最強クレジットカード「JQ CARDエポスゴールド」の全貌が判る。年間100万の利用で還元率2〜3%にも達するモンスターカードです。
フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】
2011年06月30日

4番打者の一打を信じる少年のストーリィ

HOME千葉ロッテ観戦記 > この記事

昨日の斉藤祐樹攻略のゲームの映像は全く見れず。
この写真を見て、「斉藤=川越」説をさらに強く思った。
斎藤 2軍施設でファンサービス「戻ってこないように」 (スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース
中に川越が入ってるだろ。川越、1軍に上がってるのにほとんどマウンドで見ないのは、斉藤祐樹影武者説まであるな。

さて、今日はダルビッシュ先発ゲームなので、はなから勝てると思っていない。こちらの先発はルーキーの小林敦。試合は3,4回と、7回以降を見た。
ダルビッシュは「今季一番悪かった」と言っていたが、なんか体の使い方が横振りになっていないか?まっすぐの球速は上がったが、時折楽する場面があり、その分フォームのバランスを微妙に崩しているように見える。典型的なのが的場を打席に迎えた時。ダルから見れば「アンパイ」の上の、「スーパーアンパイ」なので、ここで息抜き。ところが的場が打席に入ると途端にストライクが入らなくなる。よく解からないのだが、的場の姿形をマウンドから見ると、何かダルビッシュにとって投げにくくなる要素があるんじゃないか?今後クライマックスなどの大事な試合に、対ダル戦に的場を使ってみるのも面白いかも?と思ってしまった。

打線は調子が悪いとはいえ、ダルからよく点を取った。惜しむらくは、井口の2本のフェンス直撃弾が、ひとつは入っていれば…または大松の幻のタイムリーの時、走者が伊志嶺だったら・・・と、タラレバを言いたくなってしまうぐらい、惜しい9回表になってしまった。
9回は相手守備の乱れがあったとはいえ、よくあそこまで追い詰めた。特に1-3番は本当に期待を持たせてくれる。ファイターズはやはり井口敬遠のギャンブルに出てきた。しかも守備位置を定位置に戻して、ボテボテの内野ゴロでの同点覚悟、あわよくばゲッツーという選択を取った。こういう守備陣形取られたら嫌だなぁ…と思ってたら本当に取ってきた。3塁走者が岡田なので、内野ゴロだと前進守備でもバックホームは厳しい。だったら、いっそのこと間を抜かれる可能性の低い定位置に守ってしまえ、と。普段より若干前目だったんだろうけど、中間守備よりも後ろだったと思う。そして武田久の投じた初球に思わず声を挙げてしまった。

あっ!

何で振らないんだよ・・・もう、この1点につきます、今日のゲームは。1死満塁。4番打者。一打逆転。敬遠の後の初球。いったい何を狙って、どういう考えなら、あのボールを見逃せるんだ・・・ファイターズの守備隊形を見て、初球ゲッツーのプレッシャーを感じてしまったのかもしれないが…。アウトコースのカウント球のシュートに山を張っていたのかもしれないが・・・。
やはりマリーンズに今、真の4番打者がいない。そうだ!そろそろ浦和で燻っている、ここ数年一番4番を打っている、消去法の4番打者を呼び寄せようぜ!やっぱりなんだかんだいって彼の勝負強い打撃は、こういう場面で発揮されるから。もしダメだったらブーイング一斉射撃すればいいんだから。やっぱり4番っていうのは、ダメだったら街全体からバッシングに合う、福岡のあの男みたいな奴だと思うんだよね。そういうのに耐え慣れてきた奴。だからこそ打った時、ともに泣ける奴。今のマリーンズには、消去法ながら、あの男しかいないわけですよ、そんなの。みんなで呼んでみよう。

サブローーーー!

あれ、サブローがいない。どうしたんだ、どこへ行っちゃったんだ。この大事な時に。又いつか、どこからともなく現れるのだろうか?それとも替りの4番を育てていかなければならないのか?今日の大松の5打席目初球を見て、「まだ4番打者じゃねーよ、単なる4番目のバッター」と強く感じた。(ダルの試合で5打席目があるとは思わなかった!)

小林敦がもう少し踏ん張っていれば、大金星を手に入れられるところだった。味方がダルから死に物狂いで1点とった後の3回が印象最悪だった。2死無走者からクリーンアップの3連続長短打であっさり2点献上。ものの見事に捉えられている打球ばかりだった。先頭打者の陽に対してから、「あまいところにボールがいってる、こりゃ打たれるな」っていうのをあっという間に2死に漕ぎ着けたので、「もしかして、この男持ってるの?」と思ってしまったが、そうそうプロは甘くなかった。
とにかく、ストライクからボールになる変化球がない。動かしてシンをはずすようなボールもない。ボール球をもう少し振らせられるようにならないと、ピッチングの組み立てが成り立たない。カウント球がすべて高めに行く。昨年の序盤の大谷を見たときも同じような感想を持ったが、大谷も工夫して、ある程度プロの1軍で試合を作れるぐらいに成長した。なのでこれからだと思うが、現状先発ローテ入は厳しいか?
5回見てなかったのだが、陽に一発を浴びたのも「さもありなん…」としか思わなかった。相手がダルだったこともあって、4回で交替の決断が出来なかったんだろうね。結局この5回の追加点が大きく試合の行方を決めてしまった。

8回マリーンズのチャンスの時、無死2,3塁という絶好のチャンスを迎えた。ここで大松が三振するわけだが、この時、ピッチャーがダルビッシュという点が逆にチャンスだと思った。無論今日は調子が悪そうというのもあるけど、エースのプライド上、ここで交替は絶対にありえない。球数、中5日という要素を考えると、ここで左を出すのは作戦上ある意味「当然」ともいえる場面。しかしダルビッシュだけはこの場面での交替はありえない。そして、この男はチームの勝利を目指しているのは当然のこと、と同時に、もうひとつの「防御率」という敵と戦っていると感じた。本来は1点やってもアウトカウントを稼げれば御の字の場面のはずだが、この男だけは「防御率0点台への挑戦」を密かに狙っているはずだ。周囲のそういう期待もあるだろう。その隙をついて逆に大量点、2,3点入れられるんではないか?と夢想した。でも、やっぱり1点止まりでした(笑)

ダルビッシュに土をつける絶好のチャンスの試合だった・・・
しかし伊志嶺は、どんどん良くなる。ダルからマルチは自信に繋がるだろう。2本目はともかく、1本目は評点も高い。追い込まれてからの速球に負けずの右打ち。ダル相手にああいったバッティングで対応出来る「控え選手」を見たことがない。つまりレギュラークラスの技量を既に持っているということ。
走りまくる伊志嶺に引っ張られるように、岡田も勇気を持ってスタートを切り始めた。この辺に相乗効果がある。9回表のあの場面での1,2番は本当に期待できた。ここに荻野や清田が絡めたら、どうなっちゃうの?的な期待も浮かんできた。ただ塁上の走者を返す奴も育てたい。やはり清田をポイントゲッターとして育てるべきなのか。

工藤ちゃん気取り、公園通り、闊歩する少年のストーリ! 『渋谷漂流記』より
しかしよりによって、また走力重視型外野手か・・・2007年の貧打ファイターズ時代は5番を打ってたけどね(笑)あのタイプの打者が5番を打つ球団に優勝する球団ナシ、といった自説があったんだが、あの年それが覆された。その説を信じてマリーンズ優勝を信じてた少年のストーリィ!
今年も中村とか高須に5番を打たせているチームや、荒金・赤田を5番に置いて交流戦勝ち越すチームなど存在しているけど、お前らゼッテイ優勝できねーからな!(と、思いたい…)

チョコボール向・・・じゃなかった、マネーボール石川については絶句だけど、あらためて「ハンパねぇな、石川よ!」。日本のアスレチックス、ここにあり。袋叩きにあう覚悟で、今度このことについて書いてみようと思う。大人の世界、綺麗事だけじゃないの、と少年のストーリィ。



posted by mansengo at 23:46 | Comment(1) | 千葉ロッテ観戦記
この記事へのコメント
サブちゃんの件で、荒れそうな私の心を救ってもらえたような気がする、そんなエントリーです。

10番もねえ・・・あそこで初球から振らないところが、完全“フロント顔色伺い”状態の、リーマン野球選手なんですよね。

とは言え、なんだかんだでゲームを観ちゃって、岡田や伊志嶺の一挙手一投足に喜んじゃう、ハンパモノのまーきん。でした。
Posted by まーきん。 at 2011年07月01日 00:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


↑楽天イーグルス勝利の日の翌日は、楽天市場・楽天ブックスはポイント2倍に…買う前に忘れずにエントリーして下さい(エントリーは買う度に必要です!)。イーグルスとヴィッセルW勝利の日は3倍になるので狙い目!


↑中日ドラゴンズが勝つ度に4ポイントGET!【UCSカード】ドラゴンズカード…nanacoチャージでもポイント付与あり。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。