最強クレジットカード「JQ CARDエポスゴールド」の全貌が判る。年間100万の利用で還元率2〜3%にも達するモンスターカードです。
フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】
2011年07月27日

進学校出の職業野球選手=雑の、フ・シ・ギ

HOME千葉ロッテ観戦記 > この記事

今日の試合は4回表あたりから、途中パラパラと抜けながらも最後まで見た。でも6回裏の長〜いライオンズの攻撃の時は一切合切見てたよ。「いつ終わるんだよ、この回!」と本気で心配してくるぐらいのグダグダぶり!関東ダービーはこうでなくちゃ…違うか。

連打で捕まった時は全くそうなんだけど、以前から気になっているのが大谷のボールの高さ。あれは意識して高低の揺さぶりをつけるために高めに投げてるの?いや、違うね、高めにいってしまっているんだろうな。四球で崩れる心配のないピッチャーだが、今年に入ってからは甘いコースも打ち損じてもらえるケースが増えて、本人も自信をつけたきらいがある。漸く研究されてきたというところだろうか?4回も上位打線の打球は外野に飛び、工藤の好捕がないと怪しいピッチングだった。なので6回の惨劇の「予兆」はあったといえる。

端緒はミスジャッジからだった。あれは完全なアウト。ショートが久々の早坂だったのと、栗山の全力疾走が掛け合わされた「印象」の問題だろうか?結果的に大谷にとって、またもや「魔の6回」になってしまう。ショッキングな出来事が起きた後ズルズルといってしまう、メンタル面に多少の課題があるか。
ただこのピッチャーの技術は高いと思う。守備や打者との駆け引き、走者を背負った時の「間」の取り方など、エリートコースを歩んできたピッチャーの片鱗が随所に垣間見える。見ていて、そういう細かい部分を楽しめるピッチャーだ。ただ、ボールがいかんせん高い。ナカジーに打たれたボールは低めのいいコースだったが、あの場面だけはナカジーの狙いにはまった。解説のツカヤンがうまいこと言ってたけど、「セカンドゴロでもいいという意識」、おそらくその延長線上のセンター前安打だった。センターから右狙いに出ていたナカジーには、おあつらえ向きのボールになってしまった。伊達に胸に「C」マークつけてないな、この男。ただマリーンズ側としては、ここで入る点数より「取れるアウトカウント」の方が重要だった。この時点で1死も取れていない、ということが結果的に敗戦に結びついた。そして、火に水をかければかけるほど、火の勢いが強くなってゆく火事を見た!

ゴーレム…走者無死1,2塁でマウンドに上げるピッチャーじゃない。走者を引きつける技術も無ければ、バント後の守備のことに気を取られすぎてストライクが取れないという最悪なピッチングを展開した(結果=デッドボール!)。おそらくフィールディングにも自信がないんだろうね。学生時代、同期の大谷が先発を任され、ゴーレムはリリーフしかやらせてもらえない。野球名門校と進学校出一浪の差を如実に感じる。「何でお前プロの世界に入ってきたの?」という連中は、地頭はいいんだろうけど、野球は雑な奴が多い。若年期における野球の練習時間の制限を想起させられる…早川とか内山とか(←フルッ!知ってる?)
ま、そういう奴等に思い入れるんだけどネ!
あ、でもここでピンチバンターのエリート佐藤もまさにそういう奴だけど、彼は雑じゃあ無いねぇ。むしろ細かい技で生き残っているカンジ。

現状上にいるリリーフ左腕、ゴーレムにしても、純一(吉見)にしても、特別左に強いわけでもなく、明らかにワンポイントタイプではない。三振を取るタイプでもないし。吉見なんて左対左の栗山との勝負を避けて、左の原に押し出しだから話になんない。あの6点目は重かった。最後6対5になったから、という以上のものをもたらすかもしれない。この後西武が勢いづいて3位争いに加わってきた時、「あの6回裏が…」っていうことになりかねないイニング。
そして川越・・・マジ、ご苦労さん。ヴェテランらしく、満塁でカウントを悪くして、エイヤーで真ん中に投げてタイムリー…ですか。統一球でも、ほとんど切れてないカットの連投…ですか。それしか投げるボールないん…ですか。ヴェテランらしいピッチングですね。こんな真夏の夜だけど、あなたの首筋の周りだけはひんやりとした涼しい風が…
中郷君、あなた一軍に生き残れそうよ、この調子だと!

打線は工藤、早坂を並立させ、下位からもチャンスを作った。まずい走塁もあったが、14安打の猛攻の流れをことごとく止める5番打者、ここが問題だった。
アチャは素晴らしい補強だった。期待に応えて、いいところで打ってくれる。まさに4番打者。今後研究されるだろうけど、そこそこやってくれる期待感は充分にある。それだけに5番が大問題だ。現状、消去法で5番打者に福浦を置いているが、長打はないし、どうせならジャマクセー選手会長と心中してみないか?今日も評論家面してベンチで戦況眺めている奴に腹たった。アイツは明らかに「松中」タイプ。いざ打てなくなったら責任を押し付ければいい。しかし今の大松は責任を背負わされれることさえ、許されていない。情けない…
あと「兵は詭道」で工藤5番の奇策もあるよ。これで日ハム2007年優勝のエリックヒルマンマジック。どうせ「西村コピーRC打線」とか組みたいんなら、ここまでやってしまってはどう?

しかし復帰の早坂がここまでやるとは…4回3点目のタイムリー打ったが、これも値千金だったが、その後、盗塁、相手のワイルドピッチで三塁まで到達したのも素晴らしかった。「ここで岡田がボテボテの内野安打タイムリーでも打った日には、西武はショック倍増、勝ちに近づけるぞ!」と思ったら、岡田ボテボテの内野ゴロ。「オオッ!」と一瞬思ったが残念ながらアウト。ピッチャー返しを心がけ、いいバッティングを続ける早坂。荻野代役の本命はコイツだったのか!?ショートと外野両方で使えるのはデカい。オリックス→阪神の平野のような領域を目指せ!

この七連戦、ブログは抜け抜けになりそうな予感。
自転車 自転車 自転車 自転車 自転車
こいで こいで こいで こいで こいで行くよ!

オレスカバンド−自転車

歌詞・ビデオは特に意味ありません。



posted by mansengo at 00:59 | Comment(0) | 千葉ロッテ観戦記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


↑楽天イーグルス勝利の日の翌日は、楽天市場・楽天ブックスはポイント2倍に…買う前に忘れずにエントリーして下さい(エントリーは買う度に必要です!)。イーグルスとヴィッセルW勝利の日は3倍になるので狙い目!


↑中日ドラゴンズが勝つ度に4ポイントGET!【UCSカード】ドラゴンズカード…nanacoチャージでもポイント付与あり。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。