモノにしていかなければならない選手は、あれでは意味が無いと思うぞ。ましてや統一球になってるんだから、昨年までよりももっとフェンスオーバーが難しくなってるんだから。全般的に雅彦、岡田あたりはボールに力負けしていることが多い。自分を活かすバッティング内容をもっと見せてもらいたい。3塁に走者がいて打者岡田でホームへ還せないっていうケースを、よく見る。これもひとつ、マリーンズの得点力が低下している要因になっている。3番の方があまりにも目立ちすぎているので、ブラインドになっているけどね(笑)

しかし、やはり長打をミックスしないとキツいだろ。昨年20本だったかオール単打で勝ったっていう試合があったけど、それこそタマタマ。この部分をどうやって解消するのか?今年はあきらめてるけどさぁ。長打がでない野球って、勝てないし、客入んなくなるし、いいことなんてひとつもないぞ!

ロッテ金融では仕事が出来なかった竹原君が大きくなっちゃって・・・恩返し系本塁打都合5打点に対して、18安打で4点・・・本来なら9-1で勝ってるじゃないか!(←意味不明)
前回の18安打放っての敗戦は10年前の7月17日の対近鉄戦!奇しくも連続近鉄相手かよ!ていうか、この試合マリンで俺見たぞ(球宴前の雅炎上、大逆転ゲームだよな?)、お〜ほ〜。
それとクロマティの緩慢守備&辻長駆イン以来の3進性1塁打を見た。3進性1塁打っていうのは安廃論者の俺の造語。あれが伝説になってるんだから、今日の角中の走塁も伝説?2塁回る時チヤリセンターの状況を見て、突撃を決意していることが伺える。いや、5位転落の負けゲームで披露しても誰の記憶にも残んないか…。あの日の辻は、この好走塁+ファーストで泣いてる清原に「ヨシヨシ」するいい人ぶりで一躍全国区の知名度を得る存在に駆け上がった!(2塁打を1進性にする人物は…巨人に行っちゃったか…)

「いったれ近鉄!やったれ近鉄!パンパンパンパンパンパンパ〜…」に懐かしくて涙チョチョ切れた奴だけクリック!



posted by mansengo at 01:35 | Comment(2) | 千葉ロッテ観戦記
この記事へのコメント
どうも、こんにちは。
いつも楽しみながら読ませてもらっています。
個人的には、好き過ぎて辛いからあえてちょいロッテと距離を置きつつありますが(笑)、ブログは毎日チェックさせてもらってます。

今シーズン中に金森軍団の逆襲は見れますかね?
それとも、来シーズンの猛打爆発の布石?期待しすぎ?
Posted by 幕張 at 2011年08月29日 23:24
>幕張さん
 書き込みありがとうございます!
 そうそう、見ないっていうのもひとつの選択肢ですね。うちのブログは大体ツラい敗戦の後、ネタで癒されたい人向けなところがあるので、試合も見るように!(笑)
Posted by mansengo at 2011年08月30日 02:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


↑楽天イーグルス勝利の日の翌日は、楽天市場・楽天ブックスはポイント2倍に…買う前に忘れずにエントリーして下さい(エントリーは買う度に必要です!)。イーグルスとヴィッセルW勝利の日は3倍になるので狙い目!


↑中日ドラゴンズが勝つ度に4ポイントGET!【UCSカード】ドラゴンズカード…nanacoチャージでもポイント付与あり。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。