最強クレジットカード「JQ CARDエポスゴールド」の全貌が判る。年間100万の利用で還元率2〜3%にも達するモンスターカードです。
フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】
2011年07月06日

転校生を迎えた大人しい岡田君の変身記念日

HOME千葉ロッテ観戦記 > この記事

今日の試合、何が驚いたって…
唐川の乱調でもなく、カスティーヨの4安打でもなく、
岡田が又ひとつ違ったステージに立ったことに驚かされた。

試合は20時過ぎ頃からCTCで視聴。今日のクラさんは絶「口」調でその解説を堪能させていただいた。
「この今江の打席は3打席目だから期待できるんですよ。3打席目の安打が21本と飛び抜けて多い」
おいおい、解説者のデータじゃないだろ。どんだけ細かいデータ自分で調べてんだよ(笑)一方の今日組んでいたアナウンサーは、かなり間違いの多い人で、誰が打席に入っても「今江」って言いそうな勢いだった。

勝利監督の西村がポイントに挙げていたのが、唐川が金子マックに引導を渡されるヒットを打たれる前の、「The二岡」な一二塁間の当たりをカスティーヨが横っ飛びで抑えたプレー。あれ確かにデカかった。あのバックの気迫を結果として受け止められなかった唐川の、あそこでの降板はやむ無しだっただろう。
カスティーヨの球際の強さを実は昨年の横浜のゲーム、ハマスタで見ていた。マリーンズ戦でセカンドを守っていて、1つファインプレーを披露していたけど、「明るくてファオ・ザ・ティームないい外国人選手じゃない」とその日1日だけ見て、感じた。ところであの日先発していた直行は今何やってるの・・・?


2番手、緊急登板「レスキュー川越」の最初の打者・大野の当たりも地味にポイント。川越が抜群のフィールディングでセンター前に抜けようという当たりにグラブを差し出して、ピッチャーゴロに仕留めた。あの当たり、おそらく8:2ぐらいの割合でセンター前に抜かれているピッチャーの方が多いはずだ。フォロースルーのデカいフィガロなんて・・・と思ったけど、日曜のゲームのダイジェストで、同じような当たりを海老反りになりながら止めてるフィガロの身体能力のヤバさを見て、ますます好きになった(笑)
クラさん「グラブが逆になりますから、ピッチャーからすると難しい当たりなんですよね。川越、よく取りました」

あの5回表、地味ながらこの2つのプレーによって最少失点に抑えたことが大きかったんじゃなかろうか。下手すりゃ数珠つなぎにファイターズ打線が繋がって3,4点取られてもおかしくない流れだったから。
それとすぐ反撃に移って1点差に詰め寄った5回表の3点だが、伊志嶺死球、井口安打、カスティーヨ安打、福浦タイムリー。ここまでは流れるような上位打線の安定した攻撃。ここで「3打席目の」今江がライトへ大きな飛球を上げた。もちろん犠牲フライで1点追加して2点差に追い上げた、貴重な犠飛だったが、足が速くないカスティーヨを3塁に進めさせたことが大きい。クラさんもこのことを指摘。「このケースで右に打ったことが大きいですよ」そうだよ、The安廃論者的にも、このケースでの犠飛の価値を細分化してほしいと思うぞ。同じ犠飛でも飛んだ方向によって全然価値が違うんだから。そして大松犠飛で1点差に。むろんカスティーヨを3塁に進めていなかったら、入っていない1点だった。

6回表、早くも伊藤に託す。この試合の重要性をひしひしと感じさせられるベンチからのメッセージ。ここで勃発するネモの魔送球!難しいバウンドを合わせた殊勲、帳消し!しかもここで飛び出る、今日ノーヒットの次打者稲葉のタイムリー!
最悪の流れだ・・・しかしここも伊藤がなんとか踏ん張って、最少失点で切り抜けた。

6回ウラ先頭打者のネモ。彼のプロ野球人生を賭けた打席になると思った。そして粘って見極めてフォアボールで出塁。これ最高の仕事だろう。あのエラーを取り返そうと、力んでボール球を振る結末しか待っていないと思ったのに、チームにとって最高の形を作った。ネモがこのまま1年間ショートのポジションを守ることが出来たとすると、この場面がターニングポイントになる予感がする。
ここから当然のごとく上位打線が繋がった。カスティーヨが凄いのは、この打席外一辺倒でファイターズバッテリーが攻めて来ることを想定して(ここまで3打席すべてインサイド攻め)、あらかじめ右狙いに徹していたこと!なんて頼もしいんだ。ファイターズバッテリー側としては勝負なのか、歩かしなのか中途半端で、作戦的に悔いが残る場面だった。

そして決勝点の8回ウラ。岡田がセンター右への安打で出塁。落ちるボールをうまく拾って、ヒットゾーンに落とす、「岡田ここまで成長しているのかよ…」と驚かされる一打。相当練習してるんだろうな・・・。その後ガッツポーズしてチームの士気を高めようとしている岡田に新境地を見た。伊志嶺が余裕の2犠打目を決めると、井口凡退、手がつけられないカスティーヨは当然の歩かしで、福浦のところでサウスポーの石井をぶつけてきた。福浦がうまく捉えて、ライト前へ運ぶが、当然ファイターズは前進守備。2OUT、3-2からの一打だから岡田の足をもってすれば余裕かと思ったんだが、そこは陽の強肩。クロスプレーのタイミングに。しかし陽のボールが若干3塁側にそれると、そこへちょうど走ってくる岡田。
ド~~ン!
おおおおお!北九州での早川を思い出させるような岡田の気迫あふれる体当たりで、大野を吹っ飛ばす。あん時吹っ飛ばされてたのは的場だったっけ(笑)
そして岡田、渾身のガッツポーズ。ヤバい。こういう野球が見たかった。ベストゲームすぎるだろ、今日の試合。ところで早川は・・・?

薮田登板の9回先頭打者の当たりも、センター前目の当たり。これを岡田がお得意のスライディングキャッチ。超ファインなのだが、岡田の信じられないプレーを見続けてきている我々は、余裕すら感じてしまう。小坂のプレーに無神経になるが如く(笑)そして、ここでもガッツ!なんなんだ、岡田の気迫は。この試合を落とせないという、岡田なりの気持ちの現し方だったんだろう。転校生のホセ・カスティーヨ君がやってきました。それでこれまでクラスで一番大人しかった岡田君が、「ホセ君がクラスに溶けこんでもらうためにも、学級委員の唐川君の失敗を帳消しにするためにも、今日は僕ががんばらないといけないんだ!伊藤くんはいつもみたいにマイペースだけど・・・」と、自発的にそういう役割というものを意識しているようなプレーの連続で、今日は俺は岡田くんに殊勲賞を上げたいな。
2009年ごろは、このブログも「三賞」とか勝った試合毎試合選定してたっけ。

唐川は俺が見た5回表はことごとくカーブを狙い撃たれていたんで、「何でカーブに偏ってるんだ?」と思ったら、先週自在に操っていたスライダーの制球が全く、ままならなくてピッチングの組み立てが成り立たなかったようだ。こういう時のために、もうちょっとインサイド使っていこうぜ。今年は相手打線の相対的弱体化で外の出し入れだけで、大体凌げていたが、統一球って一流投手の技術の低下にも繋がるので、どうかな?と思う。今日みたいな面白い試合なかなか見れないじゃない。飛ぶボールにすれば8-7とか、もっと見れるぜ。やっぱ野球はエキサイティング・ザ・点取りゲーム。

当面の敵・オリックスも3連続サヨナラか。しかも決めたのがシドニー・荒金・赤田って・・・どうなってんだよ!? いつもネタにしている人たちじゃないか。苦労人3連荘で、益々勢いに乗りそうだな・・・。

今日はEdy関連のエントリーも書いたので、そちら未見の方はこちら



posted by mansengo at 01:33 | Comment(0) | 千葉ロッテ観戦記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


↑楽天イーグルス勝利の日の翌日は、楽天市場・楽天ブックスはポイント2倍に…買う前に忘れずにエントリーして下さい(エントリーは買う度に必要です!)。イーグルスとヴィッセルW勝利の日は3倍になるので狙い目!


↑中日ドラゴンズが勝つ度に4ポイントGET!【UCSカード】ドラゴンズカード…nanacoチャージでもポイント付与あり。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。